24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!
最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

『レミーマルタン(Remy Martin)』といえば、コニャックの代名詞的存在のブランデー(ぶどうの蒸留酒を熟成させたもの)です。

ラベルに印刷されたケンタウロスがシンボルマークで、お酒好きなら一度は見たことがあるお酒なのではないでしょうか。 その中でも高級酒とされているレミーマルタンルイ13世は、非常に高価なお酒として世界中で愛されています。

本コラムでは高級コニャックのルイ13世を中心にして、レミーマルタンのお酒についてご紹介します。また、今後飲む予定がなくて売ることを検討している人向けに、高級酒を売りに出す際のコツや注意点について解説します。

レミーマルタンとは?

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

レミーマルタンとは、最高級ブランデーであるコニャックの生産から販売までを手がけるフランスの会社です。会社の設立は1724年で、日本が江戸時代のころです。会社の名前は創業者に由来しています。

レミーマルタンがブランド名として広まったのは、4代目社長のポール・エミール・レミー・マルタンのころです。

コニャックを美しく装飾された箱に詰めて商品化をしたことで、レミーマルタンのブランドは一気に世に知れ渡りました。この点で4代目の功績は、計り知れないほどに大きいといわれています。

4代目は商品の海外進出と事業の拡大に伴い、後のレミーマルタンの象徴となるケンタウロスのロゴを生み出しました。

ちなみ、ケンタウロスのロゴが生まれたのは、天文学が好きだった4代目の星座がいて座であったことに由来しています。

そんなレミーマルタンは、フランス南西部のコニャック地域でブランデーを製造しています。コニャック地域の畑の土壌はぶどう酒をつくるのに非常に適していて、「コニャック地域の畑で収穫されたぶどうを使っているか」などの特定の条件を満たしたブランデーだけがコニャックと呼ばれます。

その中でもレミーマルタンは、最高品質の土壌を持つグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュの畑で収穫されたぶどうが使われていて、高級コニャックとして評価されています。

コニャックは普通のブランデーでは味わうことの出来ない上品な口当たりと、口に含んだ途端に広がるフルーツのような芳醇な香りによって、多くのお酒好きを虜にしてきました。

その中でもルイ13世に限っては多くのこだわりがあり、お酒が詰められるボトルはバカラ製のクリスタルガラスで造形されるほどです。

レミーマルタンのラインナップ

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

レミーマルタンと一口にいっても、多くのラインナップがあります。 代表的なラインナップだけでも以下の種類があり、基本的には上から順に価格が高くなります。

・VSOP
・クール・ド・コニャック
・ナポレオン
・XO
・ルイ13世

この中でもルイ13世はブランデーを飲まない人でも1度は聞いたことがあるほど有名で、レミーマルタンの中でも最高峰のブランドになっています。

高級酒が多いレミーマルタンのなかでも、リーズナブルにコニャックを楽しめるのがVSOPです。ストレートやロックなど、様々な飲み方ができるVSOPは、レミーマルタン初心者でも安心して試せる1本といえるでしょう。ちなみにVSOPやXO、ナポレオンの名称はブランデーを寝かせた熟成期間の年数によって異なってきます。

VSOP・・・・・7~10年
ナポレオン・・・12~15年
XO・・・・・・20~25年

また、XOは「XOスペシャル」と「XOエクセレンス」と細かく分類されています。平均熟成年が20~22年がXOスペシャルで、23~25年がXOエクセレンスです。もちろん熟成期間が長いXOエクセレンスの方が価値が高いとされています。

クール・ド・コニャックは2007年10月に発売された比較的新しいコニャックです。クール・ド・コニャックは、ゆっくりと蒸留してつくられているのが特徴です。伝統的なコニャックの製法とは異なるため、他の種類とは異なる味わいに仕上がっています。

レミーマルタン ルイ13世の新品価格はどれくらい

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

レミーマルタンの値段はラインナップによって大きく変わってきます。上でご紹介したもののなかで最も価格が高いのはルイ13世です。

ルイ13世は、40年から100年の熱成期間を経た、1000種類以上のブランデーを独自にブレンドして生まれるコニャックです。レミーマルタン社の技術力すべてが詰まったルイ13世の名にふさわしい高級コニャックといえます。

ルイ13世は世界本数限定で生産されるため、店頭で売りに出されているものはあまり見かけず、贈答品として扱われるのが一般的です。新品の値段となると安いものでも1本100万円から、高いものになると400万円を超えるものまであります。

また、ルイ13世のボトルは2種類あり、クリスタルガラスの製造会社である「バカラ」と「サン・ルイ」に分かれています。

どちらも質の高い高級なガラスのボトルのため、そういったこともルイ13世の価値を高めている要因となっています。

反対に普段でも飲みやすいものとしては、レミーマルタンの中で最も安いVSOPなどがあります。VSOPは普通のブランデーよりも多少値が張るくらいで、1本1万円以下で買えるものも多数揃えられています。

レミーマルタンの人気の種類と、買取市場での価値について

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

レミーマルタンはブレンドに使われるコニャック・製造方法・熟成年数の違いによって、その風味が大きく異なります。

ここからは、そんな豊富な種類が存在するレミーマルタンの中でも人気がある種類と、それらの買取市場での価値についてご紹介します。

レミーマルタン・XOスペシャル旧ボトル

「手軽に本格的なブランデーを飲んでみたい」というニーズにピッタリのレミーマルタンのXOスペシャルです。販売価格は1万円~2万円程度からあります。

発売の年代と異なるボトルのデザインによって、買取額に違いが出るのがXOスペシャルの特徴です。XOスペシャルのボトルは「現行ボトル」と「旧ボトル(オールドボトル)」に分けることができ、価値としては旧ボトルの方が高いとされています。

中央のラベルの金の縁がシンプルになっているのが現行ボトルで、中央のラベルの縁のデザインが葉をモチーフにしているのが旧ボトルです。新旧のボトルの違いだけで買取値も数千円ほどの違いが出てきます。

レミーマルタン・セントークリスタル

セントーとは、ギリシャ神話に登場するケンタウロスを意味します。ケンタウロスはレミーマルタンのシンボルマークにもなっているので、そのセントーをお酒の名前にしていることから、お酒の品質に自信を持っている表れなのかもしれません。

また、セントークリスタルのボトルは、クリスタルガラスを製造するバカラ社特性のボトルが使用されています。お酒だけではなくてボトル自体にも価値があるため、空ボトルにも買取値が付くことがある程です。

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド

生産本数が限られているルイ13世のなかでも更に希少とされているのが『ベリーオールド』のルイ13世です。

ルイ13世 ベリーオールドは、数十年~100年寝かせた原酒をブレンドし、さらに100年以上熟成させたコニャックです。出来上がるまでにとても時間がかかることからベリーオールド、と名前が付いたのかもしれません。

ベリーオールドのルイ13世は特に数が少ないため、ルイ13世のコニャックの中でも希少性が高いとされていて、高値で取引されています。

レミーマルタン ルイ13世 マグナム

『ルイ13世 マグナム』は容量が通常サイズの倍以上の大きさがあるのが特徴です。 通常サイズが700mlに対して、マグナムは1,500mlとなっています。サイズ以外に違いはなく、ボトルや箱のデザインなどの見た目はもちろん、お酒の風味に関しても通常サイズと同じです。

生産される数は通常サイズよりも少ないので、買取価格も通常サイズの倍以上はくだらないでしょう。

レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール

『ルイ13世 ブラックパール』の大きな特徴は、見る角度によって黒色や銀色に輝くボトルにあります。

ブラックパールのボトルはバカラ社が研究を重ねて制作した特性のボトルで、黒真珠という名前に相応しい見た目になっています。

国内で流通した本数は100本にも満たないと言われていて、その見た目の希少性から非常に価値が高い種類のルイ13世といえるでしょう。

レミーマルタン ルイ13世を売る方法

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

高級酒であるレミーマルタン ルイ13世をどのような方法で売ろうか悩んでいる人もいるかことかと思います。 ここからは、高級酒を売る方法を3つご紹介します。

・リサイクルショップを利用する
・ネットオークション、フリマアプリを利用する
・高級酒専門の買取業者に査定を依頼する

それぞれの方法で注意すべき点も異なってきますので、しっかりと把握をしてからお酒を売りに出しましょう。

リサイクルショップを利用する

意外かと思いますが、電化製品や衣類などを扱うリサイクルショップの中には、レミーマルタンなどの高級酒を買い取ってくれる店舗が多く存在します。

車で道路を走行中に「高級酒買取します」という看板を掲げたリサイクルショップを目にしたことはないでしょうか。

リサイクルショップでレミーマルタンを売りに出す際は、持ち運びに注意が必要です。特にルイ13世のボトルはバカラ製のガラスでできていることがあり、ちょっとした欠けや汚れが買取額に影響するからです。

もしもリサイクルショップに持ち込むことを考えている人は、ボトルが欠けてしまったり汚れたりしないように、専用の箱に入れる・綺麗なタオルで包むなどをして持ち運ぶように心がけましょう。

ちなみに、そんなルイ13世は空ボトルになっても店舗によっては買い取ってくれます。その理由は、ルイ13世のボトルの多くがバカラ社製のクリスタルガラスである上に、デザインが優れているためです。

バカラのルイ13世の空ボトルは、インテリアとして需要があるため買い取ってくれるわけです。

ネットオークション、フリマアプリを利用する

自分の持っている物を売ったり買ったりできるネットオークションやフリマアプリも、レミーマルタンルイ13世を売る方法として挙げられます。

ネットオークションやフリマアプリを利用して高級酒を売りに出す際は、写真の撮り方や設定金額、発送方法には注意したいところです。

ルイ13世は、味わい豊かなお酒自体の他にもボトルや箱など、トータルの状態が価値となっています。写真を撮る際は、箱やボトルの状態が分かるように工夫をしましょう。

また、ルイ13世には箱・ボトル・替え栓に、共通のシリアル番号が記載されています。箱やボトル、替え栓のシリアル番号の一致は、ルイ13世が本物であることを証明する一つの方法です。可能だったら写真に加えて、説明欄でもアピールしておきたいポイントです。

ルイ13世を売りに出すとなると、設定金額も数万円単位からになる思います。もしも購入者・落札者が現れたとしたら、箱やボトルが汚れたり欠けたりしないようにしっかりと梱包をして発送しましょう。

万が一、数十万円のルイ13世の箱やボトルに何か問題が起きてしまっては、購入者・落札者との間で後々トラブルになってしまうかもしれないからです。

高級酒専門の買取業者に査定を依頼する

高級酒専門の買取業者に査定依頼をすることも、お酒を売る方法として外せない選択肢です。

高級酒専門の買取業者の長所は、数多くの高級酒の買取を行っていることです。レミーマルタンルイ13世は、お酒ですが箱やボトルの状態、証明書の有無によっても買取値が異なってきます。

買取業者の査定員は多くの高級酒を査定した経験を持っているため、その価値を見落とさずに適切な価格で買い取ってくれることでしょう。

また、買取業者の中には「出張買取」という買取方法を行っている業者が存在します。出張買取とは査定員が自宅に訪問してくれて、その場でお酒の査定から買取までをしてくれるサービスです。

レミーマルタンはボトルや箱も価値がありますから、持ち運んで割ってしまうような小さなリスクでも避けて売りたいと考えている人にとって、出張買取はおすすめの方法といえます。

レミーマルタンルイ13世を売る際に気を付けるべきこと

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

「お酒を売るのは初めて」という人は、これからご紹介をするレミーマルタンを売る際に気を付けるべきことをしっかりと押さえましょう。

レミーマルタンは高級酒ですから、ちょっとした工夫次第でもらえる買取金額も変わってくるかもしれません。

綺麗な状態にしておく

買取を依頼するリサイクルショップや買取業者の一部は、綺麗な状態によって買取額が高くなる場合もあります。

もしもお持ちのお酒のボトルがほこりを被っているとのことでしたら、柔らかい布で綺麗にしてあげましょう。

ボトルを拭く際は、傷が付いてしまったり欠けたしまったりしないように慎重に扱うようにしましょう。ボトルの状態も買取値に影響するからです。

例えば、毛布の上にボトルをおいて拭けば、誤って落とすこともありませんし、思わぬ衝撃でボトルが欠けてしまうリスクもないでしょう。

付属品も一緒に売る

レミーマルタンルイ13世をはじめ、高級酒を売りに出す際は付属品も忘れずに一緒に売りに出しましょう。

レミーマルタンはお酒の品質だけではなく、箱(専用ケース)や替え栓のデザインも美しく、これら付属品がレミーマルタンの価値を上げる要因になっているためです。ちなみに替え栓とは、一度ボトルの栓を空けた後に使用する栓のことです。

レミーマルタンの替え栓は、ボトルと同様にクリスタルガラスで出来ているので、替え栓だけでも充分な価値があります。

付属品はボトルを箱から取り出さなければ紛失することはありません。しかし、箱から出して飾っているとのことでしたら、まずは付属品が揃っているかの確認から始めましょう。

複数の買取業者に査定を依頼する

高級酒専門の買取業者によっては同じ種類のお酒でも査定項目が異なるため、業者によって提示してくる買取額が違う可能性があります。

「少しでも高い値段でお酒を買い取ってほしい」と考えている人は、少し手間ですが複数の買取業者に査定を依頼するのはいかがでしょうか。

買取業者によっては無料で査定をしてくれるところや、インターネットで簡単に査定してくれるところがあります。

複数の買取業者に査定依頼をするのは、慣れない人にとっては手間に感じる作業ですが、よりお得にレミーマルタンを現金に替えるためには必要な方法でもあります。

レミーマルタン ルイ13世を売るときのコツ

最高級コニャック レミーマルタン ルイ13世を高く買取してもらう方法!

レミーマルタンルイ13世は世界中から人気を集めている高級酒です。ブランデー好きの人なら一本は必ず家においておきたいお酒ともいえるでしょう。

もしもお持ちのブランデーを直射日光の当たる場所に置いているようでしたら、今すぐに冷暗所に移しましょう。お酒は気温の高い場所で保存すると、変色をしてしまって風味を落とすことがあるからです。

また、大切に保存していてもお酒は徐々に劣化していくものなので、今後も飲む予定がないとのことでしたら、早めに買取に出すのが最も損をしないお酒を売るコツです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ