24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

古い着物を寄付する方法や寄付できる着物について徹底解説!

古い着物を寄付する方法や寄付できる着物について徹底解説!
古い着物を寄付する方法や寄付できる着物について徹底解説!

「古くなった着物を寄付したいけど、どこに寄付をすればいいのか分からない」「着物が古くてボロボロだけど、それでも寄付して良いのか」とお悩みの方は多いでしょう。

今回は古くなった着物を寄付する方法をご紹介します。また、寄付以外の選択肢もありますので、併せて検討してみましょう。 本記事の内容を参考にして、自分にとって納得がいく処分方法を選んでください。

古くなった着物を寄付できるところはどこなのか?

古くなった着物を寄付できるところはどこなのか?

そもそも着物を寄付できる場所はどこなのか、どんなところかが分からないと、安心して寄付できませんよね。 着物の寄付を受け付けている団体をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

着物の寄付を受付しているNPO法人へ依頼する

NPO法人の中には寄付された着物をほぼ100%リユースしているところがあります。 国内外に多くの提携先を有し、寄付された着物のほとんどをリサイクルしています。 また、自宅まで引取便を手配してくれ、家にいながら着物を寄付できるNPO法人もあります。

着物の他にも古着・車いす・絵本・ベビーカー・ぬいぐるみ・食器などを引取可能品の対象としているNPO法人があります。 「着物以外にもまとめて処分したい」「着物を寄付することで社会貢献がしたい」と考えている方におすすめです。

NPO法人へ着物寄付の依頼方法

NPO法人のホームページにアクセスし、問い合わせフォームに必要事項(名前や住所など)を記載してメールを送信します。 メールでのやり取りが不安であれば、ホームページに載っているNPO法人の電話番号にかけてみましょう。

ご自身で段ボールを用意して着物など不用品を入れ、しっかり梱包しておきます。 また、寄付を行っているNPO法人によっては費用がかかる場合もありますので寄付申し込み前に確認が必要です。

申し込み後、NPO法人から伝票が届きますので、段ボールに貼り付けて送れば寄付完了です。 ※依頼方法や寄付の流れはNPO法人により異なります。寄付する前にNPO法人のホームページなどで確認しておきましょう。

世界各国へ物資支援という形で活動を行っているNGO団体へ寄付する

着物に限らず文房具・カバン類・スポーツ用品・化粧品・人形・など、様々な不用品を物資として世界各国に届ける活動をしているNGO団体が多いです。 もちろん着物類の中でも、帯・下駄・足袋・扇子などの小物も回収対象となり、シワや汚れなどがある傷んだ状態でもOKです。

集荷は沖縄や離島も含めて対応しており、日本全国から不用品を送ることができるNGO団体もあります。 利用者が集荷後に払った寄付金は日本赤十字社・国境なき医師団・交通遺児育英会などへ寄付金として送られるので、物資支援だけに留まらず幅広い活動に貢献できます。

途上国だけでなく日本国内での活動にも役立てられるので、着物を寄付するだけで日本を含めた世界の国々へ社会貢献度の高い活動に参加することが可能です。NGO団体に送った物や支払った寄付金は、すべて大切に利用されるので心置きなく寄付できますね。

NGO団体への寄付するための依頼方法

団体のホームページにアクセスし、問い合わせフォームに必要事項(名前や住所など)を記載してメールを送信します。 NGO団体が利用者の自宅に宅配業者を手配してくれますので、集荷日までに回収費用を銀行振込または現金決済にて支払います。

段ボールを用意して着物をはじめとする不用品を詰め、集荷日になった業者に渡しましょう。 これで寄付は完了となります。 ※依頼方法や寄付の流れはNGO団体により異なります。寄付する前にNGO団体のホームページなどで確認してください。

リサイクル活動を積極的に行っている市民団体へ寄付する

市民によって設立された、古着・古布でつながれるネットワークもあります。 例えば2~3ヶ月に1度の定期ペースで様々な都市の回収拠点へ、着物を含む古着や古布の回収に出向いています。

主に消費者グループや生協などの市民団体が活動していますが、個人でも参加可能なところもあります。 近所に回収拠点がある場合は着物などを袋に入れて持ち寄り、遠方にお住まいの場合は直接回収工場に郵送することで着物の寄付することができます。

着物・帯・和布・和装小物類を寄付した際は、少し汚れていたり破れていたりする程度ならリサイクルされます。 市民団体主催で定期的にフェアが開かれることもあり、たくさんの着物・帯などが手頃な値段で多くの着物愛好者に引き取られます。

海外の着物愛好家にも好評であり、寄付された着物などは世界中で新しく活用されます。フェアで集まった収益の一部を基金として積み立てており、国内外の被災地へ支援として利用している市民団体もあります。

任意ボランティアでの活動なので送料は自己負担となりますが、それ以外に寄付金などのお金は発生しませんので、なるべく出費を抑えつつ寄付したい人におすすめです。

市民団体への依頼方法や寄付の流れ

ご自身で回収拠点へ着物を持ち込んで寄付します。 回収拠点や日程は市民団体のホームページに記載されていますので、自宅の最寄りの場所で行われていないか確認してみましょう。

近くに回収拠点がない場合は、ホームページにて指定されている業者や市民団体宛てに着物を郵送します。 ※依頼方法や寄付の流れは市民団体により異なります。寄付する前に市民団体のホームページなどで確認してください。

古い着物を寄付した後、古い着物はどう活用されるの?

古い着物を寄付した後はどうなるの?

寄付した後、着物や帯についてその後どうなるのか、ここで簡単にまとめました。

国内外で再利用される

国内・国外を問わず、中古品の着物として販売されたりリユースされたりします。 そのまま衣服や布生地として売られる場合もあれば、日本から輸出時に大きなものを積み込むコンテナ内の緩衝材として再利用される場合もあります。

まだまだ着られる着物が、必要としている誰かに使ってもらえるのは嬉しいですよね。 着物を処分するという心苦しさがなく、気持ちよく送り出せます。

発展途上国への支援

寄付金はワクチン代として、寄付した着物などは物資として発展途上国へ送られるので社会貢献ができます。 自分にとって不要だとしても、世界の誰かにとっては必要不可欠なものになると思えば、「不用品が物資として誰かの役に立つことができた」と思えば晴れ晴れとした気持ちで着物を手放せますね。

リメイクされる

生地がカビやシミによってそのままでは使うことができないなど、どうしても原型を留めたまま再利用ができない着物は、裁断されて綺麗な部分だけ残してリメイクされます。 着物はトートバッグや下駄の鼻緒などに、帯はタペストリーや手鏡の背面・持ち手などに生まれ変わります。

小さく残った布はコインケースやペンケースなどとして作ることができ、生地を余すことなく再利用されます。着物や帯としては使えなくても、小物や雑貨として使えます。 日本人のもったいない精神が生んだ、有効な活用方法と言えるでしょう。

古い着物を寄付するメリットとデメリット

古い着物を寄付するメリットとデメリット

古い着物を寄付に出すことのメリットとデメリットは何でしょうか。納得して寄付できるように、着物を寄付に出す前に見直してみましょう。

古い着物を寄付するデメリット

まずデメリットですが、これは着物を寄付すること自体にお金がかかる団体があるという点です。 前述したように社会貢献のために必要なお金ですが、少しでも出費を抑えたいという人にとってはデメリットです。

また寄付金という形でなくても交通費や送料としてお金を支払わなければならない場合もあり、完全無料で着物を寄付に出すことは難しいようです。

古い着物を寄付するメリット

ゴミとして焼却処分してしまうのではなく、他国で再販やリユースされて有意義に再利用されるのが最大のメリットです。 せっかく自分の手元から離れるなら、誰かに楽しく活用してもらいたいですよね。

心置きなく処分できるので、精神的負担がなく安心できます。また、貧しい国々の子どもたちにワクチンを届け、命を救う活動に参加できます。

寄付以外で古い着物を処分する4つの方法

寄付以外で古い着物を処分する4つの方法

寄付に出す以外で着物を処分する方法はあるのでしょうか。また、それぞれの方法のメリットとデメリットは何でしょうか。簡単に解説しますので、どの方法が自分に向いているか検討してみてください。

1. オークションに出す

デメリット

「落札したのにいつまで経っても買い手が代金を支払わず、先に着物を送るよう要求される」「着物を発送してから10日も経つのに、買い手から未だに届いていないと連絡が来た」など、売り手・買い手・配達業者の間でトラブルになる可能性があります。

売り手・買い手は互いに直接顔を合わせないでやり取りするので相手がどんな人か分からない、配達業者が荷物を預かっている間は具体的に着物がどうなっているか正確には分からない、と不安要素がたくさんあります。 手軽に着物を出品・落札できる反面、オークションでの取引はリスクを伴います。

メリット

オークションのメリットはパソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでも出品できたり買い手と取引できたりして便利な点が挙げられます。

着物の写真を撮って最低限必要な情報(新品か中古か、着物の状態など)を説明文として書けば、誰でも着物を売ることが可能です。 また人と対面でコミュニケーションを取ることが苦手でも取引が行えます。

2. リサイクルショップに売りに行く

デメリット

素材や丈にもよりますが、着物は1枚で1キログラムほどあり持ち運ぶのが大変です。 リサイクルショップに持ち込むとしても、着物を抱えて歩くだけでも大変なのに、着物が入る大きさの箱やバッグを用意するなど手間がかかります。 また、シワができたり汚れがついたりする可能性があるので、査定額が低くなってしまう恐れがあります。

メリット

店舗が近所にあれば即座に売ることができ、手っ取り早くお金を手に入れたい人には向いています。 大型の店舗であれば着物を持っていくついでに、家電や日用品など他の商品を持ち込むことができ、まとめてたくさんの物を売りたい人にはおすすめです。 また、着物を査定してもらっている間にショッピングができるなど、時間を有効に使えます。

3. 着物買取専門店に買い取ってもらう

デメリット

自宅まで査定員が来てくれる出張買取サービスというものがありますが、これをを利用する場合、査定員が来る日時を決めなくてはなりません。

自分の都合の良い日・時間を設定せねばならず、プライベートの時間があまり取れない人には不向きでしょう。また、いくら信頼できる買取業者とは言え他人を自宅に上げることに抵抗がある人にとってはデメリットでしょう。

また、着物の宅配買取サービスを利用する場合、着物にシワができないように気を使ってダンボールに入れたり、配達伝票を書いたりするなど細々した作業が必要です。

また、この方法では梱包・配送時に着物に傷や汚れがついたり糸がほつれたりして、実際に査定する場面では状態が悪くなっている可能性があります。

メリット

着物専門の買取業者を利用すれば、着物の価値に見合った買取価格を提示してもらえる点がメリットです。着物に関する知識は豊富であり、また査定する際の審美眼を持っています。

査定に出された品物が有名作家の作品か、どれだけ繊細なデザインが施されているか、いかに複雑な技法が用いられているかなど、着物査定のプロとしてしっかり見定めてくれるからです。

着物を買い取る際には、着物の状態の良し悪しや着物市場での需要などから価値相応の値段をつけてくれるので安心・信頼できます。 また、査定料や買取料などの手数料を無料としている買取業者も多く、無駄な出費を抑えられるのもメリットの1つに挙げられます。

4. 質屋に買い取ってもらう

デメリット

質屋は着物に限らず様々なものを取り扱っているので、着物に詳しく精通している査定員がいるかは不明です。本当はもっと価値があり高値で買い取ってもらえるはずなのに、着物の知識や査定技術が曖昧な故に、価値に見合わない価格で買い取られることがあると考えらえます。 上記の理由から、買取価格の妥当性に重きを置いている場合、質屋の利用は堅実と言えないでしょう。

メリット

質屋は一時預かり金という形で現金と引き換えて取引しますので、期限内であれば着物を取り戻すことができます。「着物を売ってしまったけど、やっぱり手元に残しておきたい」と思っても、取り返しがつきますので安心できます。

着物を捨てることはNG

着物をゴミとして捨てることはおすすめできません。上記で紹介したように、不要な着物はいくらでも使い道があります。もういらないからと安易に捨ててしまうのは大変もったいないです。また、焼却処分となると環境破壊にもつながるので、推奨される行為とは言えないでしょう。

加えて、自治体によっては着物を一般ゴミとして処分できない可能性があります。着物は粗大ゴミに分類され、場合によっては回収時に料金が発生するかもしれません。ゴミに出すとしても費用がかかるくらいなら、団体に寄付したり買取業者で買い取ってもらったりリメイクしたりするなど有効活用すべきでしょう。

「バイセル(BUYSELL)」が選ばれている6つの魅力

「バイセル(BUYSELL)」が選ばれている6つの魅力

バイセルは着物買取市場において、トップクラスの知名度と実績がある買取業者です。バイセルが人気である理由をまとめましたので、ぜひ利用を検討してみてください。

最短で即日での対応

バイセルは買取の最短での対応をコンセプトにしています。なるべく早くお客様の元に駆け付け、査定したものをスピーディーに買い取ることでお客様からの信頼を獲得してきました。「できるだけ早く売りに出したい」とお考えの方におすすめの買取業者となっています。

手数料は無料

バイセルでは手数料を無料に設定して査定を行っています。査定料はもちろん、出張料や宅配査定時にかかる商品の送料、買取のキャンセル料は一切かかりません。余計な出費がかからないので、不安なく気軽に査定に出せますので安心できますね。

状態が悪くても査定してくれる

バイセルでは中古品の着物の査定を歓迎しています。着物の一部にシミやシワなどがあっても、全体の状態が良ければ買い取ってもらえる可能性が高いです。着物に使用感があっても、まだまだ着られそうだと思ったら、ぜひ問い合わせてみましょう。

専門性の高い査定員がいる

バイセルでは査定員の査定技術向上や商品知識を増やすため、日々勉強会を行っています。査定した商品に正しい買値をつけられるように、常に高い査定レベルを保つよう心掛けています。査定のプロとして専門性を高め続け、お客様に安心して取引してもらえるよう精進しています。

買取実績が業界でトップクラス

バイセルでは月間20,000件(※2018年度当社合計の問い合わせ数(当社調べ))以上の問い合わせ件数を誇っており、買取業界においてはトップクラスの実績があります。それだけ今までに多くのユーザーに対応してきましたので、お客様からの安心・信頼度の高さは他の業者に負けません。

買取ジャンルが幅広い

バイセルでは着物の他にも貴金属やお酒、ブランドバッグや切手などを取り扱っています。様々なジャンルの商品を買い取ることができますので、着物以外にも査定してもらいたいものがあれば一緒に買い取ってくれるかもしれません。1社で多くの商品を買い取ってもらえると手間がなく楽ですね。

古くなった着物を寄付する方法おさらい

古くなった着物を寄付する方法まとめ

古くなった着物を寄付する方法をご紹介してきました。最後となりますので、記事の中でも特に大切であり心に留めておいていただきたいことをまとめました。以下の点に注意して着物を寄付に出したり、他の処分方法を検討したりしてくださいね。

寄付できる場所を把握する

着物を寄付できる団体は、今回ご紹介したところ以外にもたくさんあります。自分が着物を寄付する際は、どの団体なら納得して寄付できるか、着物を有効活用してくれそうかを検討し、信頼が置けるところに寄付しましょう。

古い着物を寄付するメリットやデメリットを知る

着物を寄付するときには、着物に新しい活用法を与えることができるというメリットと、寄付するためにお金がかかるというデメリットが存在します。着物を寄付した後に「寄付しなきゃよかった」と悔いが残らないようにするためにも、メリット・デメリットを知っておきましょう。

寄付以外の着物を処分する選択肢を知る

着物の処分方法は、寄付だけがすべてではありません。上記で紹介したように、着物専門の買取業者に買い取ってもらったり、リサイクルショップに売ったりすることもできます。

家族や知り合いに譲るのも選択肢の1つでしょう。自分が安心して着物を手放せるにはどうしたら良いかとしっかり見極め、後悔しないように処分しましょう。

まとめ:賢く着物を処分するなら寄付よりも着物専門の買取業者の利用がベスト

古くなった着物を寄付する方法まとめ

寄付する以外で古い着物を処分したい、せっかく手放すならお金に変えたいとお思いであれば、着物専門の買取業者に査定してもらうことが断然おすすめです。 買取業者に頼めば、着物の価値に見合った買取価格を提示してもらえますし、実績のある業者を選べばトラブルに巻き込まれる可能性も低いです。

出張買取サービスを利用すれば、自宅にいながら手間なく取引ができますし、着物を持ち運ぶなど大変な思いをすることもありません。 着物の処分方法としてメリットがたくさんありますので、是非とも活用してみてください。

また、着物専門を掲げているだけあり、一般的な買取業者よりも幅広い着物を取り扱っていることも強くおすすめできる理由です。 オーソドックスな振袖や訪問着などはもちろん、人生で1回しか着る機会がない七五三の着物も、もう2度と着ないであろう婚礼礼装も、代々の家紋が入っている紋付も、状態が良ければ買い取ってもらえる可能性があります。

他の買取業者で査定を断られたものでも、価値があると判断されれば状態次第では買取金額がつくかもしれません。「買取自体が可能か分からない」「買い取ってもらえるとしたら金額はどのくらいか知りたい」という場合でも、まずは気軽に相談してみましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください