ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

着物を買取に出す前に押さえておきたい「着物の買取相場」


着物を買取に出す前に押さえておきたい「着物の買取相場」

「着物を買取に出す」といっても、「着物や帯の買取相場はいくらなのか」「どんな着物だと高く売れるのか」「どの業者を利用すると高額で買い取ってもらえるのか」など、疑問が尽きません。

例えば、高級着物として有名な「大島紬」の価値を知ろうと思っても、種類が数多くあるため、熟練した着物の査定技術が必要となります。

この記事ではそのような悩みを解決できるように『一般的な着物の買取相場』や『お得に着物を買い取ってもらう方法』などを紹介します。

着物を買取に出そうとお考えの方は、是非ご一読ください。きっとお役に立ちます。


抽選で50名様に買取額2倍 抽選で50名様に買取額2倍

※対象は2020年10月10日までにご成約の方に限ります。※店舗での買取は対象外です。※期間中の成約合計金額1万円以上の全ての買取契約を対象に抽選を行い、抽選で50名様に買取価格と同額を還元します。※1回の当選につき、10万円を還元額の上限とさせて頂きます。※クーリング・オフされた方は対象外です。※当選者の方への当選のご通知をもって発表に代えさせていただきます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

着物の買取相場はどれくらい?

着物の買取相場と買取価格の目安

買取額が高額になりやすい着物は、以下が代表格として挙げられます。

  • 作家物(有名作家物・人間国宝など)
  • 留袖(色留袖・黒留袖など)
  • 振袖
  • 友禅(京友禅・加賀友禅・東京友禅・十日町友禅など)
  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 紬(大島紬・結城紬・黄八丈紬・塩沢紬・牛首紬など)
  • 小紋
  • 色無地

ただし、着物の保存状態によってはお値段がつかない場合があるためご注意ください。

上記した着物のうち、特に買取相場が高いとされるものをご紹介します。

         
着物画像染着物の種類(有名作家物の場合)買取相場(※)
訪問着訪問着~200,000円
加賀友禅加賀友禅~180,000円
京友禅京友禅~150,000円
記載外の友禅記載外の友禅~200,000円
振袖振袖~140,000円
小紋小紋~100,000円
付け下げ付け下げ~80,000円
黒留袖黒留袖~70,000円
色留袖色留袖~70,000円
色無地色無地~20,000円

訪問着や振袖は、結婚式・七五三・成人式・卒業式など着る機会が多く、需要が高いため高価買取が期待できます。

また、友禅は華やかで美しい模様が目を引きますので、着物の種類の中でも特に人気があります。

着物の販売市場での需要の高さが相場を左右するため、着用シーンが多かったり、デザイン性の高い着物は高額で買取りされやすいと言えます。

上記の表に記載がない着物も保存状態や種類によっては高額で買取りしています。


※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※丈が短い着物は丈が長い着物に比べて買取価格が安い傾向があります。
※色や加工によっても買取価格は大きく異なります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取価格が安くなります。

バイセルでは出張料・査定料・キャンセル料等を一切いただいておりません。

「どんな着物か見分けがつかない」「有名作家のものではないけど、買い取ってもらえるのかしら?」どんなお悩みでも、遠慮なくご相談いただけます。24時間通話料無料です。

お持ちの着物の価値が知りたい方、まずはお気軽にバイセルまでお電話ください!

 
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
24時間受付中・土日祝もOK!携帯・スマホからも通話料無料

有名産地で作られた着物も買取額が高額な傾向にあります。

有名産地の中でも特に買取相場が高い着物を以下にまとめました。

         
着物画像織着物の種類買取相場(※)
大島紬大島紬~200,000円
黄八丈黄八丈~180,000円
郡上紬郡上紬~150,000円
芭蕉布芭蕉布~150,000円
記載外の織着物記載外の織着物~150,000円
久留米絣久留米絣~130,000円
結城紬結城紬~100,000円
綾の手紬綾の手紬~100,000円
宮古上布宮古上布~100,000円
越後上布越後上布~90,000円
久米島紬久米島紬~80,000円
科布(しなふ)科布(しなふ)~60,000円
藤布(ふじふ)藤布(ふじふ)~60,000円
紅花紬紅花紬~60,000円
牛首紬牛首紬~35,000円
塩沢紬塩沢紬~20,000円
伊那紬伊那紬~20,000円
能登上布能登上布~15,000円

有名産地の着物の中でも、特に伝統工芸品に指定されている本場大島紬は、高価買取が期待できるものとして名高いです。

着物の生産者の数や原材料の収穫量が減少しているものは、希少性が高いため需要があり、買取額も高くなります。

また、紬の他にも絣や上布の着物も人気があり、高い買取額が望めます。


※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※丈が短い織着物は、丈が長いものと比べて買取額が安くなります。
※色や加工にもよって買取相場が大きく異なります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場が安くなります。

着物の種類に関する特設ページがございます。宜しければご覧下さい。

バイセルでは有名作家や産地の着物はもちろん、ブランド品ではない着物も査定対象としております。

「買取額がつくか分からない着物がある」「売りたい着物の数が多くて把握しきれない」という場合でも、しっかり査定いたします。

お持ちの着物に、思わぬ高い買取額がつくかもしれませんので、是非とも査定をご依頼ください!

 
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
24時間受付中・土日祝もOK!携帯・スマホからも通話料無料

帯・和装小物の買取相場は?

帯の買取相場と和装小物の買取相場

帯の中でも、特に名古屋帯や袋帯は着物市場で需要があるので、保存状態が良ければ買取額が付きやすいです。

さらに、着物と同様に作家ものや伝統工芸品であれば、買取相場も高い傾向にあるといえます。

ただし、丸帯や半幅帯などは他の帯と比べて需要が低いため、やや買取額が低い傾向が見受けられます。

和装小物は着物や帯に比べて買取額が付きづらいものの、老舗呉服屋のバッグや草履、帯締めや帯留めなどは需要のあるため、買取してもらいやすいでしょう。

         
着物画像帯・上着・和装小物の種類(有名作家物の場合)買取相場(※)
名古屋帯名古屋帯~120,000円
袋帯袋帯~200,000円
丸帯丸帯~50,000円
半幅帯半幅帯~20,000円
角帯角帯~40,000円
羽織羽織~30,000円
道行道行~15,000円
道中着道中着~60,000円
和装小物和装小物~12,000円

名古屋帯は身内でのパーティーやお茶会などのカジュアルな場で、袋帯は結婚式などフォーマルな場で着用することが多いです。

どちらも着用機会が多く、着物市場での需要が見込めるため、高めの買取額がつきやすいと言えるでしょう。

角帯や羽織などでも保存状態が極端に良く、有名作家の作品であればければ、表に記載しているものよりも高い価格で買い取ってもらえる可能性はあります。


※帯や小物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く帯や小物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※帯の長さが短いものは買取相場に影響します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。

下記より主要な帯の種類と和装小物に関しての紹介ページがございますのでご覧下さい。

上記の表にある帯の買取相場は、ほんの一例に過ぎません。

もしかしたらブランドや保存状態もしくは季節需要により、お持ちの帯が上記で示した表よりも高い金額で買い取ってもらえる可能性は充分にあります。

バイセルでは、「実際の買取額がいくらになるか知りたい」「買取に出すかは金額を聞いてから考えたい」という方のために、帯や和装小物の査定だけでも受け付けています。

まずは査定だけでも依頼してみてはいかがでしょうか。

 
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
24時間受付中・土日祝もOK!携帯・スマホからも通話料無料

高額買取が期待できる着物の条件は?

高額査定が期待できる着物の条件

自分で大金を出して購入した着物にしろ、家族や知り合いから譲り受けた着物にしろ、せっかく買取に出すなら少しでも高い金額で買い取ってもらいたいですよね。

着物を高額で買い取ってもらうための条件には、どんなものがあるのかをご紹介します。

新品/未使用品の着物

着物に限ったことではないですが、せっかく自分が着用するのであれば、一度誰かが着たものよりも新品が着たいですよね。

着物市場でも同様に「中古品で、シミや汚れがあるもの」よりも「新品」や「一切シミなどがない未使用品」の方が需要が高いです。

そのため、中古品に比べると、新品や未使用の着物は査定時に買取額が高くなりやすいです。

一度も袖を通したことがない着物があれば、是非とも買取に出しましょう。

絹・麻・綿の着物

高級な着物には絹・麻・綿といった天然素材が用いられていることが多く、見た目の美しさや着心地の良さから人気が高いです。

特に絹の中でも正絹(原材料が絹100%)と呼ばれるものは着物の素材の中でも最高級品とされるので、高価買取が充分に期待できます。

ただし、絹・麻・綿の着物は天然素材で作られているためカビやシミなどが発生しやすく、買取に出した時には保存状態が悪くなっていた、ということは少なからずあり得ます。

保存状態を今以上に悪くしないためにも、絹・麻・綿の着物をお持ちであれば早めに買取に出しましょう。

有名作家・産地の着物

着物の中でも有名な作家が手掛けたものや、有名産地で生産されたものは、知名度があり人気が高いので買取額も高くなりやすいです。

中でも人間国宝に指定された作家や、伝統工芸品に指定された産地の着物は希少性が高く、さらに高額での買取してもらえる可能性があります。

もちろん有名作家・産地のものであれば、着物の他にも帯・羽織などの和装小物でも高価買取が期待できるでしょう。

ちなみに、有名作家・産地の着物には落款証紙がついているケースが多いので、これらの有無は査定に出す前に確認しておくことをおすすめします。

着物の買取価格を下げてしまうポイントとは?

着物の買取価格を下げてしまうマイナスポイントとは?

いくら正絹でできている有名作家が手掛けた新品の着物といえど、シワ・汚れ・カビなどが目立っていると低額での買取になりやすいです。

着物は生産されてから毎日少しずつ経年劣化しており、「今」が最も高額で買取されやすいと考えておきましょう。

また、ウールやポリエステルといった素材でできた大量生産品は、元々の販売価格が安いために買取額も低くなりがちです。

買取業者によってはウールやポリエステル製の着物や帯は査定対象外としているので、買取に出す際は事前に業者に相談しておきましょう。

さらに、落款が擦れて消えていたり証紙がなかったりすると、着物を本物だと証明するものが無くなってしまうので、買取額が低下する原因になります。

着物を高額で売るためのコツ

着物買取でより高く着物を売るコツ

着物を買取に出す際に、少しでも高額で売るためのコツをご紹介します。

以下のポイントを押さえておけば、想像していたよりも高い金額で着物が売れるかもしれません。

是非とも確認し、実践してみましょう。

着物を売るなら、着物専門の買取業者を利用しましょう

着物専門を看板に掲げているので、所属している査定員は着物についての専門知識が豊富で、着物に特化した査定技術もしっかり身についています。

ですから、「素材は何か」「作家は誰か・産地はどこか」など、着物独自の査定ポイントを抑えたうえで買取額を提示してくれます。

「着物を損せずに、少しでも高い額で売りたい」とお考えであれば、是非とも着物専門の買取業者を利用しましょう。

リサイクルショップやオークションサイトの利用は控える

着物はリサイクルショップやオークションサイトなどでも売れる可能性は充分にあります。

しかし、リサイクルショップの店員が着物に特化した査定技術がある保証はないでしょう。

さらに、店舗によっては着物に用いられている素材や証紙の有無にかかわらず、重さだけで査定額を算出される場合もあります。

また、オークションサイトでは着物の写真を撮る・説明文を作成する・落札額を決めるなどの軽作業が必要です。

「いつまで経っても落札者から入金されない」「送料の計算をしなければならない」といった、細かな手続きが多いうえにトラブルに巻き込まる恐れもあります。

利用するにはデメリットが数多く挙げられるので、リサイクルショップやオークションサイトの利用は控えた方が良いでしょう。

証紙は必ず査定員に提示する

証紙には作家名または産地、原材料名や染色方法などが記されている、「着物の身分証明書」のようなものです。

着物の知識がある査定員が証紙を見せれば、その着物にどれほどの価値があるかを分かってもらえるため、買取額の低下を食い止める効果が期待できます。

ところが、証紙は着物の製造途中で生まれた生地の切れ端に貼られていることが多いため、「ただの布切れだろう」と考えてしまう人が多く、捨てられる場合もあります。

もし証紙がまだ手元に残っていたら、必ず着物と一緒に査定員に見せましょう。

また、「証紙がないから」という理由だけで着物の査定を断れることは滅多にないので、まずは買取業者に相談することをおすすめします。

和装小物は着物と一緒に売る

帯留め・下駄・羽織・かんざしなどの和装小物も不要であれば、着物と一緒に買取に出しましょう。

着物や帯は和装小物に比べると市場での需要が高いため、買取相場も高くなりやすいです。

しかし和装小物は着物・帯よりも人気が低いため、どれほど有名ブランドの商品で保存状態が良くても、数百円~数千円ほどの査定額にしかならないケースが多いです。

「下駄だけ」「羽織だけ」と単体で買取に出すよりも、着物や帯とセットで査定に出した方が買取額がつきやすく、また単体時よりも割高な金額で買い取ってもらいやすいでしょう。

着物を売るタイミングで、和装小物もまとめて売ることをがおすすめです。

おまけ:着物の丈も買取額に影響する

「着物を高額で売るためのコツ」に当てはまらないので番外編として紹介しますが、着物の丈の長さも買取額に影響します。

日本人女性の平均身長は約160cmなので、着物の首元から裾までの長さが160cm以上あると誰でも着やすく人気があります。

ですが、着物の長さが160cm未満ですと次に着用する人の身長に制限が出るので、需要がなく買取額が低くなりやすいです。

また、丈や袖の長さをつぎ足したものは買取価格が下がりやすいので、買取に出す前に着物全体の長さを測っておくと良いかもしれませんね。


 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料