ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

腕時計は時間を知るための道具としてだけではなく、ファッションアイテムとしても愛されてきました。

昨今では「携帯電話で時間を確認できるので腕時計は着けない」という人も増えているようですが、それでも腕時計を愛用しているという人は多いです。

ファッションアイテムやコレクションとして特に憧れの対象となっているのが、高価な機械式腕時計(ゼンマイを巻くことで歯車が回転し、動く時計)です。

機械式腕時計の中でも最高級とされ、世界で最も有名なメーカーの1つが、ブレゲです。

ブレゲの概要や時計の特徴に加えて、買取相場や買取に出す際の注意点などもご紹介します。

最高級時計メーカー・ブレゲとは

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

ブレゲは、1775年にフランス・パリで創業した最高級時計メーカーです。

スイスのヴァシュロンコンスタンタン、パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ドイツのランゲ・アンド・ゾーネと並んで世界5大時計メーカーの1つに数えられます。

ここではブレゲの時計メーカーとしての歴史とブレゲの時計の特徴、また、ブレゲの時計を愛した有名な顧客についてご紹介します。

ブレゲの歴史

ブレゲの創業者であるアブラアン-ルイ・ブレゲは1775年、パリのシテ島に時計工房を設立しました。

アブラアン-ルイ・ブレゲは、時計製作における革新的技術を数多く生み出した天才職人です。

アブラアン-ルイ・ブレゲの発明の数々は、現在でも多くの時計メーカーが実用するほど素晴らしいもので、時計の歴史を200年早めたとも言われます。

ブレゲの歴史は、アブラアン-ルイ・ブレゲにとって幸運なものだけではありませんでした。

創業からほどなくして、ブレゲの高品質な時計はフランスの貴族たちの間で愛されるようになりました。

そんな中、1789年に、封建的な身分制に異議を唱えるフランス革命が勃発します。

フランス国内に不穏な空気が漂い、貴族たちを多く顧客に持つブレゲの工房も危機にさらされました。

アブラアン-ルイ・ブレゲはフランスを去ることを余儀なくされます。

フランス革命が落ち着いたことでパリに戻ることができたアブラアン-ルイ・ブレゲは、国外の顧客に向けた時計の製作を始めました。

ロシア皇帝のアレクサンドル1世が顧客となり、1808年にはサンクトペテルブルクに店を開くなど、アブラアン-ルイ・ブレゲの時計は特にロシアで成功をおさめます。

しかし1811年、アレクサンドル1世はナポレオンの政策への対抗処置として、フランス製品のロシア内への輸入を禁止してしまいます。

順調であったロシアでの時計販売は、またも政治的な要因で頓挫してしまいました。

アブラアン-ルイ・ブレゲの死後、工房は息子のアントワーヌ-ルイ・ブレゲと孫のルイ-クレマンによって引き継がれていきますが、ここでも時計メーカーとしてのブレゲは危機を迎えます。

3代目のルイ-クレマンは時計製造に対する興味を次第に失い、電気事業や航空分野の事業にのめりこんでいきました。

工房は1870年、当時の工房長であったエドワード・ブラウンに売却され、以降の数十年はブラウン家によってブレゲの技術と伝統が守られていくことになります。

血縁によってではなく、ブレゲの時計や技術を愛した職人たちによる技術の伝承によって現代まで続いているという点は、歴史に関するブレゲの特徴かもしれません。

その後も、工房の所有者を変えながらブレゲの時計は作られ続けていきます。

現在は世界最大の時計製造グループであるスウォッチ・グループの傘下企業として、ブレゲは時計製造を続けています。

スウォッチ・グループの会長であるニコラス・G・ハイエックはアブラアン-ルイ・ブレゲが手掛けた時計の再現に取り組むなど、ブレゲの技術を後世に伝えていくことに熱心な姿勢を見せています。

また、アブラアン-ルイ・ブレゲから数えて7代目にあたる子孫のエマニュエル・ブレゲは、ブレゲ歴史遺産研究員としてブレゲ家及び会社の資料の管理に当たるとともに、パリ・ヴァンドーム広場にあるブレゲ博物館の館長を務めています。

やはりブレゲの時計や技術を愛する人たちによって、ブレゲの伝統は守られていくのでしょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

ブレゲの特徴

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

世界中に数ある時計メーカーの中で、なぜブレゲは特別な存在たり得ているのでしょうか。

それは、天才アブラアン-ルイ・ブレゲによる数々の発明があったからです。

現在でも、世界中の時計メーカーの作品に実装されているブレゲの革新的技術の中から、代表的なものをいくつかご紹介します。

腕時計

1810年に腕時計が発明されるまで、持ち歩く時計と言えば懐中時計のことでした。

世界初の腕時計を製作したのが、天才アブラアン-ルイ・ブレゲです。

ブレゲの顧客であったナポリ王妃・カロリーヌは、アブラアン-ルイ・ブレゲにブレスレットとしての時計の製作を依頼しました。

これに応える形で作られたのが、世界初の腕時計「ブレゲ・No.2639」です。

自動巻き

アブラアン-ルイ・ブレゲの発明の中でも、時計の歴史を最も大きく変えたのが「自動巻き」です。

自動巻き発明以前の時計は、手動でゼンマイを回さなければなりませんでした。

当然、ゼンマイを巻き忘れれば時計は止まってしまいます。

しかしアブラアン-ルイ・ブレゲが発明した自動巻きなら、腕時計をつけた腕が歩行などの際に振られるだけで、あるいは鎖に吊るされた懐中時計が振られるだけで、ゼンマイが巻かれるのです。

時計が振られることによって機構の中にある重りが動き、その動きによって歯車が回転するという仕組みです。

この自動巻きの技術は、現在でも多くの機械式時計に使われています。

ギョーシェ彫り

ギョーシェ彫りとは、時計の文字盤に彫り模様を入れることでデザイン性を高めるとともに、光の反射を抑えて文字盤の視認性を高める技術のことです。

市松模様の「ダミエ」、ピラミッドのような尖った鋲が規則的に並んでいる「クルー・ド・パリ」、模様が中心から放射状に広がる「ソレイユ」など、これまでに様々なデザインが作り出されています。

このギョーシェ彫りとその技法を考案したのが、アブラアン-ルイ・ブレゲです。

その他にも、針の先端付近に丸い形で穴の開いた部分を作ることでデザイン性・視認性を高める「ブレゲ針」、文字盤に書くための特殊な書体の数字である「ブレゲ数字」など、アブラアン-ルイ・ブレゲの発明を数え始めるとキリがないほどです。

ブレゲの顧客

歴史が深く、王族や貴族からも愛されたブレゲには、著名な顧客が数多く存在します。

フランス王妃のマリー・アントワネット、皇帝ナポレオン・ボナパルト、イギリスのヴィクトリア女王、ウィンストン・チャーチル首相もブレゲの顧客でした。

ブレゲ作品で特に人気のものは?

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

ブレゲの作品はどれもが価値ある高級時計であり、高い人気を集めています。

その中でも特に人気の高いシリーズ作品がいくつかありますので、代表的なものを3つご紹介します。

クラシック

無駄のない洗練されたデザインで人気を集めているのが、ブレゲの「クラシック」と呼ばれるシリーズです。

見やすさを追及したデザインの中に精度の高い機構が内蔵されているブレゲの「クラシック」は、時計の理想的な姿とも言えます。

もちろんそこには、ギョーシェ彫り・ブレゲ針・ブレゲ数字といったブレゲの発明がふんだんに盛り込まれています。

マリーン

「マリーン」シリーズは、ブレゲの伝統を継承しながら製作されたスポーツウォッチです。

創業者アブラアン-ルイ・ブレゲがフランス海軍の航海用精密時計を製造していた時のノウハウからヒントを得て作られました。

スポーツウォッチでありながら高級時計としての重厚さを感じさせるブレゲの「マリーン」は、一生ものの時計として持つ人も多いようです。

クイーン・オブ・ネイプルズ

ブレゲの「クイーン・オブ・ネイプルズ」シリーズは、女性に向けて美しい装飾が凝らされた作品群です。

アブラアン-ルイ・ブレゲがナポリ王妃・カロリーヌのために製作した、世界初の腕時計を含む初期のブレスレット・ウォッチからインスピレーションを得て作られました。

凝ったデザインや美しい装飾に、ブレゲが培ってきた精緻な技術が惜しみなく使用されている点が、「クイーン・オブ・ネイプルズ」シリーズの人気の要因でしょう。

ブレゲの時計を買取してもらうにはどんな方法がある?

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

ブレゲの時計を売却することを考えたとき、具体的にはどんな方法が身近に存在するでしょうか。

手軽に利用することができる3つの方法をご紹介します。

リサイクルショップに持ち込む

取扱商品の幅が広い総合リサイクルショップの中には、時計の買取に対応している店舗も多くあります。

時計を店頭に持ち込めばその場で査定・買取してもらえます。

店舗数も多いですから、お出掛けのついでなどに気軽に利用できるでしょう。

ただし、ブレゲのような高級時計の買取に際しては、リサイクルショップには大きな弱点があります。

リサイクルショップは取り扱い商品の幅が広いため、ブレゲなどのブランド時計に精通した鑑定士が店舗に常駐している可能性は低いでしょう。

そのため、ブレゲの時計の正確な価値を見極めてもらえない可能性があります。

ブレゲ本来の価値よりも安い価格で買取されてしまい、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

ネットオークションに出品する

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

ネットオークションを利用して、ブレゲの時計を売却するという方法もあります。

スマートフォン1つで出品でき、インターネットが使える環境さえあれば利用できるので、時間や場所を選びません。

しかし、インターネットを介したやり取りであるというところに弱点があります。

店舗などでの対面のやり取りに比べて安心感が低く、ブレゲのような高級品は売れにくい傾向があるようです。

やはりブレゲほどの高級品となると、買い手もリスクを考えてしまうのでしょう。

非対面であるというのは、売り手にとってのリスクでもあります。

ネットオークションなどのインターネットを介したやり取りでは、トラブルが発生するケースが少なからずあります。

「ブレゲの時計を発送したのに『届かない』と言われた」などのトラブルが発生した時には、価値が高いだけに不安やストレスも計り知れないでしょう。

ブランド時計専門の買取業者を利用する

幅広い商品を扱うリサイクルショップとは違い、ブランド時計に特化した、または取扱商品が複数ある中でもブランド時計に強みを持った買取業者もあります。

ブランド時計専門の買取業者の鑑定士は、ブレゲなどブランド時計についての専門知識を持っていますから、ブレゲの正しい価値を見極めることができます。

買取価格の信頼性や妥当性では、やはりブランド時計専門の買取業者は安心できるでしょう。

一方、ブランド時計専門の買取業者には、リサイクルショップなどに比べて店舗数が少ないという弱点があります。

「お出掛けにのついでに」といった利用は難しいかもしれません。

そんな時に頼りになるのが、ブランド時計専門の大手買取業者が行っていることの多い、出張買取サービスです。

買取業者の査定員が自宅まで来てブレゲの査定・買取をしてくれますから、近くに店舗がなくても利用することができます。

自宅にいながら全て済ませることができるので、例えば複数の業者の査定を見比べたい場合などにも便利なサービスです。

ブレゲを本来の価値に即した価格で買取してもらいたいなら、ブランド時計専門の買取業者に買取を依頼することをおすすめします。

ブレゲの買取相場はどれくらい?

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

ブレゲの時計は、ブランド時計買取市場でも、非常に高い価格で取引されています。

作品の種類にもよりますが、保存状態の良いものであれば、数十万円以上の価格で買取してもらえるものが多いでしょう。

特に人気が高い作品では、300万円以上や400万円以上というような買取価格がついたケースも存在するようです。

ただし、これらは保存状態が非常に良いものであった場合です。

高価買取のためには綺麗な状態を保ち、箱や保証書などの付属品を保管しておくことが大事になってくるでしょう。

ブレゲを高く買取してもらうための注意点は?

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

人気・価値ともに非常に高いブレゲの時計ですが、ブランド時計買取市場においてより高く買取してもらうためには、どのような点に注意すれば良いでしょうか。

3つのポイントにまとめてご紹介します。

保存状態に注意

いくら価値のあるブレゲの時計でも、傷や欠損があるなど、保存状態が悪ければ買取価格は下がってしまうでしょう。

ブレゲの時計を高く買取してもらうために、保存状態は大きなポイントです。

ブレゲの時計を保管する際には、傷が付かないように箱に入れて保管するようにしましょう。

また、時計を使わないまま放置しておくと、機構に使われているオイルが変質してしまうなどの場合もあります。

売ると決めたら早めに買取に出すというのも、経年による変質を防ぐという点では有効です。

「円安の時」や「持っているモデルの生産が終わった時」など、イレギュラーな要因でブレゲの買取に有利になるタイミングは存在するのですが、これらがいつ来るか予測するのは難しいです。

それよりも、売ると決めたら、保存状態が悪くなる前に買取に出してしまうというのが得策でしょう。

付属品も一緒に買取に出す

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介

ブレゲの時計を新品で購入すると、箱・保証書・説明書といった付属品が付いてきます。

これらの付属品は、買取の際には時計と一緒に出すようにしましょう。

箱・保証書・説明書といった付属品をブレゲの時計と一緒に査定に出すことで、本物であることを証明するための助けになります。

また、腕時計コレクターにとっては付属品が揃って初めて完全な状態のコレクションになります。

そのため、ブランド時計買取市場において、付属品が揃っているものの方が需要があり、比較的高く買取してもらえる可能性があります。

購入した際の付属品は大切に保管しておき、買取の際には時計と一緒に出すようにしましょう。

複数の買取業者に査定を依頼する

ブレゲの買取においてはブランド時計専門の買取業者を選ぶのがおすすめです。

さらに、複数のブランド専門の買取業者の査定を見比べることで、より買取価格の妥当性への安心が増すでしょう。

ブランド時計専門の買取業者とは言っても、その時々の具体的な買取価格には、買取業者によって差があります。

ブレゲの時計は高価なだけに、たとえ割合では数%というような買取価格の差だったとしても、金額としては大きな開きが出ることがあるのです。

そこで、複数のブランド専門の買取業者の査定を見比べ、より高く買取してくれる買取業者を選ぶことが有効になってきます。

査定料などの手数料を無料にしている買取業者を選べば、費用をかけずに複数業者の相見積もりを取ることもできます。

また、「大切なブレゲの時計を信頼できる買取業者に託したい」という観点からも、実際の査定を見比べることで安心できる買取業者を選ぶことができるでしょう。

ブレゲの買取についてのまとめ

【高級時計】ブレゲの買取相場は?高く買取してもらうコツもご紹介   

ブレゲは、世界5大時計メーカーの1つにも数えられる、有名な高級時計メーカーです。

創業者アブラアン-ルイ・ブレゲによる数々の発明で知られ、時計の歴史を語る上でブレゲは欠かせません。

ブレゲの高い技術から作られる精密な機構と、見やすさにも配慮した洗練されたデザインの時計は世界的に人気があり、ブランド時計買取市場でも非常に高い価格で取引されます。

ブレゲの時計を買取に出す際には、保存状態に十分注意のうえ、付属品もすべて揃えておくことが重要です。

また、ブランド時計専門の買取業者に買取を依頼することで、ブレゲ本来の価値に即した価格で買取してもらうことができるでしょう。

ブレゲの時計の買取をお考えなら、状態の良いうちにブランド時計専門の買取業者に一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料