ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

国連切手

国連切手
国連切手

当記事でよくある質問

  • Q
  • 自宅から国連切手などの余っている切手が何枚か出てきました。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 遺品整理中に祖父の切手アルバムから国連切手などがありました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは国連切手をはじめ余っている切手の査定実績が多数ございます。買取実績へお進みください。

その他、国連切手について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

国連切手

国連切手は、国際連合郵便が発行する公用切手の総称です。

公用切手とは、通常その国の郵便事業体が官公庁の郵便料金支払いなどに発行した切手を言いますが、国連切手の場合は国際連合郵便が発行したものであること、国際連合の郵便局で誰でも購入・使用可能という点が特徴です。

国際機関が使用するために発行された公用切手は、第二次世界大戦よりも以前に国際連盟や国際司法裁判所で使用するものがありましたが、1947年の国連切手の発行の提案がなされ、1951年に米国政府と同国郵政省の郵便局が国連郵便に移管されると同時に切手も発行される事になりました。

国連切手は国連本部があるアメリカ合衆国のニューヨーク、スイスのジュネーブ、オーストリアのウィーンにある国連が管轄している郵便局で購入ができます。

一般的に多くの国際機関でやり取りされる郵便物にはメータースタンプ(郵便料金計器で料金を表示する料金証紙)が使用されますが、国連の広報や国連関係機関を訪れた観光客などに切手を販売し歳入を得るという目的も、国連切手が発行され続ける理由の1つとなっています。

国連切手の種類は、バラやシートに加えお土産用のシートまであり、テーマについては1979年の「人権の尊重」や2009年の「国際非暴力デー」1982年の「アパルトヘイトへの抵抗」など、国連の基本的な理念を記念して発行されたものや1961年の「ユニセフ」や1964年の「ユネスコ教育の普及」などユニセフやユネスコなどの国連と非常に関わりの深い関係機関を題材にした切手も多く発行されています。

国連切手の図案は世界的に著名なデザイナーを起用し、印刷も一流の切手印刷会社で行われて、世界中の切手収集家の人気を得ていることから現在では毎年発行されています。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

切手の種類

買取対象品目