ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

プレミア的価値のある中国切手の買取相場は?買取のコツもご紹介

プレミア的価値のある中国切手の買取相場は?買取のコツもご紹介
プレミア的価値のある中国切手の買取相場は?買取のコツもご紹介

「昔ながらの趣味」と聞いて思い浮かべる代表的なものに、切手収集があるのではないでしょうか。

コレクションとしての切手の中には、切手買取市場での取引価格が額面を大きく上回るものがあり、そのような切手はプレミア切手と呼ばれています。

中でも中国切手にはプレミア切手が特に多く、切手コレクターからの注目を集めています。

では、なぜ中国切手にはプレミア的価値の付くものが多いのでしょうか。

どのような種類の中国切手にプレミア的価値がつき、買取相場はどれくらいになるのでしょうか。

代表的な中国切手の種類と買取相場、中国切手の買取サービスを利用する際のポイントなどをご紹介します。

中国切手とは?プレミア切手とされる理由

中国切手とは?プレミア切手とされる理由

中国切手とはその名の通り中国で発行された切手のことで、特に1949年10月以降に中国郵電部郵政総局から発行された切手のことをいいます。

もちろん、中国切手には中国で日常的に郵便を送る際に使われる切手もありますが、切手買取・切手収集の文脈では「コレクションとしての価値がある中国の切手」のことを指している場合が多いです。

多くの中国切手がプレミア切手だとされるのには、大きく分けて2つの理由があります。

1つは、文化大革命(中国で1966年から1976年にかけて起こった社会主義革命)下の中国ではコレクションとしての切手の保有が禁止されたため、それ以前に発行された中国切手の多くは散失してしまったことです。

もう1つは、中国の富裕層が、投機目的の実物資産として膨大な量の中国切手を購入しているという点です。

このため、希少性が高いことに加えて大量購入されるために需要量が多く、一部の中国切手は非常な高値で取引されるようになっています。

有名な中国切手の種類と買取相場

有名な中国切手の種類と買取相場

中国切手には、切手ファンの間で有名なプレミア切手がたくさんあります。

その中でも特に有名で人気の高い種類の中国切手について、概要と買取相場をご紹介します。

牡丹シリーズ切手

牡丹シリーズ切手

牡丹シリーズ切手は1964年、15種類のバラ切手と小型シート1種類の計16種類で発行された中国切手です。

中国の有名画家・田世光(1916-1999)が描いた、色とりどりの満開の牡丹の図柄は多くの人に愛されています。

中国国内における人気は凄まじく、日本で流通している牡丹シリーズ切手を中国の業者が逆輸入しに来るという現象すら起こっています。

切手買取市場における買取相場も高く、保存状態が特に良いものの場合ですが、バラでも15種類揃いで数万円、最も価値が高いとされる小型シートでは十数万円ほどの買取価格になることも期待できます。

梅蘭芳舞台芸術切手

梅蘭芳舞台芸術切手

梅蘭芳舞台芸術切手は1962年、8種類のバラ切手と小型シート1種類の計9種類で発行された中国切手です。

梅蘭芳(メイ・ランファン 1894-1961)は京劇(中国の古典演劇)で活躍した女形の名優で、四大名旦(「旦」とは京劇の女形のこと)にも数えられます。

京劇の海外公演や観光客の取り込みによる近代化・国際化に貢献した梅蘭芳はたいへんな人気を誇り、梅蘭芳の舞台上の姿が描かれた梅蘭芳舞台芸術切手の人気も非常に高いです。

梅蘭芳舞台芸術切手は切手買取市場における買取相場も非常に高く、保存状態が特に良いものの場合ですが、バラでも8種類揃いで数万円、最も価値が高いとされる小型シートでは数十万円もの買取相場になることも期待できます。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう切手

少年たちよ子供の時から科学を愛そう切手

少年たちよ子供の時から科学を愛そう切手は1979年、バラ切手6種類と小型シート1種類の全7種類で発行された中国切手です。

「模型の船」や「天体観測」などの自然科学を連想させるようなモチーフとともに、未来に希望と夢を見るような表情の子どもたちが描かれているのが特徴です。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう切手が発行された1979年当時の中国政府は、子どもたちへの科学教育に国策として力を入れており、そのことを反映した図柄になっています。

切手買取市場における買取相場では小型シートの買取相場が特に高く、保存状態が特に良いものでは10万円を超えるような高値での買取事例も報告されています。

バラ切手の買取相場はそれほど高くなく、1枚あたり数百円程度の買取相場になることが多いようです。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

黄山風景シリーズ切手

黄山風景シリーズ切手

黄山風景シリーズ切手は1963年、全16種類のシリーズものとして発行された中国切手です。

「玉屏峰」「迎客松」など、16種類それぞれ異なる黄山(中国・安徽省の景勝地)の風景が、カラーでありながら水墨画のようなタッチで描かれています。

素朴なタッチの中にも、黄山の峰の迫力・美しい色彩・神秘的な雰囲気までが表現された図柄は芸術性を高く評価されており、黄山風景シリーズ切手の人気の理由にもなっています。

黄山風景シリーズ切手は切手買取市場において、未使用・16種類揃いで保存状態が良ければ、数万円程度の買取相場になるでしょう。

買取業者には1枚だけでも買取してもらうことは出来ますが、16種類揃っている場合に比べると買取価格は安くなってしまう可能性があります。

黄山風景シリーズ切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

徐悲鴻莽馬切手

徐悲鴻莽馬切手

徐悲鴻莽馬切手は1978年、バラ切手10種類に小型シートの計11種類の切手シリーズとして発行された中国切手です。

図柄には、中国の国民的画家・徐悲鴻(じょひこう 1895-1953)が墨で描いた馬の絵が採用されています。

馬の水墨画は、世界的に評価の高い徐悲鴻の代名詞とも言える作品群であり、それらが描かれた徐悲鴻莽馬切手もたいへんな人気を博しています。

切手買取市場における買取相場は特に保存状態の良いもので、小型シートなら数万円程度、バラなら10種類揃いで数千円程度になることも期待できるでしょう。

徐悲鴻莽馬切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

紅楼夢切手

紅楼夢切手

紅楼夢切手は1981年、バラ12種類と小型シート1種類の計13種類で発行された中国切手です。

「紅楼夢」とは、18世紀頃に書かれた中国の長編白話小説(白話小説=口語体で書かれた中国の文学作品)です。

「紅楼夢」は「三国志演義」「西遊記」「水滸伝」と並んで中国四大名著の1つとされており、作品の人気から紅楼夢切手も高い人気を得ています。

切手買取市場における紅楼夢切手の買取相場は、特に保存状態の良いもので、小型シートなら1万円程度、バラなら12種類揃いで数千円程度になることも期待できるでしょう。

紅楼夢切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

革命的な現代京劇切手

革命的な現代京劇切手

革命的な現代京劇切手は1968年、第一次として6種類・第二次として3種類の計9種類が発行された中国切手です。

「京劇」とは中国の伝統的な歌劇のことですが、「現代京劇」とは中国共産党が伝統的な京劇を封じ込めた上で、中国共産党員の活躍を描く現代劇に形を変えてプロパガンダとして利用した演劇のことです。

「革命的な現代京劇切手」を政府関係者が使うことで、プロパガンダとしての現代京劇を対外的にアピールするという狙いがあったようです。

切手買取市場における革命的な現代京劇切手の買取相場は、全9種類が揃っている時には特に高くなりやすいです。

全9種類が揃っていて、未使用で、保存状態が良いなど条件が揃えば、数万円ほどの買取価格がつくこともあります。

革命的な現代京劇切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

全国の山河は赤一色切手

全国の山河は赤一色切手

全国の山河は赤一色切手は1968年、横長型と縦長型の2種類が発行された中国切手です。

図柄のミスが発覚し、わずか半日で発行中止・回収されたため、非常に希少性の高い切手になっています。

全国の山河は赤一色切手は、2009年の香港でのオークションで横長型が4,300万円、さらに2013年には縦長型がなんと9,100万円で落札されるなど、「1枚で家が建つ」切手として話題になりました。

全国の山河は赤一色切手は希少性が非常に高いため、切手買取市場に出回ることはほとんどありません。

そのため明確な買取相場はありませんが、オークションの価格を考えれば、もし買取市場に出回っても非常に高い価格で取引されるでしょう。

全国の山河は赤一色切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

特に高価買取が期待できる中国切手と買取相場

特に高価買取が期待できる中国切手と買取相場

上記の中国切手はどれも人気・価値ともに非常に高いものばかりです。

ここでは、価値の高い切手が多い中国切手の中でも、特に日本の切手買取市場での人気が高い3種類の中国切手をご紹介します。

赤猿切手

赤猿切手

赤猿切手は1980年、中国の年賀切手(十二支切手)シリーズの第一段として発行された中国切手です。

毛の1本1本まで精緻に描かれ、金粉がまぶされた子猿のイラストの美しさは、中国国内のみならず世界的に高く評価されています。

また、発行枚数が当初の予定から大幅に減らされたという経緯もあり、希少価値の高い切手として有名です。

切手買取市場における赤猿切手の買取相場は非常に高く、バラでも状態が良ければ十数万円といった買取価格がつくことがあります。

さらに、80枚の切手シートが良い状態で保存されていれば、買取相場は数百万円にもなるでしょう。

赤猿切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

毛沢東切手

毛沢東切手

中国切手の中には、中華人民共和国の初代国家主席である毛沢東(1893-1976)の功績をたたえる切手が数多くあります。

中でも、文化大革命下に発行された「毛沢東の長寿を祝う」「毛主席の最新指示」「毛主席の長寿をたたえる」「毛主席は赤い太陽」などの切手シリーズには、高い価値がつきます。

毛沢東切手の中でも人気の高い「毛沢東の長寿を祝う」切手は、全11種類が揃っていて保存状態が良ければ数十万円ほどの買取相場になるでしょう。

また、「毛主席の最新指示」切手も、5種類がすべて揃っていて保存状態が良ければ数十万円ほどの価格で買取されることがあります。

毛沢東切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

大パンダ切手

大パンダ切手

大パンダ切手は、水墨画で大きくパンダが描かれた図柄が特徴の中国切手です。

1963年発行の第1次大パンダ切手は3種1セット、1973年の第2次は6種1セットと、2度にわたって発行されました。

丸々としたパンダの図柄がかわいらしく、普段切手を収集していない人にも人気がある切手です。

第1次の大パンダ切手は第2次に比べて流通量が少なく、切手買取市場でも高く買取されやすいです。

第2次大パンダ切手の買取相場が、保存状態の良い6種完で数千円ほどになることが多いのに対して、第1次の3種完なら数万円ほどの買取価格がつくこともあるようです。

大パンダ切手について、詳しくは以下のページをご参照ください。

中国切手は切手専門の買取業者へ査定依頼しよう

中国切手は切手専門の買取業者へ査定依頼しよう

切手は金券ショップでも買取に対応している店舗は多いですし、ネットオークションやフリマアプリを使って売却することもできます。

しかしながら、価値の高い中国切手を買取に出す場合、これらの方法はおすすめできません。

価値の高い中国切手の買取では、切手の希少性や保存状態などから正しい価値を見極めてもらえるかどうかが最も重要です。

まず、切手の額面を基準に買取価格を算出する金券ショップでは、コレクター以外の多くの人には需要がないため、中国のプレミア切手の買取には対応していないところも多いです。

ネットオークションやフリマアプリなら中国切手でも出品できますが、出品価格を自身で設定しなければなりません。

お持ちの切手本来の価値を正確に把握していなければ、本来の価値より安い価格で売却してしまって思わぬ損をしてしまう可能性があります。

その点、切手専門の買取業者であれば、切手の専門知識を持った査定員が本来の価値を見極めてくれるでしょう。

正確性・信憑性が高く、買取価格としては最も信頼できます。

もし「ネットオークションやフリマアプリで売りたい」という場合も、まずは正確な価値を把握するために、切手専門の買取業者に査定を依頼することをおすすめします。

中国切手の買取で知っておきたいポイント

中国切手の買取で知っておきたいポイント

中国切手をなるべく高く、そしてなるべく手軽に買取してもらうためには、知っておきたいいくつかのポイントがあります。

ここでは代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

出張買取サービスを利用する

中国切手の買取なら切手専門の買取業者を利用するのがおすすめでした。

しかし、切手専門の買取業者は金券ショップなどに比べると店舗数が少なく、意識して探したことがないと「どこに店舗があるか分からない」という人も多いかもしれません。

そんな時には切手専門の大手買取業者が提供していることの多い出張買取サービスを利用するのがおすすめです。

出張買取とは、買取業者の査定員が利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれるサービスのことです。

自宅にいながら、切手専門の買取業者のサービスを受けることができるので、簡単・便利です。

できるだけ早く買取に出す

今回ご紹介したようなプレミア中国切手の買取では、切手の保存状態は非常に重要な査定ポイントです。

そのため、中国切手の保管の際には切手アルバムや切手専用ケースを使う、扱う際にはピンセットを使うなど、切手の保存状態を損なわないような工夫が必要になります。

とはいえ、切手は日光や湿気によってもダメージを受けますから、気を付けていても長い期間の中で劣化してしまうことを完全に避けることはできません。

そのため買取に出すと決めた中国切手は、劣化してしまう前に早めに買取に出すというのも、より高く買取してもらうための1つのポイントになります。

傷んでいても自分で修復しない

中国切手の買取では保存状態が非常に重要です。

しかしながら、切手に破れや図柄の破損などがあった場合に、自身で修復しようとすることはおすすめできません。

切手は非常に繊細で傷みやすい品物ですので、修復しようとして、かえって切手の状態を損なってしまうという可能性も十分考えられます。

中国切手を買取に出す際には、破れや破損などがあっても自身で修復することなく、まずはそのままの状態で査定に出してみることをおすすめします。

安心して査定を任せられる買取業者の選び方

安心して査定を任せられる買取業者の選び方

中国切手は価値の高いものが多く、持ち主にとっては非常に大切なものである場合が多いでしょう。

そこで買取に出す際には、大切な中国切手を安心して託せる買取業者を選びたいところです。

ここでは、安心して利用できる買取業者を選ぶためのポイントをご紹介します。

各種手数料が無料

大切な中国切手ですから、査定結果を聞いてから1度じっくりと検討したり、複数業者の査定内容を見比べたりと、慎重に買取に出したいところです。

しかしながら、その際にいちいち査定料・キャンセル料や出張買取の出張費がかかっていたのでは、安心してサービスを利用することはできませんよね。

ですから中国切手の買取では、出張費・査定料・キャンセル料などの各種手数料を無料にしている買取業者を利用することをおすすめします。

査定内容の解説が明瞭

大切な中国切手を買取に出す際には、査定内容にしっかりと納得してから買取契約を結ぶべきでしょう。

その観点から、査定員が査定内容について丁寧に説明し、質問などに真摯に対応してくれるような買取業者を利用するのがおすすめです。

査定内容の説明が明瞭でないような買取業者は、場合によっては相場よりも安く買い叩こうとする悪徳業者である可能性すらあります。

査定中の振る舞いや査定内容の説明などは、信頼できる買取業者であるかどうかを見極めるための重要なヒントになります。

大手企業が運営

信用力のある大手企業が運営しているかどうかも、安心して利用できる買取サービスを見分けるための1つのヒントになるでしょう。

例えば東証に上場しているような企業が運営する買取サービスなら、安心して利用できる可能性は高いと考えられます。

買取業者を選ぶ際には、そのサービスを運営している企業についても調べてみると参考になるかもしれません。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

切手の種類

買取対象品目