24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

日本の切手の始まりは「竜文切手」気になる現在の買取価格は?

日本の切手の始まりは「竜文切手」気になる現在の買取価格は?
切手買取竜文切手

日本初の切手である「竜文切手」は、高値取引されていることで有名なプレミア切手です。

切手コレクターたちに需要があり、人気も高いことで知られています。

今回はその竜文切手に着目し、竜文切手の特徴や日本の切手の歴史、切手の買取価格などについて解説していきます。

日本の切手の始まり…「竜文切手」とは?

日本では、昔から飛脚などの職業の人が手紙を運んでいましたが、このサービスは、商人などが私的に行ったものです。

公的な郵便制度が導入されたのは明治時代に入ってからで、アメリカの郵便制度を参考に導入しました。

日本の郵便制度に尽力したのは前島密だと言われています。

郵便制度導入により、郵便代金となる切手が販売されることになりました。

日本で初めて製造された切手が「竜文切手」です。

1871年(明治4年)4月20日に発行されました。

この名称は、額面の単位が「文」で竜の図が描かれたことに由来しています。

切手の額面は縦書きで、その両脇に竜が描かれており、彫刻士の松田敦朝(玄々堂緑山)がデザインを担当しています。

当時の竜文切手は腐食凹版印刷で製造されており、技術が未発達だったことから図柄が少し異なるものもありました。

イタリア人のキヨッソーネから伝達された電胎法で、正確に殖版(多くの切手を印刷)できるようになりました。

竜文切手は和紙に印刷されており、現在製造されている切手にある「目打(切り離しやすいよう続けて開いた穴)」や「裏糊」はありませんでした。

国名表記もなく、19.5mm四方の正方形で、日本が発行した切手のなかで最小サイズです。

「竜文切手」の種類と「竜銭切手」への移り変わりについて

竜文切手には4つの種類があり、金額と特徴に違いがあります。

また、竜文切手のあとには、竜銭切手が製造開始され、流通しています。

その変遷についても見ていきましょう。

竜文切手の種類

竜文切手には4種類あり、額面はそれぞれ「銭四十八文」「銭百文」「銭二百文」「銭五百文」と縦書きで表記されています。

サイズとデザインが同じため、額面と色で識別できるように工夫されています。

48文切手は茶系色、100文切手は青系色、200文切手は赤系色、500文切手は緑系色です。

金額は江戸時代の通貨単位がそのまま利用されたため、「文」となっています。

4種類あった理由は、当時の料金体系に合わせていたためです。

郵便は距離と重量によって料金が変わるため、この4種類の竜文切手が必要でした。

竜文切手から竜銭切手へ

製造されてから国内に広まった竜文切手ですが、1871年(明治4年)に大きな変化を遂げます。

新貨条例が制定され、通貨に「園(円)」が導入されたことで、新たな切手が誕生しました。

1872年(明治5年)、「銭」の単位へ変更した竜銭切手が発行され、流通するようになります。

この竜銭切手は、日本で初めて目打つきの切手で、裏糊もつけられるようになりました。

竜文切手の誕生からわずかな期間で、竜銭切手へ移り変わっていったことがわかるでしょう。

竜銭切手の金額は「半銭」「1銭」「2銭」「5銭」の4種類ありましたが、またすぐ「桜切手」が発行されたため、市場に出回った期間はとても短いものでした。

現存する竜銭切手はかなり少なく、希少価値があると言われています。

「竜文切手」と「竜銭切手」気になる買取価格は?

プレミア切手として需要がある竜文切手と竜銭切手ですが、買取価格はいくらくらいなのでしょうか。

これらの切手は、一般的な普通切手とは異なる買取査定基準があるようです。

どのような切手なら高額査定になりやすいのか、切手買取の相場価格と合わせて見ていきましょう。

竜文切手の買取価格の相場は?

竜文切手の買取相場は、500文切手が最も高く、次いで100文切手、48文切手、200文切手となっています。

ただし、これは状態にも大きく左右されますが、いずれにしても発行時の額面の何倍もの高値となっています。

竜文切手は手作業で製造されていたことから、印刷のバランスの良し悪しや不備の有無などに応じて、価格が大きく変わります。

切手の4辺すべてに十分な余白があるか、均整がとれているかがポイントです。

高値がつきやすいのは、4辺のバランスが美しいもので、次に美品と評価されるのは1辺ないし2辺がやや狭く偏っていても、見た目は美しいものです。

普通品になるのは1辺から2辺が面ギリギリの状態にあり、見た目に偏りがあるものです。

印刷面が切れているものなどは、2級品となってしまいます。

見た目のバランス以外にも、額面や状態(未使用・使用済み)、第何版のものかによって買取価格は大きく変動します。

また、エラー切手とされる印刷ミス切手を高値取引する場合もあります。

竜文切手自体が価値のある切手なので、状態に関係なく相場より高く買取られることもあり、厳密には相場価格を限定できません。

参考程度に覚えておくと、買取に出す際に役立つでしょう。

竜銭切手の買取価格の相場は?

竜銭切手の買取相場は、1銭切手、2銭切手、5銭切手、半銭切手の順番で高値となっています。

買取相場の幅は竜銭切手も竜文切手と同じくとても広いです。発行枚数や絵柄の縞の有無などが価値に大きく影響します。

切手の状態や図柄の位置関係などが整っているかも重要なポイントです。

竜銭切手は目打があるため、竜文切手とは査定基準がやや異なります。

美品と判断されるのは、目打部分が印刷面に重なっていない切手です。

ただし、目打が欠けていたり、印刷面に多く食い込んでいたりすると、価値は下がる傾向があります。

竜銭切手はとても薄い素材でできているので、経年による劣化が多く見受けられます。

加えて、目打の工程も今とは異なり原始的な方法なため、切手の状態がよくないものが多いのが特徴です。

美品と評価されれば、かなりの高値が期待できるでしょう。

「竜文切手」と「竜銭切手」を高く売るには業者選びが大切!

竜文切手や竜銭切手の買取価格を高く見積もってもらうためには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

価値のある切手の場合、価格相場が大きく異なるからこそ、優良な買取業者を見分けましょう。

優良業者を見極めるポイントをまとめていきますので、参考にしてみてください。

ポイント1:切手買取実績をチェック

切手買取業者のウェブサイト上に、過去の買取事例を具体的に掲載しているケースがあります。

買取実績が多いということは、それだけ知識のある査定員がいる証拠です。

買取業者の基本情報である住所・代表者名・古物許可証ナンバーと合わせてチェックしてみましょう。

ポイント2:諸費用が発生しないかチェック

優良な切手買取業者の場合、査定・買取手数料は無料であることが多い傾向にあります。

出張買取や宅配買取を行う業者のなかで、買取手数料・宅配料・出張費用を多額に請求するところがあれば、優良業者とは言えない可能性が高いでしょう。

事前に諸費用が発生しないか確認しておくのがポイントです。

ポイント3:査定の詳しい説明の有無をチェック

一般的な切手買取業者の場合、査定の詳しい説明を行ってくれます。

特に竜文切手や竜銭切手など価値のある切手買取の場合、査定価格の理由を説明してくれるはずです。

もし詳細な説明をせず、買取金額を提示するだけだった場合、査定員が切手本来の価値を知らない可能性もあるため、注意しましょう。

切手専門の買取業者で相見積もりをとり、高値で売ろう!

現在の切手市場を見てみると、切手コレクターは減少し、切手の価値は下降傾向にあります。

とはいえ、竜文切手や竜銭切手など、日本の歴史を物語る切手はいまだに根強い人気があり、価値も高いです。

手元にプレミアム切手があるという方は、切手価格相場を参考に、複数の切手専門買取業者に査定を依頼して、相見積もりをとってみましょう。

高額買取が期待できるかもしれませんよ。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください