24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

着物買取で起こりえる代表的なトラブルの基礎知識や対策法までを徹底解説!

着物買取で起こりえる代表的なトラブルの基礎知識や対策法までを徹底解説!
着物買取で起こり得るトラブルにはどんなものがある?具体例や対策法を徹底解説!

今はお使いになっていない着物の買取をお考えですか? しかし、大切な着物を初対面の業者に買い取ってもらうのは不安もありますよね。 実際、強引な買取をするなどしてトラブルを起こすような悪質な着物買取業者も残念ながら存在します。

着物買取におけるトラブルに巻き込まれないために、代表的なトラブルとはどのようなものがあるのか、どうすれば避けられるのか、信頼できる着物買取業者を選ぶにはどうすれば良いのか、などを把握しておくことが重要です。

そこで今回は代表的なトラブル例とその対策法を示すとともに、着物買取業者の選び方やお得に着物買取をしてもらう方法などもご紹介します。 ぜひ着物を買取に出す前にご覧いただき、後悔のない着物買取にしてもらえればと思います。

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

悪質な着物買取業者を避けるために重要なことは、そういった業者の手口を知っておくことが有効です。 ここでは代表的なトラブル例と、その対策法について確認していきましょう。

出張買取のトラブル?押し買い

出張買取とは買取業者の査定員が自宅まで来てくれて査定・買取をしてくれる買取方法です。 着物を持ち運んだり梱包したりする手間が無く、自宅にいながらすべて済ませられる点が便利です。

出張買取における着物買取業者との代表的なトラブルとして挙げられるのが、「押し買い」です。 突然訪問するなどして商品を売りつける「押し売り」はよく聞くかと思いますが、押し買いはその買取版です。

突然自宅に訪問するなどして買取の勧誘をし、利用者にじっくり考える時間を与えないままに買取契約をしてしまう手口です。 また、いきなり自宅に訪問するのではなく、事前に電話で勧誘してから訪問して押し買いするという業者もいるようです。

具体的には、「電話では優しい女性の声で勧誘されたが、実際自宅に来たのは恐そうな男性で断りにくかった」というような事例です。 特に女性の1人暮らしの場合、買取業者が恐くて契約してしまうという気持ちは分かりますよね。

こういった押し買いのトラブルを避けるためには、突然勧誘してくるような買取業者には着物買取を依頼しない、ということが重要です。 自分で調べてみて信頼できそうだと思った業者にのみ、査定を依頼するようにしましょう。

中には突然訪問してきて、断っても「ガソリン代を使ってここまで来ているのだから、買い取るまでは帰れない」などと言って居座ろうとする特に悪質な業者もいるようですが、明らかな違法行為ですので迷わず警察に通報しましょう。

また、利用者の自宅等に訪問しての買取はクーリング・オフ制度の対象になります。 仮に契約書にサインしてしまったとしても、契約の日から起算して8日間は契約を取り消すことができます。 サインしてしまったからと泣き寝入りせず、消費者センター等に相談しましょう。

出張買取におけるトラブル?抱き合わせ買取

押し買いと並んで最も多く発生していると言えるトラブルが、「抱き合わせ買取」です。 抱き合わせ買取とは、着物買取を謳っておきながら着物以外の品物を強引に買い取るという手口です。

たとえば「着物買取」と言って訪問しておきながら、着物をざっと見ただけですぐに「貴金属を見せてほしい」などと言い、利用者が査定してもらうことに納得していない品物を勝手に見て買取していく、といったようなケースです。

このような業者に多いのが、「どんなに汚れていたり、古い状態の着物でも買取します」などと甘い言葉で敷居を下げ、訪問してくる業者です。 利用者宅に上がるとこちらのものとばかりに、「この着物は古いので値段がつきませんね。貴金属なら値段がつけられるのですが、持っていませんか?」などと貴金属の査定を要求してきます。

利用者側から「貴金属の買取もしていますか?」という問い合わせがあり、それに応える形で査定するのは問題ないのですが、「着物の査定を依頼したのに貴金属の査定をしつこく要求された」という場合には間違いなく悪徳業者です。

貴金属は販売ルートの確保がしやすく、買取業者としても転売しやすいため、抱き合わせ買取のターゲットになりやすいです。 こういった抱き合わせ買取は毅然として断り、しつこい勧誘を受けた場合には消費者センターに通報しましょう。

宅配買取におけるトラブル

宅配買取とは売りたい着物を梱包・送付して買取してもらう方法で、査定に立ち会わなくても良く、業者と時間を合わせる必要が無いという点で便利な買取方法です。 しかし、買取業者と顔を合わせることがない、ということからトラブルが起こることもあるようです。

その1点目が、キャンセルできないというトラブルです。 通常の宅配買取では査定後に業者が査定内容を利用者に提示し、利用者が承諾すれば買取するという流れになっています。

しかしトラブルになるケースでは、利用者の承諾なしに勝手に買取をしてしまう、あるいはキャンセルの連絡を受け付けない、といったような悪質な買取業者が報告されています。

具体的には、キャンセルを申し出ると「もう転売してしまったので返せない」と言われたり、キャンセルを依頼するメールを送っても返事がなかったりという事例があります。

こういった場合にもっともストレスのかかる点は、着物を送ってしまっているので手元にないという点でしょう。 大事な着物が悪質な業者の手元にあり、手出しができなくなる、こんなストレスはできることなら体験したくありません。

ようやくキャンセルをすることができたとしても、高額な返送料を請求されることもあります。 キャンセルの手続きで疲れてしまった利用者は、「もういいや」という気分になって支払ってしまうこともあるかと思うのですが、やはり納得できるものではありません。

信頼できると分かっている宅配買取業者であれば良いのですが、大事な着物が手元にないというストレスは小さくありません。 そのため大事な着物を買取に出すには、業者と直接対面して査定してもらえる買取方法を選ぶのが良いでしょう。

また、宅配買取を利用する際には着物を送付するときの送料だけでなく、キャンセル時の返送料についても予め確認しておきましょう。

買取方法に関わらず起こるトラブル・買い叩き

買い叩きとは、品物を不当に安い価格で買い取るという手口です。 買取業者と利用者との間の情報量のギャップを突いて、相場より安く買い取ろうとする悪質な業者が存在します。

特に着物は買取価格の幅が大きく、なかなか自分で正確な価値を知るのは難しい商材です。「プロが言うならそういうものか」と思ってしまう気持ちも分からなくはないのですが、納得できない価格で売ってしまうのはやはり危険です。

予めおおまかな相場を確認しておく、複数の業者に査定を依頼して査定額を見比べるなどして、不当に安い価格で買い取られることのないようにしましょう。

着物買取でトラブルを回避するためのポイント一覧

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

着物買取におけるトラブルを避けるために、あらかじめチェックしておくべき点をまとめてみました。 一緒に確認していきましょう。

着物買取の基礎知識を把握しておく

着物買取には大きく分けて持ち込み買取・宅配買取・出張買取の3つの買取方法があります。 それぞれにメリット・デメリットがありますから、事前に確認してご自身に合う買取方法を見つけましょう。

3つの買取方法の概要については、こちらの記事の中でもご紹介しています。
着物買取はこれを見れば全てわかる!

また、お持ちの着物の種類やブランド、作家など、買取価格が高くなる要素がないかを確認しておきましょう。 有名な作家やブランドの着物であれば、インターネットで検索すると相場や買取のポイントなどをまとめた記事も存在します。 ただし相場はあくまでも相場であって実際の買取価格と一致するとは限らないので、参考程度にしておいてください。

よくあるトラブルの例を確認しておく

この記事にもトラブルの例については掲載していますが、インターネットで検索すれば様々な着物買取の体験談を見ることができます。 トラブルの例を予め知っておくことで事前に対策ができたり、いざという時にも落ち着いて対処できたりするでしょう。

思い入れの強い着物はいきなりは出さない

利用を考えている着物買取業者が本当に信頼できるかどうか見極められるまでは、思い入れの強い着物は査定に出さないというのも1つの手かもしれません。

例えば、特別な思い入れのある着物を宅配買取の査定に出した先が悪徳業者で、キャンセルしたいのに返してもらえないというようなことになってしまうと、後悔してもし切れませんよね。

そこで、初めて利用する着物買取業者には、比較的思い入れが少なく、高値がつかなくても後悔しないものを選んで査定に出すのが良いかもしれません。 特別な思い入れのある着物は、確実に信頼できると分かった着物買取業者にのみ、査定を依頼しましょう。

複数の着物買取業者に査定を依頼する

信頼できそうな着物買取業者を調べてみることはもちろんですが、その上で複数の業者に査定を依頼してみることが有効です。

複数業者の見積もりを見ることでお持ちの着物の正確な相場を知ることもできますし、その中から最も高い価格をつけてくれた、あるいは最も対応の良かった業者に買取を依頼することができます。

着物買取業者を見比べるときには買取価格だけでなく、スタッフの対応やアフターサービスの充実度も考慮に入れると、よりトラブルを避けやすくなるでしょう。

また、その場で契約せずに一度じっくりと検討する時間をとることで、売るにしても売らないにしてもご自身で納得できる結論を出すことが出来るでしょう。

無料でキャンセルできる着物買取業者を選ぶ

着物の査定を依頼する時には、無料でキャンセルできる業者を選ぶようにしましょう。 先述したようなキャンセルを受け付けない悪徳業者は論外ですが、キャンセルにいちいちお金がかかってしまっては複数業者を見比べるのに苦労してしまいますよね。

無料で気軽にキャンセルができることによって複数業者を見比べやすくなりますし、1度キャンセルして考え直すことができれば冷静に判断できます。買取に対する納得感も変わってくるでしょう。

いきなり勧誘してくる業者は要注意

「押し買い」の項目に例を上げましたが、いきなり自宅を訪問したり電話をかけてきたりして勧誘を行っている業者は要注意です。

そういった業者に査定を依頼すると、やはりトラブルになるケースが多そうです。 大事な着物ですから、ご自身で下調べをして選んだ業者に査定を依頼するようにしましょう。

初回の訪問で契約しない

押し買いや抱き合わせ買取といったトラブルを避けるために、「初回の訪問では契約しない」とあらかじめ決めておく手もあります。 初回は査定だけにして、1人になってから冷静に考えることでより納得のいく着物買取ができるでしょう。

悪徳業者は巧みな口車でこちらの判断を鈍らせてきますが、「相手が何と言おうと初回の訪問では契約しない」と決めておけばトラブルを避けることができます。

真っ当な業者であればキャンセルすればすぐに引き下がりますから、キャンセル時の対応も含めて冷静に考える時間を持ち、信頼できる着物買取業者を見極めましょう。

査定内容に納得がいかない時は無理に売らない

複数の業者に査定をしてもらっても、大切な着物に込められた思いからすると見合わない買取価格しかつかない、というケースはあります。 そういった時には無理に買取してもらわず、ほかの選択肢も考えてみましょう。

知り合いにこの着物を必要としている人はいないか、信頼できる先に寄付できないかなど、大切な着物を活かす方法は買取だけではありません。

例えば、寄付された着物をリユースしてポリオワクチンに換え、寄付している団体や、寄付された着物を使って児童養護施設で育った子どもたちに晴れ着での撮影をプレゼントしている団体などもあります。 視野を広く持って、ご自身が納得できる着物の活かし方を考えていきましょう。

着物買取を利用するデメリットとメリット

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

ここまでの内容を読むと、「着物買取は怖い」と感じてしまうかもしれません。 着物買取以外にも知り合いに譲ったりNPO法人に寄付したりと着物を処分する方法はありますから、「着物買取はやめておこう」という気分になっても無理はありません。

しかし、真っ当な着物買取業者を選ぶことさえできれば、着物買取は何も怖いことはありません。 それどころか、ほかの着物処分方法にはないメリットもたくさんあるのです。 ここで、着物買取のデメリットとメリットを改めておさらいしておきましょう。

着物買取のデメリット

もちろん、着物買取にはメリットだけでなくデメリットもあります。 まずは着物買取のデメリットを確認しておきましょう。

着物買取業者と日程をあわせなければならない

出張買取や持ち込み買取では着物買取業者の査定員と直接対面しての査定になるため、着物買取業者の営業時間に合わせる必要があります。 平日の昼間には家を空けているという方は多いでしょうから、日程調整に苦労されることがあるかもしれません。

しかし、土日祝日にも出張買取に対応している着物買取業者もありますから、ご自身の予定に合わせてくれる業者がないか調べてみてください。 長い目で見て日程をあわせていけば、きっとご自身に合う日程が選べるでしょう。

思ったような買取価格がつかない場合がある

着物の買取価格は1点ごとに異なりますから、場合によってはご自身が思っていたような買取価格がつかないことがあります。

事前に相場を把握しておけばある程度の予想はつけておくことができるかもしれませんが、正確な買取価格はやはり実際に査定してもらうまでは分かりません。

しかし、鑑定料が無料の着物買取業者を選べば査定額を出してもらうのは無料です。 一度正確な査定額を出してもらってから、その価格で買取に出すかどうかをゆっくり考えれば良いのです。

着物買取のメリット

続いて、着物買取のメリットについておさらいしていきます。 他の着物処分方法と比較して、着物買取のメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

手数料のかからない着物買取業者も多い

着物買取業者の中には鑑定料や出張費・送料・キャンセル料などの手数料を無料にしている業者も多くあります。 一方、NPO法人等は着物を回収して利益を出しているわけではありませんので、送料をまかなうことはできません。

NPO法人等に寄付する場合には宅配の送料はご自身で負担することになります。 手数料をかけずに着物を処分できるのは、着物買取のメリットと言えるでしょう。

多少の汚れがあっても買取してもらえる場合がある

例えば知り合いに着物を譲る場合、汚れやシミがついていると譲るのに気が引けてしまいますよね。 一方、着物買取であればそんなことを気にする必要はありません。

汚れがあっても試しに査定に出してみれば、価値があるかどうかは査定員が判断します。 「汚れがあって人には譲れないな」という着物であっても、着物買取であれば値段がついて買取してもらえるかもしれません。

不要な着物を手軽に一括処分できる

不要な着物が大量にある場合、人に譲るといってもまとめて引き取ってもらうのは申し訳ない気持ちになりますよね。 自分で知り合いのところまで持っていくのも大変ですし、取りに来てもらうのも気が引けます。

着物買取ならそれを生業としている買取業者が相手ですから、そのような気遣いは無用です。 出張買取を利用すれば、大量の着物であっても自宅にいながら一括処分することができます。

中には買取してもらえない着物もあるかもしれませんが、それは買取してもらえるものを買取してもらってから考えれば良いでしょう。 他の処分方法を検討する場合にも、買取してもらえた分の買取代金で、買取してもらえなかった着物の処分費用を賄えるかもしれません。

着物買取トラブルを避けられる業者の選び方は

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

着物買取におけるトラブルを避けるためには、ご自身で調べて買取業者を選ぶことが重要です。 しかし、数ある着物買取業者の中から、実際に査定を依頼する業者を選ぶというのは難しいことですよね。

そこでこの項目では、着物買取におけるトラブルを避けるという観点から、着物買取業者の選び方を3つのポイントに分けてご紹介します。

複数の買取方法から選べる着物買取業者であること

着物の買取方法には、大きく分けて持ち込み買取・宅配買取・出張買取の3つがあります。 それぞれの買取方法にメリット・デメリットがあり、利用者によってどの買取方法が合うかは変わってきます。

ところが、例えば宅配買取しか行っていない買取業者の場合、査定結果の詳しい内容を査定員から直接聞きたいと思っているなど「出張買取の方が合っている」と思われる利用者から問い合わせがあっても、宅配買取しか勧めることができません。

その業者の宅配買取自体が悪いサービスでなかったとしても、無理に宅配買取を勧めることでトラブルにつながってしまうケースがあるかもしれません。

ご自身に合った買取方法で着物を買い取ってもらうには、複数の買取方法から選べる業者に査定を依頼することが有効です。 問い合わせ時にご自身の都合を伝えて相談すれば、あなたにあった買取方法を提案してくれるでしょう。

無料サービスが充実している着物買取業者であること

納得できる着物買取のためには複数業者に査定を依頼するのがおすすめだと上述しましたが、それぞれの業者から見積もりをもらうのにいちいち手数料がかかっていては出費も小さくありませんよね。 苦労して高く買い取ってくれる業者が見つかったとしても、手数料がかさんでしまっては意味がありません。

ですから、査定・鑑定料、キャンセル料、出張買取なら出張費、宅配買取なら送料といった手数料を無料にしている業者を選ぶことをおすすめします。 宅配買取のキャンセル時の返送料は無料にはならないことが多いですが、業者によって金額が異なります。

宅配買取を利用するときにはキャンセル時の返送料もあらかじめ確認しておきましょう。 思わぬ手数料を請求されてトラブルになる、といったケースも避けることができます。

実際に利用した人の口コミを参考にする

それぞれの業者の着物買取サービスの実状を知るうえで参考になるのが、実際に利用した人の口コミや体験談です。 インターネットなどで調べてみるとトラブルケースが報告されていることがありますので、それらを見てトラブルになりそうな業者を避けることができます。

ただし、インターネット上の口コミを全て鵜呑みにしてしまうのは危険です。 匿名での投稿であるため無責任な情報も存在しますし、口コミサイト等でわざと良い体験談を載せることで広告主である買取業者から報酬を受け取っているようなサイトもあります。

インターネットの口コミはあくまで参考程度として見てください。 買取を依頼する業者は実際に査定をしてもらってから、スタッフの対応やアフターサービスなども見て選びましょう。

着物買取のトラブルを避けるために:ここまでのおさらい

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

ここまでにご紹介した、着物買取のトラブルを回避するための注意点について、もう1度おさらいしておきましょう。

・着物買取における代表的なトラブル例を知っておく
・その対策法について確認しておく
・着物買取のメリットとデメリットを把握した上で、買取業者に依頼する
・ご自身に合う着物買取方法を知っておく
・複数の着物買取業者に査定を依頼する
・査定を依頼する買取業者は、しっかりと下調べをして選ぶ

ぜひ参考にしてみてください。

安心の着物買取ならTVCMでお馴染みのバイセル

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

ここまでご紹介してきたトラブルケース、実際に自分に起こったらと思うと恐いですよね。 大切なお着物の買取を依頼するなら、安心できる業者を選びたいところです。

そして、安心を基準に着物買取業者を選ぶとき、まずお勧めしたいのが全国で着物の出張買取を行っているバイセルです。 ここではバイセルの基本情報と、安心してご利用いただける理由についてご紹介します。

着物買取のバイセル:基本情報

バイセルは着物を中心に買取サービスを行っている買取業者です。 全国での出張買取に加えて宅配買取、買取拠点での持ち込み買取にも対応しています。 俳優の坂上忍さんが出演されているTVCMをご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

またバイセルでは出張買取の調査において、「顧客満足度が高い出張買取」「価格満足度が高い出張買取」「安心して利用できる出張買取サービス」の3部門で第1位に選ばれました。※
※ 調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年7月5日~8日 調査概要:出張買取10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代~50代の男女1103名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

バイセルは複数ある取り扱い商材の中でも特に着物を得意としています。 安心を第一に買取サービスに取り組んできた結果、バイセルは今では全国で当社合計で月に20,000件以上(※2018年度当社調べ)の査定をさせていただくまでに成長しました。

安心してご利用いただくために:バイセルのこだわり

お客様に安心して着物買取サービスをご利用いただくために、バイセルではこだわりをもって様々な取り組みを行っています。 その一部ですが、6つのポイントでご紹介します。

査定員の質にこだわり

バイセルの査定員は日々の勉強会で商品知識を高め、月に20,000件以上の着物の査定をさせていただくことで実地経験を積み、お客様のお着物ひとつひとつに適正な査定額をご提示できるように査定技術を高めています。

また、礼儀や立ち振る舞いなどのマナーの向上に努めるとともに、「お客様の立場に立つ」というマインドの養成にこだわっています。

大切なお着物に込められたお客様の思いに耳を傾け、お客様の思いに見合うような買取価格をご提示できない場合には、「無理に買取に出すよりも、お客様が大切にお持ちください」といったようなご提案をすることもあります。

強引な勧誘はしません

バイセルから突然お客様にお電話をして、あるいはいきなりご自宅に伺って買取の勧誘をすることは一切ありません。 受付センターに査定のご依頼をくださったお客様のところへのみ、お伺いします。 また、お客様からご承諾いただいた以外のお品物について、査定や買取を行うことはありません。

買取にかかわる手数料は無料

バイセルでは出張訪問費・査定料・キャンセル料といった、着物買取にかかわる手数料を無料にしています。 「試しに査定だけ」「じっくり考えたいので1度キャンセルしたい」といった場合も完全無料ですので、安心してご利用いただけます。

コンプライアンス専門部署によるダブルチェック

バイセルではお客様と買取契約を結ぶ際、ご面倒ではありますが、本部のコンプライアンス専門部署からお客様にお電話をいたします。 お客様が完全にご納得されたうえでのご契約であるかどうかを再度確認し、現場のスタッフの独断や思い込みでご契約が進んでしまうことを防ぎます。

お客様相談室をご用意

バイセルでは買取にまつわるご相談専用の窓口として、「お客様相談室」をご用意しています。 どんな些細なことでも構いませんので、気になることがありましたらお客様相談室のフリーダイヤルまでお寄せください。

ご契約から8日間の返品に完全対応

バイセルではクーリング・オフ制度に基づき、ご契約から8日間の返品に無条件で対応しています。 クーリング・オフ申請の受付から返品完了まで責任を持ってご対応します。

着物買取で起こりえる代表的なトラブルの基礎知識や対策法までを徹底解説!:まとめ

着物買取における代表的なトラブル例とその対策

着物買取におけるトラブルと、その対策法についてご紹介してきました。 トラブルの具体例を見ると「着物買取は恐い」と感じてしまうかもしれませんが、例に出てきたような悪質な業者はごく一部です。適切な業者選びをすれば、恐いことは何もありません。

この記事でご紹介したポイントを踏まえて適切な着物買取業者を選び、大切な着物を後悔なく売却できるようにしましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください