私たちは バイセル scroll

出張買取にこそ、
安心と納得を。

バイセルはお客様に「より安心」、「より納得」、「より気軽に」
出張買取サービスを利用していただけるように
全従業員がお客様目線で業務に取り組んでおります。

出張買取をより身近なサービスに感じていただきたいと思い、
出張買取サービスに携わるスタッフの想いが詰まったインタビューと共に
リアルな査定活動を描いた新テレビCMをご覧ください。

real story

お客様とお会いする
ための徹底した準備

インターホンを押す前から、お客様との関係は始まります。髪型、ネクタイと言った身だしなみから到着前の電話での言葉遣い。
お客様にお会いする前から徹底して準備出来ていることが、お客様の安心に繋がると考えています。

それは、お客様とお話する時にも同じです。
普段から商品が販売されているところに足を運んだり、インターネットで最新情報を把握しておいたりすること。お客様が大事にされている商品だからこそ、誰よりも知っておくことで、お客様のお話に誠実に耳を傾けることが出来ると思います。

森田 隆洋  名古屋センター センター長

ご売却されるお客様の
想いを汲み取る

1年程前は、査定員としてお客様にお会いしお品物をお買取させていただいていました。

お客様には必ず『ご売却される理由がある』と言う事を念頭に、差し支えない範囲でご売却の理由をお聞きするようにしていました。例えば、着物をご自身で集めていたが着る機会がなくなり、ご家族や親族にも着物を譲り渡す方が見つからず、ご売却を検討されたお客様もいらっしゃいます。それまではきちんと保管し大切にされていたんだということがわかります。

お売りいただいた後この着物がどのように使われていくか、どうやって販売するかを必ず説明するようにしていました。お客様自身が大事にしていたものが手放した後どうなるかお気持ちを汲み取ることは、少しでも安心してご利用いただけるための私なりに気をつけていた事です。

浦嶋 秀樹  商品1部 着物担当

安心いただくために
心がける3つのこと

私がお客様に対していつも心がけていることがあります。
一つ目は第一印象を大事にすること。
二つ目はお客様のお品物に対する思いに耳を傾け、お買取させていただいた商品が次にどうなっていくのかなどきちんとご説明差し上げること。
そして三つ目は、見られていないところでも、だしなみや査定道具、移動する車の中などきちんと日々整理整頓しておく事です。

奥村 賢人  名古屋センター 査定員

お客様の声を基に
盤石な教育体制を築く

お客様に最高の顧客体験を提供するために、バイセルでは査定員に対して日頃から研修を行っています。その教育・研修に特化した組織がイネーブルメントチームです。

この組織は、優秀な成績を収めた査定員が集結し発足されました。それまで属人的だった査定活動を画一化し、どのお客様に対しても丁寧で満足していただける相対をするために、研修プログラムを構築する必要がありました。お客様が安心して任せられるような査定員を育てるために、日々研修プログラムを考え指導に当たっています。

研修プログラムは、お客様からいただいた言葉を基に考えられています。査定員のどんな対応にお客様が安心したのか、不安を抱いたのか。一つ一つのご意見を分析することで、お客様の満足度を上げていくことを目指しています。

川和 龍介  イネーブルメント部 マネージャー

お客様にとって灯台の
ような存在でありたい

バイセルのサービスは、お客様の元へご訪問させていただき、お品物を査定・お買取をさせていただくものです。

お客様は、どのような心理状況であるか、私たちはそのお気持ちを汲み取るとき、まずはお客様が「誰かにとって大事な人である」というように考えます。訪問買取という心理的なハードルが高いサービスにおいて、本当に安心してサービスをご利用いただくためには、どうしたらいいか。客観的にお客様視点でこのサービスを考えています。

お客様が迷わないように、不安や心配な気持ちにならないように、最終的にご納得いただけるサービスをお届けするために、私たちは灯台のような存在ありたいと思っています。

山口 輝子  リユースマネジメント部 決裁管理課

お客様と査定員とを
つなぐ架け橋に

コールセンターは、お客様にバイセルのサービスを利用していただくきっかけを作る場所。お客様と査定員とをつなぐ架け橋の役割を果たしています。

お客様が最初に関わる入り口として、少しでもお客様の不安を解消しサービス内容を理解した上で利用していただきたいと考えています。
お客様の中には、出張査定に対してまだまだ不安な気持ちを抱いている方もいらっしゃいます。見知らぬ査定員を家に招き入れることに、抵抗があるのは当然のこと。私たちは、お客様が何に不安を感じているのか必ずお聞きし、不安解消に努めています。

久野 藍  コールセンター事業部

プロ以上の、
プロであるために

入社して4ヶ月。正直まだまだ知識も経験も足りないです。

でも、お客様の前ではプロでいないといけません。その為日々の研修に加えて、帰社後も先輩がお買取した品物について見たり聞いたり、1件1件査定が終わるごとに先輩に相談して、自分自身のスキルを磨いています。

それは先輩も同じでした。新人時代は先輩からの教えを守り、1件1件丁寧に査定すること。プロフェッショナルな査定を追求し続けること。教わったことを通じてお客様により納得いただく査定を積み重ねることで、本当の意味でプロになっていった。
だから、少しでも後輩の助けになる為、私も査定以外の時間は電話などで後輩にアドバイスを送るようにしています。

松本 拓夢  名古屋センター 査定員 リーダー
小山 優麻  名古屋センター 2019年新卒査定員

私たちはバイセル

お電話とお問い合わせフォームから、
ご相談・ご質問・買取申込を
受け付けております。
気軽にお問い合わせください。