新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について
また、弊社コールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。「緊急事態宣言」発令における当社の対応について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

18金とプラチナは売り方やお店選び買取価格で差が出る!?売却のコツは?

18金とプラチナは売り方やお店選び買取価格で差が出る!?売却のコツは?
18金・プラチナの買取相場は?基礎から高価買取のポイントまでご紹介!

アクセサリーに多用される金とプラチナは、投資商品としても根強い人気を誇っており、実物資産として買い求める人がいます。

金・プラチナを買取に出すときは、基礎や高価買取のコツを押さえておくことで、査定で有利になることが多いでしょう。

金とプラチナの純度によって分けられる種類や、それぞれ本物かどうか見分ける方法、そして買取相場についてご紹介します。

18金やプラチナ等の買取を検討している方は、参考にしてみてください。

18金とか24金ってなに?金のイロハ

18金とか24金ってなに?金のイロハ

金の種類にも色々あり、「18金」「24金」などという言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。

金の純度によって分けられる種類や、本物かどうか確かめる方法をご紹介します。

金とは

金とは元素記号「Au」で表される貴金属で、非常に希少性が高いことでも有名です。

地球に存在する金の総量は50mプール3杯分だと言われており、その少なさが伺えます。

酸や熱の耐性をもち、多少の溶液では溶けませんが、王水(塩酸と硝酸を混ぜ合わせた)などでは溶ける可能性があると言われています。

純金のアクセサリーであれば、金属アレルギーになりづらいと言われているので、お洒落したいけどアレルギー持ちという方にもおすすめの金属です。

18金、18K、750…金の表記の仕方は?

18金、18K、750…金の表記の仕方は?

金には18金、22金、24金などというように種類があり、さらにそれらを「18K」「22K」など「数字とK」で表記します。

この表記は、金の含有率を表します。

「K」はKarat(カラット)の頭文字で、質量と純度を表す単位です。

例えば1Kは金の含有量が全体の約4%なので、18Kは約75%、24Kは約100%という意味です。

また、1000分率で金の含有量を表記することもあります。

例えば「750」は、金の純度75%のK18と同等の意味を表します。

18Kが75%の純度なら残りの25%は?

金の純度が下がるにつれて混合物が増えていきますが、一体どのような金属を、何のために入れているのでしょうか。

その理由を知るために、まず金の特性を把握する必要があります。

金という金属はとても伸びやすく、広がりやすいという特徴をもち、その特徴を展性・延性と呼びます。

僅か1gの金でも、細く伸ばすと2.8kmもの長さになるほどです。

このように金は非常に柔らかいため、純金のままでは強度が弱く、アクセサリーには不向きです。

そのため、純金に他の金属を混ぜ合わせて、強度を上げます。

金属を混ぜ合わせることを割り金と言い、使われる金属は主にニッケル、パラジウム、亜鉛、銅、銀などです。

割り金したものに他の貴金属を混ぜ合わせることで、ホワイトゴールドやピンクゴールドといった様々なカラーゴールドが出来上がります。

Pt1000とかPt900ってなに?プラチナのイロハ

Pt1000とかPt900ってなに?プラチナのイロハ

プラチナは、結婚指輪など一生モノのアクセサリーに選ばれやすい高価な金属です。

金属の中で金が最も価値が高いと思う方もいるようですが、実はそうではないのです。

プラチナとはどのような金属なのか、また、国内外で異なるプラチナの定義についてご紹介します。

プラチナとは

プラチナとは元素記号「Pt」で表される貴金属で、「宇宙からの贈りもの」とも呼ばれるほど名高い代物です。

金の希少性が高いと前述しましたが、プラチナはその金よりも遥かに埋蔵量が少ないです。

プラチナは粘性がとても高い金属として有名で、自在に曲げられるので繊細なアクセサリー加工に向いています。

金よりも酸や熱に対して強い耐性をもっており、金属アレルギーにもなりにくい金属です。

Pt1000とPt900の違いは?

基本的に、プラチナの純度は1000分率で表されます。

プラチナの場合は、「元素記号Ptと数字」で表記します。

Pt1000は純プラチナを指し、Pt900は全体の90%にプラチナが使われているという意味です。

プラチナも金と同様、強度は弱いため、純プラチナという形で保存しておくと変形してしまう可能性があります。

また、プラチナ本来の色は、白色にわずかな黒みが入っており、マットな輝きを放ちます。

純プラチナにロジウムメッキを塗ったり、パラジウムなどで割り金をし、ジュエリーショップで見かけるような光沢のある輝きにすることが多いです。

プラチナは強度を強め、より美しくするために他の金属を配合していると言えます。

プラチナの定義は日本と海外で若干異なる

プラチナの種類は、主にPt1000、Pt950、Pt900、Pt800の4つがあります。

しかし、カルティエやティファニー等の海外ブランドのジュエリーをみてみると、ほとんどがPt950以上の刻印が刻まれています。

なぜなら、海外の法律でPt950より純度が低いプラチナはプラチナと表記することを認められない、という決まりがあるためです。

しかし日本は世界最大級のプラチナ消費国であり、とても需要が高いので、汎用性を広げるためにPt850までをプラチナと表記できるようにしています。

金・プラチナが本物かどうか確かめる方法

金・プラチナが本物かどうか確かめる方法

お持ちの金・プラチナを買取に出す前に、本物かどうかは確かめておいたほうが良いでしょう。

なぜなら、本物の金・プラチナであれば中古市場でも価値がありますが、金メッキなどでは買取不可となることもあるからです。

手っ取り早く本物の金・プラチナかどうかを知るには、刻印を確認するのが簡単でしょう。

日本では金・プラチナの刻印は任意とされていますが、虚偽の刻印をすれば罰せられる可能性があるため、刻印があれば「本物の証」にもなりうるのです。

刻印は、ネックレス・ブレスレットの場合は留め具の裏側、リング・バングルは内側に打たれていることが多いです。

18金の場合、前述した「18K」「750」以外にも「K18」「18KT」「750」などと刻印されることがあります。

プラチナの場合は、まれに「Pt」ではなく「Pm」と打たれている製品もあるので覚えておきましょう。

また、国によっても刻印の種類やマークが異なることもあります。

お持ちの金・プラチナ製品に、こちらでご紹介した種類以外の刻印が刻まれていたら、貴金属に詳しい人に見極めてもらうと良いでしょう。

18K・プラチナを高価買取してもらうために

18K・プラチナを高価買取してもらうために

18K・プラチナを買取に出すとき、少しでも高価買取に近づきたいと思うのが普通でしょう。

何に気を付ければいいのか、高価買取のコツを伝授します。

18K・プラチナを売りに出す前に、押さえておきましょう。

買取相場は常に変動するため経済状況をチェックしよう

金やプラチナは金融商品でもあり、日本のみならず世界のあらゆるところで日夜盛んに取引が行われています。

そのため相場は常に変動しており、いつ金やプラチナを売るかによって買取額が大きく変わる可能性があります。

その昔、金は通貨にも使用されていたことから市場規模は大きく、世界共通の資産として安定した価値をもっています。

それに対してプラチナは、価格の変動差が激しく、投資目的の使用が強い傾向にあります。

市場規模は小さく不安定ですが、産業品の部品として使われることが多いという理由から、経済状況と密接にリンクしています。

株式投資をしている方は、プラチナの値動きについて、イメージが掴みやすいかもしれません。

複数の買取業者で査定してもらおう

18Kレベルの金やPt900レベルのプラチナとなると、高額買取が期待できるでしょう。

しかし、金やプラチナのように価格が固定されていない商品だと、買取業者によって独自の査定システムを導入している場合があります。

そうなると、各業者に査定してもらう度に、異なった査定額が提示されるということも珍しくありません。

そのため、複数の買取業者に金やプラチナの査定を依頼して、価格を比較・検討するのがおすすめです。

数箇所の業者の中で、自分が最も納得のいく価格で売りに出せます。

無料で金やプラチナを査定してくれる買取業者も増えているので、積極的に利用すると良いでしょう。

また査定を依頼する際も、金・プラチナの相場をインターネット等で下調べしてからにすれば、低く見積もられることを防げるかもしれません。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

プラチナの種類

買取対象品目