出張体験談

出張買取と宅配買取を比較、使いやすいのはどちら?

  • 近年、インターネットを利用した不用品買取ビジネスが人気を集めています。中でも、自宅にいながら不用品の査定を受けることができる出張買取や不用品を宅配業者に預けて買取業者まで送ってもらう宅配買取が人気ですが、どのような違いやメリットがあるのかを比較紹介していきます。

                         

    大きなサイズの不用品を売るには出張買取が有効

    出張買取と宅配買取の大きな違いは、対面で査定をするかしないかの差でしょう。不用品を近所のリサイクル店で買取価格を査定してもらう際には、商品を持ち出すために箱詰めする必要があります。梱包と店までの移動が面倒で、現在も押入れに不用品をしまったままにしている方もいるのではないでしょうか。出張買取サービスを利用すると、不用品は家の中に置いたままでも査定を受けることができるので、不用品でも特に大きなサイズや宝石のような家の外から持ち出すことにリスクを伴う貴重品の査定には有効といえます。また、一度に大量の不用品を査定してもらいたいと考えている人も、梱包作業がいらない出張買取を選ぶのが望ましいです。

    出張買取業者がサービスを展開できない地域でも宅配買取は受け付けている

    宅配買取は梱包した荷物を宅配業者が預かり、買取業者の元に運ばれて査定がはじまります。このサービスは出張買取と比べて梱包をしなければなりませんし、輸送が絡む分、業者が査定するまでに時間もかかります。一見すると、時間と手間を考えると出張買取の方が便利そうにも思えますが、宅配買取は独自のメリットもあります。出張買取業者は都会を中心に事務所を構えているため、査定士の出張範囲が限られています。このため、地方に住んでいる人は出張買取を利用したくてもできないというのが実情なのです。しかし、宅配買取であれば、荷物さえ送れば時間はかかるものの査定を受けることができます。距離的な制約を受けることなく業者のサービスを受けることができるのが宅配買取の強みでしょう。

    出張査定では時間的な都合がつかない場合は宅配買取を選ぶ

    出張買取ではなく宅配買取サービスを選ぶ方は、別の一面にもメリットを感じています。それは、自宅に査定士を入れたくない場合です。一人暮らしの女性は警戒心の強さや部屋を見られたくないという思いから、宅配買取を選ぶ ことも少なくありません。また、査定士が活動している時間は仕事で、対面での査定は都合がつかないという方は時間にしばられにくい宅配買取を選ぶでしょう。これらのサービスは便利で利用も伸びていますが、反面で「悪徳業者なのではないか」と疑いの目を持つ方もいるかもしれません。サービスを申し込む前には、業者が届け出をして営業をしているかどうか各都道府県の公安員会のホームページで登録番号を確認してみてください。

    出張、宅配を問わず利用料が無料の業者は多い

    出張、宅配を問わず両者のサービスを利用する上で魅力的なのは、不用品の輸送や出張査定、キャンセルを含めて利用料を無料としている業者が多いという点です。一般的に、店舗で買取を行っているリサイクル店は買取品をそのまま店舗で販売しているため、在庫をかかえるリスクを背負うことになるので買取額は控えめにしています。一方、出張や宅配買取業者は買取品を自社では売らずに独自の販売網を活用して高値で売却しているのです。出張、宅配買取にはそれぞれのメリットがありますので、強みを理解した上で利用を検討しましょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報