ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ビックカメラ・ヨドバシカメラ商品券の買取相場をご紹介!

ビックカメラ・ヨドバシカメラ商品券の買取相場をご紹介!
ビックカメラ・ヨドバシカメラ商品券の買取相場をご紹介!

大手家電量販店で使える「ビックカメラ商品券」「ヨドバシカメラ商品券」は、家電製品以外にも使える便利な商品券です。

ただビックカメラやヨドバシカメラなどのお店は、都市部や主要駅周辺にしかないため、使いどころに困っている人もいることでしょう。

今回の記事では、ビックカメラ商品券とヨドバシカメラ商品券の概要だけではなく、平均的な換金率やお得な買取方法などについて解説していきます。

大手家電量販店の商品券

大手家電量販店の商品券

全国規模で事業を展開するビックカメラとヨドバシカメラでは、それぞれ独自の商品券を発行しています。

まずは、各商品券の特徴や使える店舗などについて紹介していきます。

ビックカメラ商品券とは?

株式会社ビックカメラが発行するビックカメラ商品券は、カメラやパソコンなど色々な家電製品の買い物で使える便利な商品券です。

加えてビックカメラグループであるコジマやソフマップなど、ほかの家電量販店でも利用可能なため、地方に住んでいる人でも使いやすいのも特徴です。

1枚1,000円の1種類が販売されており、利用時の金額が商品券の額面を下回った場合はおつりが出ます。

有効期限も設けられていないため、自分の好きなタイミングで使えるのも便利なポイントです。

またビックカメラ商品券とは別に、チャージして繰り返し使える「ビックカメラギフトカード」も発行されています。

1,000円単位で最高10万円までチャージ可能でき、写真やイラストなどカードデザインも自由に選べるため、お祝いやイベントの贈呈品としての人気があります。

ただ有効期限が最終利用日から3年間となっているため、受け取ったギフトカードは早めに使ってしまうよう心がけましょう。

ヨドバシカメラ商品券とは?

カメラのイラストが目印のヨドバシカメラ商品券は、1,000円・5,000円・10,000円の3種類が発行されており、全国のヨドバシカメラで利用可能です。

有効期限がないため都合に合わせて使うことができますが、おつりが出ないため、額面を下回った金額の買い物時は注意が必要です。

またヨドバシカメラは関東地域や各地の主要都市を中心とした23店舗しかないため、住んでいる地域によっては使いにくいデメリットがあります。

ヨドバシカメラの通販サイト「ヨドバシ.com」でも利用ができないため、処分に困っている場合は換金するのがおすすめです。

ちなみにヨドバシカメラではJCBと連携した「ヨドバシJCBギフトカード」も過去には発行されており、現在でもヨドバシカメラとJCB加盟店で利用可能です。

商品券を換金する方法は?

商品券を換金する方法は?

店舗への持ち込みが主流だった一昔前と違って、今ではスマートフォンで商品券の買取が簡単にできるようになりました。

その中でも「チケット専門の買取業者」を利用しての換金がおすすめです。

最近のチケット専門の買取業者の多くが、公式サイトから買取の申し込みを簡単に済ませられ、「宅配買取」「出張買取」など都合に合わせた買取方法を選べるためです。

宅配買取とは、ダンボールなどに換金して欲しい商品券を入れて送るだけで、買取で必要な手順が完了する手頃なサービスです。

出張買取では、買取業者の査定員が自宅まで来てくれて、玄関や居間で商品券を換金し、その場で現金を受け取れるサービスとなっています。

全国規模で展開する大手買取業者なら、住んでいる地域問わず買取サービスを利用できるため、「近くに金券ショップがない」と困っていた人はぜひ活用してみてください。

いくらで買い取ってもらえる?

いくらで買い取ってもらえる?

商品券の買取価格は、「換金率」をもとに具体的な買取価格を決めていくのが一般的です。

そのため業者を選ぶ際は、「換金率を高く設定している」ところを利用するのが大切です。

ここからは、上記でご紹介したビックカメラ・ヨドバシカメラで使える商品券の換金率と買取価格の平均値をご紹介します。

内容を参考にして、これからの業者選びに役立てください。

ビックカメラで使える商品券の換金率と買取価格

ビックカメラ商品券とビックカメラギフトカードの換金率と買取価格の平均相場は、以下の通りとなります。

商品券 換金率 買取価格
ビックカメラ商品券 94〜97% 【1,000円分】940〜970円
ビックカメラギフトカード 85〜90% 【1,000円分】850〜900円
【5,000円分】4,250〜4,500円
【10,000円分】8,500〜9,000円

ビックカメラギフトカードの買取価格は、チャージされている金額によって変わってきますので、上記内容は参考情報となります。

ビックカメラ商品券はビックカメラグループの色々な家電量販店で利用できるため、商品券の中でも高いニーズを持っています。

ただチャージ式のビックカメラギフトカードには有効期限があるうえに、チャージ金額を調べるのに手間がかかるため、換金率は低く設定されているのが一般的です。

また残りの有効期限が1年以内など、猶予期間の長さによっても換金率が下がったり、買い取ってもらえないケースもあるため、なるべく早めに買取に出すようにしましょう。

ヨドバシカメラで使える商品券の換金率と買取価格

ヨドバシカメラ商品券とヨドバシJCBギフトカードも、流通しているほかの商品券と比べても人気が高いため、換金率にもその影響が反映されています。

以下の一覧がヨドバシカメラで使える各商品券の換金率と買取価格です。

商品券 換金率 買取価格
ヨドバシカメラ商品券 95〜98% 【1,000円分】950〜980円
【5,000円分】4,750〜4,900円
【10,000円分】9,500〜9,800円
ヨドバシJCBギフトカード 〜98.5% 【1,000円分】〜985円

ヨドバシJCBギフトカードはJCB加盟店でも使えるため、ヨドバシカメラ商品券よりも様々な店舗で使える利便性から、換金率は比較的高めに設定されていることが多いです。

ただ発行が終了しているため、買取の実績がない業者もおり、換金率の相場を掴みにくい難点を持っています。

上記の一覧では最大の数値をご紹介していますが、業者によって換金率を低く設定している場合もあるため、業者選びはより慎重に行いましょう。

商品券を売る際の注意点

商品券を売る際の注意点

商品券の中でも換金率の高いビックカメラとヨドバシカメラの商品券ですが、売り方や商品券の状態次第では売れない可能性もあります。

ここから商品券を売る前に確認しておきたい、以下3つの注意点を紹介します。

  • ・フリマアプリでは出品できない場合がある
  • ・有効期限に注意
  • ・ミシン目を切り取った商品券は買取不可

価値ある商品券を換金できないなど非常に残念な結果にならないよう、しっかりとチェックしておきましょう。

フリマアプリでは出品できない場合がある

商品券を換金する最適な方法として専門買取業者の利用をご紹介しましたが、中にはフリマアプリでの出品を検討している人もいるのではないでしょうか。

所有物を個人間で売買できるフリマアプリは、スマートフォン1台で出品の手続きが完了できる手軽さが魅力です。

しかし金券・商品券の出品時は注意が必要です。

多くのフリマアプリが商品券などのチケット関係の出品を禁止にしているためです。

また仮に売れたとしても、送料や手数料の支払いを考えたら損になることも多い場合があります。

そのため、ビックカメラ商品券・ヨドバシカメラ商品券などを売りに出すなら、専門買取業者が無難といえます。

ミシン目を切り取った商品券は買取不可

紙媒体の商品券はミシン目が切り取られてしまうと使用済みと見なされてしまい、買取業者では買い取ってくれません。

商品券のミシン目は券面端にあるのが多く、使っていない商品券のミシン目は決して切り取らずに、買取に出すよう心がけましょう。

またビックカメラギフトカードなどのチャージ式の商品券は、裏面にあるスクラッチ部分を削ってしまうと買取不可になる可能性が高いです。

またミシン目が切れていなくとも、汚れや破れが目立つ商品券も買取業者によっては買取不可としている場合があります。

普段から財布の中に商品券を忍ばしている人は、別の場所に保管することで商品券の劣化を防げます。

有効期限に注意

有効期限が設けられている商品券を売る前は、「有効期限が切れていないか」「有効期限の猶予はどのくらいか」を忘れずにチェックしましょう。

有効期限が切れてしまうと商品券としての価値がゼロになってしまうため、基本的に買取不可となってしまいます。

また有効期限が切れていなくとも、猶予期間が1年程度しか残っていない場合、買取業者側の条件によっては買取不可となります。

例えばご紹介したビックカメラギフトカードには、3年の有効期限があります。

ビックカメラギフトカードを売りに出そうか検討している人は、早めに買取業者に申し込むのをおすすめします。

また有効期限のない商品券であっても、旧デザインの場合は買取額は下がる可能性があります。

商品券としての価値は変わりませんので、無理に換金せずに買い物で使うのも選択肢に入れておきましょう。

商品券を高く売るための業者選び

商品券を高く売るための業者選び

金券・商品券を買取に出す方法として、専門買取業者の利用をおすすめしましたが、より高く売るためには業者選びも大切になってきます。

買取業者によって商品券の換金率が異なるのはもちろんのこと、ほかにも買取価格に影響する要素があるためです。

ここから商品券を高く売るための業者選びのポイントとして、以下3点を紹介します。

  • ・換金率の高い業者を選ぶ
  • ・手数料の低い業者を選ぶ
  • ・キャンペーンなどを行っている業者を選ぶ

時間をかけて慎重に業者を選べば、最終的な買取価格も高くすることも難しくありませんので、ぜひ参考にしてください。

換金率の高い業者を選ぶ

商品券の買取価格は売りに出す枚数や額面、そして換金率の3つの要素が重要です。

持っている商品券の枚数や額面を変えることはできませんが、できるだけ換金率の高い業者を選ぶことで、損をせずに商品券が売れます。

買取業者の多くが各商品券の換金率を公式サイトなどで公表しています。

ご紹介した各商品券の平均的な換金率を参考にして、最も換金率の高い業者に申し込んでみましょう。

手数料の低い業者を選ぶ

金券・商品券の専門買取業者を利用する際は、サービス利用時に発生する手数料の値段にも注目です。

買取業者の中には、買取価格に応じた手数料がかかる場合があるため、なるべく手数料の少ないところを選ぶのも大切になってきます。

たとえ換金率が高くとも、手数料で何割か支払うことになってしまっては、損をする結果になります。

手数料に関する説明書きは、公式サイトに載っているのが一般的ですので、忘れずに目を通しておきましょう。

キャンペーンなどを行っている業者を選ぶ

買取業者によっては、「買取額アップ」などのキャンペーンを行っているところもあります。

キャンペーンの条件次第では、よりお得な値段で商品券を売ることができます。

特に有効期限のない商品券は、時間が経過しても価値が落ちにくい傾向にあるため、売るタイミングを見極めるのも業者選びのポイントです。

ただビックカメラギフトカードの有効期限がある商品券は、早めに売りに出しましょう。

キャンペーンを行う時期を待っていては、有効期限が切れてしまい、買取不可になるかもしれないためです。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目