24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

切手買取で「はがき」の買取もしている?不要なはがきの処分法!

切手買取で「はがき」の買取もしている?不要なはがきの処分法!
切手買取はがき

使わない切手やはがきが大量にあって、どのように処分すればよいのか悩んだことはありませんか?

「捨てるのはもったいないけれど、使う予定もない」と困ってしまいますよね。

切手買取ではがきの買取もしているのでしょうか。また、書き損じはがきや古くなった年賀はがきはどうでしょうか。

ここでは、不要なはがきを有効活用できる処分法をご紹介します。

切手やはがきの処分法にはどんなものがある?

「引き出しの整理をしていたら、以前に買った切手やはがきが出てきたけれど、今は手紙を出すこともなかなかないし、使い道が思い浮かばない」という経験はある方は多いと思います。

または「年賀状を多く買いすぎて余ってしまった」「間違えたり汚れたりしてはがきが使えなくなってしまった」ということもあるでしょう。

遺品のなかからたくさんの未使用切手やはがきが見つかることもあります。いつか使うかもしれないと大切に保管していたものの、引っ越しなどを機に処分を検討する場合もあるかもしれません。

はがきには2種類あります。自分で切手を貼らなければならない「私製はがき」と、すでに切手が印刷されている「郵便はがき」または「官製はがき」です。

いらなくなった切手や郵便はがき・官製はがきがあるなら、ただ処分するのではなく、有効活用する方法を探してみてください。以下は、不要な切手やはがきのおもな処分法です。

・郵便局で新しいものと交換してもらう
・金券ショップや切手買取業者に買取してもらう
・オークションに出品する
・はがきで応募するタイプの懸賞などに利用する
・国際協力活動への寄付に使う

切手買取ではがきや年賀はがきの買取もできる?

切手買取年賀状

はがきや年賀はがきは、切手買取の対象となります。以下で詳しく見ていきましょう。

郵便局のはがきや「年賀はがき」の買取

郵便局でははがきや「年賀はがき」の買取はしてもらえません。

ただし、料金表示の部分に汚れや破れがなければ、新しい切手やはがきに交換してもらえます。

販売期間が過ぎてしまった年賀はがきやかもめーるなどの「くじ引番号付き郵便はがき」のほか、「絵入りはがき」「広告付きはがき」も交換可能です。

しかし、手紙を送る機会が減ってきている現代社会では、新しいものと交換してもらっても結局使わずに、またしまっておくことにもなりかねません。

「交換」が自分にとって本当にメリットになるかを考えてから、交換してもらいましょう。

はがきだけでなく切手も交換してもらえる?

切手は、「通常切手」や「郵便はがき」、「郵便書簡」やレターパック封筒などの「特定封筒」に交換してもらえます。

はがきからはがきはもちろん、はがきから切手へ、切手からはがきへの交換も可能です。

不足分を払えば、より高額の商品と交換することもできます。

ただし、「グリーティング切手」や「ふるさと切手」、「フレーム切手」などの「特殊切手」へは交換不可です。

郵便局でのはがきや年賀はがき交換の手数料

交換手数料は、商品によって異なります。たとえば、郵便切手や通常はがきの交換手数料は、1枚につき5円です。往復はがきや郵便書簡は、1枚につき10円です。

10円未満の郵便切手や郵便はがきは、合計額の半額で交換してもらえます。より少額の商品に交換してもらうこともできますが、差額の現金での返金はできません。

年賀はがきやかもめーるは、はがきの種類を間違えて購入してしまった場合など、未使用のもの、かつ販売期間内のものに限り、新しいものと無料交換できます。

ただし、「四面連刷」や「広告付きはがき」、「オリジナルはがき」は対象外です。

また、年賀はがきを用意していたものの、服喪のために使えなくなってしまった場合には、無料でほかの商品に交換してもらえます。

「弔事用切手」にも交換可能です。交換する際には、簡易局以外の郵便局で手続きをしましょう。

備え付けの請求書に、住所・氏名、亡くなられた方との続柄などを記入して申告します。

ただし、販売期間を過ぎると受け入れてもらえないので注意しましょう。

不要なはがきや年賀はがきのおすすめ処分法

不要なはがきや年賀はがきは、どのように処分するのが一番よいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

金券ショップや切手買取で買取ってもらうメリット・デメリット

金券ショップやチケットショップ、切手買取業者に買取を頼む最大のメリットは、使い道のなかったはがきや「年賀はがき」を、手軽に、現金にかえられることでしょう。

しかし、業者によって買取査定額は大きく変わってしまう可能性があることは留意しておきましょう。

一般的には、現在販売中のはがきや切手なら、金券ショップがより高い金額で買取してくれます。

よくはがきや切手を使用する企業など、独自の販売ルートを持っていることが多いからです。

一方、なんでも買取してもらえるリサイクルショップでは、買取価格が下がる傾向にあります。

独自の販売ルートがなく、金券ショップなどに転売することになるからです。

プレミア商品に力を入れている切手買取専門業者では、あまり歓迎されないこともあります。

未使用のものが大量にあるなら、高額買取してくれる業者に依頼するのがおすすめです。

インターネットなどで各業者の買取価格を調べたり、複数の業者に査定を依頼したりするとよいでしょう。

不要なはがきで高額買取を狙うには?

現在販売中の新しいはがきで未使用のものは、需要が大きいため、より高額で取引されます。

また、まとまった数量のもの、特に未開封のものはより高額での買取が期待できるでしょう。

先ほどもご紹介させていただきましたが「未開封」もしくは「完封品」とは、茶色の包装紙で封印されたままの状態のものです。

透明のビニール包装などは、封がされていてもバラ扱いとなってしまいます。

切手やはがきは、デザインが変わることがあります。また、汚れやシミなどに弱い材質である点にも注意が必要です。

使う予定がないなら、デザインが変わってしまわない新しいうちに買取してもらうことをおすすめします。

高額買取を狙うなら、企業が切手やはがきを多く使う時期に査定してもらうのもよいでしょう。

買取価格が通常より高くなる場合があります。

年賀はがきを高く買取してもらう方法

年賀はがきは、シーズンが終わると需要がなくなります。

また、販売開始直後は需要が高いため、金券ショップなどでも高値で買取してもらえますが、買取枚数が多くなり在庫が増えるにつれ、買取額が下がっていきます。

買取をしてもらえなくなることもあるでしょう。

金券ショップなどでの買取相場は1日ごと、早いときには時間ごとに変化します。

年賀はがきを高く買取してもらいたいなら、100枚単位の完封品の状態で、販売開始後できるだけ早い時期(11月上旬ごろまで)に査定をしてもらってください。

封を破ってしまうと減額されてしまうため、注意しましょう。

完封品ではなくても枚数が多いなら、100枚ごとにまとめておくと、仕分けの手間が省けるために買取額を上げてもらえるかもしれません。

その他、不要なはがきや年賀はがきのおすすめ処分法

どんなに高額で買取してもらえたとしても、交換や買取では額面以下の価値にしかならないため、はがきや切手の枚数が少なく未使用なら、懸賞などに使用するのもおすすめです。

不要なはがきで抽選に当たれば得をした気分になりますよね。

「年賀はがきだから抽選から外される」ということはありませんし、バーコードなどを貼るタイプのものなら、書き損じがあったとしても隠れてしまいます。

書き損じはがきや古い年賀はがきを少しでも高値に変えたいなら、まず郵便局で新しいものに交換してもらい、金券ショップなどに転売する、という方法もあります。

その際には、需要の高い額面の普通切手シートに交換するのがポイントです。

ちなみに、国際協力活動などへの寄付金も同じように使用されています。

寄付されたはがきは、まず郵便局で切手シートなどに交換され、その後、金券ショップや切手買取業者などに転売されます。

そして、そこでの買取額が寄付金として使用されているわけです。

おわりに

今回は、不要なはがきの処分法をご紹介しました。

金券ショップや切手買取業者にはがき買取をしてもらったり、寄付をしたり、自分の状況や用途にあわせて、不要なはがきや「年賀はがき」も有効活用できます。

買取してもらうなら、今回の情報を参考にして、ぜひ高額買取を狙ってみてください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください