24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

着物買取で人気の業者はココが違う!選び方の基準と見極めポイント

着物買取で人気の業者はココが違う!選び方の基準と見極めポイント
着物買取で人気の業者はココが違う!選び方の基準と見極めポイント

不要な着物を買取に出す方が近年増えていますが、買取業者ごとに特色は違いますので選び方には注意が必要です。

あなたが初めて着物を買取に出そうと考えるにあたっては様々な基準があるものの、指標として考慮したいのが「利用者から人気を集めている着物買取業者はどこか」という点ではないでしょうか。

大切にしていた着物をせっかく買取に出すならば、少しでも利用者の多い人気の着物買取業者が良いですね。

今回は安心して着物を買取に出すために人気の着物買取業者の選び方と見極めるポイントをご紹介します。

着物買取の前に…「着物を売る方法」について解説!

着物買取の前に…「着物を売る方法」について解説

着物を売る方法には大きく分けて「自分で売る」「業者へ買取してもらう」という2つのパターンに分かれますが、どちらもメリットデメリットがありますので紹介します。

着物を売る方法1 リサイクルショップ

不用品を買取に出す場所といえば買取でおなじみのリサイクルショップですが、場合によっては「買い叩かれる」可能性もあるので注意が必要です。

着物は価値の見極めが難しいため、着物に関する豊富な知識や経験を持っている専門店でなければ適切な価格提示ができるかは保証できません。

さらにリサイクルショップでは着物を洋服と同じように重さで価格を提示するというリサイクルショップもありますので、安くてもいいからとにかく処分したいという場合を除いてはおすすめできません。

着物を売る方法2 着物買取専門業者

着物や帯・小物といった和装品のみを専門に買取してくれる業者で着物の買取に特化しており、帯や小物など和装品全般の査定を行っています。

査定を行うスタッフは着物の知識が多く経験も豊富。さらに1枚ずつしっかり見てくれるので希少価値の高い着物や帯の価値を見落とさず、古い着物や帯であっても高値が付く場合があります。

着物を売る方法3 フリマアプリやオークション

着物をはじめ様々な中古品を気軽に売れる時代になり、フリマアプリやオークションで自分で売る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

気軽に売れるようになった反面、出品準備はもちろん着物の説明(種類や状態など)も自分で行わなければなりません。

フリマアプリやオークションで高く売るためには売ろうとしている着物の説明ができなければ買い手が付くかどうかは不透明ですし、実は希少性のある着物を極端な値段で落札されて後悔するかもしれません。

着物買取でおすすめ業者を選ぶ基準

着物買取でおすすめ業者を選ぶ基準

着物の買取範囲や規模感は異なりますが着物買取専門業者は増加傾向にあります。

着物買取で人気の業者は提供しているサービス内容に他業者とは大きな違いがあり利用者からの信頼も厚いです。

信頼を集める人気の着物買取業者が提供しているサービス内容を紹介します。

手数料がかからない

着物買取業者の中には出張料・買取手数料・キャンセル料といった手数料を請求される場合がありますが、利用者が多くおすすめされている買取業者は利用料を請求することはありません。

買取に出してみようと思ったら、まずは利用する前に手数料がかかるのかどうかを調べておきましょう。

査定額に納得いかなければ断ることができる

着物の買取を頼んだ結果、場合によっては納得できる結果に至らない場合もあるかもしれません。

そうなった時に気軽にキャンセルできるかどうかが大切なポイントです。

中には納得していなくても強引に買取していこうとする買取業者が残念ながら存在しますので、納得できなかったら断固として断りましょう。

出張買取や宅配買取などサービスが充実している

着物の買取を実施している業者は、利用者のニーズに応じた買取方法を提供しています。

買取方法の種類は大きく分けて3つあり、出張買取・宅配買取・持込買取(店舗買取)をそれぞれ説明します。

出張買取

出張買取とは、買取の予約を入れたのち、査定スタッフが自宅などに訪問してくれる買取方式です。特に着物は枚数が多くなるとかさばり、重みもあるので大変です。さらに年配の方の中には足腰が弱く運び出しが困難な方もいらっしゃいます。そんな時に出張買取なら電話1本できてもらえるので便利なサービスといえます。

宅配買取

宅配買取とは、着物など売りたい品物をダンボールに詰めて買取業者へ送り、査定してもらう方法です。出張買取と違い、利用者の好きなタイミングで使えるので日中忙しくてなかなか時間がとれないとお悩みの方は便利ですね。

持込買取(店頭買取)

持込買取は名前の通り、買取を実施しているところへ利用者自らが着物を持込みして査定してもらう方法です。例えば近所に専門店がある方や、大切にしている着物は自分の目の届くところで自分が管理したいとお考えの方はおすすめでしょう。ただし遠方や日中時間が取れない方はこの買取方法はおすすめできません。

着物買取業者は着物や帯をどのように査定し値段を付けている?

着物買取業者は着物や帯をどのように査定し値段を付けている

着物買取業者を利用する上で気になるのが「着物の査定方法」ではないでしょうか。

買取された後の着物は一般消費者や中古着物市場で販売されますので、需要が見込まれる着物でなければ買取価格も見込めません。

着物買取業者が査定時に見るポイントを紹介します。

査定員が見るポイント1 着物や帯の素材

査定員がまず最初に見るポイントは着物の素材です。有名ブランド着物をはじめ何百年の歴史を持つ産地着物は全て正絹と呼ばれる絹が用いられています。

他にも綿や麻、ウールやポリエステルといった素材が使われることもありますが、着物買取では正絹であることがまず査定価格を決める上で重要なのです。

査定員が見るポイント2 着物や帯の種類

ひとまとめに着物や帯といってもその種類は多岐に渡り、着物ならば留袖・振袖・訪問着・付け下げ・小紋・色無地・紬、帯なら袋帯・名古屋帯・丸帯・半幅帯に分類されます。

着物市場において需要の高い種類ですと時期にも左右されますが訪問着・振袖・名古屋帯が人気で、値段が付きやすい種類といえます。

査定員が見るポイント3 作家物や産地物、老舗ブランド

着物や帯には作家が長い時間をかけて作った品や日本全国で一部の地域が昔ながらの伝統技法を用いて作った産地物、また何百年の歴史を持つ老舗ブランドという品が存在します。

作家物や産地物、老舗ブランドは大量生産ができないため希少価値がとても高く重要な査定ポイントです。

希少価値の高い着物や帯には必ず証紙と呼ばれる価値を証明するものがついており、査定時に着物や帯に合わせて提示すると査定価格をアップしてくれます。

査定員が見るポイント4 シミ汚れや畳みシワ

古い着物はシミ汚れが蓄積している場合や畳み方が雑で畳みシワがついてしまったものが多く存在します。

シミ汚れに関しては着物を着用して食事をした時に食べ物のシミが飛んでしまうこともあれば、汗をかいて首元や脇下に汗シミがついてしまいます。

こういったシミが付着したまま放置すると、布地の繊維まで汚れが浸透し、修復不可能になってしまいます。

着物の買取では実はこういったシミ汚れが最も多く、価値が低下ぜさるを得ない着物が数多く存在しています。

着物の査定において最も多いシミ汚れの原因と畳みシワについてさらに詳しく解説します。

着物の価値を下げる要因1 保管時の畳みシワ

着物の保管において畳み方は重要なポイントです。着物には洋服とは違い独自の畳み方(本だたみ)があります。着物の生地は絹といったとてもデリケートな素材が使われていますので、雑な畳み方で箪笥に長い期間保管しておくと畳みシワがついてしまい、場合によっては修復が難しくなる恐れがあります。

着物の価値を下げる要因2 湿気やカビ

着物は湿気にとても弱いため、汚れが付着した箇所にカビが生えてしまい着ることもできず買取も不可という着物もあります。そうならないために定期的に空気の入れ替えを行ってあげたほうがよいでしょう。

まとめ:着物買取で人気の業者の選び方と見極めポイント

着物買取で人気の業者の選び方まとめ

今回は着物の買取のおける人気の業者の選び方や、買取業者が実施している方法やポイントをまとめました。

そして、着物を少しでも良い状態でスムーズに買取に出すためにはあなたが行っておくべき方法はたくさんあります。

人気の着物買取業者に相談する前に、このような方法を知っておけばいざ頼んだ後もストレスを感じずに買取してもらえるでしょう。

もし自宅に着物が箪笥に眠っている方は、まずは相談してみてくださいね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください