24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

破れた切手は使える?破れの許容範囲や郵便局で交換できる条件を解説

破れた切手は使える?破れの許容範囲や郵便局で交換できる条件を解説
破れた切手は使える?破れの許容範囲や郵便局で交換できる条件を解説

シートから切手を切り離すとき、うまくちぎれずに破れてしまうことがあります。

もし切手が破れてしまったとき、使用や交換はできるのでしょうか?

結論からいうと、切手は金券であり不正利用を防ぐため、基本的に汚損した切手は使用も交換もできません。

でもせっかく買った切手なのに、使えず捨てるしかないのは困りますよね。

そこで、どれくらいまでなら使えるのか、万一破れたときはどうすればいいのかを解説していきます。

切手が使えるのは破れた箇所が縁の白い部分だけの場合

切手が使えるのは破れた箇所が縁の白い部分だけの場合

破れてしまった切手は、どれくらいの状態までなら使用できるのでしょうか。

郵便局のホームページにあるQ&Aでは「料額印面が汚れたり、破れたりしていないもの」という条件がついていますが、度合いについては特に説明がありません。

切手は基本的に破れたものはその度合いを問わず使用できないことになっていますが、切手の周囲にある縁の白い部分は料額印面(はがきや切手の料金を表す部分)に含まれないといわれています。

つまり、白いひらひらの部分がうまくちぎれずに破れた程度であれば、問題なく使用できるということです。

逆に端であっても料額印面が欠けてしまうと、切手は無効になり使用できなくなります。

汚れも同様に、料額印面が汚れていると使えません。

プリペイドである切手は金券なので、郵便の信頼性を維持するために扱いが非常に厳しいのです。

破れた切手で手紙は送れない

破れた切手で手紙は送れない

厳密にいえば、破片が全て残っている状態できれいに貼り合わせても、破れた時点で切手は無効になっているため、はがきや封筒を送ることはできません。

ほんのわずかなちぎれで、破片もきちんと揃っている場合は問題なく処理されるようです。

しかし、真ん中から真っ二つのような状態は、たとえ全て揃っていても使えないケースが多いようです。

もしも破れた切手を貼り合わせて無理に使おうとすると、回収した局で切手として使えないと判断された場合は料金不足という扱いになります。

欠損のある切手を無理やり使うと罪に問われるかも

使用不能になった切手を貼り合わせて使うと、偽造切手とみなされる可能性があります。

切手の偽造や不正利用については有価証券法ではなく別途独立した郵便法で処罰が定められており、偽造切手を使用した場合は郵便法第八十四条や郵便法第八十五条に触れる恐れがあります。

また、ネット上では使用済みだが消印が被らなかった切手を剥がして再利用する方法などが紹介されていますが、切手の不正利用にあたり、れっきとした犯罪です。

こういった不正利用が後をたたないため、裏面に糊のない切手も破れや汚損のある切手と同様に扱われます。

封筒などに貼ったまま使わなかった未使用切手は、水でふやかして剥がしたりせず、窓口に持ち込んで交換してもらったほうが良いでしょう。

とはいえ、最終的にその切手が使えるかどうかは、窓口で対応する人や局によって判断が異なることがあるようです。

使用可・不可の最終判断は、窓口によってケースバイケース

使用の可・不可の最終判断は、窓口によってケースバイケース

ルール上は非常に厳しい切手の扱いですが、実は本当に使えるかどうかは、窓口によってケースバイケースで対応が異なります。

同じような2つにちぎれかけた切手でも、交換ができたり使用可能と判断する局もあれば、使用も交換も不可とする局、本当はできないが今回だけは特別にと個別に対応してくれ る局など、対応がさまざまなのです。

金券である切手の信頼性を守るために、ルールはルールとして非常に厳格にする必要があります。

ですが、実際に郵便を使おうとしているエンドユーザーが困っているのであれば、あまり規則を厳しく言い過ぎず寛大に個別のケースにあわせて対処するというスタンスのように見受けられます。

そのため、ちぎれたり汚れた切手の使用については、まずは窓口に持ち込んで問い合わせてみるのが良いでしょう。

局が変わると対応が変わるので、1ヵ所目でだめといわれても別の局に持ち込んで聞くことも必要かもしれません。

破れた切手はたとえ使えても相手に失礼?

破れた切手はたとえ使えても相手に失礼?

特にそういうルールやマナーはありませんが、宛名書きは最初に見る場所ですから、そこに破れた切手を貼り付けるのは良いとはいえません。

たかが切手と思うかもしれませんが、慶弔用の切手が用意されているほどなので、送る側が思う以上に受け取った人の目につく場所といえるでしょう。

配達中に汚れたり破れてしまうこともありますが、最初から破れたものが貼られているのと配達中の事故で破れてしまったものは話が違いますよね。

使えるのだから送料として問題ないという合理性はさておき、相手に気持ちよく受け取って欲しいものには、破れた切手は貼らないほうが良いのではないでしょうか。

破れのある切手は買取も難しい

破れのある切手は買取も難しい

破れてしまった切手は、郵便法で定められている通り、金券としての価値はゼロになってしまいます。

そのため、金券としての買取は基本的にしてもらえません。

非常に希少価値の高い切手だった場合、破れていても全てのパーツが揃っているなら欲しいというコレクターがいるかもしれませんが、コレクションとしての価値も大きく下がっ てしまいます。

いずれにせよ、切手の扱いは丁寧にしたほうが良いということです。

シートから切り離すときは、ミシン目に沿って折り曲げておいたり、定規などの固くて真っ直ぐなものをあてるときれいに簡単に切れますので、ひと手間かけてきれいに扱いましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください