ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

振袖は買取に出せる?高く売れる方法やコツを紹介!

振袖は買取に出せる?高く売れる方法やコツを紹介!
振袖は買取に出せる?高く売れる方法やコツを紹介!

成人式や卒業式などの衣装として人気の振袖ですが、数ある着物の種類の中でも特に着る機会・期間が限られているという特徴もあります。

その特別感が振袖の魅力の1つではあるのですが、まだ綺麗な振袖であるにも関わらず、着る機会を失ってしまうというケースも多いようです。

そんな時には、着物買取サービスを利用するのがおすすめです。

振袖は着物買取市場でも活発に取引されており、高額買取される場合もあります。

振袖の買取相場、高く売れる振袖の特徴、買取業者の選び方などをご紹介します。


※一家族・一世帯につき1回限りとなります。
※本キャンペーンは出張買取のみ対象とさせていただきます。
※農機具は対象外となります。
※7月・8月毎月先着5000名様へプレゼント。
※「QUOカードのキャンペーンを見た」とお伝え下さい。

※一家族・一世帯につき1回限りとなります。
※本キャンペーンは出張買取のみ対象とさせていただきます。
※農機具は対象外となります。
※7月・8月毎月先着5000名様へプレゼント。
※「QUOカードのキャンペーンを見た」とお伝え下さい。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

振袖の買取相場はどれくらい?

振袖の買取相場はどれくらい?

振袖の買取相場は「有名作家もの」「カビやシミが無く保存状態が良い」などの条件が揃えば、おおよそ十数万円となるようです。

ただし、振袖はものによって買取相場の幅が広く、「振袖の相場はこれくらい」と一概に言えるものではありません。

生地の素材、ノーブランドか有名産地ものか、作家の知名度や人気、保存状態などによっても買取相場は変動します。

上記の買取相場は、あくまでも目安程度と捉えてください。

振袖以外の着物の買取もお考えの場合には、以下の記事に様々な種類の着物の買取相場をまとめていますので、ぜひご参照ください。

高く買取されやすい振袖とはどんなもの?

高く買取されやすい振袖とはどんなもの?

成人式や卒業式などで安定した需要がある振袖ですが、買取相場は条件によって大きな幅があります。

では、着物買取市場において高く買取されやすい振袖とはどのようなものでしょうか。

高く買取されやすい振袖の特徴についてご紹介します。

「成人式で着ただけ」など新品に近い状態の振袖

傷やシミ・シワ・カビ・虫食い・臭いなどのない振袖は、高く買い取ってもらえる可能性は高いです。

「成人式で着ただけ」など、傷みの少なく新品の状態に近い振袖なら高額買取されやすいでしょう。

ただし、着物は湿気などによってカビやシミが発生しやすいです。

1度しか着ていなくても、長年保管している間に状態が劣化してしまうことはよくありますので、湿気を溜めないように保管方法には注意してください。

保存状態が良ければ、たとえ古い振袖であっても高額買取が期待できるかもしれません。

素材が正絹の振袖

振袖を含む着物の買取において、最も買取価格が高くなりやすい素材は絹(正絹)です。

正絹製の振袖は人気が高く、着物買取市場での需要も多いです。

ただし、正絹は綿やポリエステルなどの化学繊維に比べて特に湿気に弱く、劣化しやすいという弱点があります。

お持ちの振袖が正絹製の場合、早めに買取に出すことをおすすめします。

サイズが大きめの振袖

振袖を含む着物の買取では、サイズは大きめの方が評価が高くなります。

サイズが大きい振袖であれば仕立て直すことで小柄な人も着ることができますが、サイズの小さい振袖を背の高い人が着ることはできません。

サイズが大きい振袖の方がより広い範囲の買い手を対象にできるため、買取業者も積極的に買取しやすいのです。

具体的には身丈160センチ以上、桁丈65センチの振袖の方が買取ってもらいやすいでしょう。

有名呉服店で購入した振袖

ゑり善志ま亀さが美東京ますいわ屋といった着物業界における信用を獲得しているような有名呉服店で購入した振袖は、高く買取してもらいやすくなるでしょう。

これは、有名呉服店への信用がそこで買った振袖の品質への信頼にもつながり、買取市場での需要も高くなりやすいからです。

有名呉服店での購入時には、箱や領収書、店名の入ったたとう紙などの付属品がついて来ることが多いです。

これらは振袖の品質を証明してくれるという点で買取の時にも重要ですから、捨てずに保管しておき、査定時に提示するようにしましょう。

有名作家もの・有名産地ものの振袖

振袖に限らず、有名作家の作品や伝統工芸品などの有名産地ものの着物は、着物買取市場において高く買取されやすいです。

人間国宝をはじめとした有名作家が手がけた作品や、京友禅・加賀友禅などの伝統工芸品の振袖なら、やはり買取市場における需要も高くなるでしょう。

有名作家もの・有名産地ものの価値ある振袖であることを証明してくれるものとして、作家の印である落款(らっかん)・伝統工芸品や有名産地の組合が発行する証紙(しょうし)が挙げられます。

これらは買取の際にも、本物の有名作家もの・有名産地ものであることを証明する助けになってくれます。

査定時に忘れず提示することで、高く買い取ってもらえる可能性はより高くなるでしょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

振袖を売るなら着物専門の買取業者がおすすめ

振袖を売るなら着物専門の買取業者がおすすめ

思い入れのある振袖を買取に出すなら、着物専門の買取業者がおすすめです。

リサイクルショップは着物専門の業者ではなく、フリマアプリやネットオークションでは不特定多数の買い手を相手にするため、振袖の価値がわかる買い手に出会えるとは限りません。

着物専門の買取業者であれば、着物の専門知識や査定実績があるため、振袖の価値をしっかりと見極めたうえで適正な査定金額を出すことができるでしょう。

しかしながら、「着物専門」に絞って買取業者を探すと意外に店舗数は少なく、家の近くに思い当たる店舗が無いという人もいるかもしれません。

そんな時におすすめしたいのが、着物専門の大手買取業者が行っていることの多い「出張買取」サービスです。

出張買取サービスを利用してみよう

出張買取とは、買取業者の査定員が利用者の自宅まで来て査定・買取をしてくれるサービスのことです。

買取店の店頭まで着物を持ち運ぶ必要がなく、自宅にいながら振袖も、一緒に買取に出したい小物類もまとめて買い取ってもらえます。

また、出張費・査定料・キャンセル料などを無料にしている買取業者を選ぶことで、無駄な出費を抑えることができます。

バイセルなら日本全国を出張買取の対象地域としておりますので、ご自宅にいながら振袖を含む着物の処分が可能です。

また、独自の販路によりリサイクルショップや質屋よりも、高い買取金額をご提示できる自信があります。

不要な振袖を処分したいのであれば、ぜひご相談ください。

あなたの着物、あなたが満足する価格で買い取ります。

バイセルの出張買取サービスについて、詳しくは以下をご参照ください。

振袖の種類と歴史

振袖の種類と歴史

振袖は、袖の長さによって大きく「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類に分かれます。

袖がより長い大振袖の方が格が高く、買取価格も高くなりやすいです。

振袖の種類について確認しておきましょう。

大振袖袖丈(腕が入る方向に対して垂直方向の袖の長さ)が三尺三寸(約114~125cm前後)で、おおよそくるぶしの辺りまで袖があります。
未婚女性の第一礼装で、公的な儀式や結婚式・成人式などで着用できます。
中振袖袖丈が二尺八寸(約90~105cm前後)で、おおよそふくらはぎ辺りまで袖があります。
大振袖に次ぐ礼装で、成人式や結婚式などフォーマルな場所で広く着用できます。
小振袖袖丈が二尺三寸(約75~80cm前後)で、おおよそ膝辺りまで袖があります。
袖が短い分、大振袖や中振袖よりも動きやすく、セミフォーマルの衣装としてパーティーやお茶会、観劇などに着用できます。

近年では長身の女性も増えたことから、成人式や結婚式などの衣装として中振袖よりも大振袖を選ぶ人が多くなっています。

着物買取市場での需要の高まりもあり、大振袖が最も高く買取されやすい種類となっています。

振袖の歴史

振袖の元になったのは子ども用の小袖だったと言われていますが、それが転じて現在振袖と呼ばれる和服となったのは江戸時代のことです。

厄除けの意味があった「袖を振る」という行為がいつしか愛情を示すという意味も持つようになり、若い女性の正装として定着するようになりました。

時代を経るごとに振袖の特徴でもある袖は長くなり、元禄時代(1688-1703)には55cmから95cmくらいの袖丈だったものが、江戸末期には95cmから122cmほどになっていたようです。

袖丈が長くなった理由については諸説ありますが、世の中が安定するにつれて文化に対する民衆の関心が高まりがあったと言われます。

娘に舞踊を習わせる習慣が生まれ、その際に身振りを美しく見せるために袖を長大化させていったという経緯があったようです。


 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料