24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

【着物買取を利用するときの注意点】ポイントを押さえて高く売ろう!

【着物買取を利用するときの注意点】ポイントを押さえて高く売ろう!
着物買取の注意点

着物買取を利用するときの注意点を解説しています。着物買取はポイントを押さえないと損をしてしまうこともあります。

有名ブランドの着物や、作家物など高額買取にも期待できる着物の買取を検討中の方はぜひご覧ください。価値のある着物は注意点を押さえて高く売れるようにしましょう。

着物買取の注意点① 着物の売却先に注意

着物の売却先

まず着物を売る方法を簡単にまとめると、

1、オークションやフリマサイト 2、リサイクルショップ 3、着物買取専門業者 の三種類があります。

以下でもう少し詳しくみていきましょう。

1、オークションやフリマサイト

こちらは自分で買取価格を設定することができるため、納得の金額で売る子ことができます。しかしやはり、利用手数料は掛かってしまいますし、出品したとしても確実に売れるかはわかりません。

また出品する着物の価値を把握していないと、相場よりも安く手放してしまうことも考えられますし、郵送したのにお金が支払われなかったり、クレームが来たりと、近年増加中の取引トラブルにも注意が必要です。

2、リサイクルショップ

お近くにリサイクルショップがあれば、手軽に利用することができますし、査定時間にショッピングを楽しむこともできます。しかし、リサイクルショップでの着物買取にも注意が必要です。

リサイクルショップには、着物の買取に特化したお店が少なく、査定員が知識不足のために着物の査定をできない可能性があるのです。最悪の場合、重量によって買取価格が算出されることもありますので、作家物や老舗織元など、価値のある着物を売りたいときには、リサイクルショップでの買取は避けたほうが良いかもしれません。

3、着物買取専門業者

一番オススメの買取方法はこの着物買取専門業者への依頼する方法です。

着物の査定に特化しているので、着物の価値が見落とされることはありません。

また最近では、出張買取をメインに展開している着物買取専門業者も増えていて、重く持ち運びの困難な着物を自宅で売ることができます。出張費や査定手数料、キャンセル料などが無料で利用できますので、積極的に利用しみても良いかもしれません。

着物買取の注意点② 着物は正しい保管で状態を維持する

着物は正しい保管で状態を維持

着物の買取査定では、状態も重要なチェックポイントとなってきます。例え人間国宝や作家物の着物であっても、シミだらけ、カビだらけであれば再販価値が下がるため、買取価格を付けることができなくなってしまいます。

主に査定における状態のチェックでは、・着物のたたみジワはないか ・シミや汚れはないか ・カビや傷みはないか などがポイントになります。

着物買取で人気のある「正絹」の着物は、湿気に弱いという性質があり、桐箪笥にしまっていたとしても知らない間にシミやカビができてしまうこともしばしばです。

また普段から着物を着られている方は、着物の保管に慣れていて保管ジワの付かないたたみ方をご存知の方は多いのですが、あまり着物に馴染みの無い方だと収納一つで状態が劣化してしまいます。

風通しなど定期的なお手入れやなどを欠かさず、適切な方法で保管しましょう。

着物買取の注意点③ 証紙などの付属品も査定に出す

証紙などの付属品も査定に出す

着物を売る時に絶対にあった方がいいものは「証紙」です。査定額に大きな差が出ることもありますので、しっかり確認して査定の時に見せてください。紛失してしまったという方も一度、タンスの中を探してみるとよいかもしれません。

ちなみに証紙には、・伝統工芸品マーク・機械織りか手織りか・素材・染め方・産地の登録商標 などが記載され、伝統工芸品の証として、組合などから発行されるのが一般的です。ですので組合に加盟していない織元の作品であれば、証紙は発行されませんので、「証紙がない=偽物」という訳ではありません。しかし再販価値に影響があるため、証紙の有無が買取価格に影響を与えるのです。

とはいえ伝統工芸品の中には、牛首紬のように落款が押されているものも多く、証紙が査定額に影響ない着物もありますので、まずは一度査定を受けてみるといいでしょう。

着物買取の注意点④ 不当な査定に要注意

着物買取の注意点④ 不当な査定

中古の着物が市場で注目を浴び始めて以来、着物の買取を行う業者の数は増加傾向にあります。中には、価値のある着物であるにも関わらず安く買い取ろうとする業者もいて、度々トラブルも発生いているようです。

着物の価値を把握している方であれば問題ありませんですが、例えば、親族から譲り受けた着物であったり、遺品の着物は、価値を知らない方が売ることもあります。

価値のある着物をしっかりと適切な額で買い取ってくれる業者に依頼することが重要となってきます。近年では、査定手数料やキャンセル料も無料で査定をおこなってくれる業者も増えていますので積極的に複数社に査定を依頼してみるのも良いでしょう。

【着物買取を利用するときの注意点】ポイントを押さえて高く売ろう!:まとめ

今回は、着物買取を利用する際の注意点をお伝えしました。着物買取はポイントを押さえて利用しないと損をしてしまうこともあります。注意点を押さえて一円でも高く売れるようにしましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください