ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

時計の傷は買取価格にどう影響する?傷があっても高く買取してもらうためには

時計の傷は買取価格にどう影響する?傷があっても高く買取してもらうためには
時計の傷は買取価格にどう影響する?傷があっても高く買取してもらうためには

腕時計を長く使っていると、気を付けていたとしても細かい傷がついてしまうのは避けられません。

とはいえ、時計に傷がついていることが気になるという人も多いでしょう。

時計の買取について考えた場合、時計についた傷は買取価格にどのような影響を与えるでしょうか。

時計についた傷の種類による買取価格への影響の違いや、傷があっても高く買取してもらうための方法についてご紹介します。

高級時計に傷が付いてしまったら気にする人は多い?

高級時計に傷が付いてしまったら気にする人は多い?

新しく買った腕時計に初めて傷が付いてしまったとき、ショックを受けたという経験をお持ちの方は多いかもしれません。

買ったばかりのピカピカの腕時計に付いた初めての傷ですから、落ち込んでしまう気持ちは分かります。

しかし、腕時計は日々身に着けて外出するものですから、注意していたとしても細かな傷が付くことは避けられないでしょう。

長く使っているうちに「仕方がない」という風に、傷を気にしないようになったという人も多いようです。

中には、「傷がたくさんあるのは長年行動を共にしてきた証」だとして、付いてしまった傷に愛着を持っているという声もあります。

いずれにしても腕時計を使っていれば傷は避けられないものですから、細かな傷であればそれほど気にする必要は無いのかもしれません。

特に高級時計であれば、メーカーにオーバーホールのサービスがあることが多いです。

オーバーホールの時には同時に外装研磨を行ってくれますから、細かな傷であればそれで消えてしまいます。

「傷がつくことを恐れるあまり、身に着けるのに二の足を踏んでしまう」ということになっては元も子もありません。

「最低限の注意を払いながら使って、定期的にメンテナンスに出す」というのが、高級時計の傷との賢い付き合い方なのかもしれません。

時計の傷は買取に影響する?

時計の傷は買取に影響する?

では、腕時計の買取という場面を考えたときには、時計の傷はどのように影響するでしょうか。

実は、時計の傷には買取価格に大きく影響するものと、買取価格への影響が比較的小さいものとがあります。

どのような傷なら買取価格への影響が少なくて済むのでしょうか。

また、買取価格に大きく関わる傷とはどのようなものでしょうか。

確認していきましょう。

買取価格への影響が小さい傷とは

買取価格への影響が小さい傷とは、端的に言うなら、外装研磨することで取り除くことができる程度の細かな傷のことです。

中古の時計を買取するわけですから、通常の日常的な使用で付く細かな傷は、買取業者にとっても織り込み済みです。

多くの時計買取業者では修理工場と提携し、あるいは自社の修理工場を併設し、買取した時計の外装研磨をできるように準備しています。

多くの時計買取業者はそもそも「買取した時計には外装研磨が必要だ」という認識で買取をしているため、外装研磨で取り除くことができる程度の細かな傷は、買取価格には大きくは影響しにくいです。

この観点から言っても、通常の使用で付く細かな傷は気にしすぎる必要は無いようです。

買取価格に大きく影響する傷とは

反対に、研磨によって取り除くことができない傷が付いていると、買取価格に大きく影響してしまう恐れがあります。

具体的には、時計をぶつけてしまったことによるへこみ、名前などを刻むために彫りこんだ傷、ガラス部分への損傷、部品の欠損といった傷です。

これらは外装研磨では取り除くことができす、部品を交換するなどの専用の修理が必要になります。

買取業者としては、買取してから販売までにそれだけ修理費用がかかりますから、買取価格を高くつけるのは難しいです。

価値の高いブランド時計であったとしても、これらの傷がある場合には買取価格ダウンは避けられない場合が多いでしょう。

時計のベルトの劣化も買取に影響する?

時計のベルトの劣化も買取に影響する?

長く腕時計を使っていると、劣化しやすい箇所はベルト部分ではないでしょうか。

ベルト部分の劣化は時計の買取にどのように影響するのでしょうか。

金属製のベルトの場合

金属製のベルトの場合は時計本体と同じく、外装研磨で取り除くことができる細かな傷であれば、買取価格への影響は小さいでしょう。

反対に、外装研磨で取り除けないような深い傷は買取価格を大きく下げてしまう恐れがあります。

金属製ベルトの場合にもう1つ注意したいのが、ブレスの弛みです。

金属製ベルトの腕時計を長く使っていると、どうしても少しずつ消耗してブレスの弛みが起こってしまいます。

経年劣化ですのでどうしようもないのですが、ブレスの弛みは買取価格に大きく影響してしまう場合があります。

時計を外して横に向けた時に、ベルト部分がだらっと垂れ下がってしまうほどに弛んでしまっていると、部品の交換といった特別な修理が必要になります。

そうなると買取業者としても、高い買取価格はつけにくいでしょう。

革製ベルトの場合

革製ベルトの場合、金属のように研磨をするというわけにはいきません。

劣化すればベルト自体を交換することになります。

時計買取業者にとっては織り込み済みのことではありますが、交換するとなるとコストがかかります。

やはりそのコスト分を買取価格から減額されてしまうことになるでしょう。

腕時計の傷を未然に防ぐにはどうすれば良い?

腕時計の傷を未然に防ぐにはどうすれば良い?

では、腕時計の買取価格を下げる原因となるような傷が付くのを防ぐためには、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。

シチュエーションごとに確認していきたいと思います。

外出時の注意点

時計に傷が付くタイミングは、基本的に「時計が硬いものに触れたとき」です。

時計が硬いものに触れることを防ぐため、外出時にできる対策を以下に挙げますので、確認してみてください。

①机のような硬い場所に時計を置く場合はハンカチなどを下敷きにする

腕時計を外して机などに置いたとき、傷が付いてしまうというケースがあります。

普段から時計用のハンカチなどを持ち歩き、時計を腕から外したときにはその上に置く習慣をつけると良いでしょう。

その時に気を付けたいのが、時計の金属製ベルトと裏蓋との接触です。

特にブランド時計の場合、裏蓋にブランド名などの刻印がされている場合があります。

裏蓋に付いた傷を取り除こうとして研磨すると刻印まで消えてしまうため、裏蓋は研磨できないのです。

裏蓋に付いた傷は、細かいものであっても買取価格に大きく影響してしまう可能性があります。

時計を置く際に使うハンカチを少し折り込むなどして、裏蓋と金属製ベルトが直接当たらないようにしてあげましょう。

②仕事中やデスクで作業する時は時計を外す

腕時計に傷が付くケースとして多いのが、時計を着けたまま作業をしていて、何かの拍子に硬いものに接触してしまうというケースです。

例えばデスクでの作業など、時計が硬いものに触れる恐れがありそうなときには、面倒でも時計を外した方が安心です。

外した時計は、ハンカチなどの上に置くようにしてくださいね。

③袖の中に隠す

腕時計を着けての歩行中など、予期せぬ時に時計が硬いものに接触してしまう可能性もあります。

そういった不慮の事故を防ぐためには、長袖を着て、袖の中に時計を隠しておくという方法もあります。

時計のためだけに長袖を着るのは難しい場合もあるかもしれませんが、こういった方法があることも知っておいて損はありません。

自宅保管時の注意点

自宅保管時に注意したいのが、時計同士が触れることによる傷や、裏蓋と金属製ベルトが接触することによる傷です。

それらを防ぐために、時計は1つずつ腕時計専用の保管ケースに収納するのが良いでしょう。

ディスプレイとしての機能を兼ねている腕時計専用ケースもありますから、美しく収納して、着けていないときもお気に入りの時計のデザインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、傷とは違いますが、直射日光が当たる場所に時計を保管していると、文字盤や革製ベルトが変色してしまう場合があります。

そして、強い湿気は、金属や革の部品、内部のムーブメントなど時計のすべての部分に関して劣化の原因となります。

保管場所には直射日光が当たらず、湿気の少ない場所を選ぶようにしましょう。

日々のメンテナンスも重要

これも傷とは異なりますが、日々の使用後に腕時計のメンテナンスをしてあげることも、時計の状態を良く保つためには重要です。

具体的には、時計の使用後にマイクロファイバーや眼鏡拭きなどの乾いた柔らかい布で、時計に付着した汗や汚れを拭ってあげると良いでしょう。

汗や汚れは放置しているとサビの原因にもなりますから、こまめに取り除いてあげることが重要です。

なお、金属や革は水分に弱いですから、濡れたタオルなどは時計を拭くのには向きません。

傷以外に時計の買取価格を下げる原因は?

傷以外に時計の買取価格を下げる原因は?

腕時計の買取価格を下げてしまう原因は、傷だけではありません。

傷以外に、腕時計の買取価格を大きく下げてしまうのにはどのようなケースがあるか確認していきましょう。

動かない機械式時計の場合

機械式腕時計で、ムーブメントに何らかの問題があって動かないという場合には、買取時に大きく減額されてしまう恐れがあります。

機械式腕時計は電池式の時計に比べて機構が複雑なため、どうしても修理にコストがかかってしまうのです。

特に高級ブランドの機械式腕時計で、そのメーカーにしかないような特殊技術が使われている場合には、時計をメーカーに送って修理してもらう必要があります。

そうなると買取業者にとっては費用も手間もかさむため、買取価格は大きく減額せざるを得ないでしょう。

とはいえ動かない機械式時計であっても、買取自体は可能な場合が多いです。

人気ブランド・人気モデルであれば、修理費用を差し引いても高く買取してもらえるというケースもあります。

電池交換しても動かないクォーツ式時計の場合

クォーツ式時計とは、水晶の性質を利用して動きを制御し、電池を動力源として動く時計のことです。

一般に機械式時計よりも製造コストが低く、比較的安価で販売できるため現代の腕時計では主流となっています。

動かなくなったクォーツ式時計を買取に出す場合、電池交換をして動くのであれば良いのですが、電池交換しても動かない場合には買取価格が低くなってしまう可能性があります。

複雑な機械式時計に比べれば、クォーツ式時計の修理費用は安くなる場合も多いです。

しかしクォーツ式時計は元々安価なものが多いため、修理費用と売値のバランスが取れないことがあります。

そのため買取業者によっては、中に金が使われている場合には、取り出して地金として再販するケースもあるほどです。

いずれにせよ買取業者としては利益を出しづらく、高く買取してもらうのは難しいようです。

傷のある時計を売るなら時計専門の買取業者がおすすめ

傷のある時計を売るなら時計専門の買取業者がおすすめ

リサイクルショップやネットオークションなどを利用して売却することもできるにはできますが、傷のある時計を売るなら時計専門の買取業者がおすすめです。

傷のある時計の買取には時計専門の買取業者をおすすめする3つの理由についてご紹介します。

豊富な知識と査定経験がある

時計の買取においてまず大事なのは、その時計の本来の価値を正しく見極めてもらうことです。

そのためには、時計に関する専門知識と査定経験を持つ専門店に査定を依頼するのがおすすめです。

時計専門の買取業者であれば時計に精通した鑑定士が在籍していますから、売りたい時計の本来の価値を正しく見極めてくれるでしょう。

また、傷の具合に関しても、豊富な査定経験を持つ業者であれば、外装研磨で取り除ける傷であるのかどうかを正しく見極めることができるでしょう。

腕時計のチェック設備が整っている

時計専門の買取業者であれば、時計のチェックに特化した専用の設備を備えていることが多いです。

専用の器具やノウハウなど、時計を専門としないリサイクルショップなどにはない体制が整っているでしょう。

鑑定士のスキルに加えて、このような設備が整っていることで査定の精度はより高くなります。

時計の状態を確実に把握することができますから、自信をもって買取価格をつけることができるのです。

自社の修理工房を備えている業者もある

時計専門の買取業者の中には、自社の修理工房を持っている業者もあります。

傷のある時計を買取した場合には、再販するまでに外装研磨や部品の交換が必要になります。

自社の修理工房を持っている場合には、修理を外注しなければならない場合に比べて修理コストを抑えることができるでしょう。

また、修理技術者が社内にいることによって、買取時点で修理費用を正確に見積もることができます。

買取後、再販までのコストを抑えることができるため、自社の修理工房を備えている買取業者なら買取価格を高く設定することができるでしょう。

傷のある時計の買取についてのまとめ

傷のある時計の買取についてのまとめ

時計の傷には買取に大きく影響するものとあまりしないものがあります。

時計を買取に出す際、傷があることを気にする人もいるかもしれませんが、通常の使用でつく細かな傷であればそれほど気にする必要はありません。

また、日常生活でついてしまう時計の傷は、ちょっとした注意点を習慣にすることである程度防ぐことができます。

買取に出す際には、専門的な知識や設備を備えた時計専門の買取業者を選ぶことで、傷のある時計でも高く買取してもらえる可能性が上がるでしょう。

時計の傷はあまり気にしすぎるよりも、まずは時計専門の買取業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目