ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ルミネ商品券は買取対象?換金率と高く売る方法を紹介

ルミネ商品券は買取対象?換金率と高く売る方法を紹介
ルミネ商品券は買取対象?換金率と高く売る方法を紹介

新宿や池袋などの関東首都圏で馴染みのある「ルミネ」の商品券は、需要があるため高い換金率で買い取ってもらえる可能性が高いです。

ルミネやNEWoMan(ニュウマン)などの商業施設で利用する機会がない人は、売りに出そうか検討している人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、ルミネ商品券の概要や換金率のほか、金券を売りに出す前に押さえておくべきポイントについてご紹介します。

ルミネ商品券とは?

ルミネ商品券とは?

ルミネ商品券は、ルミネ各店・NEWoManで使える商品券です。

ちなみにNEWoManとは、既存のルミネとは異なるコンセプトを持ったJR新宿駅直結の商業施設で、大人の女性をメインターゲットにしています。

ルミネ商品券の発行元がJR東日本グループということもあり、「JRE POINT」と呼ばれる共通ポイントを使って交換ができます。

1枚500円と1,000円の2種類があり、ポイント数に応じた金額のルミネ商品券と交換ができます。

ちなみにJRE POINTは、以下のカードの利用で貯まります。


・JRE POINTカード

・Suica

・ビューカード(クレジットカード)


普段からSuicaで電車に乗ったり、ビューカードで買い物をしたりする人は、いつの間にかJRE POINTが貯まっているかもしれません。

加えて、ルミネ商品券には有効期限がないうえに、お釣りが出るのも特徴です。

貯まっているJRE POINTの使いどころに困っている人は、ひとまずルミネ商品券に交換しておくことをおすすめします。

しかし、ルミネ商品券は関東圏にあるルミネ各店・NEWoManに入っている店舗でしか使えないため、関東圏以外にお住まいの方によっては売るに出すのが良いでしょう。

ルミネ商品券を売る方法は?

ルミネ商品券を売る方法は?

ルミネ商品券をお金に変える方法として、「フリマアプリ」の利用を検討している人もいることでしょう。

フリマアプリはスマホ一台で所有している物を気軽に売買ができるため、最近では多くの人が利用しているサービスです。

しかしフリマアプリの多くが金券・商品券の出品を禁止しているため、ルミネ商品券を売る方法としてはおすすめできません。

ルミネ商品券を売るなら、金券・商品券を専門的に取り扱うお店や業者を活用しましょう。

商品券や金券などの種類・額面に応じた換金率(詳細は後述)を設定しており、責任を持って買い取ってくれるためです。

代表的な専門店として「金券ショップ」「買取専門業者」が挙げられます。

金券ショップは、駅前などアクセスに便利な場所に店を構えているため、一度は目にしたことがある人も多いことでしょう。

片や買取専門業者の多くが無店舗型で運営をしていて、主にインターネットを介して金券・商品券の売り買いを行っています。

金券ショップ・買取専門業者を利用すれば、ルミネ商品券をお金に変えることができますが、額面の金額が100%手元に入る訳ではありません。

業者の運営費や人件費などを回収するために、買取手数料が発生するためです。

そのため東京や神奈川などに住んでいる人によっては、商品券として使った方がお得になります。

前述した通りルミネ商品券には有効期限がないため、「換金する」か「金券として使う」かをじっくりと考えてから買取に出すか決めるのも良いでしょう。

ルミネ商品券の買取価格の計算方法は?

ルミネ商品券の買取価格の計算方法は?

金券ショップや買取専門業者では、取り扱っている商品券の種類ごとに換金率を設けています。

金券・商品券の換金率は、額面よりも数%〜数十%程度低いレートになっているため、換金率が高い業者を選ぶのが大切です。

また各店舗が公表している換金率が分かれば、持っているルミネ商品券の大よその買取価格が分かります。

そのためルミネ商品券を売りに出す前には、各業者の換金率を比較することからはじめていきましょう。

換金率と買取価格

ルミネ商品券の換金率は店舗によって異なりますが、概ね「91〜94.6%」が相場とされています。

具体的な買取価格に換算した場合、「500円は455〜473円」「1,000円は910〜946円」が相場となります。

ただし、上記はあくまでも「相場」であり、実際の買取額と異なることがありますので注意してください。

また換金率は同じ店舗でも日々変動します。

「少しでもお得に換金したい」と思っている人は、めぼしい買取業者の換金率の変動を時折チェックするのも大切になってきます。

ルミネ商品券を高く売るコツ

ルミネ商品券を高く売るコツ

ルミネ商品券の買取額は、額面・換金率・枚数でほとんどが決まります。

しかし、金券の状態によっては買取不可になってしまうケースもあるため、普段の扱い方から注意が必要です。

最後にルミネ商品券を安全に、かつ高く売るためのポイントとして、以下の3点をご紹介します。


・きれいな状態で保管する

・複数の業者で比較する

・高く売れるタイミングを見極める


ちょっとしたポイントを実践することで、買取額も変わる可能性もあるため、ぜひ参考にしてください。

きれいな状態で保管する

ルミネ商品券などの金券は状態が悪いと買取不可になってしまう場合があるため、きれいな状態で保管するよう心がけましょう。

「状態が悪い」の判断基準は各買取業者によっても分かれますが、以下の状態では買取が難しくなる可能性が高いです。


・折れや曲がりなどによる傷みが激しい

・ミシン目が切れている


例えば、財布の中にずっとルミネ商品券を入れている人は、気が付かないうちに状態が悪くなっているかもしれません。

使っていないルミネ商品券が財布の中にある場合は、別の場所に保管して綺麗な状態をキープしておきしょう。

また、使用済のものは殆どの買取業者で買取不可としていますので注意してください。

複数の業者で比較する

複数の業者で比較する

換金率は金券ショップ・買取業者によって異なります。

そのため「少しでも損はしたくない」という人は、各店舗の換金率を比較しましょう。

また利用する買取方法や業者によっては手数料が発生するケースがあるため、換金率だけではなくサービスを利用することで発生する諸経費の有無についてもチェックしましょう。

換金率が高くとも、事務手数料や振込手数料などで買取額から引かれてしまい、結果として損をしてしまうかもしれません。

買取業者の中には、手数料無料で買取の依頼を受け付けているところもあります。

業者選びの際は「換金率」だけではなく、「手数料無料」も条件の1つとして挙げておくといいでしょう。

高く売れるタイミングを見極める

ルミネ商品券は、需要が高まるシーズンになると換金率も上がる傾向にありますので、高く売るならタイミングの見極めも重要なポイントになってきます。

金券・商品券は人の流れが活発になる、年末やゴールデンウィークなどの大型連休前に需要が上がり、比例して換金率も高まります。

しかし6月や12月などのボーナスが支給される時期は、会社によっては金券が従業員に配られることもあり、反対に換金率が下がることもあります。

ルミネ商品券に有効期限はありませんので、換金率が高まる時期まで待つことで、お得に買取を済ませられる可能性が高いです。

売る時期については、大型連休前を一つの目安として検討してみてください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目