24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

寄付金付き切手とは

寄付金付き切手とは
切手買取寄付金

寄付金付き切手をご存知でしょうか。

切手を購入すると、額面の一部を寄付する切手のことです。

意外と知らない方も多いかもしれない寄付金付き切手について、寄付の仕組みや実際にどのような切手があるのかなどをご紹介します。

寄付金付き切手の仕組み

額面のところに+〇円のような表示がある切手があります。

このような切手は寄付金付き切手と呼ばれ、+の後の〇の金額が寄付金として使われます。

例えば、額面が80円+10円の場合、10円分が寄付金となります。

この場合、10円分は郵便料金としては使えず、この切手を90円で購入した時点で10円分の寄付を行ったことになるのです。

ですから、この切手が不要になって金券ショップなどで買い取ってもらう際には、たとえ90円で購入した切手だとしても80円分の額面として扱われるのです。

寄付金切手はどのようなものがあるか

日本で最初の寄付金付き切手は、1937年に国内各地に飛行場を整備するための基金への募金を目的に発行されました。

その時のデザインは、北アルプス上空を飛行するダグラスDC-2型輸送機を描いたものでした。

第二次世界大戦中には、1942年に軍事資金集めのために発行。

戦後には、社会事業共同募金のためや1964年の東京オリンピック、日本万国博覧会といった国家の事業などのために寄付金付き切手が発行されました。

東京オリンピックの寄付金付き切手は、3年間で6回にもわたって発行されました。

オリンピックの20の競技が描かれ、5円の額面に対して寄付金が5円でした。

1995年の阪神淡路大震災の時には、災害復興を目的に発行されました。

最近では、2011年、東日本大震災の被災者救助を目的に80円の額面、20円の寄付金付き切手が発行されました。

また、毎年発行される年賀はがきと年賀切手には、寄付金付きのものがあります。

はがきは絵入りで57円、内5円が寄付金です。切手はお年玉付で55円、85円の2種類あり、内3円が寄付金です。

この寄付金に関しては、毎年、秋に官報に寄付金を受ける団体の公募要項が発表されます。

申請できるのは、社会福祉や青少年育成、地球環境保全、文化財保護、スポーツ振興などの活動をしている非営団体です。

寄付金付き切手の海外での発行

世界で最初の寄付金付き切手は、1890年にオーストラリアで発行されました。

ヴィクトリア女王の在位60周年記念事業で、結核患者のための療養所と病院の建設資金を集めることが目的でした。

この切手は当時では珍しかった多色印刷で、額面の12倍で販売されました。

20世紀になると、ヨーロッパ諸国では国家事業や慈善事業など、様々な資金集めのために発行されました。

特にドイツ、フランス、スイス、ベネルックス三国などでは、今でも寄付金付き切手が数多く発行されています。

それ以外の主な国では、ヨーロッパとは対照的に、アメリカ、イギリス、中国、オーストラリアなどでの発行は限られています。

アメリカでは、2002年、アメリカ同時多発テロ被害者救済を目的に「合衆国の英雄2001年」と題した寄付基金付き切手が発行されています。

この切手は、特定郵便料金を使用できることを永久に保障した「無額面切手」でした。

寄付金付き切手の評価は?

寄付金切手は特殊切手に分類されます。

特殊となっているので買取りなどにおいて評価が高い印象を受けるかもしれませんが、扱いは普通の切手と同様です。

ですから、高い価値だと評価されるのは寄付金付き切手だから高い評価を受けるのではなく、普通の切手と同様に希少価値のある切手だと認められる場合です。

1937年の日本初の寄付金付き切手は、2銭、3銭、4銭の3種類でいずれも2銭の寄付金でしたが、切手ブームが起きるかなり以前の発行で希少価値が認められています。

もし、切手ブームが起きる以前に発行された寄付金付き切手が手元にあれば、希少価値が付きます。

買取りにおいても高額な査定になる事が多いので、一度査定を受けてみるとよいかもしれません。

今は、無料で自宅に来て査定をしてくれる出張買取業者も多いので、いくつかの買取業者をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください