24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

お年玉切手シートの価値はあるのか?基本情報から具体的な交換方法まで解説!

お年玉切手シートの価値はあるのか?基本情報から具体的な交換方法まで解説!
お年玉切手シートの価値はあるのか?基本情報から具体的な交換方法まで解説!

「お年玉切手シート」は、当せんしたお年玉付年賀ハガキと交換して入手できる切手です。

お年玉切手シートは郵便局での購入や、当せんしていない年賀ハガキとの交換はできません。

非売品である上に毎年デザインが一新されるので、当せん日を楽しみにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のコラムでは、今までに発行されたお年玉切手シートの種類や、その中でも希少性のあるお年玉切手シートについてご紹介をします。

また、今まで年賀ハガキをお年玉切手シートと交換したことがない方のために、当せん番号の決まり方から郵便局での交換方法までの手順と注意点についてもお伝えします。

お年玉切手シートの歴代のデザイン

お年玉切手シートの歴代のデザイン

お年玉切手シートとは、お年玉付年賀ハガキで当せんした場合にもらうことができる、複数枚の切手がセットになったシートのことです。

お年玉切手シートの歴史は古く、1950年(昭和25年)から発行が始まったとされています。

お年玉切手シートは発行される年の干支などが図案になっているため、毎年楽しみにしている方も多くいらっしゃるかと思います。

まずは、毎年デザインが変わるお年玉切手シートの図案について、昭和と平成、そして令和に分けてご紹介をします。

昭和に発行されたお年玉切手シートデザイン

昭和に発行されたお年玉切手シートデザイン

干支が主な図案となっているお正月切手シートですが、昭和の中期頃までは日本の国宝や重要文化財がそのまま図案として採用される年がありました。

例えば、上の写真にある緑色と青色の切手の図案として採用されている文化財は、どちらも日本の重要文化財として登録されている歴史ある代物です。

緑色の切手は1974年(昭和49年)に発行されたもので、「銅梅竹透釣燈籠(どううめたけすかしつりとうろう)」と呼ばれる重要文化財が図案となっています。

「銅梅竹透釣燈籠」は室町時代に作られたとされていて、当時は燈籠の中に火を灯して照明器具として使われていました。

側面には、縁起が良いとされている梅や竹の模様が表現されているため、お年玉切手シートの図案として採用されたのではないでしょうか。

ちなみに、青色の切手は1973年(昭和48年)に発行されたもので、色絵土器皿(いろかはらけさら)と呼ばれる重要文化財がデザインされていて、お皿の模様には梅が描かれています。

平成に発行されたのお年玉切手シートのデザイン

平成に発行されたのお年玉切手シートのデザイン

その年の干支が図案として採用されているお年玉切手シートは、発行されたのが最近であるほど明るくてかわいらしい図案になっている傾向にあります。

上の写真は平成時代に発行されたお年玉切手シートで、「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「犬」などが図案として採用されています。

例えば、写真中央から少し右にある「卯」の図案が採用されている切手シートは、2011年(平成23年)に発行されたお年玉切手シートです。

余白の梅の木が初春らしさを表現しています。

「令和元年」の特別お年玉切手シート

年賀ハガキの抽せんには、ダブルチャンス賞というものがあります。

ダブルチャンス賞とは、一度抽せんに外れてしまった年賀ハガキを対象に行われる、二度目の抽せんで当せんした場合に受け取れる賞品です。

ダブルチャンス賞の抽せんは、郵政記念日の4月20日に毎年行われます。

2019年(平成31年)のダブルチャンス賞の賞品は「令和元年」を記念して作られた特別のお年玉切手シートでした。

当せん割合は100万本に4本ほどあります。

額面500円の切手が2枚組になっている小型シートで、両方とも富士山が描かれています。

お年玉切手シートの交換方法とは?

お年玉切手シートの交換方法とは?

残念なことに、お年玉切手シートは市販されておらず、年賀ハガキの賞品として手に入れることができます。

「どうしてもお年玉切手シートがほしい」という人は、ネットオークションやフリーマーケットサイト(アプリ)を利用して入手することができるかもしれません。

もしも、当せんした年賀ハガキをお持ちでしたら、以下の手順に沿えばお年玉切手シートを手にすることができます。

手順1:当せん番号を確認する

手順2:郵便局に年賀ハガキを持っていく

手順3:年賀ハガキを見せる

また、交換にあたって注意していただきたいこともありますので、それらも合わせて詳しくご紹介します。

手順1:当せん番号を確認する

まずは、お持ちの年賀ハガキが当せんしているのか確認をします。

お年玉切手シートは3等の当せん賞品となっていて、当せんする確率は100本に2~3本の割合となっています。

抽せん番号は年賀ハガキの宛名面の右下に記載がされている6桁の番号です。

当せん番号が決まるのは毎年1月下旬当たりとなっていて、年賀ハガキと当せん賞品の交換期間はおよそ6カ月間となっているので、忘れる前に交換しましょう。

ちなみに、未使用の年賀ハガキであっても交換対応してもらえるので、忘れずに未使用のハガキも含めてすべての抽せん番号を確認しましょう。

手順2:郵便局に持っていく

賞品の交換は、年賀ハガキを郵便局の窓口で対応してもらえます。

郵便局の窓口の人に年賀ハガキが当せんした旨を伝えると「お年玉切手シート取引証」を渡されます。

「お年玉切手シート取引証」には、お年玉切手シート(3等)に当せんした年賀ハガキの枚数を記入します。

手順3:年賀ハガキを見せる

手順3:年賀ハガキを見せる

取引証の記入が終わったら、「記入した取引証」「当せんした年賀ハガキ」「身分証明書」を窓口の担当員に見せましょう。

取引証の記入内容や、当せん番号に間違いなどがなければ、お正月切手シートがもらえます。

当せんした年賀ハガキには、当せん番号部分に賞品を交換したことを証明するためスタンプが押された状態で返却されます。

注意点

お正月切手シートはとても簡単に交換ができますが、注意点もあります。

例えば、当せんハガキの状態が悪いと交換してもらえない可能性があります。

「状態が悪い」とは、「今年度の年賀ハガキであることが判断ができない状態」「郵便切手を貼る部分が切り取られているハガキ」などで、そういった状態のハガキは賞品と交換してもらえない可能性があります。

また、当せんした家族・親族の分の商品を代わりに受け取る場合は、当せん者および代理人の証明書(運転免許証や健康保険証)がなければ商品を交換してもらえません。

加えて、当せん者が別居している家族の場合は、当せん者の委任状が必要となるので必要に応じて準備しておきましょう。

ちなみに委任状は、郵便局の公式HPからダウンロードが可能です。

お年玉切手シートの買取相場

お年玉切手シートの買取相場

お年玉切手シートは買取において、普通切手や記念切手など切手と同様に、バラかシートかによって相場は変動する傾向があります。

バラ切手の買取相場は基本的に高額買取となることは少ないようです。

ですが、多くの買取業者がバラ切手の買取にも対応していますし、中にはバラ切手であっても高額で買取してくれる業者も存在します。

近年では買取や査定の無料で行ってくれる業者が存在してます。

切手をなるべく高い値段で買い取ってほしいと考えている場合は、無料で査定を行ってくれるいくつかの業者に買取を依頼し、買取金額を比較してみるのも一つの手といえるでしょう。

また買取相場が高くなるものとして、全ての収集と呼ばれる趣味には共通していえますが、年賀切手・お年玉切手シートにおいてもやはり希少性の高いものは、買取相場も比例して高くなるという傾向があります。

「応挙のとら」と呼ばれる、1950年(昭和25年)に発行された年賀切手は当時の発行枚数が90万枚と少なく希少価値が高くプレミアの価値が付くこともあり、買取相場も高いようです。(見返り美人図の発行枚数は150万枚)

またプレミア価値の付く年賀切手には「応挙のとら」以外に、「夫婦岩」「少女とウサギ」なども有名です。

「もしかしてこれはレアな切手かも」という年賀切手やお年玉切手シートをお持ちの方は、高額買取のチャンスですので、しっかりと相場をチェックし買取に出してみてはいかがでしょうか。

買取を依頼する前に自身で相場を把握しておくことで、実際の買取価格の理由について買取業者から深く聞くことができたり、お持ちの切手の実際の価値を理解することができるでしょう。

お年玉切手シートに関するまとめ

お年玉切手シートに関するまとめ

お年玉切手シートは、年賀ハガキの抽せんで当たる切手のため、どうしても欲しい場合はネットオークションやフリーマーケットサイト(アプリ)などを利用してみましょう。

お年玉切手シートは切手コレクターにとっては希少性があるため、切手の状態によっては額面よりも高くなる可能性があるかもしれません。

特に古いお年玉切手シートほど、現在する枚数も少ないため、買取価格も高くなることでしょう。

まずは、お持ちの切手の価値を把握するためにも、買取業者に査定依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください