新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について
また、弊社コールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。「緊急事態宣言」発令における当社の対応について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

箱や保証書がない腕時計は買取に出せる?

箱や保証書がない腕時計は買取に出せる?
箱や保証書がない腕時計は買取に出せる?

長く愛用していた時計を手放す際、購入時の付属品が見当たらず箱なしで買取に出そうか悩んでいないでしょうか。

腕時計の買取市場では、腕時計だけではなく箱や保証書の有無も買取金額を決めるうえでは重要な点であることは事実ですが、「付属品がないから」という理由だけで買取に出すのを諦めてしまってはもったいないです。

今回の記事では、「箱なしでも腕時計は買い取ってもらえるのか」「保証書がない場合は買取金額が下がるのか」といった、買取時の箱や保証書などの付属品と腕時計の関係について解説していきます。

高級時計の買取は箱なしでも大丈夫?

箱や保証書がない腕時計は買取に出せる?

結論からお伝えしますと、時計ブランドによっては箱なしでも買い取ってくれる業者は多数存在します。

特に、高級腕時計ブランドのモデルは箱がなくとも十分な価値があるため、査定の依頼を請け負ってくれる可能性が非常に高いです。

しかし、箱がないことで査定額が下がってしまうことも事実です。

なぜ箱がないと査定額が下がってしまうのか?

箱や保証書がない腕時計は買取に出せる?

前述した通り、腕時計の買取市場では本体だけではなく、箱の存在も重要になってきます。

その理由として「箱に価値を見出す人が多い」ことが挙げられます。

正規品の高級腕時計などを購入できる買取市場では、「完品」と呼ばれる腕時計を買い求める人が多く、価値も高くなる傾向にあるからです。

反対に箱などの付属品ないことで、買い手が集まらず、商品価値が落ちてしまいます。

ちなみに完品とは「完璧な品物」を略した意味です。

腕時計本体の保存状態が良く、なおかつ箱や保証書などの付属品が全て揃っている状態をいいます。

また腕時計を買い求める人の中には、コレクション目的で購入する人も少なくなく、箱に入れたまま保管することもあり、多くの人が純正ボックスを求めています。

ブランドによっては箱だけに数万円の値段が付くこともあるほどです。

状態が良い腕時計であっても、箱がないことで買取額が下がってしまうため、買い替えを繰り返すことが多い人などは、箱をはじめとした付属品を無くさないよう保管するよう心がけましょう。

箱なしの場合は時計専門の買取業者の利用がおすすめ

箱や保証書がない腕時計は買取に出せる?

リサイクルショップや質屋など、腕時計を売る方法は様々ですが、箱なしの状態で買い取ってもらうなら、「時計専門の買取業者」がおすすめです。

買取実績が豊富な買取業者であれば、箱がない腕時計であってもモデルの需要の高低や保存状態などしっかりとみて、査定額を提示してくれます。

腕時計を専門的に取り扱う業者であれば、たとえ箱が付属しない腕時計であっても、充分に利益の見込める再販ルートも持っている場合などもあります。

中には個人間で所有物を売買できる、フリマアプリの利用を検討している人もいることでしょう。

購入者によっては箱なしの条件を飲んで買ってくれる可能性もありますが、フリマアプリは出品までの準備に手間がかかるのがネックです。

また、設定する販売価格を見誤ってしまえば、いつまで経っても購入者が現れない可能性もあります。

そのため、今まで出品者側でフリマアプリを利用したことのない人は、市場価値に見合った額で責任を持って買い取ってくれる専門の買取業者に査定をお願いしましょう。

箱よりも保証書の有無が査定額に影響する

箱や保証書がない腕時計は買取に出せる?

腕時計の買取において箱の有無や状態は重要な評価項目ですが、保証書の有無も査定額に大きく影響します。

ここからは、保証書が査定で大切な理由についてご紹介します。

また、箱や保証書などの付属品の有無が特に重要になってくる高級ブランドをいくつか掲載します。

保証書が大事な理由

腕時計の保証書は、内部機構の自然故障などを無償で修理対応してくれるなど、メーカーによって様々な保証が受けられる大切なものです。

保証書には「購入時期」「製品番号(シリアルナンバー)」「購入店」などの情報が記載されているため、買取においても腕時計が本物であるか判断する貴重な証拠になります。

そのため、たとえ保証期間が過ぎてしまったとしても捨てずに、腕時計とともに査定員にみてもらいましょう。

また高級時計ブランドや人気モデルには多くの偽物があるため、正規ルートで購入したことを証明する情報が記載されている保証書は、箱以上に重要な付属品ともいえます。

箱や保証書の付属品の有無が査定額に影響する高級時計ブランド

ここからは参考情報として、箱・保証書などの付属品の有無によって査定額が大きく変わってくる高級時計ブランドをご紹介します。

腕時計本体だけではなく、箱や保証書にもブランド独自の拘りや偽造防止などの取り組みが行われています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

カルティエ

ジュエリーブランドとして日本でも有名な「カルティエ(Cartier)」の腕時計は、流通量が多いため偽物も数多く出回っています。

中には「スーパーコピー」という宣伝文句で、堂々と偽物を販売している店舗や販売サイトがあるほどです。

本物のカルティエには、正規特約店のスタンプが押された保証書が付属しています。

また赤一色でデザインされた収納ボックスも、カルティエの商品であることを示すアイコンで、フリマアプリでは数千円で取引されるほど価値があります。

カルティエの腕時計を買取に出す際は、価値ある付属品も可能な限り一緒に出しましょう。

オメガ

スイスの高級時計ブランド「オメガ(OMEGA)」は、買取市場でも非常に高い人気の腕時計を多く製造しています。

人気ブランドであるほど、偽物の腕時計も数多く流通しています。

特にオメガの中でも絶大な人気を誇る「スピードマスターシリーズ」では、偽物を販売する悪質な業者が後を絶ちません。

そのためオメガの腕時計の買取でも、保証書をはじめとした付属品は大切な役割を担っています。

ちなみにオメガでは保証書以外にも、モデルや購入時期によって「クロノメーター証」「ピクトグラムカード」など、合計で最大3枚のカードが付いてきます。

クロノメーター証とは、スイスが公認した時計機械試験所で高い精度であることを示した腕時計に発行される証明書です。

またピクトグラムカードには、腕時計の機能表示が記載されていて、平行輸入品にだけ付属しているカードです。

ロレックス

高級時計「ロレックス(ROLEX)」でも、箱や保証書などの付属品は本物の製品であることを示してくれる貴重な証拠になるため、買取市場では価値あるものといえます。

ロレックスの保証書はカード式になっていて、型番・シリアル番号・年式が記載されています。

しかし、腕時計本体だけではなくロレックスが発行する「国際保証書」も偽造されているケースがあります。

そのため「保証書がある」と安心せずに、保証書と腕時計本体に刻印されている型番とシリアル番号が一致しているか、自身でも確認しておきましょう。

ウブロ

1980年に創業した「ウブロ(HUBLOT)」は、スイスの高級時計ブランドの中でも新参者ではありますが、これまでにない先進的なデザインで人気を集めました。

日本では1998年から起きたデカ厚ブームとともに認知度が一気に高まり、中でも「ビッグバン」というモデルは高い人気を誇ります。

ウブロは付属されている収納ボックスも特徴的で、舷窓をモチーフとした丸い窓が付いています。

ちなみにウブロとはフランス語で舷窓を意味し、、収納ボックスだけではなく腕時計も舷窓をイメージしたモデルが多数ラインナップされています。

また保証書にはICチップが搭載されていて、まるでクレジットカードのような見た目になっているのもポイントです。

グランドセイコー

日本の腕時計メーカーであるセイコーから派生した高級時計ブランド「グランドセイコー(Grand Seiko)」も、付属品の有無は重要な評価項目です。

グランドセイコーでは、内箱・外箱・コマ・品質を保証する証明書などが付属しています。

ちなみに保証書は購入時には付いてきませんので、その点は留意しておく必要があります。

保証書請求はがきを郵送し、ユーザー登録完了後に保証書が直接送られる仕組みになっています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目