24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

全国の山河は赤一色切手は高額買取が期待できる?

全国の山河は赤一色切手は高額買取が期待できる?
全国の山河は赤一色切手は高額買取が期待できる?

中国切手の中でも希少な「全国の山河は赤一色切手」の買取を検討中でしょうか。

特に文化大革命時代に発行された中国切手は現存する枚数が少ない上に、買い求める人が中国やその他海外の富裕層であることが、よりその価値を高める要因となっています。

本コラムでは、中国切手の時代背景や「全国の山河は赤一色切手」ついて紹介をします。

また、全国の山河は赤一色切手などの中国切手をはじめとした切手の売却方法と、気を付けるべき点についてもお伝えする内容となっています。

中国切手「全国の山河は赤一色」

中国切手「全国の山河は赤一色」

中国の文化大革命が起きていた時代に発行された「全国の山河は赤一色」は、僅か半日しか発行されなかった幻の切手です。

まずは、そんな幻の切手とされる全国の山河は赤一色について、発行当時の中国の時代背景とともに説明します。

そもそも中国切手はどれくらいの価値があるのか?

中国切手の中には非常に希少な切手が存在します。

例えば、文化大革命の時期に発行された「全国の山河は赤一色切手」は、2009年の香港で4,300万円、2013年には9,100万円で落札され、当時は大きな話題となりました。

中国切手を買い求める人の中で、日本のような趣味目的を持つ切手コレクターは比較的少ないです。

中国の富裕層が投機目的で購入することが多いために、上のような破格の落札額が1枚の切手についたと考えられます。

中国本土ではコインや美術品、切手が投機目的で高値で取引がされることがしばしば起きるようになりました。

特に、中国切手の中でも希少性があるとされるのは、1966年~1976年に中国で起こった「文化大革命」の時代に発行された中国切手です。

文化大革命中は切手収集が原則禁止されていたため、個人が所有していた切手は破棄されました。

もちろん、文化大革命中に発行された切手の収集も禁止されていたため、未使用の切手が中国国内に残ることはほとんどありませんでした。

その反面で、文化大革命中の切手の一部は日本などの海外に渡り、コレクターによって保管されることもありました。

文化大革命時代の中国切手は通称「大革切手」とも呼ばれ、切手の図案には建国の父である毛沢東氏に関連するデザインが用いられていました。

大革切手は当時の中国で推し進められていた政策や思想などを垣間見れる貴重な資料としての価値があります。

その上、現存する数が少ないために大革切手は中国切手の中でもとりわけ希少価値の高い切手の部類に入ります。

冒頭で紹介した「全国の山河は赤一色」がオークションで桁違いの価格で落札されたのも、「歴史的に重要な資料」「切手として希少」「富裕層が投機目的で購入する」といった様々な要因が重なった結果なのではないでしょうか。

全国の山河は赤一色切手とは

全国の山河は赤一色切手とは

「全国の山河は赤一色切手」は文化大革命真っ只中の1968年に中国で発行された切手です。

しかし図案に問題が発覚し、わずか半日で発行中止・回収されたために現存する枚数が少ない切手となっています。

回収された理由は、図案に描かれた中国地図を全て赤一色で塗るところを、台湾だけ赤く塗られていなかったことにあります。

本来だったら、全国の山河は赤一色切手の図案には中国の労働者が「毛主席語録」と呼ばれる毛沢東の言葉を集め本を掲げ、その上に真っ赤に染まった中国本土が描かれるはずでした。

しかし、デザイナーのミスで台湾だけが赤く塗られませんでした。

台湾だけが赤くない図案が「台湾だけが中国の国土ではないこと示してしまっている」と判断され、発行から半日で回収される騒動に発展しました。

ちなみ、今回のような図案のミスが起こった切手は「エラー切手」いわれます。

切手をデザインしたワン・ウェイシェン氏はメディアの取材に対して、塗り忘れが原因で「長い間、投獄されるのではないかと恐れていた」と、当時の思いを語っています。

エラー切手であったことが判明してからの中国の素早い対応や、当時の心境を語る図案をデザインしたワン氏の発言からも、当時の中国が徹底した社会主義の改革を推し進めていたことが伺えます。

中国切手「全国の山河は赤一色」の買取相場

見中国切手「全国の山河は赤一色」の買取相場

全国の山河は赤一色は中国切手の中でも特に希少なため、買取相場も相当な額となっています。

先ほども説明した通り、もしも保存状態が良い切手だったら数百万円から数千万円の買取相場ともいわれています。

切手の状態の良し悪しは中国切手だけではなく、全ての切手の買取相場に影響する重要なポイントです。

所有している切手の売却を検討している場合、まずは持っている切手の状態をチェックしましょう。切手の状態に関しては後ほど詳しく紹介します。

全国の山河は赤一色切手のほかにも価値の高い中国切手は存在する

全国の山河は赤一色切手のほかにも価値の高い中国切手は存在する

中国切手は文化大革命時代の背景も相まって、今では日本だけではなく中国などの海外ではとても人気のある切手となっています。

それは今回紹介している全国の山河は赤一色切手だけではなくて、他の中国切手にも当てはまります。

ここからは、価値の高い他の中国切手について一部紹介します。

中華人民共和国展覧会切手

中華人民共和国展覧会切手は、文化大革命後の1980年に発行された中国切手です。

アメリカのシカゴ・サンフランシスコ・ニューヨークで開催された中国の博覧会を記念して発行された切手で、中国初の女性スタンプデザイナーが図案を作成しました。

中華人民共和国展覧会切手の図案は、普通の切手にはないスタンプを用いて色鮮やかな図案が表現されているのが特徴です。

当時としては非常に珍しいデザインだったため、中国切手の中でも人気の高い切手とされています。

中華人民共和国展覧会切手の価値は、バラとシート状で大きな違いがあるのも特徴です。

特に12枚の切手が一枚のシートになっている「12面シート」は、同じ枚数のバラ状の切手よりもはるかに価値があります。

もしも12面シートの中華人民共和国展覧会切手を買取に出せば、数万円ほどの価値はあるでしょう。

天安門図切手

天安門図切手

「天安門図切手」は1950年~1951年に発行された中国切手です。

図案には中国を象徴する天安門が大きく描かれていて、使用目的によって種類が細分化されている珍しい切手です。

文化大革命が始まる1966年よりも前に発行された中国の普通切手ではありましたが、文化大革命によって切手収集が禁止され、多くの天安門切手が処分されました。

そのため、現存する枚数が少ないために、今でも日本内外の熱心な切手コレクターから高い人気があります。

特に、1951年4月18日に発行された「北京高額凹版」という種類の天安門切手は、状態次第では数十万円ほどの買取値が付く場合もあります。

しかし、種類が細分化されている天安門図切手は記載されている額面が違うだけのため、素人目でその違いを見分けることは困難とされています。

もしも天安門が描かれた切手を持っているとのことでしたら、その価値を知る目的で切手の専門家にみてもらいましょう。

全国の山河は赤一色切手やその他の切手を売却に出す方法

全国の山河は赤一色切手やその他の切手を売却に出す方法

中国切手は全国の山河は赤一色切手をはじめそのほどんどが、額面以上の価値を持っています。

ですが売却方法を間違えてしまうと、大損をしてしまう可能性があります。

ここからは、切手の売却で代表される以下の2つの方法に紹介します。

・ネットオークションを利用する

・切手専門の買取業者を利用する

それぞれの売却方法で切手を現金化するまでの流れやシステムが異なるので、各売却方法の特徴を掴んで、自分の持っている切手に合った売却方法を考えてみましょう。

ネットオークションを利用する

中国切手はプレミア切手でもあるため、中には不特定多数の目に触れるネットオークションへの出品を考えている人もいるのではないでしょうか。

ネットオークションは誰もが気軽に個人の所有品を売りに出せるできる便利なサービスです。

しかし、それとは裏腹に出品のための準備に手間がかかるのがデメリットと言えます。

切手コレクターは状態の良い切手を好む傾向にあるため、出品のための切手の撮影も落札額が上がるように魅力的に撮る必要があります。

また、偽物の切手でないことを伝えるために、出品した切手に関して細かな情報を記載しなければいけません。

仮に出品したとしても、あなたが希望する落札額で落札されないリスクもあります。

出品準備の手間や手にできるお金を考えた場合、切手の売却でネットオークションを利用するのは、あまりおすすめできません。

切手専門の買取業者を利用する

切手専門の買取業者を利用する

切手専門の買取業者は日々の業務で多種多様な切手の査定を行っています。

そのため、切手専門の買取に従事する査定員は多岐に渡る切手の知識を有しているうえに、確かな鑑定眼で切手の価値を評価してくれます。

今回紹介した全国の山河は赤一色切手などの中国切手でも、その価値を見落とさずに適切な買取額を提示してくれるでしょう。

また、切手専門の買取業者といっても、業者によっては切手を査定する評価項目が異なります。

そのため、同じ切手を査定に出しても、買取業者によっては査定額に違いが出る可能性があります。

買取業者の中には無料で切手の査定を行ってくれる業者が存在しますので、「切手の売却で少しも損をしたくない」と考えている人は、買取業者の無料査定サービスを利用して複数の業者に査定依頼をしてみましょう。

それぞれの買取業者が提示してくれた査定額を比較して最も高いところに切手を買い取ってもらえば、損をせずに切手を売却できるでしょう。

切手買取で気を付けるべきこと

切手買取で気を付けるべきこと

全国の山河は赤一色切手は切手の中でも非常に希少性が高いため、買取に出せば高価買取が十分に期待できる切手です。

しかし、切手を売却する際は以下のことに気を付けないと、買取評価を落とす場合があるためです。

・バラよりもシート状で買い取ってもらう

・消印付きは買取不可の可能性が高い

・未使用で状態の良いモノしか売れないかも

それぞれの詳細について見ていきましょう。

バラよりもシート状で買い取ってもらう

切手の買取市場では、切手はバラの状態よりもシート状の方が同じ枚数でも買取額が上がります。

そのため、もしもシート状の切手を持っている場合は、無理に切り離さずに買取に出しましょう。

シート状の方が買取額が上がるのは、中国切手だけではなく全ての切手に共通しています。

もしも中国切手以外の切手の売却を検討している場合も、シート状のまま査定員にみてもらいましょう。

状態の悪い切手は買取額が下がる可能性がある

状態の悪い切手は買取額が下がる可能性がある

切手の買取市場では、切手の状態の良し悪しが買取額に大きく影響します。

例えば、希少な中国切手であっても、消印がついているだけで価値が10分の1になるケースがあります。

また、状態の悪い切手も買取額が下がる可能性があります。

中国切手はデリケートな素材で出来ているため、買取を検討している中国切手の状態を確認する際は、不要に手で触れないようにしましょう。

切手に皮脂が付いたり、折れてしまって切手の状態を悪化させてしまう可能性があるためです。

今後切手に触れる際は、切手専用のピンセットを用いるようにして切手に汚れや折れが付かないように意識しましょう。

もしも持っている切手に消印が付いていたり、状態が悪かったとしての査定を行ってくれる買取業者は存在します。

諦めずにまずは、切手専門の買取業者に問い合わせてみましょう。

「全国の山河は赤一色切手」買取まとめ

「全国の山河は赤一色切手」買取まとめ

全国の山河は赤一色は価値の高い中国切手の一つです。

香港のオークションでは4,300万円、9,100万円で落札されたこともあり、当時は話題にもなりました。

他にも中国切手には、中華人民共和国展覧会切手や天安門切手など価値の高い切手が存在します。

全国の山河は赤一色を含め価値の高いものが多い中国切手ですが、破れていたり、汚れているなど状態が悪いモノは、買い取ってもらえない可能性が高いので注意が必要です。

そんな中国切手をしっかり査定してもらうなら、切手の豊富な知識を持った切手専門の買取業者に任せるのがおすすめです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください