出張体験談

結局、どちらが高く売れるの?質屋と出張買取を比較!

  • 質屋と出張買取は、貴重品の高価買取をうたう業者がネットで数多く存在しています。どちらも品物を買い取るという点では共通していますが、不用品をできるだけ高く売りたいと思う人は、どちらの方が高く売れるのか気になるでしょう。2つのサービスを比較しながら、不用品の高価買取を実現させるための活用方法を探ってみました。

                     

    質屋は品物を担保に「融資」をするのがメーン事業

    質屋というと、ドラマや時代劇の影響からか「生活のために家財道具を持ち出して現金に換える」といったイメージを持たれがちですが、近年の姿は買取専門業者に似た性格も持ち合わせています。貴金属に限らず、ブランド品や専門的な商材など幅広い品物に対して査定額をつけます。ただ、質屋はあくまで品物を担保に入れて「融資」することがメーン事業であり、質流れした商品を転売して儲けることが主ではありません。質屋は担保に入れた品物が返済されずに3ケ月を経過すると、所有権が質屋に移ることで担保品を売りに出すのです。担保の品は、質屋に利息を払えば売りに出すことを止めることができます。

    品物の買取に重きを置いている質屋は少ない

    本当は手放したくない品だけれども、まとまったお金が一時的に必要という人は質屋に行けば「預かり」という形で商品を担保にお金を受け取ることができます。しかし、もともと品物を手放すつもりだった人は品物の買取をしてほしいのであって、融資をしてほしいわけではありません。つまり一般論として、質屋の多くはお金を貸すことがメーン事業であって、買取に力を入れているわけではないことを覚えておきましょう。

    あらゆる品物を査定する性格上、全ジャンルに強い販売網を持つのは難しい

    あらゆる商品に査定額を出して来客に「融資」をするのが質屋の役割ですが、その性格上、査定するジャンルも広いため特定の商品に強みを持つことができないとも言えます。これは、担保品の所有権が質屋に移った時、高く売りさばける販売ルートを持っていないことも意味しています。貴金属やブランド品など、特定商品の買取に力を入れている出張買取業者は、一部のジャンルに強みを持って販売ルートを確立させているので不用品に高価をつけることができます。全てのジャンルで強い販売網を持つことは、質屋でなくともかなり難しいことなのです。

    店舗を持たない買取業者は運営費を削って買取価格に上乗せしている

    融資が返済されない場合、担保品は他業者へ売却されますが、その売却額が融資額を下回ると質屋は当然損をします。高価で売り抜ける販売網を持たない質屋だと、利益を出すには低めの売却額よりさらに低い融資額となることが考えられます。ですから、品物を買い戻す目的がない限りは質屋で売却するメリットはあまりないということが言えるでしょう。出張買取業者は、店舗を持たずに買取のみに力を入れている業者も多く、店舗の運営費や人件費を極力カットすることで、不用品の高価買取を実現させています。質屋の多くは店舗まで持ち込む形で査定をしてもらいますが、自宅まで査定に来てくれる出張買取業者であれば移動や梱包の労力も不要ですし、大きいサイズの品物でも家に置いておくだけで査定してもらえます。多くの出張買取業者は自宅まで来る査定士の出張費や交通費もかかりませんし、買取額に不満があればキャンセル料も発生しません。労せずして満足度の高い買取を実現するなら、出張買取サービスをお勧めします。

出張買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報