ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【沖縄着物買取】買取相場・買取価格が高い琉球織物の特徴


沖縄で着物を買取に出すならどんな業者?事前に知っておくべきポイントもご紹介

沖縄県といえば、目を見張るような鮮やかな色彩が特徴の、伝統的な染色技法「紅型(びんがた)」が有名です。

沖縄県内には紅型の染め着物をはじめ様々な着物を所有し、それらを買取に出したいと考えている人も多くいると思います。

ここでは、「沖縄で着物の持ち込み買取が可能な店舗は?」「一番お得な着物の売り方は?」などの悩みに答えるため、沖縄での賢明な着物の買取方法について解説していきます。

沖縄県の着物持ち込み買取対応店は南部に多い

不要となった着物を買い取ってもらいたいと思った時、最初に思い浮かべるのは総合リサイクルショップへの買取依頼ではないでしょうか。

家具・CD・おもちゃなど、様々な種類の商品を扱うリサイクルショップは、最近の中古着物の需要増加もあって、着物の持ち込み買取に対応してくれることが多いです。

沖縄県内の場合、着物の持ち込み買取に対応してくれるリサイクルショップなどの実店舗は10店舗以上存在するようです。

そのほとんどが沖縄市より南に散在していますが、糸満市まで南下すると減少していくような分布になっています。

沖縄本島北部や離島住まいの人は、近隣に店舗が存在する可能性が低く、持ち込み買取はかなり困難な着物の売却方法だと思われます。

近隣にリサイクルショップなど中古品売買を行う店舗がある人は、買取を検討している着物を持って店舗を訪ねる前に、ウェブサイトや電話で着物買取に対応しているかどうか確認しておきましょう。

持ち込み買取のメリットとデメリット

持ち込み買取のメリットとデメリット

着物を持って店舗を訪れるだけ、という簡単さが持ち込み買取の良い点ですよね。

しかし、持ち込み買取はメリットばかりの買取方法ではありません。

以下、メリットとデメリットをそれぞれ検証していきましょう。

メリット

持ち込み買取は店舗に着物を持って行くと、その場で査定金額を出してもらえるので、買取までの流れが迅速な点が便利です。

自分でインターネットであれこれ調べたりする必要もなく、気をつけることと言えば「持ち運びの際に折り目がついたり破けないよう留意する」といった程度でしょう。

大抵の場合、査定は1時間以内で完了するので、その間に買取店舗内でおもちゃ・DVD・楽器などの多種多様なリサイクルショップの商品を見て回ることもできます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

デメリット

沖縄にリサイクルショップの実店舗は多いとは言えず、近隣に店舗があるとしても大抵の場合は1店舗ほどではないでしょうか。

買取金額の見積もりは1店舗だけだと、その提示価格が持ち込んだ着物の価値に見合った妥当な値段なのかどうかが分からないので、買取を依頼するか否かを判断するのは難しいです。

さらに、リサイクルショップは着物の買取をメインに取り扱っているわけではないので、場合によっては「未だに1枚も着物の査定をしたことがない」というスタッフがいる可能性も高いです。

それ故、リサイクルショップなどのスタッフは着物の専門知識も査定経験も有しておらず、信頼に足る買取額が算出される可能性は非常に低くなります。

近隣に店舗がある人もない人も「着物専門の買取業者」利用がオススメ!

近隣に店舗がある人もない人も「着物専門の買取業者」利用がオススメ!

着物専門の買取業者であれば専門知識と豊富な査定経験に基づいて、お持ちの着物本来の価値に近い買取額を算出できます。

着物の専門知識と豊富な査定経験を有するスタッフですから、査定結果と提示される買取額は信頼性が高いものです。

沖縄県内のどこに居住していても、売却したい着物が大事なものであるほど「着物専門の買取業者」への買取依頼をオススメします。

ここで「着物専門の業者も買取店舗を構えてない離島に住んでいる場合は、諦めるしかないの?」と思った人も多いでしょう。

実は、着物専門の買取業者が実施している買取方法は、持ち込み買取に限りません。

以下では、その他の便利な買取方法について紹介していきます。

出張買取

出張買取は、着物専門の買取業者の査定スタッフが自宅を訪問し、その場で査定と買取額の算出から買取までを行うサービスです。

また、出張買取と併せて「無料査定サービス」を実施している業者も、多くあります。

出張買取を利用すれば、利用者による梱包や自動車の運転、運搬などの手間がかからないため、ほとんど負担がありません。

宅配買取

出張買取の対応地域はかなりの広範囲にわたりますが、一部の離島や山岳地帯の村落などには対応していないこともあるため、宅配買取の利用をオススメします。

宅配買取では、業者から段ボール・梱包材・緩衝材など売りたい着物を発送するための用具一式が送られてきます。

利用者は説明通りに着物を梱包し、業者へ返送するだけで作業完了です。

宅配買取は、出張買取よりはやや手間が掛かりますが「自宅に見知らぬ他人を招き入れたくない」「夜遅い時間しか空いていないから、出張してもらうことができない」といった人もいるため、出張買取の対象地域かどうかは関係なく多くの人々に活用されています。

バイセルの出張エリア

バイセルでは、沖縄本島の大部分に加えて一部の離島にも出張買取対応を致します。

以下、沖縄県内の出張買取の対応可能エリアです。

※居住地が出張買取の対象外であるという場合には、ぜひ宅配買取の利用を検討してください。

沖縄県内(市)

那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市

沖縄県内(郡)

国頭郡国頭村、国頭郡大宜味村、国頭郡東村、国頭郡今帰仁村、国頭郡本部町、国頭郡恩納村、国頭郡宜野座村、国頭郡金武町、国頭郡伊江村、中頭郡読谷村、中頭郡嘉手納町、中頭郡北谷町、中頭郡北中城村、中頭郡中城村、中頭郡西原町、島尻郡与那原町、島尻郡南風原町、島尻郡渡嘉敷村、島尻郡座間味村、島尻郡粟国村、島尻郡渡名喜村、島尻郡南大東村、島尻郡北大東村、島尻郡伊平屋村、島尻郡伊是名村、島尻郡久米島町、島尻郡八重瀬町、宮古郡多良間村、八重山郡竹富町

満足できる買取にするために

満足できる買取にするために

沖縄県での着物買取の対応店舗として、リサイクルショップが南部に集中していますが、本島以外の離島では珍しい存在です。

「近くに中古の着物を買ってくれるようなお店はないし、もう着ないけど箪笥にしまっておこう」などと諦めずに、出張買取や宅配買取をうまく活用しましょう。

業界NO.1のバイセルの出張買取は、どこに住んでいても、着物の高額買取の条件は同じです。バイセルは販売力が強いため、地元のリサイクル店のように買い取った着物をいったん業者に卸すという工程を踏まずに、直接百貨店やインターネットで販売ができます。卸値での買取ではないため、他社よりも高い買取になります。

沖縄でバイセルのような着物の専門的な知識のある買取専門業者は少数です。バイセルでは自宅にいながら無料で査定しております。多くの方にご満足いただいております。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

沖縄着物とは

沖縄は江戸時代までは「琉球」と呼ばれ(諸説あります)、当時、東南アジアや中国などと交易があったことから、現地から染色の技法を学び、取り入れたことで、琉球織物(沖縄着物)の基礎が出来上がったといわれています。

沖縄の着物には、日本伝統の着物とは異なる沖縄独特の色彩や織りなどに特徴があり、やはりアジアの影響を受けた独特な雰囲気が強く感じられます。

沖縄着物(琉球織物)には様々な種類が含まれますが、「琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)」と「読谷山花織(よみたんざんはなおり)」などは特に有名です。

そんな長い歴史のある沖縄の着物についての着物買取における価値が気になるところですが、高価買取される品がたくさんあります。

これは歴史的価値はもちろんのこと、沖縄という土地柄が大きく関係し、他の地域の着物とは異なる独自の発展を遂げたのが大きな要因といえます。

ここではそんな沖縄着物(琉球織物)を買取と相場に迫ってみたいと思います。

琉球紅型は
沖縄着物(琉球織物)の代名詞

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)は14世紀から15世紀の中国や東南アジアとの交易によって中国、インド、ジャワの技法が沖縄に伝わり、琉球、首里、浦添を中心に女性の礼装等として摺込みの手法で染められたのが起源とされています。

中国の福建市場では東洋花布と呼ばれ貴重な交易品とされ、紅型の華麗さや洗練された芸術性は現代に受け継がれています。

紅型の「紅」は色全般を指し、「型」は様々な模様を指しています。一般的な染物は染料を使用するのに対して、紅型は主に顔料で色づけをします。

顔料は染料に比べて染まりにくいものの、発色がよくビビッドでカラフルな風合いになり、太陽光による色あせにも非常に強いという特徴をもっています。

昔から紅型の代表的な色である黄色は、高貴な色とされ、着用できるのは王族のみと決まっていましたが、それは、明るい黄色を皇帝の色と定めていた中国の影響を受けているようです。

また、模様は鳳凰や龍、雪輪、鶴など中国や本土からの影響うけたものが多く、デイゴ、海、魚などの沖縄独特の新しい文様も誕生しています。

琉球紅型の有名作家としては、紅型で初めて人間国宝に認定された玉那覇有公(たまなはゆうこう)のほか、近現代の紅型の名匠と称される城間栄喜(しろまえいき)、またその長男の城間栄順(しろまえいじゅん)などがおります。

これらの有名作家の和服や帯などは大変貴重なものであり、高額で買取りされる場合もありますので、是非一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

沖縄着物の種類

沖縄着物で有名なものには下記一覧のものなどがあります。

         
沖縄着物の種類
久米島紬久米島紬は、蚕(かいこ)から取った絹真綿を紡いだ糸を原料にしています。
全ての作業を手技、手織りにて、草木やテカチにグールー、琉球柿等で染色し、地色が渋いため、帯を変えれば親子2代~3代でも着ることのできる着物です。
さらに夏久米島織というものも存在しています。紡ぎ糸のしなやかさと植物染料と泥染めがかもし出す深いこげ茶色が、この着物を着た人の肌の色を白く引き立たせます。
宮古上布宮古上布は麻織物で、特徴として糸は細く絣(かすり)模様は非常に細かいです。
織り上げた布はロウに似た滑らかさで通気性に優れ、三代物と言われるほど丈夫で長持ちする着物として有名です。
宮古上布の作成には、苧麻(ちょま)という種類の麻の表皮から繊維を取り出し、糸を紡(つむ)ぎ、糸車で撚(よ)りをかけます。
その後、染めは琉球藍で行い2~3ヶ月を費やして織り上げるという手間をかけて作成されます。
作家物の宮古上布で状態も良ければ、高値で買取される可能性もあります。
読谷山花織読谷山花織は、可憐で細やかな花模様を色糸で浮かせ、そこに絣の印象をあしらった南国の雰囲気があふれる織物です。
その模様には、綜絖花(そうこうはな)、手花(てばな)、絣(かすり)などがあります。
反物では綜絖花と絣、帯地と手巾(ていさじ)では綜絖花と手花と絣など、商品に合わせて組み合わせが変化します。
読谷山花織の絣糸は手括(くく)りです。染料には琉球藍、シャリンバイ、フクギ、サルトリイバラ、シブキ等の植物染料を使用します。
読谷山花織の製織は、機仕かけをした地経糸と経絣糸に花綜絖をかけ、高機(たかはた)で行います。
芭蕉布芭蕉布はさらっとした肌ざわりが特徴の生地で、涼しげな肌当たりの良さが沖縄の夏の浴衣という雰囲気です。
繊維の特徴として軽いわりに堅く頑丈で、風通しが良いです。綿芭蕉の生地の芭蕉布は価値の高い絹織としても知られ重要無形文化財に指定されています。
芭蕉布は糸芭蕉の繊維から糸を取って作り、麻より軽く張りがあり通気性の良い生地です。
アメリカ統治の時代に一度生産されなかった時期がありましたが、戦後に復興されました。

読谷山花織は
一度歴史が途絶えた「幻の花織」

読谷山花織(よみたんざんはなおり)は沖縄の読谷・与那国島・竹富島の織物のことをいいます。

読谷山花織は経糸と緯糸を複雑に組み合わせて模様を織り出す紋織物の一種です。

15世紀頃に交易していた中国や東南アジア諸国から絣や浮織の技法が伝来し、その技術を元に読谷山花織として現代まで受け継がれてきたのです。

しかしながら、この技術も明治の中頃から衰退し、第二次世界大戦後は記憶から忘れ去られ、「幻の花織」になっていました。

1964年、読谷村の有志によって約90年ぶりに「幻の花織」が復活し、約600年の歴史を誇る読谷山花織が甦りました。

はじめは愛好会からでしたが、読谷山花織事業協同組合の組織へと発展し、現在では沖縄県指定無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品として、全国に多く知られるようになりました。

読谷山花織は絹糸や綿糸で、染料は福木(ふくぎ)、車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いています。

模様を表すのに花綜絖(はなそうこう)を用いる「経浮花織」「緯浮花織」と「手花織」があります。

経浮花織・経浮花織は布幅の経糸方向又は緯糸方向に色糸を用いて模様を織ります。手花織は、竹べらを使い手で色糸を縫い取るように模様を構成して織ります。

読谷山ミンサーは「グーシ花織」とも呼ばれ、綿糸を用いた細帯で、模様を表すのに紋棒又は花綜絖を用いて織ります。

読谷山花織の大きな特徴として色糸で浮き出す幾何学模様は花のように美しく、図柄には立体感が出ています。

このような織り方で作られる読谷山花織の帯や和服は平面的な生地に浮き出させて柄を織り上げる技法で細やかな刺繍のようにも見える繊細さが特徴です。

沖縄県内で4人目となる重要無形文化財「読谷山花織」保持者として読谷山花織に多大な影響を与えた与那嶺貞の和服や帯は現在では貴重となっており、高額の買取りが期待できる花織の1つです。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

バイセルが選ばれる4つの理由

  • スピード対応

    スピード対応

  • 手数料無料

    手数料無料

  • 安心・安全への取り組み

    安心・安全への取り組み

  • 全国対応

    全国対応

選べる3つの買取方法

  • 品物持ち運びの手間なし!

    出張買取

    出張買取

    ・全国対応、出張料、査定料無料
    ・当日、品物を追加してもOK
    ・その場で現金お支払い

  • 忙しい方にピッタリ!

    宅配買取

    宅配買取

    ・査定用キットを無料送付
    ・送料、査定料、振込手数料無料
    ・買取代金は最短で即日お振込

  • その場で査定・即現金化!

    持込買取

    持込買取

    ・査定員が家に来るのは不安な方
    ・その場で現金お支払い
    ・完全予約制でプライバシー重視

※買取方法に関しては、ご希望に添えない場合もございますので、まずはオペレーターへお問い合わせください。

※宅配買取で返送をご希望の場合、着払い(お客様負担)での対応となりますので、予めご了承ください。

※古銭買取は法令により宅配での買取は対応いたしかねます。

出張買取の流れと買取エリア

出張買取の流れは簡単3ステップ

  • お問い合わせ

    STEP.1

    お問い合わせ

    まずは、電話かメールで
    簡単申込み!

  • 査定

    STEP.2

    査定

    お品物を査定。
    結果はその場でご報告いたします。

  • 現金即払い

    STEP.3

    現金即払い

    査定結果にご納得いただけたら
    その場で現金受け取り!

※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。

※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

※未成年者からの買取はできません。

※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

沖縄着物の買取相場について

沖縄着物は、伝統工芸品が多いことや、それぞれの品の多くが稀少価値が高いということがあり、着物によっては買取相場が高いものも存在します。

さらにこういった伝統工芸品としての要素に加えて、作家物というポイントも加わった場合、買取価格は総じて高くなる場合があります。

着物の買取価格は、価値という面も加味されますが、沖縄の着物は独自の技術が多く見られ、その点も反映されているといって良いでしょう。

沖縄着物(琉球織物)の買取において、前項で挙げた琉球紅型と読谷山花織は稀少性がありますが、他にも久米島紬や琉球絣、首里花織といった品も価値がある=高価買取になる可能性はとても高いのです。

ここで注意したいのは、なんといっても着物の価値を左右する着物の状態です。

どんなに良い品や逸品に該当する着物や帯であっても、シミや汚れなどダメージが感じられる場合ですと、一気に価値が下がり、高価買取を望むのがきわめて困難になってしまいます。

加えて伝統工芸品ならば証紙があるか、作家物ならどんな作家なのか、というところも押さえておきましょう。

自身で価値を把握するのが困難ならば、着物買取業者に価値を見極めてもらうのが手間もかからず良い方法と言えるでしょう。

沖縄着物関連記事

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料