ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

アンティークロレックスは価値が高いって本当?高額買取の条件とは?

アンティークロレックスは価値が高いって本当?高額買取の条件とは?
アンティークロレックスは価値が高いって本当?高額買取の条件とは?

アンティークロレックスはロレックスの中でもとりわけ資産価値が高いと言われています。

昔購入したロレックスが、現在とても価値のあるものとして扱われることは珍しくありません。

本記事では「自分の持っているロレックスの価値が気になる」という人のために、アンティークロレックスの概要や代表的なモデルの特徴、買取で高値をつけてもらうための条件などを紹介していきます。

アンティークロレックスを持っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

アンティーク・ロレックスとは

アンティーク・ロレックスとは

腕時計の世界において、アンティークは1940年から1960年代に作られたものです。

アンティークロレックスは、文字盤のデザインが多種多様で、同じ年代に作られたモデルでもデザインが異なります。

例えば、「チェリーニ」では文字盤が書かれているものと、書かれていないものがあります。

他にも、時計の形が四角形や八角形になっているようなロレックスの時計もあります。

時計の文字盤は、いわば時計の顔です。

文字盤のデザインが若干異なるだけでも、表情は大きく変わるものです。

アンティークロレックスは、職人によって1点1点丁寧に手作りされたため、それぞれが個性を持ちます。

ヴィンテージロレックスとの違いは?

アンティークロレックスは「ヴィンテージロレックス」とも呼ばれます。

アンティーク・ヴィンテージ共に、「希少性がある」「価値が高い」「古い」の3点が共通しており、呼び方に明確な定義はありません。

したがって、この2つの名称は、どちらも古くて価値の高いロレックスを指す言葉である、と考えて差し支えないでしょう。

4ケタのリファレンスナンバー

ロレックスの腕時計には、すべてリファレンスナンバーがつけられています。

リファレンスナンバーとして、「Ref.」のあとに4ケタの数字が刻まれています。

ブレスレットを外したケース側面、および時計の12時側で確認できます。

あるモデルでは1~3文字のアルファベットがついている場合があり、古いモデルでは数字が5ケタや4ケタになっている場合もあります。

一般的には、リファレンスナンバーを確認することでモデルの判別が可能です。

しかし、ロレックスが公式に認めた判別方法ではなく、例外は多数存在します。

また、商品固有のシリアルナンバーとは異なるため、注意が必要です。

リファレンス番号は、ロレックス時計の種類(エクスプローラーなど)によって統一されています。

一方、シリアルナンバーは各時計ごとに番号が異なっているため、基本的にシリアルナンバーが重複しません。

アンティークロレックスではRef.のあとに4ケタの数字がありますが、このようなリファレンスナンバーは1970年代以前に製造された腕時計を指すことが一般的です。

個性色が強い

アンティークロレックスは、各モデルに個性があります。

1940年~1960年代の製造当時、ロレックスは複数の生産工場を所有していました。

そのため、工場ごとの製造方法やデザインが時計に反映され、製造される工場の特色、その後の仕様変更などが加わって、個性豊かな時計が生み出されていました。

さらに、アンティークロレックスは使用する過程で施された、修理の回数も多い傾向にあります。

修理のたびに、その当時の新しい仕様を反映したり、部品も当時の最新式のものを使ったりなどの手を加えていったことで、世界に2つとない時計になるのです。

歴史が味わえる

アンティークロレックスは、シリアルナンバーなどから製造された年代を想定できます。

年代が想定できれば、自分が所有するロレックスの仕様を調べられます。

仕様を理解することによって、モデルの魅力が理解でき、愛着も湧いてくるでしょう。

アンティークロレックスは歴史と熟成感を味わえ、こうした魅力は最新モデルの新品では決して味わえません。

アンティーク・ロレックスの人気モデルとは?

アンティーク・ロレックスの人気モデルとは?

アンティークロレックスは、種類が豊富です。

アンティークロレックスのうち、スポーツロレックスと呼ばれるモデルには、パイロット・ダイバー・カーレーサーのニーズに対応したものなどが存在します。

また、レディースのモデルも用意されています。

GMTマスター

GMTマスターは、パイロットの操縦を補佐するために設計されたものです。

国際便のパイロットは、出発時に現在地の時間と到着地の時間を把握する必要があるため、両方の時間を確認できる時計を必要としていました。

この要望に応えて登場したのが、GMTマスターです。

GMTマスターは、1990年から約20年間製造されており、作られた年によって仕様が異なります。

最大の特徴は、2タイムゾーン機構です。

ムーブメントに24時間針を追加し、青と赤で昼夜を表現した24時間刻みの回転ベゼルを組み合わせることで、現在地の時間と到着地の時間を同時表示することを実現しました。

サブマリーナ

サブマリーナは、プロダイバーのために作られた防水腕時計です。

水深100mまで耐えることができ、潜水時間と減圧停止を測定できる回転ベゼルを搭載しています。

サブマリーナの回転ベゼルには60分の目盛りが入っており、セラミックで製造されているので高い耐傷性があります。

陸上でも使用シーンを選ばず、ビジネスとカジュアル両方に対応できるシンプルで実用性の高いデザインが特徴です。

デイトナ

デイトナは、プロレーサーのニーズに対応するために作られたモデルです。

一定の距離を移動するためにかかった時間から、平均速度を確認できるタキメーター目盛りを備えており、速度はキロかマイルで表示されます。

また、時速400キロまでの速度の計測が可能です。

数あるアンティークロレックスの中でも、4ケタ型番のデイトナは特に希少価値があり、その価値の高さが評価されています。

その代表格であるデイトナ「ポール・ニューマン」の価値は、1,000万円を超える言われています。

プレシジョン

プレシジョンとは、正確・精密を意味する言葉です。

1960~1970年代に作られた電池を使わない機械式時計で、オイスターケースを採用しています。

オイスターケースとは、完全防水の時計ケースのことです。

プレシジョンは種類がとても豊富で、針はペンシル・楔型・バータイプなどがあり、文字盤もシルバー・ホワイト・ブラックなどがあります。

プレシジョンの価値は作られた年代や採用されている針、文字盤によって大きく異なります。

チェリーニ

チェリーニの名称は、ルネサンス期のイタリア人金細工士、ベンベヌト・チェリーニが由来です。

チェリーニのモデルは数種類存在し、ラウンド型・トノー型・正方形などがあります。

長方形のモデルはプリンスと呼ばれ、希少価値の高いモデルです。

ストラップは上質なレザーで、ステッチ入りヘリ返し仕立てとなっています。

「ムーンフェイズ」は、チェリーニの中でも個性的なルックスで、月の満ち欠けを表示する特別なディスプレイを備えており、約122年間正確に時を刻むと言われています。

カメレオン

カメレオンはレディースモデルで、時計本体が非常に小さく、その日の気分によってベルト部分を付け替えることできます。

ベルトは革や金属で作られたものがあります。

また、色が数十色あるため、用途シーンによってベルトを選べることも大きな特徴です。

このようにベルトを変えることによって、さまざまな場に対応できるため、カメレオンという名が付けられたと言われています。

日本では女優の松嶋菜々子さんがドラマで着用したことで認知度が上がり、現在も人気が高いモデルの一つです。

高級時計を売るなら専門の買取業者がおすすめ

高級時計を売るなら専門の買取業者がおすすめ

ロレックスのような高級時計の買取を検討する場合は、時計専門の買取業者の利用がおすすめです。

なぜなら、時計の専門知識を持った査定員に査定してもらえるので、適切な買取金額を提示してもらえるからです。

また、他の方法として、リサイクルショップやフリマアプリを利用することも選択肢としてあります。

しかし、店員や落札者に時計の専門知識がないと安く買い叩かれ、アンティークロレックスの価値に見合わない額となり損をする可能性があります。

時計の価格を決める際には専門的な知識が必要になるため、ロレックスのような高級時計を買取してもらう際には、時計専門の買取業者の利用がおすすめです。

アンティークロレックスを高く売るためのポイント

アンティークロレックスを高く売るためのポイント

アンティークロレックスが高額買取されるポイントはいくつかあります。

具体的に挙げると、以下の通りです。


・付属品がすべて綺麗に保管されている

・時計本体が綺麗な状態で保管されている

・交換されずにそのまま使われている

・製造当時のブレスレットがそのまま使われている


これらのポイントを、それぞれ詳しく解説していきます。

付属品を揃えて査定に出す

ロレックスは、購入時に付いてくる付属品の有無で、買取額が大きく変わります。

なぜなら付属品の中にある保証書は、その時計が本物であることを示す証拠であるからです。

他の付属品として、箱・小冊子・ブレスレットの替えなどがあります。

査定に出す時は、すべての付属品を必ず持っていきましょう。

ただしアンティークロレックスの場合、万一付属品がなくても買取額が減額されないことがあり、減額されても少額で済む場合があります。

減額されない理由は、その時計自体に価値があるためです。

できるだけ綺麗な状態で査定へ

ロレックスを査定に出す場合、綺麗な状態で持っていくことが望ましいでしょう。

湿らせた布で拭き取れる汚れなどは取りのぞいておきましょう。

ただし手巻きロレックスなどの古い時計は、防水性が失われている可能性があるので、水に浸けて洗うことは避けましょう。

また、ロレックスのオイスターケースは、防水性に優れているので、水が付着しても大丈夫と考えがちです。

しかし、古いロレックスはケースが変形している可能性があるので、防水であることを過信せず、水に浸けて洗うことを避けるようにしてください。

オーバーホールは出さずにそのまま査定へ

アンティークロレックスは、製造当時の状態かどうかで価値が変わります。

なぜなら、当時の部品そのものに希少価値があるからです。

オーバーホールに出してしまうと、希少価値のある部品を新品の部品に交換されることがあるのでおすすめできません。

そのため「時計が動かない」「文字盤や針が錆びている」といった状態であれば、綺麗にしたい気持ちもわかりますが、そのままの状態で出す方が査定額が高くなる傾向があります。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目