ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

普通切手買取

普通切手買取
 

【普通切手の買取】高価買取されやすい種類や高く売るコツをご紹介

日常的に使用していた普通切手が、今では不要となり、処分に困っているという方もいるでしょう。

普通切手は、種類によっては高額買取が期待できます。

高価買取されやすい種類をはじめとし、高く売るコツ、よくある質問などについてご紹介します。


※一家族・一世帯につき1回限りとなります。
※本キャンペーンは出張買取のみ対象とさせていただきます。
※農機具は対象外となります。
※7月・8月毎月先着5000名様へプレゼント。
※「QUOカードのキャンペーンを見た」とお伝え下さい。

※一家族・一世帯につき1回限りとなります。
※本キャンペーンは出張買取のみ対象とさせていただきます。
※農機具は対象外となります。
※7月・8月毎月先着5000名様へプレゼント。
※「QUOカードのキャンペーンを見た」とお伝え下さい。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

普通切手とは

普通切手は手紙やハガキなどに貼付され使用される、郵便料金の納付を目的とした切手を指します。

行事やキャンペーンにちなんで限定的に発行される記念切手とは異なり、基本的に販売期間や製造・発行枚数は定められていません。

日本最初の普通切手は、1871年発行の竜文切手です。

これまで普通切手は、国家主義的・軍国主義的なデザインから産業・文化財を表すものなど、様々なテーマで発行されてきました。

現在では「日本の自然」をテーマに、主に日本の鳥類・花・昆虫などがデザインされています。

買取価格が高くなりやすい普通切手の特徴とは

普通切手は基本的に販売期間や発行枚数が限定的ではないことから、欲しい時に欲しい枚数を郵便局で入手できます。

現存数が多い傾向にあり、希少価値が望めることは少ないでしょう。

しかし中には、未使用品の入手が困難な普通切手もあり、記念切手より高く買取されるケースもあり得ます。

例えば何らかの拍子にいきなり郵便局から姿を消した場合などは、いつでも気軽に入手できると思って買いだめしていないため、コレクション用のストックがないという事態があるからです。

それでは、切手が郵便局から姿を消すのはどのような場合なのか、主に考えられる2パターンについて説明します。

図案が変更される前の切手

切手が郵便局から姿を消す理由として、郵便料金の改正や図案を変更した場合があります。

大幅な図案の変更となれば、事前に告知があるため、コレクターもストックの準備ができます。

しかし、細かい図案の変更の場合は大きく告知されずにそっと変更されることが多く、変更が判明した頃には既に価値が高くなっているなどということもしばしばあるようです。

例えば、1953年~2002年にかけて発行されていた秋田犬が描かれた2円切手があります。

1953年8月25日に発行された後、1989年4月1日にローマ字国名切手が発行されるまで実に36年間も販売されていました。

しかし2001年の省庁再編により大蔵省が財務省になったことで、シート地の記載が変更になり、2002年には需要減少に伴い発行中止となりました。

つまり、省庁再編後の発行枚数が非常に少ない切手であり、希少価値が高いため高額で買取される可能性があるのです。

印刷ミスなどのエラー切手

希少性が付随するのは、印刷版の消耗やミスがあるまま発行された、いわゆる「エラー切手」です。

切手の印刷版に異物が付着しているのに気付かず印刷されてしまった、なにかしらのトラブルで色が抜けてしまった、図柄がずれてしまったなど、製造工程でミスがあった切手です。

ミス発行された切手は、早くに発行中止とされることが多いため、現存数が少なく希少価値が見込まれることがあります。

定常変種の有名な切手には、プレミアとしての価格がついている場合が多いです。

しかし、ぱっと見ただけでは見付けづらい、通常のものと違う点をルーペで発見するのを楽しむ蒐集家は意外と多いでしょう。

素人では見極められないこともあるので、切手に詳しいプロの査定員に相談してみるのが得策です。

普通切手を高く売るためのコツ

手元にある普通切手を買取に出すなら、少しでも高く売りたいですよね。

普通切手を高く売るためのコツを、大きく3つに分けてご紹介します。

・シート切手の状態で買取に出す

・切手専門の買取業者に依頼しよう

・出張買取サービスを利用する


それでは、詳しく説明するので、これらのコツを踏まえて普通切手を買取に出してみましょう。

シート切手の状態で買取に出す

シート切手とは、数十枚単位で綴られている切手のセットのことです。

反対に、そこから切り取られた切手をバラ切手と言います。

買取においては、バラ切手に比べて、シート切手の方が価値が高い傾向にあります。

なぜならシート切手は、未使用品である証拠であり、見た目にも綺麗で保管もしやすいからです。

シート切手の買取を検討している方は、なるべく切り離さずに保管しておきましょう。

切手専門の買取業者に依頼しよう

普通切手をはじめとする切手は、切手専門の買取業者に査定してもらうのがおすすめです。

なぜなら、切手専門の買取業者には、切手の専門知識や買取経験が豊富な査定員がいるからです。

切手専門の買取業者であれば、お持ちの普通切手の価値をしっかり見極めてくれるでしょう。

一方で切手の買取に特化していないような総合リサイクルショップなどに査定を依頼したら、価値を見誤られて、低く買いたたかれてしまう恐れもあります。

お持ちの切手がもつ正しい価値を見定めてほしい方は、切手専門の買取業者に査定依頼しましょう。

出張買取サービスを利用する

切手を売るときは、出張買取サービスの利用がおすすめです。

出張買取とは、査定員が利用者の自宅を訪問し、その場で査定・買取するサービスです。

利用者は自宅にいながら査定を受けられるので、「住まいから買取店までが遠い」「大量にある切手を持ち運ぶのが煩わしい」などという方に向いています。

また、切手を外に持ち運ぶことで汚したり破れたりする可能性もあり、そうなると切手の価値が下がり買取額も低くなってしまいます。

出張買取を利用すれば、自宅にある切手の状態から、価値を落とす心配なく査定してもらえます。

切手を査定してもらうついでにプロの査定員に見てもらいたい品がある、という方にも便利なので、切手を売る際には出張買取サービスを利用しましょう。

現代の普通切手の種類

こ年代によってデザインが移り変わる普通切手ですが、発行されてから比較的新しめの普通切手の種類をご紹介します。ほとんどが現在も郵便局で購入できます。

意外と「こんな額面の切手があったの?」「並べて見てみると色鮮やかで綺麗」と、切手の新たな魅力に気付けるかもしれません。

切手画像切手名称図案
普通切手普通1円切手前島密
普通切手普通2円切手ウサギ
普通切手3円普通切手シマリス
普通切手5円普通切手ニホンザル
普通切手10円普通切手トキ
普通切手20円普通切手ニホンジカ
普通切手30円普通切手キタキツネ
普通切手50円普通切手ニホンカモシカ
普通切手52円普通切手ソメイヨシノ
普通切手82円普通切手ウメ
普通切手92円普通切手スミレ
普通切手100円普通切手サクラソウ
普通切手120円普通切手フジ
普通切手140円普通切手ヤマブキ
普通切手205円普通切手屋久島国立公園(縄文杉)
普通切手280円普通切手吉野熊野国立公園(那智の滝)
普通切手310円普通切手利尻礼文サロベツ
普通切手500円普通切手十和田八幡平国立
普通切手1000円普通切手富士図
普通切手慶事用52円普通切手扇面に梅文様
普通切手慶事用82円普通切手扇面に竹文様
普通切手慶事用92円普通切手扇面に松文様
普通切手弔事用52円普通切手花文様

現代の普通切手で肖像画が描かれているのは、最小額面である1円切手の前島密のみです。

それ以外の切手の図柄には主に、日本を代表する動物や風景、草木や花が採用されています。

お持ちの切手の中でも、現行の柄と思っていたものが既に廃止されていた、などとされている種類があるかもしれません。

ストックしていて不要となった現行の柄の普通切手は、場合によっては買取に出せることもあるので、専門の買取業者に見てもらうと良いでしょう。

高く売れる普通切手の種類

普通切手は2000年代に入る前、現在のテーマ「日本の自然」とは異なるデザインのものが多く発行されていました。

発行枚数が少ないものであるほど希少価値が高く付きやすいですが、発行年数が古い切手に関しても残存数が少ないため、買取額が高くなる傾向にあります。

2000年代以前に発行された普通切手の種類をいくつかご紹介します。

切手画像切手名称図案
普通切手手彫切手1872年
普通切手小判切手1889年
普通切手菊切手1899年
普通切手田沢切手1914年
普通切手富士鹿切手1922年
普通切手風景切手1926年
普通切手印字コイル切手1933年
普通切手昭和切手1937年
普通切手台湾数字切手1945年
普通切手新昭和切手1946年
普通切手産業切手1948年
普通切手円単位切手1953年
普通切手ローマ字入り切手1966年

表の中で最も古いのは1872年発行の手彫切手です。

当時は大量生産できる機械はなく、職人が手彫りで型を作り、切手を発行していました。

1939年から1945年の間に起きた第二次世界大戦の影響で、多くの切手が消失してしまったことから、それ以前に発行された普通切手の価値は高いものとされています。

2000年代以前に発行された普通切手をお持ちの方は、切手専門の買取業者に査定依頼し、正しい価値を見極めてもらいましょう。

普通切手の買取で多いQ&Aまとめ

普通切手を初めて買取に出すという方に向けて、よくある質問をまとめました。

Q&A形式でご紹介するので、買取に出す前に読んでいただき、不安のない状態で買取に挑んでいただければと思います。

普通切手の換金率はどれくらい?

普通切手の換金率は業者によって異なります。

業者の切手の買取実績などに目を通すことで、大よその目安であれば査定額を計算できるかもしれません。

しかし、同じ切手でも種類や状態などによって買取額が大きく異なるので、実際に買取業者に査定依頼して査定額を算出してもらうのが確実でしょう。

汚れや黄ばみが激しい切手があるけど、買い取ってもらえる?

多少の汚れや黄ばみなどが見られる切手でも、査定してくれる買取業者がほとんどでしょう。

ただし、あまりにも状態が悪い切手だと、減額されたり買取不可とされることもあり得ます。

一度、切手専門の買取業者に相談してみることをおすすめします。

バラ切手を仕分けずに大量に持っていますが、査定してくれますか?

仕分けられていない切手であっても、大体の買取業者で査定してくれます。

シリーズものなどが揃っていれば、単体で出すよりも買取額が上がることもあるので、まずは買取業者に査定してもらいましょう。

普通切手以外の切手も一緒に買取に出して良い?

普通切手以外の記念切手や特殊切手などは、限定枚数で発行されていることが多いので、高額買取が望める種類がたくさんあります。

様々な種類の切手をお持ちの方は、まとめてプロの査定員に見てもらいましょう。

普通切手買取事例

相当数の普通切手、記念切手をご売却いただきました!

  • 普通切手
  • 今回は普通切手、記念切手を大量にご売却いただきました。量が多かったことと、希少価値の高い切手も含まれていたこともあり。買取価格も高額となりご満足いただけたようで何よりです。

    査定では普通切手や記念切手どちらとも額面ベースでの買取となるのが基本ですが、中には大量の切手の中にプレミア切手が含まれていたという事例もあるので、ぜひ査定に出してみてください。

    中古切手はシミなどの多少の劣化があってもお買取り可能なケースも多いです。不要な切手をお持ちの方はぜひバイセルの切手買取をご利用ください。

切手の換金先を探していたお客様の大量の普通切手を買い取らせていただきました

  • 普通切手
  • 大量の普通切手を買い取らせていただきました。

    切手の換金には、バイセルの切手買取をご利用ください。昔コレクションで集めた切手から、遺品整理で出てきた切手まで普通切手や記念切手はじめ、切手類全般お買取りさせていただきます。

    もちろん切手シートの使いかけやバラ切手でも査定します。整理や仕分けは一切不要ですので、大量の切手をお持ちの方はぜひ出張査定をご利用ください!

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

バイセルが選ばれる4つの理由

  • スピード対応

    スピード対応

  • 手数料無料

    手数料無料

  • 安心・安全への取り組み

    安心・安全への取り組み

  • 全国対応

    全国対応

選べる3つの買取方法

  • 品物持ち運びの手間なし!

    出張買取

    出張買取

    ・全国対応、出張料、査定料無料
    ・当日、品物を追加してもOK
    ・その場で現金お支払い

  • 忙しい方にピッタリ!

    宅配買取

    宅配買取

    ・査定用キットを無料送付
    ・送料、査定料、振込手数料無料
    ・買取代金は最短で即日お振込

  • その場で査定・即現金化!

    持込買取

    持込買取

    ・査定員が家に来るのは不安な方
    ・その場で現金お支払い
    ・完全予約制でプライバシー重視

※買取方法に関しては、ご希望に添えない場合もございますので、まずはオペレーターへお問い合わせください。

※宅配買取で返送をご希望の場合、着払い(お客様負担)での対応となりますので、予めご了承ください。

※古銭買取は法令により宅配での買取は対応いたしかねます。

出張買取の流れと買取エリア

出張買取の流れは簡単3ステップ

  • お問い合わせ

    STEP.1

    お問い合わせ

    まずは、電話かメールで
    簡単申込み!

  • 査定

    STEP.2

    査定

    お品物を査定。
    結果はその場でご報告いたします。

  • 現金即払い

    STEP.3

    現金即払い

    査定結果にご納得いただけたら
    その場で現金受け取り!

※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。

※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

※未成年者からの買取はできません。

※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

日本全国からのお申し込みに
対応しています

  • 日本地図
  • 北海道|北海道

    東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県

    北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県

    関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県

    東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

    関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県

    中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県

    四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県

    九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県

    沖縄|沖縄県

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

切手の種類

買取対象品目