24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

着物の鑑定は着物のプロに任せよう!お宝着物を見極める鑑定ポイントとは?

着物の鑑定は着物のプロに任せよう!お宝着物を見極める鑑定ポイントとは?
着物の鑑定は着物のプロに任せよう!

お手持ちの着物を売りたいと考えたとき、せっかくなら少しでも高額で買い取ってほしいですよね。 着物を高値で鑑定してもらうためのポイントはもちろん、着物を買い取ってもらう方法ごとのメリット・デメリット、買取業者の選び方などもご紹介いたします。 着物を鑑定してもらう前に、そして着物を査定してもらう前にぜひ参考にしてみてください。

鑑定とは「品物を評価したり、真贋を見極めたりすること」で、査定とは「品物に金額をつけること」です。

着物を高値で鑑定してもらうための3つのポイント

着物を高値で高く査定してもらうための3つのポイント

着物を鑑定に出すときに、少しでも高値をつけてもらえる可能性を上げるためのポイントを解説します。この項目に注意してから査定に出すと、もしかしたら買取価格がアップするかもしれません。

ポイント①:着物を鑑定する時にチェックされる項目を把握する

査定員は着物のどんなところを見て査定しているか、気になりますよね。どんな点に注意すれば高価買取の可能性があるのか、チェックしておきましょう。

種類

着物は汎用性が高いものほど重宝されるので、中古着物市場での人気が高く高価買取が期待できます。 留袖・振袖・訪問着・付け下げは、入卒式・成人式・結婚式・パーティなどの畏まった場や、デザインによっては家族や友人とのお出掛けにも活用できるので需要があります。

色無地・小紋・絣(かすり)はシンプルな模様や地色なので万人受けしやすく、こちらも市場では人気が高いです。 ですが、喪服となると葬儀・告別式・法事くらいでしか着る機会がないので汎用性が低く、死別した人の前で着用した服なので中古品は需要がほぼありません。

状態

まず最初に挙げられるのが、シミやカビが発生していないか、汚れやシワがついていないかなどの着物の状態です。着物の状態は、新品に近ければ近いほど高価買取が期待できます。

中古品でも保存状態が良く、まだまだ綺麗に着られそうなものであれば高値がつく可能性があります。中古品だからと買取を諦めず、まずは査定してもらうことが大切です。

ただし、カビ・シワ・汚れ・色焼け・虫食い跡がたくさんある、シミ・色焼け・汗の黄ばみが広範囲だったり色味が濃かったりするなど、あまりにも酷く劣化していると買取を断られる可能性があるので注意しましょう。

サイズ

着物は丈が長ければ長いほど需要があります。何故なら背が高い人も低い人も、着るときにおはしょりをすれば大抵の人は着ることができるからです。着物の丈が短いと背が高い人は着ることが難しく、その分需要の幅が狭くなってしまいます。

大は小を兼ねるという言葉があるように、着物の丈が長ければ着物市場では重宝されます。 しかし、丈が短すぎる(145センチを下回る)と汎用性が低くなるため、こちらも買取業者によっては買取を断られる場合があることに留意してください。

和装小物もまとめて査定してもらう

帯・帯留め・かんざし・草履・バッグなどの和装小物があれば、一緒に査定してもらいましょう。どれも着物の装いに欠かせない小物であり、着ていく場面や気分によって使い分けられ複数持ちしても損はないので、着物と同様に需要が高いです。

特に帯関連品は、人肌に直接触れることがないので状態が良い場合が多く、フリーサイズとして汎用性もあることから高価買取が期待できます。

証紙の有無

証紙とは、その着物作品が本物かどうかを証明するための紙のことです。証紙は伝統工芸の組合が発行し、織元の名前や織り方・染め方、素材や生産地の登録商標などが記載されています。

買取査定する際に査定員に証紙を見せれば本物だと判断されるため、高価買取の可能性が上がります。

ただの紙切れだからといって捨ててしまわず、大切な証明書ですので一緒に査定してもらいましょう。 ただし、伝統にとらわれずに自由に制作したいと考え、あえて組合に入らず証紙がない作家もいます。証紙がないから偽物である、という断言はできないことに留意しておきましょう。

ポイント②:業者選びにこだわる

着物を取り扱っている買取業者はどこも同じ、と思っていませんか。現在、着物専門の買取業者は全国にあり、その規模も大小様々です。

業者選びにこだわらないと、査定してもらったときに損をしたり、取引後に後悔したりする場合があります。どんな業者を選べばいいのか悩んだときは、以下のポイントを参考にしてみてください。

各種手数料が無料である

業者によっては、実際に着物を買い取るか買い取らないかは別として、査定するだけで査定料が発生するところがあります。着物を買い取ってもらえても、買値がつかなかったとしても、どのみち料金が発生したら損ですよね。査定料が無料ですと気軽に査定を依頼できますし、余計な出費を抑えられます。

また、他にも買取業者によっては見積もり料・買取料・キャンセル料などを何かと手数料を請求するところもあります。逐一支払うと出費がかさんでしまうので、手数料が一切かからない買取業者を選ぶことをおすすめします。

出張査定がある

出張査定は、査定員が自宅まで来てくれて、利用者は自宅にいながら取引ができるサービスです。買取業者にもよりますが、主に用意するものは身分証明書くらいで、買取が成立した際に見せるだけで特にしておくべき作業もありません。

査定も丁寧に且つ素早く行ってくれるので、時間が多く取れなくても心配いりません。簡単で早くて便利、しかも家にいながら着物を査定に出せます。

また、着物を店舗に持ち込んだり、段ボールに詰めて配送したりする手間がなく、運んでいる最中に着物に汚れがついたり糸がほつれていたりする心配がないため、買取価格が下がることを食い止められることもメリットですね。

取引の流れやフォロー体制に透明性がある

お金のやり取りが発生するサービスですから、どのような流れで査定されるのか知りたいですよね。また、査定後の契約内容はどうなっているのか、取引後のフォロー体制が整っているのかなどが不明だと、着物を売りに出すこと自体が不安になります。

買取業者が誠実な対応をしてくれるか、取引する際に詳細な説明があるか、お客様相談室は設置されているかなど、ユーザーの不安を取り除いてくれる体制が整っているかを把握しましょう。

素早く対応してくれる

買取を申し込んでからすぐに業者から連絡が来ると、ユーザーに真摯に向き合っている感じがして好印象ですよね。また、質問があるときに即座に答えてくれると、業者に知識が豊富にあるようで安心できます。

こういった業者は買取実績が多く、多くのユーザーに対応してきたからこそ素早い反応ができます。ユーザーの反応にスピーディーに対応できる業者は、対応が遅い業者より信頼度が高いと言って良いでしょう。

全国規模である

もしあなたが地方に住んでいる場合、都心にしかない業者に着物査定は頼みづらいですよね。出張買取の場合は査定員が自宅に来るまでに、宅配買取の場合は着物を発送してから査定が完了するまでに時間がかかり、不安が募ります。すぐに対応してくれる全国規模の買取業者を選べば、迅速な対応・取引成立が期待できますので安心です。

ポイント③:持っている着物が高額買取の対象になっているかを把握する

着物は生地の素材や織り方、付属品などで大きく価値が変わります。お持ちの着物が高価買取が期待できるものかどうかを把握しておきましょう。

友禅・紬は高値で買い取ってもらいやすい

友禅(ゆうぜん)と紬(つむぎ)は、着物の中でも代表的で人気のある種類になります。友禅は主に京友禅と加賀友禅に分かれ、絵画のようなデザインや美しい色味で有名です。他にも落ち着いた色味や渋さが特徴の東京友禅があります。

紬は蚕の繭から紡いた糸で織った絹織物のことで、滑らかな肌触りが特徴的です。有名な紬作品は、大島紬・結城紬・牛首紬・郡上紬・塩沢紬・信州紬などが挙げられます。

どちらも職人の手織りであれば、高い芸術性や技術の精巧さが表現されているので価値が高く、高価買取が期待できます。また需要も高いですので、比較的買い取ってもらいやすいです。

有名作家・産地・メーカーのものは高価買取が期待できる

洋服やバッグですと、グッチ・カルティエ・エルメス・コーチなどが有名ブランドであり、人気が高いことをご承じでしょう。 着物業界も同じく有名作家やメーカーなどが存在し、ブランド品は高値で売買される傾向にあります。

有名作家は、木村雨山・久保田一竹・与那嶺貞(よなみねさだ)・森口華弘・由水十久(ゆうすいとく)・木村武資・小宮康孝・志村ふくみ・平良敏子・中村勝馬・羽田登喜男などが挙げられます。

有名産地の着物は、越後上布・宮古上布・西陣織・首里織・読谷村花織・紅型染・久留米絣・備後絣・伊予絣・薩摩絣・本場黄八丈などが挙げられます。

有名メーカーや呉服店は、翠山(すいざん)工房・龍村美術織物・千總(ちそう)・藤娘きぬたや・大羊居(たようきょ)・竺仙(ちくせん)・銀座もとじ・ゑり善などが挙げられます。

西陣織の場合は証紙を確認して、登録ナンバーを検索する

2008年に西陣織の証紙について改訂がされ、使用素材やその配合割合、製造元などを示す品質表示ラベルを証紙に貼り付けることが義務付けられました。

証紙は黄土色でメガネのような形をした紙で、「西陣織産地証明証紙」という文字と製造メーカーの登録ナンバーが書かれています。これは西陣織工業組合が発行しており、付けられた着物や帯は本物の西陣織であることが保証されます。

ちなみに、組合のホームページで登録ナンバーを検索することが可能で、ヒットすれば紛れもない真の西陣織であることが分かります。無論、本物の西陣織で有名作家の作品であれば、高価買取の可能性があります。

付属品があるなら一緒に査定してもらう

先ほども紹介しましたが、和装小物や証紙があれば一緒に査定してもらいましょう。また、たとう紙があれば包んだ状態での査定に出すことがおすすめです。たとう紙とは着物・帯を包んでいる薄手の紙のことで、吸湿効果があり通気性に優れています。

カビやシミは湿気によって発生するため、たとう紙で包むと着物を良い状態で保管できるのです。また、柔らかく着物・帯を包むのでシワがつきにくいなどメリットがたくさんあります。

できるだけ綺麗な状態で査定に出せますので、常に着物はたとう紙に包んで保管し、そのまま査定員に見せましょう。 また、帯・帯留め・和装バッグなどの和装小物も一緒に売ると、着物と併せてまとめて買い取ってもらえる可能性があり、その分買取額が上乗せされることが期待できます。

買取で損しないための必要な3つのコツ

着物を査定してもらうときに知っておきたいポイントを徹底解説!

ここまでは着物がどんな状態だと高価買取が期待できるか、どんな買取業者だと安心して査定に出せるかなどをチェックしてきました。この項目では着物を売りたいと考えている方が、取引で損をしないための方法を説明します。

コツ①:着物専門の買取業者に査定してもらう

せっかく大切な着物を売るなら、着物専門の買取業者に任せるべきです。リサイクルショップや一般的な買取業者は、着物以外の商品をたくさん取り扱っているため、着物に精通している人が査定する保証がありません。

万が一、着物の知識があまりない人が査定を行った場合には、着物本来の価値が見極められず、安価で買い取られる可能性があります。

一方、着物専門の買取業者であれば、着物に関する知識は豊富であり、また査定する際の審美眼を備えています。査定員は査定する着物が有名作家の作品か、上質な糸が使われた生地か、高度な技術が使われているデザインかなど、素人目には分からない違いを熟知しています。着物を買い取る際には、価値相応の値段をつけてくれるので、着物専門ではない業者よりも安心感と信頼が持てます。

コツ②:複数の買取業者に査定をしてもらう

前述しましたように、買取業者の規模も大小様々であるため、それぞれ買取実績が多い少ないとバラつきがあります。もちろん実績が多い業者の方が査定員の目が肥えており、着物について正しい買取金額を提示してくれる可能性が高いです。

実績が少ない業者だと、査定員が本当に適正な買取価格をつけられているのか、ちゃんと査定するべきポイントを押さえて査定できているのか曖昧な場合が少なくありません。

このような背景もあり、査定をお願いした業者が1社だけだと買取金額が適切か分からず、不安が拭えないですよね。

そのため、複数の着物専門の買取業者に査定を依頼することをおすすめします。複数の査定員に着物を見てもらえれば、査定額を比較することもできるため、おおよその買取相場も把握でき安心して売ることができます。

また、複数提示された査定額の中で1番高額で見積もってくれた業者で買い取ってもらえればお得ですよね。1社だけに任せず、複数の着物専門の買取業者に査定してもらうのがベストな選択でしょう。

コツ③:代表的な着物の相場を把握する

さらに、着物の相場を調べておくことで、悪徳業者に安値で買い取られるリスクが減ります。 特に友禅や紬、振袖に訪問着などの代表的な着物の相場や、有名な作家の着物の相場を把握しておくことは査定してもらう際の目安になり、安心して査定依頼ができるでしょう。

※当サイトには他にも着物の買取相場に関する下記の記事を掲載しておりますので是非ご覧下さい!
着物買取の相場価格はどれくらい?高く売るコツは?

着物を売る5つの方法とそのメリット・デメリット

着物を査定してもらうときに知っておきたいポイントを徹底解説!

着物を売るとき、着物専門の買取業者に査定を依頼することをおすすめしました。ですが、様々なサービスや情報媒体がある現代において、他にも着物を売る手段はいろいろありますよね。なぜ着物専門の買取業者や出張買取をおすすめするのか、他の手段と比べてその理由を説明します。

出張買取

メリット

自宅にいながら査定を行ってくれるので、特に用意するものもなく簡単に取引ができます。着物に余計に触れることもないので傷みづらく、綺麗な状態のまま査定してもらえるので、高価買取が期待できます。また、その場で現金で払ってくれる業者が多く、すぐにお金が手に入る安心感があります。

デメリット

査定員が来る日時を決めなくてはなりません。自分の都合の良い日・時間を設定せねばならず、プライベートの時間があまり取れない人には不向きでしょう。また、いくら信頼できる買取業者とは言え他人を自宅に上げることに抵抗がある人にとってはデメリットでしょう。

宅配買取

メリット

好きなタイミングで発送できるので、時間がない人でも自分の生活リズムを崩さずに取引ができます。着物を丁寧に梱包したり、伝票を記載したり、細々した作業がする人は苦にならず、楽しく買い取ってもらえるでしょう。

デメリット

着物にシワができないように気を使ってダンボールに入れたり、配達伝票を書いたりするなど細々した作業が必要です。また、この方法では梱包・配送時に着物に傷や汚れがついたり糸がほつれたりして、実際に査定する場面では状態が悪くなっている可能性があります。

フリマアプリ

メリット

多くの方はスマートフォンを1人1台持っているでしょうし、いつでもどこでも出品できたり買い手と取引できたりして便利です。着物の写真を撮って簡単な説明文を書けば、誰でも着物を売りに出すことが可能で、着物を売る方法の中では1番手軽です。

デメリット

出品している着物に買い手がついた場合、その人が本当に着物に精通しているかどうかは確認する手段がほとんどありません。実際についた買値よりも価値があり、出品した着物は本来であれば本当はもっと高く売れるはずなのに、安価で手放すことになってしまう可能性もゼロだとは言い切れません。

ネットオークション

メリット

フリマアプリと同様に、いつでもどこでも出品でき、買い手と取引できます。取引相手との交渉はネット上ですので、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人でも気楽に売却できます。また売値を自分で決めることができ、買い手がつけばその額面のお金を手に入れられます。

デメリット

「落札したのにいつまで経っても買い手が代金を支払わず、先に着物を送るよう要求される」「着物を発送してから10日も経つのに、買い手から未だに届いていないと連絡が来た」など、売り手・買い手・配達業者の間でトラブルになる可能性があります。

売り手・買い手は互いに直接顔を合わせないでやり取りするので相手がどんな人か分からない、配達業者が荷物を預かっている間は具体的に着物がどうなっているか正確には分からない、と不安要素がたくさんあります。手軽に着物を出品・落札できる反面、諸問題が不透明なオークションでの取引はリスクを伴います。

リサイクルショップ

メリット

近所にあれば即座に売ることができ、手っ取り早くお金を手に入れたい人には向いています。大型の店舗であれば着物を持っていくついでに、家電や日用品など他の商品を持ち込むことができ、まとめてたくさんの物を売りたい人にはおすすめです。

デメリット

素材や丈にもよりますが、着物は全体で1キログラムほどあり、持ち運ぶのが大変です。リサイクルショップに持ち込むとしても、着物を抱えて歩くだけでも大変なのに、着物が入る大きさの箱やバッグを用意するなど手間がかかります。

また、宅配買取の項目でも説明したのと同様に、持ち運びしたときにシワができたり汚れがついたりする可能性があるので、査定額が低くなってしまう恐れがあります。

一般的な買取業者とバイセルで着物鑑定をした時の3つの違い

着物を査定してもらうときに知っておきたいポイントを徹底解説!

着物は着物専門の買取業者に依頼して、出張査定してもらうことが最善であることが分かりましたね。バイセルは着物に強化した買取業者であり、着物の買取業界においてはトップクラスの実績を誇ります。バイセルは他の業者と何がどう違うのか、徹底的に解説します。

信頼度の違い

着物の買取は、お金のやり取りが発生するシビアな取引です。信頼できる業者と、安心して取引したいですよね。バイセルがどれだけの実績を上げていて、ユーザーへ真摯に対応しているかをまとめました。

買取実績

バイセルは着物以外にも切手・貴金属・お酒・時計など幅広く取り扱っており、トータルで月間約20,000件以上(※2018年度当社合計の問い合わせ数(当社調べ))の査定依頼をされています。

また、自社ECサイト「バイセルオンライン」やその他のECサイトを介して、多数の商品を出品しています。毎月どれだけ大量に商品を買い取っているのか、売買のノウハウがあるかが分かりますね。実績が豊富だからこそ、さらに次から次へと買取の問い合わせが来ることも頷けます。

買取スピード

バイセルの以前のサービス名は「スピード買取.jp」でした。サービス名にするほど素早い対応・買取に自信がある証拠です。電話で問い合わせて査定員のタイミングが合えば、最短で当日に出張買取に来てくれるほどの早さです。

言うまでもなく、先に出張買取を予約している人の都合が最優先ですが、問い合わせた翌日・翌々日でも対応してくれる場合がありますので、すぐに着物を買い取ってもらえて安心できますね。

サービス対応の違い

バイセルは基本的なサービスはもちろん、他の業者にはあまりないサービスを展開しています。どんなサービスがあるのか見てみましょう。

フォローコールがある

フォローコールとはバイセルの独自サービスです。査定員がユーザーの自宅から退出した後にバイセルから電話がかかってきて、査定員の態度はどうだったか、満足いく取引ができたかなど簡単なヒアリングをします。

査定員の前では聞きづらかったことや、査定員が退出後に浮かんだ疑問などを聞くことができるので、不安要素を取り除くことができます。

買取キャンセルが無料

着物を査定してもらったり、査定員から伝えられた買取金額に納得がいかなかったりした場合、買取をキャンセルすることができます。査定員の態度が悪かった、予想していたよりも安い価格だったなど、理由は何でも構いません。

バイセルは出張料を含め、査定料も無料ですので、完全無料で取引自体を断ることができます。無理して納得できないまま買い取ってもらわず、遠慮なく断って良いのです。

買取方法の違い

バイセルでは出張買取に加え、宅配買取や持ち込み買取が可能です。バイセルがある本社やバイセルが所有しているセンターに商品を発送したり持ち込んだりすることができますので、出張買取が難しい人にもおすすめです。選択肢が広く設けられていますので、自分に合った方法で買い取ってもらえます。

「バイセル(BUYSELL)」が選ばれている6つの魅力

着物を査定してもらうときに知っておきたいポイントを徹底解説!

バイセルにどれほどの買取実績があり、人気である理由が分かりましたね。バイセルを利用するメリットや魅力をまとめましたので、改めて振り返ってみましょう。

最短で即日での対応

バイセルの査定員の都合が合えば、最短で問い合わせた当日に出張査定してもらえます。「明日の予定が急になくなって暇になったから、ちょっと頼んでみようかな」というときも、もしかしたら対応してくれるかもしれません。

買取を急いでいる場合は、返答が早い電話で問い合わせてみて、最短でどのくらいで来てくれるか聞いてみましょう。

手数料は無料

出張料・宅配送料・査定料・買取キャンセル料などは無料です。手数料の類は一切かからないので、全く損することなく着物を買い取ってもらえます。気軽に査定に出すことができ、安心感と信頼が持てます。

状態が悪くても査定してくれる

お手持ちの着物が何度か着た後なら、もしかしたら汚れやシワがついているかもしれませんね。また場所を取るからと付属品類を捨ててしまう性格の方もいるでしょう。「シミがあるから、どうせ買い取ってもらえない」「証紙や付属品は全部捨てちゃったし、安値でしか買い取ってくれないだろう」と諦めていませんか。

たとえ新品同様の状態でなくても、バイセルなら状態によっては中古品でも買い取ってくれます。小さなシミ・シワ程度なら買い取ってもらえる可能性はあり、付属品がなくとも着物自体に価値があると判断されれば高価買取が期待できます。どうせ買取は無理だと匙を投げず、まずは査定をしてもらいましょう。

専門性の高い査定員がいる

バイセルでは商品に関する勉強会を日々行っており、査定員の査定技術を丁寧に磨いています。熟練した査定技術を継承しており、すべての査定員が高いレベルを持って査定できるように研修をしています。

買取実績が業界でトップクラス

バイセルが持つ月間約20,000件(※2018年度当社合計の問い合わせ数(当社調べ))という問い合わせ件数は、買取業界でもトップクラスです。数多くのユーザーと向き合ってきて信頼を獲得してきた結果が実績として表れますから、買取実績の多さはユーザーからの信頼度の高さに比例すると言っても良いでしょう。

買取ジャンルが幅広い

バイセルでは着物を始め、切手・毛皮・古銭・金券・ブランド服やバッグ・貴金属・お酒・宝石・時計・骨董品・車を取り扱っています。

幅広いジャンルを買い取ってくれるので、着物以外にも売りたいものがあれば、一緒にその場で査定してくれます。品物ごとに違う専門業者を呼ぶ手間がなく、簡単に様々なものを査定してもらえます。

着物を鑑定する際に知っておきたいこと:まとめ

着物を査定してもらうときに知っておきたいポイントを徹底解説!

今まで解説してきた内容を総括します。特に注意していただきたい項目をまとめましたので、改めて留意すべき点として押さえておきましょう。

以下の点を覚えておけば、お持ちの着物をより高額で買い取ってもらえる可能性が上がります。後悔せず快く着物を売りに出せるように、ぜひ注意してみてください。

高額で着物を鑑定してもらうためのポイントを押さえる

着物の状態はもちろん、買い取る際に手数料がかからない業者を選ぶことや証紙も一緒に査定してもらうことなど、査定に出す前に注意すべき点がいくつかあります。

特に出張査定サービスがあり素早く対応してくれる買取業者は、信頼度が高く安心して買取に出せる上に、少しでも高価買取が期待できます。ぜひ業者選びの際に注意しましょう。

着物を鑑定する際に、損をしない方法を知っておく

買取業者に着物を買い取ってもらう際は、着物専門店であるところを選んでください。着物に関する専門知識が豊富な査定員を抱えており、着物査定時に把握すべきポイントを押さえて査定してくれるので、適切な価格で取引してくれます。

また、1社だけだと買取相場が分からず不安になりますので、複数の着物専門の買取業者に依頼して相見積もりをもらいましょう。

自分にとって最適な査定方法を選ぶ

出張買取が1番おすすめであることを説明しました。とはいえ自宅にいる時間が短い、スケジュールが立て込んでいて査定員に来てもらう暇がない、という方もいるでしょう。

そのような場合は、無理してでも出張買取を選択する必要はありません。宅配買取や持ち込み買取など選択肢は他にもありますので、自分の生活リズムに合わせて最適な査定方法を選んで買い取ってもらいましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください