ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【時計買取】オリエントを高く売るコツとは?買取相場も解説

オリエントの高価買取のコツは?買取店の選び方も紹介

「オリエント(ORIENT)」は、創業から自社製ムーブメントの開発にこだわってきた、日本の老舗時計ブランドです。

長い歴史の中で培われた高い技術力で海外からの人気も高く、多くの買取店が積極的に買い取ってくれる時計でもあります。

そこで今回の記事では、オリエントの歴史や特徴についてご紹介するのはもちろんのこと、買取相場や高く売るためのコツなど、買取にまつわるノウハウもお伝えしていきます。

久しく使っていないオリエントを持っている方は、ぜひ参考にしていただき、売却を検討してみてください。

海外からの需要も高い国産老舗ブランド

海外からの需要も高い国産老舗ブランド

機械式時計の製造にこだわるオリエントは、前身の「吉田時計店」から歴史がはじまります。

1901年に創業した吉田時計店は戦前まで、海外時計と自社製造した置き時計を主力として販売し、腕時計業界への進出も検討していました。

しかし戦後の経営混乱を落ち着かせるべく、会社の整理と工場の閉鎖を余儀なくされ、一旦は腕時計製造の企画は頓挫します。

状況が落ち着いた1950年、東京都は日野市にある腕時計の製造工場を創業を開始し、翌1951年に社名を「オリエント時計株式会社」と改め、新事業をスタートさせました。

オリエントは創業して間も無く、海外への輸出に力を入れます。

中東や南米などの、他社が進出していない国への展開を進め、スイス製の高品質な時計にも負けない魅力的な時計製造を行っていきました。

1970年代から主流になりはじめたクオーツ式が登場した時代も、機械式時計にこだわりました。

機械式にこだわった理由は、電池の入手が困難な海外でも長く愛用してもらいたい、という強い思いからです。

結果として、故障しにくい日本製の腕時計として評価され、海外から厚い信頼を得る時計ブランドとして成功しました。

機械式のロイヤルオリエント

数々の名作を製造してきたオリエントの腕時計の中でも、「ロイヤルオリエント」は最高峰の機械式時計で有名です。

「人の温もりを感じられる時計」「末永くご愛用頂ける時計」がテーマになっていることもあって、職人の手によって丹念に作り込まれ、アフターサービスも充実した1本になっています。

1959年に販売されて以来、国内で人気を博しましたが、残念ながら現在は製造がストップしています。

そのため中古市場では、希少な機械式時計として取引されています。

誕生以来ロングセラーのオリエントスター

オリエントが創業した翌年の1951年に販売された「オリエントスター」は、誕生以来ロングセラーとなっている人気モデルです。

オリエントの自社ムーブメントが搭載されているにも関わらず、5万円代の価格帯からラインナップされていることが人気の理由です。

若い世代からも支持を集めており、累計で1億本も製造されている、ブランドの主力アイテムでもあります。

時代の変化に合わせた独特なデザインもオリエントスターの特徴です。

例えば、文字盤の9時付近に空いた穴からムーブメントの動きがわかる「セミスケルトン」は、機械式時計にこだわるオリエントならではのデザインといえるでしょう。

オリエントの時計の買取相場

オリエントの時計の買取相場

オリエントは長い歴史の中で多種多様な時計を展開してきたため、買取相場は「数千円〜数万円前後」と少し幅広いです。

ただオリエントは国内ブランドのため、海外製品のように為替変動の影響を受けにくく、買取価格が安定しています。

また実際の買取価格は「モデル」「希少性」「保存状態」など、色々な要因によって決められます。

例えば上記でご紹介した「ロイヤルオリエント」は、販売中止となったモデルのため、希少性が高く買取価格が高くなりやすいです。

オリエントの優良買取店を選ぶには?

オリエントの優良買取店を選ぶには?

日本の老舗時計ブランドとして知られるオリエントですが、ネームバリューは海外ブランドと比べてしまえば、どうしても見劣りします。

そのためオリエントの腕時計を買取に出す際は、その価値を見極められる優良な買取店を選ぶのが重要です。

ここからは、優良買取店を選び出すためのポイントとして、以下3点をご紹介していきます。

  • ・時計専門の買取店を選ぶ
  • ・買取実績を見る
  • ・口コミで評判をチェックする

それぞれの詳細内容を参考に、最適な買取店を厳選していきましょう。

時計専門の買取店を選ぶ

オリエントの売るお店を決める際は「時計専門の買取店」であることは、最低条件のひとつとして掲げておきましょう。

前述した通り、オリエントの買取相場は数千円〜数万円と幅広いため、モデルごとに違う価値を見極められる豊富な専門知識に加え、高い査定技術が必要不可欠です。

時計専門の買取店は文字通り、時計の査定・買取・再販を行っているお店で、国内外問わず様々な時計ブランドの知識と、高い査定技術を有しています。

オリエントが過去に製造していたモデルの市場価値も把握しているので、安心して買取をお願いできるでしょう。

買取実績を見る

買取店を選び際、公式サイトの情報を参考にする方がほとんどかと思いますが、中でも「買取実績」の内容にはしっかりと目を通しておきましょう。

実績が豊富な買取店であるほど、経験が豊富なことを意味していますし、多くの利用者から信頼されている証でもあるからです。

最近では「出張買取」「宅配買取」といった、住んでいる地域を問わずに査定依頼を受け付けている買取店も多いので、「近くに信頼できる買取店がない」と悩む必要もありません。

公式サイトの買取実績を参考に、経験豊富な買取店を場所を問わずにピックアップしていきましょう。

口コミで評判をチェックする

公式サイトの情報だけではなく、「口コミ」の評判もあわせてチェックしておくことで、より信頼できる買取店を絞られます。

口コミには、公式サイトでは分からなかった買取店の「良い所」「悪い所」が、買取店を実際に利用した方の手によって書かれているためです。

例えば査定員や電話担当に対する印象などは、利用者しか知ることができない細かな情報です。

また実際の買取価格も報告している方もいますので、オリエントを売った方の口コミがあるかも確認しておきましょう。

しかし口コミの情報は誰が書いたか定かではない不確実性もありますので、あくまでも参考程度に留めておくのも肝心です。

オリエントを売る前の注意点

オリエントを売る前の注意点

国内製の機械式時計であるオリエントは、海外でも人気が高い時計ブランドです。

しかし条件次第では、査定額が下がってしまう可能性もあります。

残念な結果にならないよう、これからご紹介する以下3つの注意点は事前に把握しておきましょう。

  • ・破損やキズありの時計は評価が下がる
  • ・修理・電池交換はせずに査定へ
  • ・懐中時計も買い取ってもらえる場合がある

知っているだけでも、最終的に手にできる金額も変わってきますので、ぜひ参考にしてください。

破損やキズありの時計は評価が下がる

中古市場では状態の良い時計ほど価値があるため、破損やキズありなどの問題を抱えた時計は評価が下がる傾向にあります。

ただ時計専門の買取店であれば、状態が悪くても買取してくれる場合がありますので、まずは問い合わせてみましょう。

ちなみに買取店によっては時計の状態に応じたランク分けをしており、販売時の状態に近いほど査定額も上がります。

また新品の時計に貼られている保護シールを剥がすだけでも、ランクは落ちてしまいますので、未使用の時計を持っている方は現状のまま買取に出しましょう。

修理・電池交換はせずに査定へ

動かなくなったオリエントの時計を持っている方は修理をせず、そのままの状態で査定へ出しましょう。

機械式時計の修理は高額なうえ、直したとしても修理費用を超える査定額アップが見込めない可能性が高いためです。

時計専門の買取店によっては、自社で工房を持っているところもあり、買い取った時計をメンテナンス・修理したうえで再販することができます。

余計な出費を抑えるのも、時計を売るときには大切な考え方です。

ちなみにオリエントではクオーツ式も販売していますが、電池交換もかえって損をしてしまう可能性があるので、動かない状態で買取に出してしまいましょう。

懐中時計も買い取ってもらえる場合がある

オリエントでは腕時計のほか、懐中時計も製造しており、中古市場でも人気の時計として取引されています。

国内製造の機械式の懐中時計は珍しいため、多くの時計専門の買取店が査定依頼を受け付けてくれます。

しばらくネジを巻いていないオリエントの懐中時計を持っている方は、現状の価値を知る目的として、気軽に査定の相談をしてみましょう。

オリエントを高く売るためのコツ

オリエントを高く売るためのコツ

時計は工夫次第で、査定額をアップされることも難しくありません。

せっかく価値あるオリエントを買取に出すわけですから、これからご紹介する以下2点のコツを実践してみてはいかがでしょうか。

  • ・付属品や保証書を忘れずに
  • ・できるだけ早めに買取に出す

手間をかけずに行える内容ですので、ぜひ参考にしてください。

付属品や保証書を忘れずに

正規取扱店で購入したオリエントに付いてきた、付属品・保証書は査定額に大きく影響してきますので、査定前には所在を確認しておきましょう。

オリエントには、内箱・外箱・取扱説明書が付属品に含まれます。

余ったコマも査定評価に含まれますので、購入時にベルトのサイズ調整をした方は、査定員に見せ忘れないよう注意してください。

またアフターサービス利用時に必要となる「保証書」は、たとえ保証期間が過ぎたとしても買取においては重要ですので、間違えて捨てないようにしましょう。

保証書には購入日・購入店舗が記載されており、「正真正銘の本物」であることを証明する証拠になるためです。

できるだけ早めに買取に出す

時計は使用しないまま保管しているだけでも、湿気や直射日光などの外部の影響で徐々に劣化していき、市場価値が落ちてしまいます。

例えば、湿気はムーブメントを構築する部品をサビさせ故障を招き、指針などの外観にもサビが及ぶ場合もあります。

そのため使っていないオリエントを持っている方は、できるだけ早く買取を済ませるのが高額買取を実現するためのコツになってきます。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する