24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

切手で買えるものとは?郵便局で切手払いできるサービスや注意事項まとめ

切手で買えるものとは?郵便局で切手払いできるサービスや注意事項まとめ
切手で買えるものとは?郵便局で切手払いできるサービスや注意事項まとめ

切手はいわば郵便料金のプリペイドです。

そのため金券としても価値が高く、日本郵政のサービスであれば額面通りの金額で使用することができます。

一度購入してしまうと郵便局でも現金での払い戻しができないなど、いろいろと制約がある切手ですが、切手で買えるものは意外と多いのです。

切手を使って支払いをすることができるサービスもあるので、無駄なく活用していきましょう。

郵便局で切手を代金に使用できるものの一覧

郵便局で切手を代金に使用できるものの一覧

切手を代金の一部として使用できるものは、なんとこんなにあります。

・料金別納郵便

・ゆうパック

・ゆうパケット

・EMS

・書留

・料金受取人払い・料金着払

・500通以下のゆうメール

・特定記録郵便

・新特急郵便

・タウンプラス

・第一~第四種種郵便物

・郵便物

・引受時刻証明

・配達証明

・内容証明の内容証明料以外の料金

・特別送達

・本人限定受取

特に時間指定や着払いに使えるのは便利ですよね。

かなり多岐にわたって使える範囲が広いので積極的に活用していきたいところですが、注意点があります。

料金改定や商品改定によって、サービス自体がなくなったり支払いに切手が使えなくなったりすることが、数年に1度のペースであるのです。

直近ですと2019年1月1日から、大量の発送を切手払いする企業向けサービスは、一部料金改定などによって使えなくなってしまったものもあります。

利用したいサービスに切手払いが使えるかどうかは、先に郵便局に問い合わせておいたほうが良いでしょう。

郵便局以外で買えるものは?

郵便局以外で買えるものは?

ネットオークションの支払いなどで切手払いに対応しているものがあります。

落札価格に10~30%前後増額して支払う必要となる場合もありますが、切手で落札代金が支払えるのは便利ですよね。

他にも企業のキャンペーンで、未使用切手と商品を交換できるものがあります。

意外と切手が使える郵便以外の場所は広いのですが、一つデメリットがあります。

それは郵便局で送料として使う場合に比べると、額面よりもだいぶ差し引かれてしまうという点です。

切手は金券ではあるのですが、現金化するには手間がかかります。

その分を差し引かれてしまうので、額面通りの金額では使えないのです。

切手の額面の80%程度の価値になってしまうこともあります。

額面通りに使うならやはり郵便局のサービスの支払いに

額面通りに使うならやはり郵便局のサービスの支払いに

切手の額面に対して100%で使用できるのは、郵便局のサービスに限ります。

大量の郵便物を送るときや、海外に大きな荷物を送るような高額な送料の支払いにも使えるので、わざわざディスカウントショップや金券ショップで切手をたくさん購入し、支払いに使用することでコストカットをする人もいるほどです。

基本的に郵便局のサービスは、郵便局側で設定されている割引以外はクーポンなどがないので、送料などを抑えるには買取専門店などから切手を安く購入する以外に方法がないのです。

また、オークションなどの支払いで切手払いが使える場合もあり、支払われた切手はオークションの送料を安く抑えるのに使われているのが大半です。

くじ引き番号付きの切手やはがきにはできない

くじ引き番号付きの切手やはがきにはできない

切手はゆうパックなどの送料には使えますが、切手やはがきにするときは交換という扱いになり、手数料が発生します。

さらに、販売期間が決まっているくじ引き番号付きの切手やはがき、行事などで発売される記念切手などのいわゆる特殊切手とは交換できません。

特殊切手から通常切手やはがきにすることはできますが、その逆はできないので、交換時には注意してください。

切手によっては額面以上の価値があることも

切手によっては額面以上の価値があることも

ここまでは金券としての切手で直接買えるものをご紹介してきましたが、切手には額面通りの金券とは異なる、もう一つの価値があります。

それが切手のコレクション性です。

切手収集は趣味の王様とも呼ばれるほどで、世界中に多くのコレクターがいます。

一見ただの普通切手に見えても、収集家から見ると希少価値の高い切手が存在し、高額で取引されているのです。

記念切手なども額面通り使えば普通の切手と変わりませんが、発行数が少なかったものや入手が困難になった古い記念切手は、未使用なら額面の何倍もの価値がつくことがあるの です。

とはいえ、そのまま郵便局で送料代わりに使ってしまえばただの切手と同じです。

そこで手持ちの切手を見たとき、少し変わった切手や古い切手が混じっていたら、一度買取専門店に査定を依頼してみてください。

切手に思わぬ価値がついて、額面以上の金額で引き取られることがあるかもしれません。

金券としての買取査定になったものは切手を使った支払いに、収集品としての買取可能になったものは現金化することで、無駄なく使わなくなった切手を活用できます。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください