ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!
ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

高級シャンパンとして知られる「ベルエポック(Belle Époque)」は、美しい花が描かれたボトルが特徴で、贈り物としても人気が高いです。

そのため、結婚祝いや出産祝いで知人から受け取った人もいるのではないでしょうか。

しかし「お酒が飲めない」「シャンパンはあまり好きではない」などの理由から、なかなか開封する機会がないため、売りに出そうか検討している人もいることでしょう。

今回の記事では、ベルエポックが誕生するまでの歴史や種類、また買取市場での相場などに触れていきます。

また後半ではお酒を売る方法や買取に出す際の注意点などについてご紹介します。

ベルエポックについて

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

フルーティーで優雅な味わいが楽しめるベルエポックは、フランスのシャンパーニュ地方にある「ペリエジュエ」というメゾンで誕生しました。

ペリエジュエの歴史は古く、1811年に社名の由来となった夫のピエール・ニコラ・マリー・ペリエ、妻のアデル・ジュエ夫妻が創業した小さな工房からはじまります。

創業当時から品質管理を徹底し、今では常識となっているボトルのヴィンテージ表記を初めて行ったメゾンとしても有名です。

辛口のシャンパンをはじめて醸造したことでも知られており、ヴィクトリア女王やナポレオン3世などもからも愛され、その名はイギリスを中心に知れ渡っていきました。

ペリエジュエの象徴となっているアネモネ(秋明菊)が描かれたボトルは、1902年に当時の社長だったアンリ・ガリスの親友の芸術家エミール・ガレによってデザインされました。

しかし、彼がデザインしたボトルが愛用者の手に渡ることはなく、第一次世界大戦の影響によって永い眠りにつくことなります。

その後、1964年にセラーマスターであるアンドレ・パブレによって発見され、1969年に改良を施されたボトルがベルエポックとして改めて販売されました。

ベルエポックはフルーティーな味わいとボトルのデザイン性が相まって、今では花のシャンパンを意味する「フルール・ド・シャンパーニュ」の愛称で多くの人から好まれています。

ベルエポックの種類

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

1964年に誕生したベルエポックは、白ワインの原料となるシャルドネ種を主体とし気品ある味わいが特徴的です。

ベルエポックでは、用いる材料や熟成期間を変えた様々な種類を展開しています。

ここでは、ペリエジュエがつくるベルエポックの代表的なラインナップをご紹介します。

ベルエポックロゼ

アネモネの絵柄が焼き付けられているピンク色のボトルが印象的な「ベルエポックロゼ」は、希少性の高いシャンパンです。

希少になる理由は、最低でも6年の熟成期間を経て出荷がされるためで、ペリエジュエの拘りが伺える1本です。

シャンパーニュ地方でも最高級のブドウ生産地するとされるグラン・クリュのブドウを100%使用しています。

ラズベリーなどの赤い果実と柑橘系が交じりあった香りと、カシスのような味わいは、ピノ・ノワールという赤ワインがブレンドされているためです。

ベルエポックロゼは熟成する期間によって香り・味わいともに変化することも特徴で、例えば10年以上熟成したロゼは絹のような滑らかな味わいが楽しめます。

ベルエポックブラン

シャルドネ由来の繊細で上品な味わいが楽しめる「ベルエポックブラン」は、ペリエジュエがつくるラインナップの中でも定番のシャンパンです。

透明感のある色合い通り、爽やかな柑橘系の香りが楽しめ、飲み口や味わいにも癖がないため、食前・後だけではなく、食事のお供としても相性のよいシャンパンです。

妥協を許さないペリエジュエがつくるシャンパンは、ブドウが不作になればその年の出荷を断念するほどの拘りようです。

高級シャンパンにはじめて挑戦したいと考えている人に、まずは手にしてもらいたい1本でもあります。

ベルエポックブラン・ド・ブラン

「ベルエポックブラン・ド・ブラン」は、ペリエジュエが醸造するシャンパンの中でも最高峰に位置します。

厳選されたシャルドネを原材料とし、8年以上セラーで熟成された後に市場に出回る、極めて希少性の高いシャンパンです。

イギリスで権威のある「IWSC(インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペンション)」で2017年に金賞に輝き、世界中から注目を浴びました。

フレッシュな味わいを残しながらも、熟成によって醸し出されたハチミツのような芳醇な甘さが絶妙なバランスを演出し、多くの人たちの舌を楽しませています。

シャンパン・ワインで人気の種類

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

今回ご紹介しているベルエポック以外にも、数多くのシャンパンやワインが世界中の人たちを楽しませています。

ここからは、特に人気の高い2種類をご紹介します。

ドンペリニヨン

フランスにあるモエ・エ・シャンドネ社がつくるシャンパンである「ドンペリニヨン」は、日本でも高級なシャンパンとして有名な種類です。

特定の区画から厳選されたブドウだけを使用するうえに、長期の熟成期間を経て出荷されるため、価格が高いのも頷けます。

種類も豊富で、一般的な白をはじめロゼやゴールド、エノテーク(黒)など熟成期間などによって名前も味わいも変わっていきます。

日本では俗に「ドンペリ」と呼ばれていて、何か特別なお祝いごとなどに開けてみたくなる特別なシャンパンです。

アルマンド

フランスのキャティア社がつくる「アルマン・ド・ブリニャック」は、「アルマンド」の愛称で日本でも人気が高い高級シャンパンです。

ボトルの中央に配されているスペードがトレードマークで、2006年の販売以来、世界の評論家やソムリエたちを唸らせた味は一度口にすれば納得することでしょう。

今は数種類がラインナップされていますが、中でも最初にリリースされたアルマンド・ゴールドは格別です。

果実や花を彷彿とさせる香りと、きめ細やかな泡によるクリーミーな口当たりが楽しめます。

ベルエポックの買取方法

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

ベルエポックを買取に出そうか検討している人の中には、どういった売り方が良いのか迷っている人も少なくないでしょう。

特にベルエポックなどの高級なお酒は、売り方が違うだけでも買取価格は大きく変わってきます。

ここからは、ベルエポックの代表的な買取方法として以下の3つをご紹介します。


・リサイクルショップを利用する

・ネットオークション、フリマアプリを利用する

・お酒専門の買取業者に査定を依頼する


それでは、詳しくみていきましょう。

リサイクルショップを利用する

幹線道路沿いや駅前などでよく見かける「リサイクルショップ」の中には、お酒の買取も受け付けている店舗もあり、ベルエポックを売る方法として挙げられます。

リサイクルショップを利用するメリットは、予約なしで所有物を即現金化できることです。

しかし、実店舗型で運営しているところが多く、人件費や店舗のレンタル料などの費用がかかる分、買取額は低くなる場合があります。

ベルエポックをなるべく高い額で売りたいと考えている場合は、リサイクルショップは避けた方が無難な選択といえます。

ネットオークション、フリマアプリを利用する

アカウント登録ができれば誰でも気軽に利用できる「ネットオークション」や「フリマアプリ」も、ベルエポックをはじめとしたお酒を売りに出す方法のひとつです。

業者を介さないため、落札価格や価格設定によっては高額売却も期待できるのが魅力です。

しかし、出品準備から発送まですべて自分自身で行う必要があるため、手間がかかるのがデメリットといえます。

また落札者・購入者がいつ現れるかも分からないため、時間を掛けずにベルエポックを確実にお金に変えたいと考えている人にはおすすめできない方法です。

お酒専門の買取業者に査定を依頼する

「お酒専門の買取業者」はその名の通り、今回ご紹介したベルエポックやドンペリなどの、高級シャンパンなどのお酒を専門的に取り扱っている業者です。

一口にシャンパンといっても種類は幅広く、また種類だけではなく製造年によっても価値が変わってくるため、市場価値に見合った額を見極めるには専門的な知識が必要となってきます。

お酒専門の買取業者なら、ベルエポックの価値を熟知しているため、状態を確認して納得できる価格で確実に買い取ってくれるので安心です。

ベルエポックの買取相場はいくら?

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

ベルエポックは厳選されたブドウを原材料とし、製造方法にも強い拘りがあるシャンパンです。

最高級のシャンパンであることを示す、プレステージに分類されるされているほどです。

買取額は数万円が相場とされていますが、種類やヴィンテージなど様々な条件によって具体的な金額は変わってきます。

例えば、上記でご紹介したベルエポックブラン・ド・ブランの価値は非常に高く、買取市場でも高額で取引がされている逸品です。

ベルエポックを売るならお酒専門の買取業者を利用しよう

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

上記でお酒の買取方法をご紹介しましたが、ベルエポックを売るならお酒専門の買取業者を利用するのが最適です。

ベルエポックの価値は種類の違いだけではなく、販売年数や熟成期間によっても価値が変わってきて、専門的な知識を持っていないとそれらの違いを判別するのは困難なためです。

また、「住んでいる地域の近くに専門業者がない」と困っている人もいることでしょう。

お酒専門の買取業者の中には、買取依頼を全国を対象に受け付けているところも少なくなく、インターネットから気軽に問い合わせることができるのも魅力です。

なかには「出張買取サービス」と呼ばれる、査定員が自宅まで出向いてくれて、その場でお酒の査定から買取まで済ませることができるサービスを展開している業者もいます。

「売りたいお酒が大量にある」「移動が大変」と思っている人には、積極的に利用してもらいたいサービスです。

ベルエポックの買取で気を付けるべきこと

ベルエポック の買取相場は?高く売るためのポイントをご紹介!

ベルエポックなどの特別なお酒は、買取方法だけではなく、実際に売る前に気をつける点が複数あります。

最後にベルエポックを手放す際に気をつけたいことを以下の3つにまとめてご紹介します。


・綺麗な状態にして早めに買取に出す

・付属品も一緒に売る

・複数の買取業者に査定を依頼する


ちょっとした工夫が買取値にも影響してきますので、しっかりと押さえていきましょう。

綺麗な状態にして早めに買取に出す

上品なアネモネが焼き付けられているボトルが特徴的なベルエポックですから、買取に出す前には表面を綺麗にしておきましょう。

ホコリや汚れが綺麗に拭き取られたボトルは、査定員に好印象を与えることができるためです。

またヴィンテージもののシャンパンは希少性が高いため、より高額買取が期待できます。

しかし、シャンパンは品質を維持しながら保存するのが難しく、劣化しやすいのも特徴です。

そのため、専用のセラーを持っていない場合は、なるべく早めに買取に出すのが無難といえます。

付属品も一緒に売る

ベルエポックには販売店や種類によっては箱やグラス、冊子などとセットになっている場合があります。

買取市場では、ボトルだけではなく箱やグラスにも高い需要があるため、揃っていれば高価買取が期待できます。

付属品の有無によっても買取額は変わってきますので、付属品がある場合は忘れずに一緒に売りに出しましょう。

複数の買取業者に査定を依頼する

同じお酒であっても、買取業者によって査定額に違いが出る場合があるため、「少しでも高い額で手放したい」と考えている人は、複数の買取業者に査定をお願いしてみましょう。

業者によって査定額が異なる理由は様々ですが、強みとしている再販ルートが業者によって異なることが例として挙げられます。

安価で手にしやすいビール・焼酎などを得意としている業者もあれば、ベルエポックなどの高級酒に強い業者もいます。

そのため、ホームページなどにベルエポックの買取実績が記載されているか確認するのも、査定を依頼する業者選びの判断材料になります。

複数の買取業者からの査定額を比較して、最も高い額を提示してくれた業者に買い取ってもらうことで、損をせずにベルエポックを手放すことができるでしょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目