ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ウブロ・クラシックフュージョンの高価買取ポイントとは?

ウブロ・クラシックフュージョンの高価買取ポイントとは?
ウブロ・クラシックフュージョンの高価買取ポイントとは?

ウブロのクラシックフュージョンは、ウブロのクラシックなモデルと現代的なトレンドをフュージョンさせて登場した、初代クラシックの後継機種です。

シンプルなデザインであるためビジネスシーンにも使用でき、ウブロが持つモデルの中でも特に人気が高い品だと言えます。

また、クラシックフュージョンは派生モデルが多い点や、中古時計の買取市場で高く買取されやすい点も特筆すべきポイントでしょう。

そこでこの記事では、クラシックフュージョンの特徴や各派生モデルの魅力について解説したうえで、なるべく高く買取してもらうためのポイントを紹介します。

ウブロ「クラシックフュージョン」はどんな時計?

ウブロ「クラシックフュージョン」はどんな時計?

ここではまず、クラシックフュージョンの魅力や特徴について紹介します。

クラシックフュージョンの魅力

クラシックフュージョンは、初代のクラシックから続く舷窓のデザインを残しつつ、未来的な素材を組み合わせたモデルです。

ビスの数はこれまでの12個から6個に変更され、H型ビスが採用されました。

クラシックフュージョンはサイズバリエーションが豊富で、45mm・42mm・38mmは自動巻き、33mmはクオーツを搭載しているという選択肢の多さも魅力の1つです。

スモールセコンドを搭載したモデルや、クロノグラフ、ムーンフェイズ搭載モデルなど、好みに合わせて選択できる時計だとも言えます。

クラシックフュージョンのケース幅は比較的薄く、販売価格が低めに設定されているのもクラシックフュージョンの特徴です。

とてもシンプルで落ち着いたデザインからは上品さが漂い、カジュアルシーンからビジネスシーンまで幅広く利用できるでしょう。

また、クラシックフュージョンは男性だけではなく女性からの人気も高く、パートナーとペアウォッチとして利用できる点も特徴的です。

チタニウムモデルとクロノグラフモデル

クラシックフュージョンのモデルとして代表的なのが、チタニウムモデルとクロノグラフモデルです。

チタニウムモデルは、チタニウム製のボディに文字盤が黒や青、緑などカラフルなモデルで、表面にはレザーと裏面にはラバーを使用したベルトが使われています。

チタニウムが素材であるために軽量化が実現されており、装着中にストレスを感じにくいのも大きな特徴です。

ベゼルにはウブロ独特のビスが使用されており、ウブロの時計が好きな方はもちろん、シンプルなデザインが好きな人にはおすすめできるモデルと言えるでしょう。

クロノグラフモデルは、チタニウムモデルにクロノグラフ構造が追加されたモデルであり、ビックバンに負けずとも劣らないスポーティーさが特徴です。

ブレスレットと文字盤がシルバーで統一されており、全体のさわやかさを醸し出しています。

裏蓋は透けていて、内側には「HUBLOT(ウブロ)」の文字が見えるようになっています。

クラシックフュージョンの派生モデル一覧

クラシックフュージョンの派生モデルには、以下の様に多彩な種類があります。

アエロフュージョンアエロフュージョンはスケルトンダイアルが大きな特徴のモデルです。
クラシックが持つエレガントさと、ビッグバンの持つオリジナリティを兼ね備えた時計だと言えるでしょう。
オーリンスキーオーリンスキーは、フランスの現代アーティストであるリチャード・オーリンスキー氏とのコラボレーションモデルです。
オーリンスキー氏が希望した40mmケースサイズと、ケースからダイヤルに至るまで用いられたファセット構造が特徴的だといえます。
ベルルッティベルルッティは、120年以上の歴史がある高級紳士靴メンズブランドのベルルッティとのコラボで誕生したモデルです。
ダイヤルとストラップにはベルルッティの品質を示すヴェネチアレザーを採用し、ケースやストラップなど様々な場所にスクリット装飾が施されています。

クラシックフュージョンの人気モデル

クラシックフュージョンの人気モデル

ここからは、クラシックフュージョンの人気モデルをご紹介し、それぞれの特徴について解説します。

ウブロ クラシックフュージョン チタニウム

クラシックフュージョンチタニウムは、文字盤やラバーバンドは黒で最もシンプル且つ人気の高いモデルです。

クラシックフュージョンらしい薄型ケースにより、上品さや落ち着きを感じさせます。

ステンレススチールと比較して非常に軽いチタン素材を使用しているため、装着時にストレスを感じにくい時計であるとも言えるでしょう。

ストラップにも黒が用いられており、ブラックラバーとアリゲーター皮革がとてもよくマッチしています。

なお、チタニウムには黒以外にもカラーバリエーションがあり、おしゃれなグレーや個性的なグリーン、人気の高いブルーなども非常に魅力的でしょう。

自動巻きムーブメントで、パワーリザーブは約42時間です。

ウブロ クラシックフュージョン チタニウム クロノグラフ

チタニウムクロノグラフは、クラシックフュージョン チタニウムにクロノグラフ機構を追加したモデルであり、チタニウムモデルと同じく文字盤やラバーバンドは黒です。

2つ目インダイアルは非常に珍しく、バランスの取れた配置がおしゃれな印象を感じさせます。

チタニウムクロノグラフは、ダイヤルやラバーベルトが黒で統一されているため主張し過ぎることがなく、ビジネスシーンなどでも非常に幅広く利用することが可能です。

裏蓋は透けていて内側には「HUBLOT」の文字が読めるようになっています。

チタニウムクロノグラフでは自動巻きムーブメントを採用しており、パワーリザーブは約42時間です。

ウブロ クラシックフュージョン アエロフュージョンクロノグラフ ブラックマジック

クラシックフュージョンの派生モデルであるアエロフュージョンは、名前の通り文字盤が風の通り抜ける様なスケルトンで、中のムーブメントが見えるようになっています。

アエロフュージョンブラックマジックは、チタンではなくブラックセラミックで作られた、精悍かつラグジュアリーな時計です。

どの角度からみてもブラックの印象を強く与えるブラックマジックは、どんな服装とも合わせやすい便利な品であるとも言えるでしょう。

高級時計を売るなら専門の買取業者がおすすめ

高級時計を売るなら専門の買取業者がおすすめ

ウブロのクラシックフュージョンのような高級時計を買取に出すのであれば、時計専門の買取業者を利用するのがおすすめです。

専門の買取業者であれば時計の専門知識がある査定員に見てもらえるため、時計が持っている本当の価値に合う買取額の提示が期待できるでしょう。

オークションサイトなどを利用すれば簡単に時計を売ることはできるでしょうが、その場合、どれくらいの出品価格が適正なのかを自力で判断するのは困難です。

特に高級な時計を売りに出す場合は専門業者の査定を受けて、お手持ちの時計にどれくらいの価値があるのかを把握するようにしましょう。

クラシックフュージョンを高く売る方法とは?

クラシックフュージョンを高く売る方法とは?

ここからは、クラシックフュージョンをなるべく高く売るためのポイントについて解説していきます。

付属品を揃えて査定に出す

まず大切なことは、査定に出す際には付属品も一緒に揃えて出すことです。

時計本体だけでも査定はしてもらえるでしょう。

しかし、付属品の有無によって買取額が大きく変わることも珍しくありません。

高級時計においては付属品も時計の一部だと考えられるものであり、コレクターは「どうせ購入するのであれば全て揃えたい」と考える人が多いからです。

箱や保証書、コマなどは捨てずに保管しておき、査定の時に一緒に出しましょう。

特にクラシックフュージョンは、保証書に登録されているデータをインターネットで閲覧する際に使用する「ウブロティスタ」というアイテムがあります。

また、ウブロの時計は化粧箱が大きく立派なものが多く、こちらも揃っているかどうかは査定額に影響します。

これらの付属品の有無で買取価格が大きく変わることも考えられますので、ウブロの時計を査定に出す際は、付属品を揃えておくのを忘れないようにしましょう。

オーバーホールは出さずにそのまま査定へ

買取査定に出す際にはなるべく綺麗な状態にしておきたいと考えて、オーバーホールに出すべきかと考える方もいるでしょう。

もちろん、綺麗な状態の方が査定額は高くなる傾向にあります。

しかし、実はオーバーホールに出してから買取に出すと損をしてしまうこともあるため、オーバーホールへは出さずにそのまま査定へ出しましょう。

買取業者はそれぞれが自前の工場や提携工場を持っており、一般の方が出すよりも低価格で修理やメンテナンスができます。

そのため買取業者側からすればオーバーホールをしてあるか否かはあまり重要ではなく、買取価格に及ぼす影響としては小さいでしょう。

オーバーホールに出すためにかかった費用の方が、オーバーホールの実施による査定額の上昇値よりも大きくなってしまうことも考えられ、かえって損することもあるでしょう。

査定に出す際には、オーバーホールはせずそのまま査定に出しましょう。

複数の買取業者で比較する

できるだけ高値で売るということを考えたら、可能な限り複数の買取業者に査定依頼を出すことも大切です。

もちろん、どの時計買取業者も専門の査定員が査定をしてくれるでしょう。

しかし、業者ごとに査定員のレベルはどうしても異なるため、査定額にも違いが出ます。

大切な時計を売りに出すのですから、少しでも高い評価を付けてくれる買取業者に依頼するのが良いでしょう。

そのため、査定に出す場合は複数の買取業者から見積もりを出してもらい、なるべく条件の良いところを探しましょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目