ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

外国(海外)切手は買取対象になる!売り先におすすめの業者も紹介

外国(海外)切手は買取対象になる!売り先におすすめの業者も紹介
外国(海外)切手は買取対象になる!売り先におすすめの業者も紹介

日本国外で発行される切手を「外国切手」や「海外切手」と言います。

外国切手には様々な種類があり、プレミアものなどの買取市場で需要があるものであれば売ることができます。

本コラムでは、買取されやすい外国切手の種類や、外国切手を買取対象としているおすすめの買取業者について解説します。

また、外国切手を高く売るためにおさえておきたいポイントを4つご紹介しますので、併せてご覧ください。

※バイセルでは中国切手を除く海外切手の買取が難しい場合がございますので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。


抽選で50名様に買取額2倍 抽選で50名様に買取額2倍

※対象は2020年10月10日までにご成約の方に限ります。※店舗での買取は対象外です。※期間中の成約合計金額1万円以上の全ての買取契約を対象に抽選を行い、抽選で50名様に買取価格と同額を還元します。※1回の当選につき、10万円を還元額の上限とさせて頂きます。※クーリング・オフされた方は対象外です。※当選者の方への当選のご通知をもって発表に代えさせていただきます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

買取されやすい外国切手の種類

買取されやすい外国切手の種類

海外切手には、入手しやすい有名なものや、なかなかお目にかかれないプレミアものなど様々な種類があります。

なかでも買取されやすい外国切手の種類をご紹介しますので、お持ちの切手と照らし合わせてご覧ください。

該当するものでご不要な切手があれば、一度査定に出してみることをおすすめします。

中国切手

中国切手は、プレミアが多く存在する外国切手と言われています。

中国切手の中でも、人気なのは「赤猿切手」と呼ばれるもので、赤い背景に金色の猿が描かれている切手です。

赤猿切手の買取相場は状態にもよりますが、バラでも10万円以上、80枚綴りのシートであれば1億円以上に跳ね上がる事もあります。

中国切手である「少年たちよ子供の時から科学を愛そう」は10万円前後、「毛主席の最新指示」「牡丹シリーズ」「天安門図第3版」は数千円~数万円程度の買取相場とされています。

額面以上の買取額がつく中国切手は他にも多数あるため、お持ちの場合は専門知識のある人に一度見てもらうといいでしょう。

文化革命時代の中国切手をお持ちでしたらバイセルが高く買います!

中国切手の中で最も希少性が高いのが文化革命時代の中国切手です。一枚で数万円の価値がある種類もあり、バイセルが高く買います。

お電話1本で切手に精通した経験豊富なスタッフがご自宅まで無料で出張査定にお伺いします。

お値段にご納得いただければその場で現金払いいたしますので、文化革命時代の中国切手を見つけたら今すぐバイセルへお問合せ下さい!

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

ヨーロッパ切手

ヨーロッパ切手は、切手収集の促進を図るとともに、ヨーロッパの共通のルーツ・文化・歴史を広めるためにヨーロッパの郵便行政らが発行しています。

1956年の初版を皮切りに、各国にて毎年共通のデザインで切手が発行されていました。

しかし「同じデザインでは収集家が飽きてしまうのでは」と考えたヨーロッパの郵便行政らは、1974年からはテーマに沿ってそれぞれの国で発行する事になりました。

また、1993年以降、ヨーロッパ切手には「EUROPA」ロゴが書かれるようになりました。

ヨーロッパ切手の買取相場は、数百円~数千円程度とあまり高くありません。

しかし、イギリスの切手はプレミアが付くものもあります。

世界で最初に発行された切手である「ペニーブラック」なら、数百万円の買取額になる事もあります。

アメリカ切手

アメリカ切手の中で、最も価値があると言われることが多いのは「逆さまジェニー切手」です。

プレミア切手とも言われる「逆さまジェニー」は、1918年5月13日に発行された額面24セントの「カーチス・ジェニー切手」のエラー版です。

「カーチス・ジェニー切手」は、通称「ジェニー」と呼ばれていた複葉機がデザインされた、アメリカで最初の航空切手です。

発行されたジェニー切手のうち、印刷ミスにより1シートのみ、図柄が逆さまになってしまいました。

1シートは切手100枚で構成されているため、100枚の「逆さまジェニー」が世に出されてしまったという事です。

その100枚の「逆さまジェニー」にはプレミアがつき、状態が悪くても1,000万円の買取額が期待できると言われています。

アメリカで主流な切手「Forever Stamp(フォーエバースタンプ)」

日本では郵便配送料の価格改定があった際には、その分の切手を買い足して貼り付けますが、アメリカでは異なります。

アメリカで主流とされている切手には額面が記載されておらず、価格改定されても切手の書い足しが不要です。

このように使える切手を「Forever Stamp(フォーエバースタンプ)」と言います。

国際郵便用の切手は「Global Forever Stamp(グローバルフォーエバースタンプ)」と言います。

フォーエバースタンプ以外にも、結婚記念日にぴったりのお祝い切手、エルヴィス・プレスリーらアーティストが書かれた切手など、様々な種類の切手があるのもアメリカ切手の特徴です。

ソ連切手

ソ連切手

ソ連で発行された切手は、世界遺産にもなった城塞であるクレムリンや、ロシアの革命家・レーニン、ロシアの作家・ファジェーエフなど、ソ連を連想させるモチーフが多用されています。

また、1985年に日本・つくば万博にてソ連館が設立され、そこではソ連が発行した宇宙開発記念切手も販売されました。

1922~1991年に発行されていたソ連切手は、1993年にソビエトが崩壊したため、それ以降発行されることがありません。

そのため、現在まで残っているソ連切手は、種類によってプレミア価値を持つものもあります。

状態によっては、数十枚ほどまとめて査定へ出して、1万円以上になる事もあります。

オーストラリア切手

オーストラリアでは、1977年以降「オーストラリアの伝説の人物(Australian Legends)」シリーズとして、切手を発行しています。

同シリーズでは、オーストラリア国内や世界で功績を残した人物を選出し、切手として発行・顕彰しています。

選出される職業は、スポーツ選手・アーティスト・兵士・デザイナーなど多岐にわたります。

人物以外にも、色鮮やかな鳥が描かれている「鳥切手」があり、オーストラリアに生息する野鳥等をモチーフにしています。

鳥切手の中で世界最古のものは、1854年に西オーストラリアで発行された、コブハクチョウの切手と言われています。

アフリカ切手

アフリカの切手の中では、大陸近海の小島であるモーリシャス島で発行された「ブルー・モーリシャス」が有名です。

この切手は、1847年モーリシャス総督主催のパーティー案内状用として100枚だけ発行されたと言われ、現存数が非常に少ないとされています。

そのうえ、郵便料金支払済みを意味する「Post Paid」と印刷されるべき部分が、郵便局を意味する「Post Office」と印刷ミスされたため超プレミアムのエラー切手となりました。

他にも、1853年に南アフリカ共和国のケープタウン(喜望峰)がイギリスの植民地となっている時に発行された世界最初の三角切手「喜望峰」も有名です。

喜望峰切手は、文字が読めない人でもイギリス国の切手と分かるように、形を三角形にしたと言います。

外国切手は切手専門の買取業者に売るのがおすすめ

外国切手は切手専門の買取業者に売るのがおすすめ

外国切手を売ろうとしたとき、金券ショップやネットオークションなどを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、金券ショップに必ずしも海外切手に詳しい査定スタッフがいるとは限りませんし、ネットオークションにお手元の海外切手の魅力に気付けるコレクターがいるとは言い切れません。

そのため、お手持ちの外国切手が価値の高いものだとしても、見極められずに買取不可なったり買い手がつかないといったことになりかねません。

一方で切手専門の買取業者であれば、切手の専門知識や査定経験が豊富な査定員が在籍しています。

お手持ちの外国切手の希少性や切手市場での需要などを加味したうえで、価値を正しく見出し、それに適した価格で買い取ってくれるでしょう。

切手専門の買取業者「バイセル」では、中国切手を除く海外切手の買取が難しい場合がございます。

しかし、日本切手においては全国で豊富な買取実績をもっています。

外国切手と一緒に、中国切手や不要となった日本の切手が出てきたという方は、切手の価値が分かるバイセルへご相談ください。

バイセルが行う買取サービスの流れや切手買取実績、査定対象となる切手の種類について、詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

外国切手の買取でおさえておきたいポイント

外国切手の買取でおさえておきたいポイント

海外切手を買取に出すなら、切手専門の買取業者に査定を依頼することがおすすめです。

実際に海外切手を買取業者に見てもらう際に、おさえておきたいポイントが主に4つあります。

  • ・未使用で状態の良いものは高く売れる傾向にある
  • ・切手用アルバムに入れて保存しておく
  • ・バラよりシートのほうが高く買い取ってもらいやすい
  • ・相見積もりをとって業者を決める

これらをおさえれば、外国切手を買い取ってもらいやすくなり、場合によっては少しでも高く売れる傾向にあります。

それぞれのポイントについて詳しく解説しますので、外国切手を買取に出す際に役立ててみてください。

未使用で状態の良いものは高く売れる傾向にある

外国切手は、切手本体の状態によって、買取額が大きく上下します。

未使用品、および汚れ・破れが見られない綺麗なものであるほど、高く売れる傾向にあります。

未使用品かどうかを素人でも簡単に見分けるには、郵便局が郵便物を引き受けた証に押す「消印」がついているか否かという点に注目します。

切手に消印がついていなければ未使用品のため、使用済みのものに比べて買取額が高くなりやすいです。

特に「旅行の記念に」などと外国切手を買い集めていた方は、使用せずに大事に保管されているかもしれませんね。

しかし、消印の中には価値のあるものもあります。

コレクション目的で集められている消印の種類や、なぜ消印に価値があるのか、詳しく知りたい方は以下のコラムをご覧ください。

切手用アルバムに入れて保存しておく

切手は紙でできているため、製造より長い年月が過ぎる事で、劣化していきます。

そこで、切手をなるべく綺麗に保つためには、専用アルバムなどに入れて保存しておくことが大事です。

アルバムやファイルに切手を収納しておけば、傷・汚れ・変色などが防げて、状態を維持しやすいです。

また、切手は素手で触ると手の皮脂が付着して汚れの原因となるため、手袋や切手用ピンセットなどを用いて取り扱うことがおすすめです。

切手は状態の良いものほど高く売れる傾向にあるため、保管や取り扱い時に気を配るようにしましょう。

以下のコラムでは、専用アルバムをはじめとした、家にあるものや100円ショップで買えるものを使った切手の保管方法についてご紹介しています。

買取前に切手を今一度整理しておきたいという方は、こちらでアルバム以外の保管方法も参考にしてみてください。

バラよりシートのほうが高く買い取ってもらいやすい

シート切手は主に20枚~100枚綴りなど、複数枚の切手がセットになっているものを指します。

そのシートから切手を切り離した状態が、バラ切手となります。

例えば普通切手で言うと、日本は100枚綴りですが、アメリカでは20枚綴りなど国や種類によって様々です。

また、複数枚が綴られていないシート切手もあります。

例えば、1枚の切手の周りに余白が広くとられており、全体的にイラストが描かれているものもシート切手と呼びます。

シート切手はバラ切手に比べて「保管がしやすい」とされ、切手の買取市場で需要が高いです。

さらに、切手を購入する際、バラで買うことの方が多いです。

そのため、シート切手は希少性が高くなるという点もあり、バラ切手に比べて切手1枚当たりの買取価格の単価が高くなりやすいです。

以下のコラムでシート切手を売るときの注意点を詳しくご紹介していますので、お持ちのシート切手の買取を検討しているのであれば、是非とも併せてご覧ください。

相見積もりをとって業者を決める

切手専門の買取業者の利用がおすすめと言っても、数ある選択肢から1箇所に絞るのは大変ですよね。

ある程度目星をつけて、2、3箇所まで絞ったら、それぞれの買取業者で無料査定を依頼し、相見積もりをとる事をおすすめします。

それぞれのサービス内容や買取額を比較したうえで、買取業者を決めましょう。

相見積もりをとれば、なるべく損をする事なく、満足できる海外切手の買取に繋がると言えます。

特に外国切手は、世界各国に膨大な種類が存在します。

その外国切手の査定となると、切手に関する豊富な知識量がなければ、正しい価値を見極めるのは難しいでしょう。

そのため、実際に査定を受けて、業者ごとの査定員の知識量を比べることが大事です。

相見積もりをとる際には、無料査定・無料キャンセルを受け付けているところ、および査定員が自宅まで来て査定してくれる「出張買取サービス」を利用するのが得策です。

手数料や買取サービスについては、基本的には業者のホームページで確認できますので、査定へ出す前に調べておくと良いでしょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

切手の種類

買取対象品目