24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

着物を宅配買取(郵送)で売るときのメリット・デメリットと注意点を解説!

着物買取宅配

着物の宅配買取をお考えですか?

宅配買取は不要な着物を段ボールのような箱に詰めて送るだけなので、好きなタイミングで利用できたり、業者の人と対面する必要が無かったりと利便性の高さから人気のサービスです。

宅配買取を検討中の方の中には郵送で着物を送りたい方もいらっしゃるようですが、宅配買取で郵送は利用できません。

今回は宅配買取のサービス内容とメリットとデメリットの説明、そして高く売るコツや業者選びのポイント、利用時の注意点をご紹介します。

着物の宅配買取のサービス内容と郵送と宅配の違い

着物買取宅配

宅配買取とは売りたい着物を買取業者から送られてきた宅配キット(段ボールといった箱が基本)に詰めて、買取業者へ返送し査定してもらう買取方法です。

売りたい着物を専用の段ボールに詰めて買取業者を送るので査定のために買取業者と顔を合わせる必要がなく、自分の好きなタイミングで着物を売ることができます。

宅配買取の利用をお考えの方の中には郵送で送りたいという方もいらっしゃるようですが、宅配買取は宅急便を用いた発送方法で郵送となると日本郵便が提供している郵便方式(ゆうパック等)で発送する必要があります。

発送方法の違いから、買取業者においては宅配買取で宅急便と郵便(ゆうぱっく等)での発送方法を両方実施しているというケースは稀で、どちらか片方のみという場合が多いです。

また、買取業者自体も宅配と郵送の表記が混同したままサイト上に情報を掲載していることもあるので注意が必要です。

使ってみたい買取業者があるならば、まずは宅配買取サービスの詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

着物を売りたいと思ったら?

着物買取宅配

若いころに仕立て着る機会の無くなった着物、親戚から譲り受けたが着ていない着物、など不要な着物を売りたいとお考えの方は少なくありません。

リユース意識の高まりや日本文化への注目により、今、中古の着物の需要は高まり、買取も活発に行われています。

着物はお近くのリサイクルショップや、近年増加中の着物買取専門店で売ることができます。実際に着物を売るときにはどちらを利用するべきなのでしょうか?早速ですが、それぞれの違いや特徴についてみていきましょう。

リサイクルショップと着物買取専門店の違い

リサイクルショップと着物買取専門店の最も大きな違いは、着物の価値を正確に判別してもらえるか否かという点になります。

着物は査定が難しく、専門知識や市場相場に精通していないと価値を見極めることはできません。

着物以外の品目が取り扱い商材のメインであるリサイクルショップでは、着物の持つ価値を把握してもらえないまま買取が行われてしまう可能性がありますし、最悪の場合、重量のみでの査定となることもあるのです。

一方、着物の買取専門店では、着物の買取に特化しているため、着物の査定経験豊富な査定員に着物を見てもらえます。

適正価格を付けてもらうことは着物買取において最も重要なポイントの一つですので、売る際には着物買取専門店での買取が望ましいでしょう。

着物買取専門店の強みや利用のメリット

着物買取専門店のメリットは買取価格以外にもまだあります。

まず「買取方法を選べる」という点です。近年、中古の着物に対する需要は増加中で、着物買取専門店の数も増えてきており、中には全国展開しているような規模の大きい業者もあります。

そんな着物買取業界で人気となっているのが、宅配買取や出張買取という買取方法です。出張買取は、自宅まで査定員が出張して査定を行うというサービスで、かさばって重い着物もこれなら手間いらずで買い取ってもらうことができます。

そして宅配買取は、査定希望の商品を郵送で送り、買取金額は銀行振り込みなどで受け取る方法で、自分のタイミングで利用できる利便性の高さから注目を浴びています。

リサイクルショップと比較すると、宅配も出張も店舗を持つ必要がなく、店舗運営に掛かるコストをカットでき、収益性の高いビジネスモデルという点が特徴です。

結果として、買取価格への還元が可能になり、リサイクルショップよりも価格に期待が持てるのというワケです。

それでは次に「宅配買取」に焦点を当て、サービスのメリットや特徴を見ていきましょう。

着物の宅配買取を利用するメリット

着物買取宅配

次に着物を宅配買取で売ることのメリットを見てきます。

買取価格と利便性の高さ

上述した通り、宅配買取というビジネスモデル自体、店舗を持つ必要がないため、店舗型の買取ショップよりも高収益という特徴があります。そのため買取価格も高めに設定されているのです。

また価格面以外でもその利便性の高さが支持を集めている要因になっているようです。基本的に郵送で査定希望の商品を送り、その後買取価格は指定の銀行口座まで振り込んでもらえます。

着物という商材に関しても、持ち運ぶ必要がなくなるという点で、手間が掛からず適しているといえるでしょう。

さらに時間指定もないので、仕事などでなかなか時間が取れないという方でも、好きなタイミングで利用できるサービスになっています。

対面の必要がなく安心

宅配買取の一番の特徴は、出張買取や持ち込み買取に比べて、「人に会う必要がない」という点です。

特に女性など、家に査定員を上げるのに抵抗がある場合は、宅配買取を利用するのがいいでしょう。

また、もし査定金額に納得いかずキャンセルしたいと感じた時に、出張買取であれば、「せっかく来てもらったのに・・・」と少なからず申し訳ない気持ちを感じてしまうかもしれません。

そんなときも宅配買取なら、対面ではないので、誰にも気を遣うことなくキャンセルができます。

このようなメリットから、近年、宅配買取利用者の数は増加してきているようです。

準備に負担がかからない

個人で売る場合は梱包する箱から着物を包む袋などを一から用意しなければなりません。

しかし、宅配買取であれば査定を申し込んだ際に、買取業者から宅配キットが届きます。

その宅配キットの中身は「ダンボール箱・ガムテープ・買取依頼書・発送伝票・集荷用電話番号」が入っているケースが多く、ほとんど自分で用意する必要はありません。

準備に負担がかからないことが宅配買取のメリットの一つです。

また業者によっては、サイズ別で箱が用意されている場合もあり、ご自身が査定に出したい品物の大きさや量に合わせて選ぶことができます。

宅配買取の流れと利用方法

着物買取宅配

それでは実際に宅配買取を利用するときの流れと利用方法を見ていきましょう。

Step1 お申込み

宅配買取を依頼する買取業者が決まったら早速申し込みをしましょう。買取業者にもよりますが、電話かメールで連絡するのが一般的です。どんな着物を査定してほしいのかを伝え、その後の流れの説明を受けましょう。

Step2 商品の発送

予約が完了すると、次に買取業者側から宅配買取専用の郵送キットが送られてきます。キットには、パッキン袋や緩衝材、テープ、申し込み書類などが送られてくるのが一般的です。査定希望の商品を梱包し、必要書類を記入したあと発送しましょう。

Step3 査定

買取業者に届いた商品が査定されます。中には査定料を取る買取業者もあるので、初めに確認しておくといいですね。

Step4 買取代金の受け取り

査定結果は電話かメール、もしくはネット上で知らせてくれるのが一般的です。支払い方法に関しては、銀行振り込みにしている業者が多く、買取代金は最短で即日入金してくれます。もちろん買取金額に納得いかなかった場合はキャンセルすることもできるので、気軽に相談してみましょう。

着物宅配買取に必要なもの

着物買取宅配

次に着物の宅配買取において必要なものをまとめたのでご覧ください。

査定希望の着物

査定希望の着物を用意しておきましょう。発送にかかる梱包テープや箱、緩衝材などはすべて買取業者側が用意してくれます。買取業者が用意してくれるものを宅配キットや査定キットと呼びます。

本人確認書類

買取業者によって異なりますが、
・運転免許証 ・パスポート ・健康保険証 ・外国人登録証 
などが本人確認書類として取り扱われるようです。

宅配査定書類一式

買取契約を締結する際には、個人情報など書類の記入が必要になります。書類一式が郵送されてきますので、必要箇所を記入して商品と合わせて返送しましょう。

着物の宅配買取のデメリットと注意点

着物買取宅配

時間を選ばない便利な宅配買取サービスですが、デメリットや注意点もあるようですので、以下で確認しておきましょう。

宅配キットを受け取る必要がある

宅配キット(ダンボール箱)は畳んだ状態で届くケースが多いですが、どれだけ小さな宅配キットでも宅配ポストには入らない大きさの箱が一般的なため、直接宅配キットを受け取る必要があります。

そのため受け取りの都合が中々合わないと利用しづらさを感じるかもしれません。

着物の量が増えると梱包作業が大変

着物一枚だけであれば難なく梱包して発送することができますが、量が増えるとかさばって梱包作業が難しくなります。

また出張買取であれば、査定スタッフに仕分けをお願いできますが、宅配買取ではまずは自分の手で商品をまとめる必要があります。

査定結果が出るまでに時間がかかる

持込買取や出張買取は対面で査定を受けるため、査定額に満足できればその場で、即現金を受け取ることができます。

しかし、宅配買取の場合は買取業者に返送してから査定結果が出るまで「最短で2~3日・多くの業者で1週間」と時間がかかるケースが多く、すぐに現金が欲しい方には不便に感じるかもしれません。

キャンセルの場合の返送料に注意

こちらは買取業者によっても異なりますが、キャンセルをして商品を返してもらう際に、返送料がかかることがあります。

着物は状態によっては値段が付かず買取不可となる場合もあります。不要でお金にならない着物を引き取ってくれる業者ならばいいですが、ほとんどの業者では返送対応になるようです。

発送の際は無料でも、返送は有料というケースもありますので注意が必要です。

買取している着物の種類

着物買取宅配

それでは着物の宅配買取ではどのような着物が買取対象になるのでしょうか?

買取対象の着物の種類

下記の表は買取対象となる着物の一覧です。

留袖振袖訪問着
付け下げ小紋色無地
友禅上布
沖縄着物アンティーク作家着物
和装小物袋帯名古屋帯
丸帯半幅帯反物

この辺りが着物買取で取引が行われている主な着物の種類です。中でも訪問着や振袖などの、正装・準礼装・略礼装にあたる着物は着用機会が多く、中古需要も高いため、買取で人気の着物となっています。

また着物買取では、帯や帯留、帯締め、帯揚げ、草履、和装バッグなどの和装小物も買取対象になります。着付けの必需品である和装小物は中古でも需要が見込めるでしょう。

デザインが古くても買取対象になる

着物は、昔仕立てたものでデザインが古いと感じるものであっても、現在の柄の流行によっては高値が付くことも珍しくありません。

母親から譲り受けたものや、親戚から譲り受けて着ていない着物でも、一度査定を受けて価値を把握しておいてもいいかもしれません。

状態の悪い着物は買取できないことも

上の表で記載した種類の着物であっても買取不可となる場合もあります。

例えば、極端に状態が悪い着物だと、作家物であっても購入する人がいないため買取を断られてしまう可能性もあるでしょう。

特に正絹の着物ですと湿気に弱いという性質があるので、シミや汚れには気を付けて保管したいですね。

着物の種類と買取相場

着物買取宅配

買い取ってもらえる着物の種類はお分かりいただけたしょうか?買取可能といっても着物は種類によって買取価格も変わってきます。次に代表的な着物の種類ごとに買取相場を見ていきましょう。

なお着物の買取相場は、中古市場での需要や、柄、状態などで変動します。以下で紹介する買取相場は一時的な価格であり、実際の買取か格とは異なる場合もございますので、あくまで参考程度にご覧ください。

染着物の種類(有名作家物の場合)買取相場(※)
訪問着~200,000円
加賀友禅~180,000円
京友禅~150,000円
記載外の友禅~200,000円
振袖~140,000円
小紋~100,000円
付け下げ~80,000円
黒留袖~70,000円
色留袖~70,000円
色無地~20,000円
※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く染着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい染着物など丈が長い染着物と比べて買取相場に影響致します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。
織着物の種類買取相場(※)
大島紬~200,000円
黄八丈~180,000円
郡上紬~150,000円
芭蕉布~150,000円
記載外の織着物~150,000円
久留米絣~130,000円
結城紬~100,000円
綾の手紬~100,000円
宮古上布~100,000円
越後上布~90,000円
久米島紬~80,000円
科布(しなふ)~60,000円
藤布(ふじふ)~60,000円
紅花紬~60,000円
牛首紬~35,000円
塩沢紬~20,000円
伊奈紬~20,000円
能登上布~15,000円
※織着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く織着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい織着物であれば、丈が長いものと比べて買取相場に影響致します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。

下記より主要な着物の種類に関しての紹介ページがございますのでご覧下さい。

参考記事:作家着物買取について
参考記事:留袖買取について
参考記事:振袖買取について
参考記事:訪問着買取について
参考記事:付け下げ買取について
参考記事:小紋買取について
参考記事:色無地買取について
参考記事:紬買取について
参考記事:友禅買取について

高く売れる着物の種類や特徴

着物買取宅配

着物買取では、準礼装・略礼装・正装に分類される着物が高額買取されやすいようです。留袖や振袖、訪問着、色無地、付け下げといった着物は、結婚式やお呼ばれなど晴れの場で着用することが多く、現代の着物ニーズにマッチしているため中古での需要が高まっているようです。

また作家物や伝統工芸品と呼ばれる着物にも、高額で買取が行われる逸品が多数存在します。羽田登喜男、松井青々、森口華弘、北村武資、北出与三郎、龍村平藏、由水十久、人間国宝の作品など有名作家の着物の買取価格には期待を持っていいかもしれません。

着物査定ポイントと高く売るコツ

着物査定ポイントと高く売るコツ

それでは着物はどのように査定が行われるのでしょうか?査定ポイントや高く売るコツをご紹介します。

着物の流行

着物は元来、一年に三回衣替えのシーズンがあったようです。季節に合わせて着用する着物を変えるのが一般的で、現代でも10月から5月は袷、6,9月は単衣、7,8月は薄物といったように着物の需要は変わってきます。

シーズンに合わせてその時需要の高い着物を売ることで高額買取に繋がるかもしれません。

老舗ブランドの品か作家物か

老舗ブランドの品や作家物の着物は高額買取となる傾向があります。

洋服などと一緒で着物のブランドネームは、買取価格に反映されます。また有名ブランドの着物や作家物を買取に出すときには、証紙(産地や作家を証明するもの)などの付属品があると買取価格のアップに繋がることもあります。

生地の素材

着物は生地によっても価値が変わります。正絹(しょうけん)と呼ばれるシルク100%の生地は需要がありますが、ウールや麻、ポリエステルなど化繊は、一部買取対象外となることもあります。

着物の生地の素材判別は素人目に難しい部分でもあるので、一度プロの査定を受けてみるのもいいでしょう。

シミや汚れなど着物の状態

正絹の着物の場合、湿気に弱いという性質があるため、手入れをせずにタンスにしまっておくと、知らぬ間にシミや汚れはができてしまいます。

目立ったシミや汚れだと、買い手が付かない場合が多いため、買取においても値段が付きづらくなってしまいます。

保管の際には、虫干しなどの手入れを欠かさず、着物の価値を維持できるようにしましょう。

宅配買取で着物を売る際のワンポイント

宅配買取で着物を売る際のワンポイント

宅配買取は宅配キット(箱)に着物を詰めるだけで利用できるお気軽さが魅力です。

宅配買取を利用する際に、少しのポイントを気にするだけで着物が高く売れる場合もありますので、そのポイントをご紹介します。

綺麗に箱に梱包をしよう

宅配買取に限ったことではないですが、着物の査定を利用する際に着物にシワや傷があると、買取価格が下がる傾向があります。

箱に着物を梱包する前には、折シワや畳みジワをできる限りとってあげると良いでしょう。

またたとう紙がある場合には、着物を畳みたとう紙に包んであげると更に良いです。

箱に詰める着物は適量で

1度に着物を査定してもらいたいからと箱一杯に着物を詰め込む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

着物は1枚でも約1キロほどの重さがあるため、着物を積めば積むほど下になっている着物は重さによってダメージを受ける可能性があるため、箱に詰める着物は適量に留めておきましょう。

証紙も忘れずに

作家物の着物をはじめとする高級着物には証紙が付いていることが多く、証紙の有無でも買取金額は大きく変動します。

証紙は着物の価値を証明する役割があるため、保管してある場合は必ず着物と一緒に箱に入れましょう。

「着物は箱に詰めたけど、証紙は忘れてしまった」ということがないように入念に確認をしましょう。

着物の宅配買取で良いお店を見つける方法

着物買取宅配

インターネットなどで着物の宅配買取に対応してくれる業者を探してみると、有名な大手買取業者から、初めて聞くような業者まで実に多くの買取業者が見つかります。

それでは実際に利用する際には、どのように選ぶのが良いのでしょうか。良い宅配買取業者を見つけるポイントをご紹介します。

着物の買取実績が多い業者を選ぶ

着物の査定は専門知識や着物市場に精通していないと、適正金額を算出することはできません。着物を高く売るには正確な価値を見極めてもらうことも重要です。

また買取実績が多い業者であれば、宅配買取のフローも簡潔で、対応に慣れている可能性が高いため、よりスムーズな買取にできるかもしれません。

査定に納得いかない場合にキャンセル料がかからない店を選ぶ

着物は状態や種類によってはほとんど金額が付かない可能性があります。査定額に納得がいかなかった場合のことを想定しておきましょう。

おおよその業者ではキャンセル料や査定料などの手数料は掛からないようですが、中にはキャンセル料を請求してくる業者もいます。

利用前にはあらかじめ電話などで確認しておくと、不要な手数料を払うことを避けられるかもしれません。

着物宅配買取を利用するときのポイント

着物買取宅配

次に、実際に着物宅配買取を利用する前に知っておきたいポイントをご紹介します。宅配買取の利用を検討中の方はぜひご覧ください。

着物宅配買取の利用に向いている人

着物宅配買取の最大のメリットは、やはり自分のタイミングですべての手続きを進められるという点です。

普段、仕事などで時間がなく、持ち込む時間もなければ、自宅で出張買取を受ける時間もないという方には向いているサービスといえます。

また女性の中には、自宅に査定員を呼ぶのに抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。宅配買取なら、誰とも対面する必要はなく、自宅にいながら買取を完結することができるのです。

着物宅配買取の利用や注意点

利用する際には、事前に料金システムを確認しておくことをおすすめします。査定費用や手数料は無料というのが、最近の宅配買取業者では一般的になっています。手数料を必要とするようであれば、他の業者を検討してみることをおすすめします。

また多くの買取業者は、キャンセル料は無料であっても、商品返送の際の郵送費は利用者負担となるのが一般的です。

返送料の分だけマイナス、ということにならないよう、予め電話などでしっかりと相談したり、また今回ご紹介したような着物の買取相場を押さえてから買取を依頼するといいでしょう。

まとめ:着物を宅配買取(郵送)で売るときのメリット・デメリットと注意点を解説!

着物宅配箱

宅配買取にはメリットもあればデメリットもあります。

実際に着物の宅配買取を利用する際には"宅配買取のメリットとデメリットを把握する"、"利用する場合は着物査定と宅配買取のポイントをおさえる"が非常に大切です。

宅配買取をご検討されている方は、今回の記事を参考にしていただき、満足のいく宅配買取を目指しましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください