ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

着物買取で反物を売却するといくらになる?買取相場や反物買取の利用方法まとめ

反物は買取に出せる?一気に楽して売れる買取方法を紹介

着物買取を行っている業者であれば、反物は買取に出せることがあります。

高額買取されやすい反物の特徴や、おすすめの買取方法についてご紹介します。

反対に買い取られづらい反物についてもお伝えしますので、査定前にご一読ください。


抽選で50名様に買取額と同額を還元 抽選で50名様に買取額と同額を還元

※対象は2020年11月10日までにご成約の方に限ります。※店舗での買取は対象外です。※成約合計金額1万円以上の全ての買取契約を対象に抽選で50名様に買取額と同額を還元します。※1回の当選につき、10万円を還元額の上限とさせて頂きます。※クーリング・オフは対象外です。※当選者の方への当選のご通知をもって発表に代えさせていただきます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

反物の処分はバイセルへお任せください

反物の処分はバイセルへお任せください

反物の処分を検討されている方は、バイセルへお任せください。

バイセルなら、反物をはじめとする着物の査定経験や専門知識が豊富な査定員によって、お持ちの着物の正しい価値を見極めます。

状態の悪い反物や、詳細が分からない反物でも、諦めずにバイセルへご相談ください。

着物を専門に扱う査定員が、お持ちの反物の価値をすぐに判断いたします。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

出張買取なら簡単に反物を査定に出せます

出張買取なら簡単に反物を査定に出せます

反物を買取に出す際は、バイセルの出張買取サービスのご利用がおすすめです。

出張買取とは、査定員がお客様のご自宅まで訪問し、その場で査定・買取させていただくサービスです。

お客様は、買取のために外へ出る必要はなく、便利にご利用いただけます。

特に、反物が1つだけでなく複数ある場合、ご自分で買取店まで運ぶには手間や時間がかかるでしょう。

しかし、出張買取をご利用いただければ反物を用意するだけで、後は家にいながら査定を受けられます。

また、ご自宅にある他の着物も追加で査定に出したい場合は、その場で対応させていただきます。

バイセルの出張買取サービスは、出張料・査定料を無料でお受けしています。

お住まいの地域が出張買取に対応しているかどうか、お気軽にお問い合わせください。

バイセルの出張買取サービスの流れについて、詳しくは以下のページをご覧ください。

高価買取されやすい反物の特徴

高価買取されやすい反物の特徴

反物の中でも、高額買取してもらえるものには、いくつか特徴があります。

高額買取されやすい反物の主な特徴をご紹介するので、お持ちの反物が該当するか確認してみましょう。

素材が正絹

反物の素材には主に、絹・木綿・麻・合成繊維などがあります。

最も高級な素材は絹で、中でも混じり物のない正絹(しょうけん)が高級品とされ、買取額も高くなりやすいです。

絹の重さは「匁(もんめ)」という単位で表し、一匁=3.75gを示します。

匁が大きいほど、絹を多く使っていることを表すため、高級品とされる傾向にあります。

有名作家・産地もの

反物は、有名作家・産地ものであれば、高額買取に繋がりやすいです。

特に、上野為二木村雨山などの、人間国宝に指定されている作家は買取市場でも価値が高いとされています。

一方で産地ものの場合は、国の重要無形文化財に指定された茨城県や栃木県で生産される「結城紬」や、奄美大島を本場生産地とする伝統的工芸品「大島紬」などが価値が高いとされています。

また帯の反物の場合は、京都で生産される「西陣織」や、幕府への献上品とされていた「博多織」などが人気です。

証紙が付属している

作家ものや伝統工芸品の反物には、証紙が付属していることが多いです。

証紙には、その反物の作家・産地・染め方・織り方・素材などが記されています。

査定時に証紙を揃えておけば、本物の作家ものや伝統工芸品であるという証拠にもなり得るため、証紙が無い場合より高額になる可能性があります。

証紙についてさらに詳しく知りたい方は、こちらのコラムをご覧ください。

なるべく早く売る

反物は、なるべく早く売るのがおすすめです。

なぜなら反物の査定評価は、本体の状態が大きく影響するためです。

汚れ・カビ・シミ・虫食いなどが見られる反物は、買取額が下がる傾向にあります。

反物は、防湿・防虫対策をし、たとう紙に包んで保管するのが好ましいでしょう。

しかし、綺麗にしまっておいたとしても、長く保管しておくほど多少の経年劣化は免れません。

「いつかは決めていないが買取を検討している」という方は、これ以上劣化しないように、思い立ったときにすぐ買取に出しましょう。

高く売れる着物の特徴は他にもございますので、詳しい解説が気になる方はこちらのページをご覧ください。

反物とは?

反物とは?

反物とは、着物に仕立てる前の布のことで、巻物のように巻かれているのが一般的です。

大人用の和服1着分の反物は、「一反」と総称され、縦の長さが約12m、横幅が約36cmほどのものが一般的です。

女性用と男性用とでは横幅が異なり、男性用の方が10cmほど長く作られていることがあります。

一方で縦の長さに関しては、女性がおはしょりをつくる分、男女でさほど変わりがありません。

しかし、最近では昔に比べて日本人の平均身長が伸びたことから、規格を変えて作ることもあります。

反物は、場合によっては仕立ててある着物よりも高く売れることがあります。

なぜなら反物であれば未着用品ですし、着物のようにサイズが決まっているものよりも幅広い人が着られるからです。

不要な反物をお持ちであれば、まず買取業者へ査定に出してみることをおすすめします。

生地の切れ端は買い取られづらい

反物の中でも、1着の着物が作れないような短い反物や、小さな生地の切れ端は買い取られづらいです。

他の生地と合わせて仕立てたり、小物を作るなどと、ご自身で活用してみてもいいかもしれませんね。

ただし、手元にある反物が短いかどうか自分で判断しかねる場合は、一度買取業者に相談してみると良いでしょう。


 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料