ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

着物の布・生地は買取可能?反物の買取相場や高く売るコツ

着物の布・生地は買取可能?反物の買取相場や高く売るコツ
着物の布・生地は買取可能?反物の買取相場や高く売るコツ

当記事でよくある質問

  • Q
  • 自宅を整理していたら反物が出てきました。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 保存状態の良し悪し、産地や作家などによって買取価格が変わります。 一度拝見いたしますので、こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 母からいらなくなった反物を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • 反物は仕立てるときに自由にサイズを決められるため、中古市場でも価値があります。バイセルでは反物の査定実績が多数ございますので買取実績へお進みください。

その他、反物は買取に出せる?高額買取されやすい種類を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

「母や祖母から着物の布や生地を譲り受けたけど処分に困っている」「仕立てる予定のない反物や着物のハギレが和箪笥に眠っている」こんなお悩みをお持ちの方も多いのでは?

不要になった反物や生地は、着物買取業者やリサイクルショップで売れます。

伝統工芸品の上布などであれば、思わぬ高額買取となることも珍しくありません。

着物の反物や生地の買取について、買取相場や高く売るコツをご紹介します。


買取金額20%アップ 買取金額20%アップ

※本キャンペーンは出張買取のみ対象とさせていただきます。※切手、金券、古銭、金・貴金属は対象外となります。※2021年2月28日までのお問合せ。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

着物の布の種類について

着物の布の種類について

着物の生地に使われる布は「反物」と呼ばれ、仕立てるときに余った布は「ハギレ」と呼ばれます。

昔の日本での嫁入り道具は着物だけでなく、親族やご近所さんから反物やハギレも譲り受けて、和箪笥にしまっておくのが一般的でした。

そのため、実家で箪笥の整理をしているときに、反物やハギレなどが見つかる方も多いようです。

着物の種類の数だけ反物にも多くの種類があり、素材は絹・綿・ポリエステルなど様々です。

着物の生地でも買取してもらえます!

着物の生地は買取可能

今でも生地の状態から着物を仕立てたい方は多く、自分のサイズに仕立てられるので、中古の反物の需要はあります。

また、ハギレでも手芸やリメイク素材として人気があるため、反物同様に買い取ってもらえます。

反物やハギレは伝統工芸品や作家物の生地でなくても、着物を扱う買取業者・リサイクルショップ・呉服店などで買い取ってもらえることが多いです。

リサイクルショップよりも着物を扱う買取業者の方が、知識のある査定員が常に対応してくれるため二束三文になる心配を減らせます。

素材によっては買い取れない場合もある

ただし、素材がポリエステル、麻、綿、ハギレなどは、買取相場が低くなったり買取不可になる場合があるので、不安なら査定前に電話かメールで確認することをおすすめします。

バイセルは反物も積極的に買い取っています!

バイセルでは正絹、麻などの反物やハギレを積極的に買い取っています。

反物から着物に仕立てるのには時間がかかりますから、箪笥に眠らせたままにしている方もいるでしょう。

保存状態が良い反物は期待以上に高値になる可能性があるので、不要ならばすぐにでも売ってしまうことをおすすめします。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

着物の布の買取相場について

着物の布の買取相場

反物の生地には、紬・上布・つづれ織り・芭蕉布・羽二重・唐織・お召しなど、実に多様な種類があります。

反物の買取価格は、そこに産地・文様・織元(ブランド)・作家などが加味され、複合的な要素で決定していきます。

そのため、同じ作品でも状態によって値が付くものもあれば、買取不可になってしまうこともあります。

また、人間国宝級の作家による作品であれば、数十万円を超える値がつくことも珍しくありません。

そして、正絹の着物は買取相場が高い傾向があります。

正確な買取金額を知りたいなら専門の買取業者に査定してもらう

正絹の生地をお持ちであれば、一度査定に出してみてもいいかもしれません。

お持ちの反物については、インターネット等で大体の相場を把握できるかと思いますが、正確に価値を知るには専門知識が必要となります。

まずは、着物査定のプロである専門買取業者の査定員に見てもらうことをおすすめします。

着物の布を少しでも高く売るためのコツ

着物の布を少しでも高く売るためのコツ

反物の中には、高額買取となる種類もあります。

反物やハギレをより高く売るためのコツをいくつかご紹介します。

適切な方法で保管する

着物は適切な方法で保管しましょう。

湿気に弱い着物をシミ・カビから守るためには、定期的なお手入れが必要です。

虫干し(陰干し)などで風通しを行なったり、収納の際には防虫剤や防カビ剤を使用するのも有効といえるでしょう。

今以上にお持ちの反物の状態を悪化させ、価値を落としてしまわないように注意しましょう。

クリーニング店の利用は慎重に

シミやカビがある反物を売る前に「クリーニングへ出した方がいいのでは」と考える方は少なくないようです。

しかし、反物をクリーニング店に持ち込むのはよく検討したほうが良いかもしれません。

その理由は3つあります。

1つ目は、そもそも経年の汚れはしつこいことが多く、クリーニング店でも落とせないケースがあるからです。

その場合、査定評価は変わらず、クリーニング代だけがかさんでしまいます。

2つ目は、生地がもつ本来の風合いを損ねてしまうかもしれないからです。

もしクリーニング店を利用するのであれば、和服専門の店舗などに依頼するといいでしょう。

3つ目は、確実に査定額に反映されるかが分からない、という点です。

状態が良ければ再度販売する価値も高まるので、買い取ってくれる可能性も上がりますが、必ずしも査定額が上がるというものではありません。

どのような反物が買取対象になり、高額買取になるのか、さらに詳しく知りたい方はこちらのコラムページをご覧ください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する