ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

着物の着付けに必要な小物とは?着物の種類別にご紹介します!

着物の着付けに必要な小物とは?着物の種類別にご紹介します!
着物の着付けに必要な小物

着物の着付けの際には、帯や襦袢(じゅばん)、足袋などの小物が必要不可欠です。 「大事な日に着物を着る予定だけど、用意する小物が分からない」

「普段着に着物を取り入れてみたいけど、着物以外に必要なものはどのくらいあるの?」 などとお悩みの方が多いようです。

こちらではこのような悩みや疑問を解決すべく、着物の着付けに必要な小物一式を、着物の種類別でご紹介します。

更に、着物の着付けの際に、持っていれば便利なものも見ていきましょう。

着物の着付けに慣れていない方でも、こちらを参考にしていただければと思います。

着物の種類別!着物の着付けに必要な小物一式

着物の着付けに必要な小物

主な着物の種類としては、以下があります。

・訪問着(お茶会、お宮参り、七五三、卒業式、入学式などに用いられる) ・普段着(日々の生活の中で気楽にファッションとして用いられる) ・留袖(結婚式や式典、パーティーなどに用いられる) ・袴(成人式などに用いられる) ・レンタル着物(主に振袖など。成人式などに用いられる)

いずれも、着付けの際に必要となる小物は、ほとんど同じです。 基本的に着物の着付けに必要な小物一式は、以下の通りです。

・足袋
・肌襦袢(肌着)
・裾除け(下着)
・長襦袢(肌着の上に着用・上下が分かれた二部式でも可)
・腰紐
・半衿
・衿芯(長襦袢に差し込む)
・伊達締め(長襦袢に一本、着物に一本)
・帯板
・帯
・帯枕
・帯揚げ
・帯締め
・草履

シーンによって着物の種類も違うので、それに伴い、必要となる小物も多少変わってきます。

それでは、着物の種類別で、小物の違いをご紹介していきます。

訪問着を着る時

訪問着を着る際は、前述した小物一式で問題ありません。

訪問着に関しては、普段着よりも格式高い着物とされており、名前に「式」がつく会などに着ていくような準礼装とされています。

シーンによっては、訪問着に合うような伊達衿(別名・重ね襟)や、髪飾りをつけていくのもおすすめです。

普段着を着る時

普段着キモノを着る際も、前述した小物一式で問題ありません。

普段着はちょっとしたおでかけやお散歩などに行く際の、ファッションとして楽しめるため、小物などにも特にルールはありません。

自分で着物に合うような帯や小物を変えたりして、日々のコーディネートを楽しみましょう。

留袖を着る時

留袖は、結婚式などフォーマルな場で着られ、第一礼装とも呼ばれます。

留袖には、「黒留袖」と「色留袖」があります。 黒留袖は、結婚式においては新郎新婦の母親や、既婚の親族が着る着物です。

一方、色留袖は未婚の方でも着用できるとされ、新郎新婦の兄妹やいとこなど、近い親族の装いとされています。

留袖に合わせる小物として、足袋・長襦袢・半衿は白色を選ぶのがマナーとされています。 帯揚げ・帯締めは、地色が白色で、金糸や銀糸が入ったものが良いとされ、草履・草履バッグは金色または銀色が相応しいです。

結婚式で黒留袖を着る際には、末広(扇子)を持っていきましょう。 末広は、冠婚葬祭用の扇子で、表が金紙、裏が銀色となっているものが多いです。

地紙の色が見えるように、自身から見て帯の左側に挿すのがマナーです。

袴を着る時

袴は、成人式や、卒業式などでよく着られます。 袴を着る時は、袴自体に付いている紐を、お腹周りで結びます。

そのため、帯・帯枕・帯揚げ・帯締めなどの本格的な、帯セットが不要です。 代わりに、袴から少し見える胸下位置に巻く、袴下帯が必要です。

袴下帯は、半幅帯でも代用できます。 また、伊達衿と呼ばれる、着物を重ね着しているように見せることができる衿をつける事で、華やかさを演出できます。

袴の場合、着物としては異例に近いですが、草履ではなくブーツも合わせられます。 成人式などの寒い時期に袴を着るのであれば、草履よりブーツの方が温かいのでおすすめです。

おめでたい晴れやかな場で袴を着る際には、袴の色味に合わせた髪飾りや、バッグも用意してみましょう。

レンタル着物を着る時

着物は、着物貸出し店でレンタルすることもでき、成人式の時期にレンタルされる事が多いです。 こちらではレンタル着物の一例として、成人式に着る振袖ではどのような小物が必要なのか、ご説明していきます。

振袖の場合も、基本的には、前述した小物一式で問題ありません。 加えて用意するのが、袴と同様に、伊達衿や髪飾りです。

更に、草履バッグは、金色や銀色をあしらったものであると、より豪華さが増します。 また、成人式に振袖を着るのであれば、ショール・和装コートなどがあれば防寒対策になります。

着物の着付けの際にあると便利な小物

着物の着付けに必要な小物

着物を着る場面ごとに必要な小物を、それぞれご紹介しました。 しかし、基本的に必要なもの以外にも、着付けの際にあると便利な小物もたくさんあります。

着物の見た目を美しく見せたり、着心地良くしてくれる小物をご紹介します。

コーリンベルト

コーリンベルトを使うと、崩れない衿元が作れます。 腰紐や伊達締めの代わりにもなり、ゴムのベルトなので体を締め付けることなく、ゆったりと着物が着られます。

特に、普段着キモノを着る際におすすめです。

補正パッド(またはタオル)

着物を着る際には、なるべく体を寸胴体系に、近づけた方がいいです。 なぜなら着物は平面の生地でできているため、そのまま着るとシワができてしまい、気崩れの要因にもなってしまうからです。

補正パッドは、ウエストやヒップのラインなどを目立たなくするだけでなく、腰が反りぎみの方にも有効的です。 補正パッドは、ご家庭のフェイスタオルなどでも代用できます。

和装用のブラジャー

和装用のブラジャーをつけると、着物を着た際に、バストを小さく平らにします。 特にバストが大きめの方は、和装用のブラジャーを着用すると、着物を着た際の見た目が美しくなります。

和装用のブラジャーでなくても、金具や縫い目などがないようなワイヤレスの下着であれば、着物に響かず着られます。

帯止め金具

帯止め金具は、帯用の大きいクリップのようなものです。 帯止め金具があれば、簡単に着付けができ、気崩れ防止にもなります。

三連紐(トリプル仮ひも)

三連紐があれば、複雑な帯結びも、手軽に作ることができます。 帯結びにマンネリしている方や「人とかぶらない帯結びがしたい」という方は、用意するといいかもしれません。

小物は美しい着物姿になるために必要なアイテム

着物の着付けに必要な小物

着物の着付けに必要な小物を、基本的なものからあると便利なものまで、一通りご紹介しました。

着物の着付けには、必要な小物はたくさんある事が分かりますね。

着物に馴染みがない場合は、小物を用意するのも、使いこなすのも少し大変かもしれません。

しかし、順序よく小物を取り入れながら着付けをしていくことで、美しい着物姿になることができます。

着る着物や場面によって、上手に小物を使い分け、品よく着物を楽しみましょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料