株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

バーバリーの腕時計の買取相場は?高く売るコツも伝授!

バーバリーの腕時計の買取相場は?高く売るコツも伝授!
バーバリーの腕時計の買取相場は?高く売るコツも伝授!

イギリスを代表するブランド、バーバリーの腕時計の買取を検討中でしょうか。

バーバリーのブランドについてや、時計の特徴をはじめ、買取相場や人気モデルを紹介するので参考にしてみてください。

また、バーバリーの腕時計を高く売るためのコツも伝授するので、買取に出す前に一度読んでいただければ幸いです。

イギリスを代表するファッションブランド「バーバリー」

イギリスを代表するファッションブランド「バーバリー」

「バーバリー(BURBERRY)」のはじまりは、1856年イギリス・ハンプシャー州で、当時21歳のトーマス・バーバリーによって紳士服店として「Burberry」が開業されたところにあります。

その後、ロンドンのバーバリーファンからの強い要望で、1891年にロンドンのヘイマーケット30番地にも店舗を構えるようになりました。

また、この店舗は本社も兼ねており、社名を「Thomas Burberry & Sons」としました。

1920年、バーバリーを代表とするトレンチコートの裏地に、初めてバーバリーチェックが使用されました。

1999年には、アイテムの大半を変更すると同時に社名を「Burberrys」から「BURBERRY」へと変更しており、「Burberrys」のロゴの品物は「ヴィンテージバーバリー」などと言われています。

バーバリーは今やイギリスを代表するファッションブランドとなり、洋服だけでなくバッグ・小物・アクセサリーなど様々なファッションアイテムを展開しています。

バーバリーのブラックレーベルやブルーレーベルとは?

バーバリーのブラックレーベルやブルーレーベルとは?

日本のアパレルメーカーである三陽商会は、バーバリー商品の輸入を行っていましたが、高級すぎるイメージがゆえあまり流行しませんでした。

そこで、三陽商会はバーバリーの監修による若年層向けの日本オリジナルブランドとして「ブラックレーベル」「ブルーレーベル」などのライセンス生産を始めました。


「ブラックレーベル」

…25歳から35歳の男性向けのブランドライン。フォーマルからカジュアルまで幅広いコレクションを展開。


「ブルーレーベル」

…20歳のオードリー・ヘプバーンらをイメージした若い女性向けのブランドライン。キュートでフェミニンなコレクションを展開。


2015年、バーバリーと三陽商会との40年に渡るライセンス契約は終わりを告げ、新たに「ブラックレーベル・クレストブリッジ」「ブルーレーベル・クレストブリッジ」として生まれ変わりました。

ブリティッシュスタイルを受け継いだレーベルとして存続しています。

バーバリーの腕時計の特徴

バーバリーの腕時計の特徴

バーバリーは腕時計も展開していますが、ブランドの公式サイトでは紹介されておらず、ライセンス契約を結んで腕時計メーカーが製造しています。

バーバリーならではのデザインに魅了されるファンは多く、注目を集めています。

バーバリーの腕時計の特徴を以下の項目でご紹介します。

信頼できる品質

バーバリーの時計は、大半が電池を動力源とするクォーツ式です。

ほとんどが3針式のクォーツ時計であるため月差(1ヶ月の時間差)±15秒以内と、機械式より正確であると言われます。

また、バーバリーの時計には、フォッシル製造(スイス製)とシチズン製造(日本製)があります。

シチズン製は「Burberrys」のロゴが書かれたものが多いので、恐らくヴィンテージバーバリーとなるでしょう。

最近では「SWISS MADE」と書かれたモデルが多く、このマークはスイスの法律により定められた基準を満たしたものだけに付けられる「本物の証」です。

要するに、高品質が約束された時計です。

ファッション性の高いデザイン

バーバリーの時計は、ブランドならではのファッション性の高いデザインが特徴です。

また、ほとんどにバーバリーの象徴であるチェックのデザインが盛り込まれています。

レディースラインは、シンプルなデザインが多く、オンオフ問わず着用できると言われています。

一方メンズラインは、高級感のある紳士的な印象でクロノグラフモデルが多いです。

バーバリーの時計のバンドは主に3種類です。

重厚感のある牛革を使用した「レザーバンド」、高級感がありつつも軽くて使いやすいステンレスを使用した「メタルバンド」、そしてバーバリーチェックがデザインされた「キャンバス生地」です。

キャンバス生地は、主にレディースやユニセックスのモデルに使用され、比較的カジュアルな印象です。

バーバリーの腕時計の買取相場と人気モデル

バーバリーの腕時計の買取相場と人気モデル

バーバリーの腕時計の買取相場は、モデルや状態によりますが、数千円~数万円ほどです。

バーバリーの腕時計にはいくつかシリーズがあり、中でも人気が高いのは「シティ(THE CITY)シリーズ」だと言われています。

シティシリーズは、文字盤に立体感のあるチェック柄が落とし込まれていて、大人の魅力が詰まっているデザインです。

シティシリーズは需要が高い分、買取価格に良い影響を与えるでしょう。

また「ザ・ブリテン(THE BRITAIN)シリーズ」は、バーバリー初のアイコンウォッチとして販売されたシリーズです。

販売が終了している型のため、希少価値を付けてくれる買取業者もあるかもしれません。

バーバリーの腕時計を高く売るためのコツ

バーバリーの腕時計を高く売るためのコツ

バーバリーの腕時計を実際に買取へ出す場合、どうせならその価値を最大限に活かして高く売りたいですよね。

主な高く売るためのコツ3つは以下の通りです。


・付属品は全てつける

・なるべく早く売る

・腕時計の専門知識をもつ業者に査定依頼する


これらはバーバリーに限らず、ほとんどのブランド時計に当てはまるので、その他の時計の買取も検討している方は特に押さえておいていただければと思います。

付属品は全てつける

腕時計を新品で購入した際には、保証書・取扱説明書・箱などが付属しているはずです。

買取査定を受けるときに、これらの付属品を一緒に出すことで買取価格が高くなりやすいです。

特に保証書は「本物のブランド品である証」となることも多いので、付けておいて損はないでしょう。

次に買う人が安心できるのはもちろん、査定時の参考資料にもなるので、付属品は全て付けて買取査定に出しましょう。

替えベルトや、ベルト調節した際に余った部分などがあれば、それらも出すと良いでしょう。

なるべく早く売る

腕時計は、新品購入から3年以内が高価買取のポイントとなることがあります。

ブランド腕時計の買取において、シリーズや生産時期などの評価ポイントに加え、使用感を考慮した本体の状態を精査します。

さらに、中古時計市場の流行の様子なども鑑みて買取額を算出します。

使用状態や流行などの観点から見ると「もう身に着けないかも」「デザインに飽きた」などとふと感じたときを売り時とし、なるべく早く売るようにしましょう。

現時点での時計の価値を知るという意味でも、試しに無料相談や無料査定を利用してみるのがおすすめです。

腕時計の専門知識をもつ業者に査定依頼する

バーバリーの腕時計は、リサイクルショップなど総合的なジャンルの品物を扱っている買取店よりも、腕時計の専門知識をもつ業者に査定依頼するのが好ましいでしょう。

リサイクルショップでは、バーバリーの価値が分かってもらえずに買取価格が低く見積もられてしまう可能性があります。

専門的な観点から、正確に時計の状態を判断してもらえる、ブランド時計専門の買取業者に査定してもらうと良いでしょう。

買取実績を公開していたり、好印象の口コミが多いような優良な買取業者がおすすめです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目