24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

実は一番着回しがきく?単衣の着物の楽しみ方

実は一番着回しがきく?単衣の着物の楽しみ方
  着物買取単衣

着物に興味はあっても、なかなか着る機会がないと思ってはいませんか。

普段着として仕立てられている単衣なら気軽に楽しめるので、着物初心者にもおすすめです。

着回しのきく単衣で気軽に着物を楽しみましょう。

知っておきたい着物の仕立て方

着物には袷と単衣の2種類の仕立て方があります。普段着物を着ない人は、この2種類の区別が分かりにくいかもしれません。

簡単に言えば、裏地がついているものが袷で、ついていないものが単衣です。

袷として仕立てる着物には、振袖に訪問着、色無地、留袖などの礼装用から、小紋に紬などの普段着まで幅広くあります。

使われる生地は正絹が主ですが、化繊も多くなっています。

一方、単衣として仕立てる着物は無地や小紋に代表される普段着が一般的で、使用する生地は木綿とウールが主です。

他にも盛夏に着る絽や麻素材の着物も単衣で仕立てます。

袷は裏地があるので、主に10月から5月にかけて着るのが適切です。

袷に使う裏地には、身頃部分に使う胴裏と裾や袖に使う八卦があります。

着用している時には胴裏は見えませんが、八卦は裾や袖口から着用中も見えることがあります。

見えることを前提に、八卦の色や柄を選ぶのも着物のおしゃれのひとつと考えられています。

単衣の着物っていつ着ればいいの?

裏地のある袷に対して、裏地のない単衣は比較的涼しくて軽いのが特徴です。

そのため、単衣は6月と9月が着用に適しています。

着る時期はとても短いように感じますが、あくまでも目安であって、きっちり分ける必要はありません。

5月や10月でも、暑い日には袷ではなく単衣を着る人もいます。

気温によって自由に選ぶのは洋服と同じ感覚です。木綿やウールの単衣は普段着なので、フォーマルな席では着用できません。

使う帯も名古屋帯や半幅帯、兵児帯といった普段着用のものになります。

しかし、同じ単衣でも絽の訪問着であれば7月や8月の結婚式やお茶会などでも失礼はありません。

帯も袋帯を合わせ、小物類も礼装用を選びましょう。

普段着として楽しむなら、単衣が便利!?

日常で着物を見るのは、結婚式や披露宴など儀礼的なものが多いのかもしれません。

礼装用の着物は絽の訪問着を除いて袷に仕立てることが多いため、普段着として扱うことの多い単衣は、着る機会が少ない印象があります。

しかし、自宅でも着物を着る人は単衣の方が重宝します。

単衣に使用されることの多い木綿やウールは軽くて通気性もあって動きやすく、作業したり、近所に外出したりするのも便利です。

さらに、近年は柄にも大きな変化が見られます。

従来の着物にはなかった水玉や千鳥格子といったものも多く、礼装用のように着る場所やマナーを気にせずに済むことで自由に楽しめるようです。

帯や半襟も同様で、レース素材や海外のテキスタイルを使用したり、季節のイラストをモチーフにしたりと、安価に楽しめるカジュアルな着物として人気が定着しつつあります。

着回しがきく単衣の着物はこんなに人気

フォーマルな席で着用するのは留袖や訪問着、振袖といった袷が一般的ですが、生地や色柄によっては礼装として着用できる単衣もあります。

その場合は、帯や小物類も礼装用のものを選びましょう。

通常は帯や小物類の形式を気にすることなく普段着として着ることの多い単衣は、着物を気軽に楽しみたい人を中心に注目されています。

初夏や初秋という着用時期の目安はあるものの、長襦袢で調整したり、ショールを羽織ったりすることで実際にはもっと長く着用できます。

また、生地にインクジェットでプリントできるようになってからは、一般の人でも着物を柄からオリジナルで制作するのも珍しいことではありません。

プリントに使用される生地はコットンの他にもさまざまな種類がありますが、胴裏や八卦を合わせる生地とは異なるため、ほとんどが単衣で仕立てられています。

盛夏に着用する絽や麻素材の訪問着は例外ですが、単衣は小物類を自由に合わせて普段着として楽しめる着物です。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください