24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

【切手コラム】鑑定書の有無

鑑定書の有無

古い切手の中には偽造防止にスカシを入れてあるものがあります。これによって、その切手が本物であるという証明になるのです。

しかし、そうした特殊な加工が施されていない切手の中には、本物かどうかを知る鑑定書が必要になるケースがあります。

種類も豊富な、目にも楽しい切手

切手ブームが起きた当時、多くの人が切手収集を楽しんでおりました。中には高額な切手を所有していた人も多かったものです。

郵便局で入手できる現行の普通切手や記念切手には特別鑑定書などがなくても構いませんが、古い切手・高額切手などの場合、鑑定書がある事で切手買取りをスムーズにしてくれる事もあります。

古い時代の切手の中には、スカシが入っている世界最初の郵便切手、ペニー・ブラックをはじめ、ぱっとみた感じでは同一のものも、よくよく見ると細かな差異が存在する切手もあります。

昔と今の切手の違い

一例を挙げると、初期発行の段階では丸い部分が塗りつぶされて印刷されており、ある時期からはその塗りつぶしがなくなり、白い丸になっているなどです。

これは模様の中の、さらにほんの小さな一部分であり、じっくりと見なければ分からないものではありますが、塗りつぶしの有り版・無し版で発行枚数などに違いが有ります。

切手買取りを行う場合、発行枚数は切手を買い取る際の重要な評価の基準となるものです。

前述の丸い部分が塗りつぶされているものとそうではないものとでは発行枚数の差や発行された時期・期間などが特定され、それにより価値の差が生じることも有ります。

古い切手には価値がある!

古い切手ほどこのような違いがある事から、切手買取りを行う場合は自分が所有している切手にどれだけの価値が有るのかを知っておくのもよいといえます。

簡単に価値を知る方法として、切手の専門店や金券ショップ、また出張査定や宅配査定等のサービスを行っている業者に事前に査定してもらうのも1つの方法です。

手数料を無料で査定してくれる業者が大半ですので安心して利用できると思います。切手の買取りにおいて、一般的に切手ブームが起きる前の切手でかつ未使用であれば、高い金額での買取りが可能であると言われています。

切手を売るなら査定に詳しい業者へ

比較的新しく発行された切手の場合、切手買取りを行っても市場に同じような切手が出回っていることが多いので額面未満の評価になることが多くあります。

反面、古い切手は市場の中に現存する数も少なく、自動的に希少性が高まる事がままあり、プレミアム価格(額面を上回る価格)での買取りができる場合が少なくありません。

この事から、あなたの切手を正しい価値で引き取ってもらうには事前に査定をしてもらったり、インターネットの切手サイトなどで調べたりして、所有している切手の価値を知っておく事はとても大切な事なのです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください