ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

不要な切手は処分の前に切手の価値を知っておこう!

不要な切手は処分の前に切手の価値を知っておこう!
不要な切手は処分の前に切手の価値を知っておこう!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 不要な古い切手を持っています。いくらになりますか?

  • A
  • 発行年代や切手の種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父から古い切手のコレクションを譲り受けました。使おうか処分しようか悩んでいます。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは様々な種類の古い切手の査定実績が多数ございます。買取実績をご覧ください。

その他、不要な切手の価値について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

切手収集ブームの時代に夢中で集めた昔の切手が、自宅から大量に出てきて処分に困ったことはありませんか?

収集していたときの経験から、「ゴミとして捨てるのはもったいないし、かといって取っておいても使い道がない。

古い切手をどう処分したらよいのか途方に暮れている……」という方は意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回は、不要な切手の処分方法についてご説明します。

不要な切手でも価値がある

大量に出てきた切手を、ゴミとして処分してしまおうと思うこともあるかもしれません。

しかし、切手には少なくとも額面以内の価値があるようです。

1950年代後半から1960年代ごろ、日本では切手収集ブームが起こりました。

「切手はあとで高く売れる」と言われ、郵便局に行列ができるほど、多くの人が投資目的で記念切手を買い求めた時代です。

ただし、このころ発行された記念切手は、発行枚数が多く、希少価値もないため、残念ながら現在では、額面以上に高く売れる種類は極めて少ないようです。

加えて古い切手ですので状態も良好でないことが多く、切手買取専門店や金券ショップ、チケットショップで査定に出すと、額面よりかなり低い値段しか提示してもらえないことも多くあります。

とはいえ、当時の郵政省は「切手は額面の範囲内で郵便に使える」ことを保証していますし、現在でも、郵政省時代の切手は使用可能であることが、法律で保証されています。

ダイレクトメールなどの大口郵便物に関しては、現金での支払いしか受け付けてくれない場合もありますが、基本的には、郵便に使う際に「古い切手だから使えない」ということはありません。

不要な切手だからと二束三文で買い叩かれ、損してしまうことのないように気をつけることが大切です。

古い切手は今でも使用は可能!

上述したとおり、希少性が低いためにプレミア価値がなく、買取専門店や金券ショップでは額面以下の金額しか提示してもらえない切手でも、未使用であれば、郵便に使う場合には額面どおりに使えます。

「大量の切手を使い切るほど郵便を使う用事がない」と思う方もいるかもしれませんが、ゆうパックを送る際に使ったり、年賀状や暑中見舞いなど、官製はがき以外のはがきを送る際に使ったりできますので、意外と使い道はあるものです。

また、消費税の増税が導入されて以降、郵便料金も1円単位で金額が設定されています。

たとえば現在では、定形郵便を出す際には82円、はがきを出す際には62円かかりますが、この規定の料金を上回る金額分の切手を貼れば、古い切手でも問題なく送れます。

たとえば、古い80円切手と5円切手を貼れば、定形郵便を送れますし、60円切手と10円切手を貼れば、はがきを送ることもできます。

ちなみに、現在では1円切手や2円切手も販売していますので少しでも損をしたくないと考える方は、それらの切手を新たに購入してもよいでしょう。

さらに、郵便で送るものには、すべて切手を使用可能です。

たとえば、段ボール箱に入れた荷物を郵便で送る場合、その送料分の切手を箱に貼っても問題ありません。

捨てたり額面以下で買取してもらったりするよりも、有効な使い方と言えるでしょう。

切手を処分する前に切手買取を利用を

多くの人が持っている古い切手の大半は希少価値が低く、額面以上では買取ってもらえない場合が多いのが実情です。

とはいえ、切手の種類や保管状態によっては、専門の買取業者で査定をしてもらうと、思いもしなかった高値がつく場合もあります。

たとえば、1948年に発行された「見返り美人」の切手は、額面は5円ですが、専門業者では保存状態がよければ、バラであっても1枚数千円程度の値段がつくことがあります。

また、一見ただの古い切手に見えても、コレクターのあいだでは大変貴重な切手というものもあります。

さらにそれがエラー印刷のものであるなどすれば、その価値は跳ね上がり、ときには1枚数千万円になるということもあります。

自宅に眠っているたくさんの古い切手のなかには、このようなプレミア切手があるかもしれません。

切手は発行枚数が少なく、希少なものほど価値が高くなります。

素人が見ただけではその価値を正確に判断できませんが、専門の買取業者に査定をしてもらうと、その価値が正確にわかります。

売却によって思わぬお小遣いが得られるかもしれませんし、仮に価値がなく処分することになったとしても、それらの価値をきちんと確かめられるだけでも、査定をしてもらう意味はあると言えるでしょう。

切手バナー
切手バナー

切手の処分方法について

プレミア切手以外の切手は、専門業者による買取で額面以下になってしまったり、ものによっては買取を断られたりする場合もあるでしょう。

そうした場合、処分には5通りの方法があります。以下にそれぞれの方法についてご説明しましょう。

郵便局の商品やサービスと交換する

先にも述べたように、郵便として送るものにはすべて切手を貼って送れます。

さらに、古い切手は、他の郵便局の商品やサービスと交換することも可能です。

たとえば、古い切手を現在の通常切手と交換したり、郵便はがきや郵便書簡、レターパックやスマートパックと交換したりできます。

ただし、これらの商品と交換する際には手数料が必要です。

手数料は、たとえば郵便切手や通常はがきでは1枚につき5円、レターパックなどの特定封筒は1枚につき41円など、交換するものによって異なります。

なお、この手数料も切手で支払うことが可能です。

郵便サービスと交換する場合、切手でゆうパックやゆうメール、料金別納郵便、書留、着払い郵便などの料金を支払えます。

この場合は手数料がかかりません。

金券ショップやチケットショップで売る

金券ショップやチケットショップで売る方法は、手元にある切手を手っ取り早く換金したい場合におすすめです。

店によって独自の買取基準を持っていることが多く、また売る切手の種類によって買取金額は異なります。

この場合は、バラ(シートから切り離された状態)ではなくシート(周囲が耳紙と言われる白い余白で囲まれ、個別に切り離されていない状態)単位で売るのが基本となります。

インターネットオークションで売る

インターネットオークションなどで個人売買する場合、金券ショップなどよりも高めに売却できる可能性があります。

ただし、商品の写真や記事の掲載、落札者とのやり取りや、代金・商品の処理など、金券ショップなどで売る場合に比べて手間がかかるのはデメリットです。

プレミア切手以外の切手は、シートか数十枚をまとめて売ることが多くなっています。

物々交換をする

物々交換サイトを使う場合、需要と供給がマッチすれば相手も自分も欲しいものが手に入り、お金のやり取りもしなくて済みます。

寄付をする

使用済みの切手がたくさんある場合は、慈善団体に寄付するのがおすすめです。

慈善団体のなかには、切手を集めている団体がたくさんあります。

使用済み切手は、それを専門にコレクションしている収集家がおり、ボランティア団体などから買取っています。

ボランティア団体はその収入を活動資金に充てているため、切手を引き取ってくれるという仕組みです。

この場合、切手の種類は問われません。

日本の切手でも海外の切手でも、普通切手でも記念切手でも特殊切手でも引き取ってもらえます。

収集家ごとに独自の集め方があるため、いろいろな切手が買取られていくようです。

切手処分は適切な方法を選ぼう!

切手処分は適切な方法を選ぼう!

まず、古い切手はプレミア価値のないものでも、額面の価値はあるということを覚えておきましょう。

切手の種類やシート状かバラかといった状態によって、適切な方法で処分し、適切な価値を得ることが大切です。

以下で、場合ごとにおすすめの処分方法をまとめます。

プレミア価値のある切手

切手買取専門店で査定してもらい、額面以上で買取してもらうとよいでしょう。

プレミア切手以外の切手が少量ある場合

郵便物に貼って使ってしまうか、郵便局の商品やサービスと交換がおすすめです。

少量の切手も額面の価値で活用できます。

プレミア切手以外の切手が大量にある場合

使い切れないほど大量に切手があるという場合は、シート状になっていれば金券ショップなどでまとめて買取してもらうのがよいでしょう。

バラの状態で保管してあり、金券ショップでは買取してもらえない場合、ネットオークションで売りに出すか物々交換をするのがおすすめです。

使用済み切手が大量にある場合

ボランティア団体に寄付をするのがおすすめです。

おわりに

自分にとっては不要な古い切手でも、適切な方法で処分することで、価値あるものとして、必要とされる場所や必要とする人に譲り渡されていくものです。

知らずにすべて捨てて無駄にしてしまわないためにも、自分の切手の価値を知り、適切な方法で処分するようにしましょう。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

切手の種類

買取対象品目