24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

オレンジカードを損をしない買取方法は?3つ買取方法からお教えます

オレンジカードを損をしない買取方法は?3つ買取方法からお教えます
金券、オレンジカードのメリット

オレンジカード(オレカ)は今では販売が終了しているプリペイドカードです。ただ、今でも利用できるため、多くの金券ショップや買取業者でも扱われているカードです。

「未使用だけで古いからもう売れないか」と諦めてはいけません。

本コラムでは、オレンジカードの概要や種類についてご紹介をします。また、オレンジカードを売る3つの方法をお伝えし、それぞれの特色について解説をします。

オレンジカードとは

金券、オレンジカードのメリット

オレンジカードは1985年にJR(当時の国鉄)から販売されたプリペイドカードです。

オレンジカードは2013年3月31日で販売が終了していますが、今でも利用できます。

金券としての利用価値も十分にあるため、今でも金券ショップなどの金券の買取業者でも買い取ってくれるカードです。

まずはオレンジカードの概要と種類についてご紹介します。

オレンジカードについて

オレンジカードはJRがまだ国鉄時代に発行されたプリペイドカードで、電車の乗車券(切符など)の購入に利用できました。

1990年代のピーク時には年間300億円を超える額を売り上げていました。しかし、オレンジカードの後発にあたる「イオカード」や「Jスルーカード」の台頭や、「Suica」の登場によって徐々に活躍の場がなくなり、2013年3月31日に販売が終了しました。

イオカードやJスルーカードでは切符を購入しなくともカードを直接、自動改札機に通すだけで運賃の精算ができ、切符を購入する手間が省けて便利だったためオレンジカードの地位を奪っていったわけです。

販売が終了したオレンジカードは有効期限がないため、昔手に入れたオレンジカードでも切符などの購入として利用できます。そのため、今でも金券ショップなどで取り扱いを行っており高い買取率で換金できます。

オレンジカードの種類

オレンジカードは販売開始時期と同時期に、カードの絵柄を自分好みにカスタマイズできる2つのサービスを始めました。

独自の絵柄をプリントできる「オーダーメイド」と、あらかじめ用意された絵柄のうえから、好みで写真・文字を印刷できる「レディーメイド」です。

またオレンジカードは駅構内やデパートの他に電車内でも販売されることもあり、なかには車内販売限定のオリジナル絵柄のオレンジカードも存在していました。

希少なカードがあったためか、1990年代中ごろにはオレンジカードの収集ブームがおきました。オレンジカードがコレクション目的として買い求める人が増えたため、当時は利用金額以上の価格で取引されるオレンジカードもあったそうです。

そんなオレンジカードの額面は5種類ありました。「500円券」「1,000円券」「3,000円券」「5,000円券」「10,000円券」です。5,000円券と10,000円券を購入した場合、購入額の6~7%分の利用額が付与されるサービスがありました。5,000円券の場合は5,300円分、10,000円券の場合は10,700円分が利用できるものです。

ただ、1990年代は偽造カードの被害が相次いだため高額の5,000円券と10,000円券の販売と利用は1997年いっぱいで中止となりました。

オレンジカードの価値

金券、オレンジカードのメリット

様々なデザインが発行されたオレンジカードは、発行数がピークとなった1990年代中ごろには収集ブームが起きました。

発行枚数が少なかったデザインや抽選、期間限定などの入手が困難なオレンジカードにはプレミア価値がついていたとされています。

ですがそれも過去のことで、当時は希少だったとされるデザインのオレンジカードといっても今では利用額を超える買取額になることは極めて珍しいことです。そのためオレンジカードの売却を検討している人は、利用額に限りなく近い価格で買い取ってくれる買取業者を利用するのが無難な方法です。

オレンジカードの換金率

金券、オレンジカードのメリット オレンジカードの換金率は利用額によって少し異なります。

一般的には利用額の90~95%の換金率です。

オレンジカードの買取をしてくれる業者によって、利用額に応じた換金率が異なります。そのため、売りたいと思っているオレンジカードの利用額と複数の買取業者の換金率を比較するようにしましょう。

また、偽造カード問題で5,000円券と10,000円券の販売と利用は1997年いっぱいで中止となっています。しかし業者のなかには今でも、5,000円券と10,000円券のオレンジカードも買い取ってくれるところが存在しています。

ちなみに、昔は希少な絵柄として人気を集めたオレンジカードは、今ではコレクションとしての価値は下がっています。地域限定や期間限定などの珍しいオレンジカードでも、買取額が利用額を超えることはほとんどないでしょう。

オレンジカードを買い取ってもらう方法

金券、オレンジカードのメリット

利用額に応じて換金率が決まるオレンジカードですが、いろいろな売り方が存在する昨今では売りに出す方法で迷っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、オレンジカードを売る方法として以下の3つご紹介をします。

・金券ショップを利用する
・ネットオークションを利用する
・買取専門業者を利用する

それぞれの売り方の特徴を掴んで、自分に合った方法を見つけましょう。

金券ショップを利用する

金券ショップのほとんどがオレンジカードを扱っているため、一度は金券ショップの利用を考えたのではないでしょうか。確かに金券ショップは、繁華街や駅前などに店舗がありインターネットからも買取依頼をすることができるので便利な売り方といえます。

金券ショップはオレンジカードの買取額は換金率をベースに算出します。例えば換金率95%の金券ショップにオレンジカードを買い取ってもらえば、限りなく損をせずに現金を手にできるしょう。

ですが、金券ショップを利用する際は「手数料」に注意しましょう。店舗によっては買取額に応じた手数料が発生します。高い換金率でも手数料を引かれてしまって、もらえる金額が下がってしまっては悲しいことかと思います。

金券ショップでのオレンジカードの買取を検討している人は、実際に買取をしたい際に発生する諸費用についても事前のチェックを欠かさないようしましょう。

ネットオークションを利用する

ネットオークションとは個人の所有品の出品と落札ができるサービスです。

昔はオレンジカードの収集ブームがありましたが、今では下火となっています。そのため、希少な絵柄のオレンジカードをネットオークションに出品しても、利用額以上になる可能性は小さいでしょう。

また、ネットオークションは出品の準備などが非常に手間です。オレンジカードの写真を撮ったり、商品説明を考えたりする必要があります。特にはじめてネットオークションを検討している人にとってはとても面倒に感じることでしょう。

そのため、オレンジカードを売る方法としてネットオークションを利用するのはおすすめできません。

金券専門の買取業者を利用する

金券専門の買取業者は金券ショップと同様に、オレンジカードの利用額をベースに買取額を算出します。

金券ショップと異なる点は、豊富な買取方法があることです。

金券専門の買取業者の中には「出張買取」と呼ばれる、買取業者の査定員が自宅を訪問してその場でオレンジカードの買取をするサービスを提供している業者があります。「オレンジカードを買い取ってくれるお店が遠いため面倒」「郵送での買取では手数料を引かれて損をしてしまう」と考えている人には、出張買取はおすすめの買取方法です。

もちろん出張買取以外にも、買取業者の店舗で買い取ってもらう「持込み買取」。段ボールなどにオレンジカードを発送して買い取ってもらう「宅配買取」があります。

また買取業者のなかには、査定料や出張料などの買取にかかる手数料を無料にしている買取業者が存在しています。「少しでも損をしたくない」と考えている人は、手数料を一切無料にしている買取業者を選ぶようにしましょう。

オレンジカードを売りに出す際に注意すべきポイント

金券、オレンジカードのメリット

オレンジカードは絵柄などに関係なく、利用額と換金率の兼ね合いで買取額が決まる金券です。

オレンジカードは状態や利用歴の有無によって売れない可能性があります。

実際に売りに出す前には以下の2点をチェックして、持っているオレンジカードに該当していないかを確認しておきましょう。

状態の悪いカードは買い取ってもらえないかも

切れていたり、折れ曲がっていたりするオレンジカードは買い取ってもらえないかもしれません。

オレンジカードは電車の乗車券を購入できるプリペイドカードです。駅に設置してある切符の発券機にオレンジカードを入れることで現金と同じ役割をしてくれて、切符を購入することができます。

しかし、状態の悪いオレンジカードでは発券機がカード情報を正確に認識できない可能性があります。そのため、状態の悪いカードはプリペイドカードとしても機能がないため、買い取ってもらえない可能性があります。

基本的に一度使用したカードも買い取ってもらえない

一度でも使用したことのあるオレンジカードも買い取ってもらうことは難しいでしょう。

使用歴のあるオレンジカードには端に小さな穴が空いています。持っているオレンジカードに使用した証拠である穴が空いていないかを確認しておきましょう。

オレンジカードの買取価格は:まとめ

金券、オレンジカードのメリット

今では販売が終了してしまったオレンジカードですが、今でも利用が可能です。プリペイドカードとして価値があるため、今でも多くの金券ショップ・買取業者で売ることができます。

オレンジカードを売る際は、換金率や手数料などを総合的に考えて最も損をしない方法を選ぶようにしましょう。

金券専門の買取業者によっては手数料などを無料にしているところもあるので、まずはインターネットで気になる買取業者のサービスを調べてみてはいかがでしょうか?

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ