24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

着物の保管はどうすれば良い?衣装ケースでできる収納・保管方法とは

着物の保管はどうすれば良い?衣装ケースでできる収納・保管方法とは
着物の保管はどうすれば良い?衣装ケースでできる収納・保管方法とは

お持ちの着物を、正しく保管できていますか? 特別な日の衣装やおしゃれ着として使われることが多い着物ですが、いざ着ようというときにカビや虫食い跡があったのでは、せっかくのハレの日が台無しです。

原宿の古着屋で中古着物を取り扱うお店もあったり、近年は若い世代の着物人気も高まってきています。しかし、着物の収納や保管の方法については十分に知られていないというのが現状ではないでしょうか。

着物は保管に気を使わなければならない繊細な衣類です。正しい方法で保管をしなければシミやカビの発生など、状態が悪化してしまう恐れがあります。

一般的に、着物の保管と言えば、桐たんすというイメージを持っている方が多いでしょう。桐たんすでの着物の保管は、どのような点がメリットなのでしょうか。 また、桐たんすを持っていない場合、衣装ケース等では着物を良い状態で保管することはできないのでしょうか?

この記事では桐たんす以外の衣装ケースなどを使ってもできる、着物のおすすめの収納・保管方法についてご紹介します。

なぜ桐たんすは着物の保管に適している?

そもそも桐たんすは着物の保管にとって何が良いの? 着物の保管には衣装ケース等よりも桐たんすが良いと言われます。 が、なぜ桐たんすで着物を保管したほうがいいのでしょうか。 着物の保管に桐たんすを利用することのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
・素材の桐が湿気を吸ってくれる
・虫がつきにくく燃えにくい

デメリット
・場所を取るため設置できるスペースが限られる

それでは、桐たんすを利用するメリットと、デメリットを改善した省スペースで利用できる桐たんすの種類について、見ていきましょう。

素材の桐が湿気を吸ってくれる

着物の保管に桐たんすが適していると言われる理由の一つは、桐たんすの素材である桐が着物の大敵である湿気を吸ってくれるからです。

絹できた着物は、湿気に対して非常に弱いという性質があります。 湿気の多い場所に保管しておくとカビや虫食いの原因になってしまいます。

桐が湿気を吸うことで、湿気が着物に溜まってカビや虫食いの原因になることを防いでくれるのです。

また、桐は湿気を吸うと膨張する性質があります。 湿度の高い日は桐が湿気を吸って膨張し、外の湿気を含んだ空気がたんすの中に入ることを防いでくれるのです。

反対に、湿度が低い日には、湿気を吐き出して収縮します。 これによって桐たんすの段と段の間に隙間ができ、たんすの中に乾いた空気を通すことができるのです。

こうした桐の持つ湿度に対する性質のおかげで、着物は余分な湿気を吸うことがなく、適切な湿度で保管ができます。

虫がつきにくく燃えにくい

桐には、虫がつきにくく燃えにくい特徴があります。 湿度の調整機能に加えて虫がつきにくい性質があるため、桐は虫食い予防に最も優れた素材であると言えるでしょう。

桐のたんすが燃えにくいという点は、火事の際に着物を守るために重要です。

狭い部屋に置けるサイズの桐たんすも存在する

桐たんすは、周囲の環境に合わせて湿度や風通しが調節できます。言い換えれば、状況によらずに着物にとって快適な環境を自ら作り出し、維持できるということです。

陽の射しづらいマンション住まいだから、湿度が上がりがちで困っているという方も「でもマンションに桐箪笥なんて置けるスペースないし無理…」と諦めていませんか。

実は桐たんすにも最近は小型の物や薄型のものがあるんです。置き場所を取らない、ダンボール箱程度のサイズの桐たんす(桐箱)であれば、マンションやアパートでも設置可能です。

天袋に着物を保管するなら、薄い桐箱がオススメ

古い住居には「天袋」という、天井付近に広い収納スペースがあることが多いです。 天袋は、天井近くという非常に高いところに位置することもあって、頻繁には使わないものを収納しておく為に使用されます。雛人形や、端午の節句の鎧兜など、年に一度の行事にのみ需要があるようなものです。

人によっては着物も、七五三の衣装なども、滅多に使用しない部類の物品です。着物を天袋にしまっておくのは日常生活の邪魔にもならず利便性が高いのですが、天袋は熱気も湿気もこもりがちで日光も入りません。

しかし最近では、桐製の天袋用収納ケースといった、天袋の形状に合わせて設計された桐箱も販売されています。桐製のケースにしまって手袋に収納しておけば、必要なときだけ取り出せば良く、着物のコンディションも良いままに保存されるでしょう。

衣装ケースを使って着物を保管する方法は?

衣装ケースを使って着物を保管する方法は?

桐たんすは着物の保管に適していますが、デメリットは値段が高いことでしょう。 「着物の保管に適しているなら桐たんすを買ってみよう」といっても、気軽に買えるものではありません。

そのため、ホームセンター等で買うことが出来る安価なプラスチック製・布製の衣装ケースに着物を収納するというのが、現実的には多いのではないでしょうか。

では、桐たんす無しで着物を良い状態に保ったまま保管するには、どのような方法があるでしょうか?

衣装ケースに収納しながら桐たんすのメリットである「湿気対策」と「防虫効果」を得るにはどうすれば良いか、方法を以下にご紹介します。

着物を着用したら収納前に陰干しする

脱いだ直後の着物や帯は、汗や外の湿気、着用していた人間の体温などを吸い込んでいます。

着物をこのまま衣装ケースに収納するとカビや虫食いの原因となりますし、熱がこもり温度が高いままだと湿気の原因となります。 陰干しして、よく風を通して温度を下げてから衣装ケースに収納するようにしましょう。

着物を直射日光に当てると変色の原因になってしまう可能性があるため、風通しの良い室内で半日~1日ぐらい陰干しをしましょう。

干し終わったら、柔らかい布で着物や帯についたほこりを払ってあげるようにします。 このときに、着物にシミや汚れがついていないかも同時に確認すると良いでしょう。

たとう紙に包んで収納する

たとう紙に包んで収納する

十分に陰干しした着物は、たとう紙に包んで収納するようにしましょう。 たとう紙には着物の湿気を吸ってくれる作用があるためです。保管時にたとう紙があるのとないのとでは、長く着物を保管した時の湿気の溜まり方が大きく変わります。

たとう紙は着物を購入した時に呉服店が付けてくれるほか、ネット通販等でも買うことができます。 たとう紙は長く使っていると水分を含んでふにゃふにゃになってきたり、黄色く変色してきたりします。

たとう紙が変色してきた際は、湿気を吸って機能が落ちてきた印です。そのため、たとう紙が劣化していた場合には、新しいたとう紙とを取り換えるようにしましょう。

着物は重ねすぎない

衣装ケースに着物を収納する際に、着物をたくさん重ねすぎると、重みで型崩れやシワの原因になってしまうことがあります。

桐たんすは、一段一段の立幅が狭く作られており、着物に負担がかかるほど多くの枚数を重ねることができないような設計になっています。

対して衣装ケースは段が分かれていないものが多く、10枚以上もの着物を重ねて保管することが可能です。 しかし、過剰な重みは着物に悪影響です。省スペースをしようと考えて、5枚以上重ねて収納するといったことは避けましょう。

また、着物の型崩れ防止のためにはきちんとたたんで収納するようにしましょう。

さらに、できれば、着物と帯は分けて収納しましょう。 着物と帯は形状が異なりますので、重ねた状態で長く保管していると形状の異なる部分が型崩れを起こしてしまう恐れがあります。

どうしても一緒に収納しないといけない場合は、着物を下に、帯を上に収納する方が比較的ダメージは小さいでしょう。 なお、下駄・かんざし・帯留めなどの小物類は着物や帯を傷つける可能性があるため、収納場所自体を分けて収納するようにしてください。

すのこや除湿剤・防虫剤を使う

すのこや除湿剤・防虫剤を使う

しっかり陰干ししたとはいえ、保管時の湿気対策がたとう紙のみというのはいささか心許ないです。 特に衣装ケースの底は湿気が溜まりやすいですから、底にすのこを敷くと底部に空間ができるので、通気性がいくらか改善されます。また、除湿剤を使うのも非常に有効な手段です。

着物の虫食い対策という点では、やはり防虫剤を使うのが良いでしょう。 虫のつきやすさは着物の素材によっても変わってきます。

特にウールの着物や帯は虫食いの被害に遭いやすいため、ウール素材のものは1つにまとめて保管し、防虫剤をしっかり設置するのがおすすめです。

なお、除湿剤や防虫剤は着物に直接触れると変色等の原因となってしまうことがあるため、使用の際はすのこの下やたとう紙の上など、着物には直接触れないようにしてください。

また、除湿剤と防虫剤の併用は問題ないのですが、複数種類の除湿剤・複数種類の防虫剤を同時に使うと化学変化を起こしてシミや変色の原因になってしまうことがあります。 除湿剤や防虫剤は、それぞれ1種類ずつ使用しましょう。

定期的に虫干しする

収納時に湿気対策を十分していたとしても、そのまま長期間放置してしまっては、着物に湿気が溜まってしまう可能性が高いです。 それを防ぐために、年に2~3回ほど着物を「虫干し」するようにしましょう。

虫干しとは、虫や湿気の駆除のために、乾燥した時期に着物を陰干しすることです。着物を干す時期によって土用干し(7月下旬~8月上旬)・虫干し(10月下旬~11月上旬)・寒干し(1月下旬~2月上旬)と呼びます。

干す時間帯は湿度の低い10時~15時で数時間、室内干しをしましょう。 夕方になるに従って湿度が増えて上がってきますので、切り上げるタイミングに注意しましょう。

この虫干しをするタイミングで、たとう紙や除湿剤・防虫剤の効力が切れていないかを確認すると良いでしょう。

虫干しした着物や帯は着用後の収納と同じように、シミや汚れがないかチェックし、柔らかい布でほこりを払ってから収納しましょう。

虫干しができない場合には、衣装ケースの蓋を開けて空気を入れ替えてあげるだけでも効果があります。

また、長く保管したままにせずに着用するということも、湿気を放出するにはとても良いことです。 もちろん、着用した際は収納の前に陰干しを忘れないでくださいね。

衣装ケースの湿気・虫食い対策は、桐たんすに保管している場合でも有効です。

桐たんすをお持ちの場合にも「桐たんすに保管しているから」と油断してしまわずに、湿気や虫食いには十分気を使ってあげるようにしましょう。

100円ショップアイテムを利用して着物を保管する

すのこや除湿剤・防虫剤を使う

着物を広げたまま掛けておく家具を「衣桁(いこう)」と言いますが、木製の良いものですと1万円は超えます。

もし衣桁を買うのに戸惑っていて、何か他に安価な代替案がないかと思っている方には、100円ショップ・100均を利用して工夫することをオススメします。

最近の100円ショップはデザインが洗練されている物が多く、一見して100円ショップの製品とは思えないほどです。

さらに100円ショップは、「ニッチな用途」に強いというメリットがあります。

「着物用ハンガー」が売っているお店もありますし、幅広のバスタオル用に幅が大きく広がる可動式のハンガーもあります。

本格的な衣桁を入手するまでの間に合わせでも、100円ショップアイテムの活用は検討の価値ありです。

着物保管時のトラブル回避

すのこや除湿剤・防虫剤を使う

衣装ケースなどに着物を保管していると、独特の匂いの発生や虫食いなど、様々なトラブルが発生してくるものです。

桐箪笥に収納して、乾燥剤やたとう紙を用いて完璧と思える環境を作っても、そのまま長期間放置してしまうのでは、湿気や虫食いは防ぐことができません。

ここでは、着物を保管している際に発生するトラブルへの、対処法を解説します。

カビや防虫剤、樟脳の匂い対策

古い着物はそれ自体が特有の匂いを持っています。さらに着物保管時に防虫剤に含有されている「樟脳(しょうのう)」という成分も、やや強い匂いを発するものです。また、着物にカビが発生してしまったら、より一層強い臭気を発することもあります。

一定期間保存してくことで生じてしまう匂いは、完全に予防することはできません。定期的なメンテナンスが必要となってくるのです。

匂いが気になりだしたら、まずは陰干しをすることをオススメします。 それでも匂いが残る場合には、スチームアイロンを掛けます。あて布をあてがって、裏表一度ずつ掛ければ、熱によってある程度の匂いは発散します。

蒸気をあてることになりますから、しっかりと乾かして、熱を逃がして温度を下げてから収納しましょう。

高温多湿を避けるためには

桐たんすではない通常の衣装ケースなどを使用している場合、大抵の製品は密封されているため、熱や湿気、匂いもこもりがちになります。

着物の保管のために生産された桐たんすに保管しておけば、温度と湿度に対してはある程度対策ができます。

しかし、経済的な理由や住居の空きスペースの問題でたんすが使えないという方の場合は、使用しているプラスチック製などの衣装ケースを定期的に開放して、換気を行いましょう。

また、着用した際の陰干しとは別に、年に2~3回の虫干しを怠らないようにすれば、温度と湿度に起因するカビの発生率はかなり下がるはずです。

たとう紙のトラブルを防ぐには

着物を保管する際、湿気対策として活躍するたとう紙ですが、たとう紙には糊が含有されており、実はその糊が虫の好物なのです。

そのため、長期間同じたとう紙を使用し続けることは、着物の虫食いの原因となります。

また、たとう紙は吸湿効果を持ちますので、見て分かるほどに湿気を吸い取り膨らんでいるようなものは、もうそれ以上の吸湿高価が期待できないもので、替え時ということになります。

一般に、たとう紙は寿命が2年程度と言われていますが、決して高価なものではなく、100円ショップにも売っているくらいですので、半年に一回程度の交換をオススメします。

保管しきれない着物は買取に出すのも得策です

保管しきれない着物は買取も

大量の着物を保管するというのは手間もかかり、時間も体力も必要とされるものです。

着物を保管することが大変になってきてしまったら、どうしても手元に置いておきたい特別な着物以外は、状態が悪くなる前に買取に出すというのも、一つの賢明な手段です。 何年も袖を通していなかった着物であれば、買取を通して頻繁に着用してくれるような人に引き継がれる可能性もあり、より有効活用されることになります。

お持ちの着物が新品・未使用で汚れやシミがないもの、絹(正絹)製のもの、有名産地の着物や伝統工芸品・有名作家の着物などであれば、高く買取してもらえる可能性は大いにあります。

加えて、着物はサイズによっても需要の違いがあります。 丈が150センチ以上のサイズであれば需要が高いため、買取してもらえる確率も上がります。なお、着物の色や柄については、時々そのときの流行によって需要が変動する傾向があります。

着物を買取に出す際には、着物の価値をしっかりと見極められる着物専門の買取業者に、査定を依頼するようにしましょう。着物買取を行ってくれる業者で、専門知識を最も深く有しているのは、着物専門の買取業者だからです。

総合リサイクルショップなどの着物に特化していない買取店では専門知識を有するスタッフが在籍していない可能性が高く、着物1枚1枚の本来の価値を正しく判断できず、高い価値のある着物であっても、思わぬ安値で買取されてしまう可能性があります。

まとめ

まとめ

今回は、桐たんすが着物保存に最適である理由から、代用で衣装ケースを使った着物の収納・保管方法等について紹介してきました。

着物の一番の敵はカビなどの原因となる湿気です。 今回ご紹介した方法を参考に、着用後・収納時・保管中など、着物に湿気が溜まらないように十分注意しましょう。

また、着物の保管が難しく、おざなりになってしまう場合にはカビや虫食いによって着物の価値が下がる前に、買取に出すのも1つの手です。 その際は、着物の適正な価値を見極められる専門知識を持つ、着物専門の買取業者に査定を依頼しましょう。

バイセルは着物に関する専門的な知識や査定技術を持ったスタッフが在籍している着物買取サービスです。 着物を買取に出す際はぜひ一度お試しください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください