24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

【写真で解説!】5分で分かる着物のたたみ方!正しいたたみ方で着物を美しく保管しましょう。

【写真で解説!】5分で分かる着物のたたみ方!正しいたたみ方で着物を美しく保管しましょう。
着物の正しいたたみ方

着物の生地を美しく保つには正しいたたみ方で保管することが重要です。シワや傷みがあればいくら綺麗に着付けても台無しになってしまいます。

このページでは、着物のたたみ方を写真付きで解説していきます。難しいようで、一回覚えてしまえばとっても簡単な着物のたたみ方。ぜひこの機会に正しい着物のたたみ方を覚えておきましょう!

着物のたたみ方の種類

着物のたたみ方の種類

浴衣や訪問着、留め袖、振袖など、一般的な着物であれば今回ご紹介する「本畳み」で問題ありません。

以下ではこの「本たたみ」を写真付きでご紹介していきます。長着(ながぎ)や羽織(はおり)であれば、女物、男物、単衣(ひとえ)、袷(あわせ)など種類問わず使える、汎用性の高い基本的なたたみ方ですので、ぜひマスターしましょう。

ちなみに着物のたたみ方には、一時的にたたむ場合の「袖だたみ」、刺繍(ししゅう)や箔(はく)のある着物の紋や模様を傷めないための「夜着(よぎ)だたみ」、襦袢や羽織をたたむときの「襦袢だたみ」「羽織だたみ」などがあります。

着物の基本構造と呼称

着物の基本構造と呼称

まずは着物の基本的な構造とそれぞれの名称を覚えておきましょう。

着物のたたみ方 ~本だたみ~

それでは、着物のたたみ方の基本、「本だたみ」の着物のたたみ方 ステップを見ていきましょう。

着物のたたみ方 ステップ1

着物のたたみ方

裾を右に着物を広げ、脇縫い目から折り返します。

着物のたたみ方 ステップ2

着物のたたみ方

下前の衽(おくみ)をおくみつけ(衽線)から手前に折り返します。

着物のたたみ方 ステップ3

着物のたたみ方

上前側の衿と衽(おくみ)を下前に合わせます。

着物のたたみ方 ステップ4

着物のたたみ方

衿を一度広げます。

着物のたたみ方 ステップ5

着物のたたみ方

背縫いの襟から少し下部分と、襟肩の角から、衿を内側に倒して折込ます。

全体図

着物のたたみ方 ステップ5 までの全体図です。

着物のたたみ方 ステップ6

着物のたたみ方

背縫いで折り、左右の脇縫いを合わせるように、左右の身頃と袖を重ねます。

着物のたたみ方 ステップ7

着物のたたみ方

袖を身頃に向けて折り返します。男性物など裄丈が長い場合は、袖付けより少し袖側を折るようにします。

着物のたたみ方 ステップ8

着物のたたみ方

裾を衿まで持っていくイメージで、身頃の丈を衿下から二つ折りします。

着物のたたみ方 ステップ9

着物のたたみ方

着物を裏返します。たたんだ部分が乱れないように気をつけましょう。

着物のたたみ方 ステップ10

着物のたたみ方

右袖を身頃に向けて折り返して完成です。

着物をたたむときの注意点

着物をたたむときの注意点
  • ①無駄な折シワを作らないように、明るいところでの作業を心がけましょう。
  • ②着物を広げる場所は綺麗にしましょう。たとう紙があればたとう紙の上でたたむと良いでしょう。
  • ③左手側に衿肩、右手側に裾がくるように着物を置いてからたたみ始めましょう。
  • ④箔や刺繍、紋入り、落款などがこすれないよう、薄紙を当てておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?初めての方には難しいと思うかもしれない着物のたたみ方ですが、写真を見ながら正しいて手順でたためば、とても簡単ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

間違ったたたみ方で着物の保管を続けると、シワをつくってしまう原因になります。

作家ものなど希少価値のある高価な着物だけでなく、普段着の小紋や紬など、大切にしておけば家族や知人など、次の人に譲ることも可能です。

ぜひ今回の記事を参考に、着物をいつまでも美しく保てるようにしましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください