ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について
また出張買取のご相談が増えコールセンターにお電話が殺到しております。つながらない場合はおかけ直し下さい。 0120-542-668 ) 0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

高級呉服の買取相場はどのくらい?高く売るポイントをご紹介!

高級呉服の買取相場はどのくらい?高く売るポイントをご紹介!
  高級呉服の買取相場はどのくらい?高く売るポイントをご紹介!

特別な日の礼服として高級呉服を購入したけれど、その後なかなか着る機会がなく、箪笥の肥やしになっているという方も少なくないでしょう。

高いお金を出して購入した高級呉服をただ捨てるというのも、もったいないですよね。

不要になった高級呉服は、着物の価値が分かる買取業者に買い取ってもらうことをおすすめします。

「そもそも高級呉服とは?」「高級呉服の買取相場や売却方法は?」

このような疑問にお答えしつつ、高級呉服を高額買取してもらうためのポイントをご紹介します。

どんな着物が「高級呉服」になるの?

どんな着物が「高級呉服」になるの?

「高級呉服」と一口に言っても、具体的にどのような着物のことを指すのでしょうか。

「高級呉服」に当たる種類について、説明していきます。

高級呉服の種類:作家の着物

有名作家が手掛けた着物は「高級呉服」に当たるものが多いです。

特に人間国宝に認定された作家によって作られた着物は、高く売れる傾向にあります。

人間国宝に認定された作家は、辻が花の復興に尽力した久保田一竹(くぼたいちく)や、伝統的な加賀友禅に日本画の技法も取り入れた木村雨山(きむらうざん)、羽田友禅とも呼ばれるおしどり模様が有名な羽田登喜男(はたときお)などがいます。

高級呉服の種類:産地の着物

高級呉服の種類:産地の着物

着物の名産地と呼ばれる場所で作られた高級呉服は、年々生産数が減ってきている所もあることから希少性が高いと言われています。

有名産地の着物の種類として、東京の黄八丈、鹿児島県の大島紬、沖縄県の琉球紅型(びんがた)などが挙げられます。

高級呉服の種類:百貨店の着物

百貨店の中には元々呉服屋だった所もあることから、百貨店で作られた着物は質の良い着物であることが多いです。

百貨店で作られた着物は「百貨店ブランド」とも呼ばれ「高級呉服」に入るでしょう。

特に三越(現・三越伊勢丹)で売られている呉服は、格式が高いと言われています。

高級呉服の種類:老舗呉服店の着物

高級呉服の種類:老舗呉服店の着物

有名な老舗呉服店で買った着物は、熟練した職人による国内仕立ての着物がほとんどです。

素材や染め・織りなどにこだわって1枚ずつ丁寧に作られた着物は、大量生産の着物と異なって良質なため「高級呉服」と言えます。

有名な老舗呉服店は、天正12年創業の「京ごふく ゑり善(えりぜん)」、全国に100店舗以上展開している「きものやまと」、銀座に本店をかまえる「銀座きしや」などがあります。

高級呉服の買取相場

高級呉服の買取相場

高級呉服の買取相場を、保存状態が良いことを前提として種類ごとにまとめました。

買取店舗や買取時期によっても相場が異なることがあるので、参考までにご覧ください。

高級呉服の一例買取相場
作家:久保田一竹約30万円前後
作家:木村雨山約20万円前後
作家:羽田登喜男約10~15万円
織着物:大島紬約20万円前後
織着物:黄八丈約18万円前後
織着物:郡上紬約15万円前後

※着物の状態によっては値段が付かない場合もあります。

※色・加工・丈などが買取相場に影響する場合があります。

高級呉服を高額買取してもらうためのポイント

高級呉服を高額買取してもらうためのポイント

せっかく高級呉服を買取に出すなら、なるべく高く売りたいですよね。

思い入れのある高級呉服や、これまで大事にとっておいたのなら尚更です。

高級呉服を高額買取してもらうために押さえておいてほしいポイントをご紹介します。

証紙や落款の有無を確認する

まず、お持ちの呉服に証紙落款がついているか確認しましょう。

高級呉服の買取において大切なのは「高級呉服である証」です。

証紙は、品質証明となり、たいていは購入時に付属する反物につきます。

落款は、その作家が仕立てたという証明になり、主に着物のおくみか衿先に刻印されています。

証紙や落款がついていれば、買取時に「高級呉服であること」が査定員に把握してもらえ、本来の価値を簡単に伝えることができます。

着物が劣化する前に買取へ出す

着物は劣化する前に買取してもらうことが大事です。

着物は着れば着るほど、化粧・皮脂・ホコリなどが付着していきます。

着物は一般の家庭ではなかなか洗濯できないので、汚れてしまうと少し厄介です。

また、普段着物を着ない場合でも、経年劣化は免れないですし、こまめにお手入れをしていないとカビ・虫食いなどが発生してしまうこともあります。

せっかくの「高級呉服」の価値を下げないために、着物は「不要」と感じたときにすぐ買取へ出すのが得策です。

高級呉服はどこで売ればいい?

高級呉服はどこで売ればいい?

高級呉服などの着物を売るには、いくつかの売却先があります。

代表的なのはリサイクルショップ・古着屋・質屋・ネットオークション・着物専門の買取業者などでしょうか。

買取方法の種類がたくさんあると、高級呉服はどこで買い取ってもらうのが一番良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

高級呉服の代表的な「避けた方が良い売却先」と「おすすめの売却先」をご紹介します。

避けた方が良い売却先

高級呉服を売却する際にはリサイクルショップ・古着屋を売却先として選ぶのは避けたほうが良いでしょう。

これらの買取店の場合、着物を専門として扱っているわけではなく、あくまでも「衣類のうちの1つ」とみなしている店舗も多いです。

着物の価値ではなく重さのみで査定額を算出する重量査定にて査定額が決められることも少なくありません。

また、このような店舗には、着物に精通しているスタッフがそもそもいない可能性が高いです。

着物の歴史は古く、多種多様な着物が生み出されてきました。

着物の正確な価値を把握するためには、着物の専門知識をもつ査定スタッフが査定に当たる必要があります。

高級呉服を売却するときは、確かな着物の知識を持つ査定スタッフが在籍している業者を選ぶことが大切です。

おすすめの売却先

おすすめの売却先

高級呉服を売却する際には、着物専門の買取業者を選ぶのが得策と言えます。

着物本来がもつ正確な価値を判断するためには、着物の専門知識をもつ査定スタッフに見てもらうのが大事です。

着物専門の買取業者であれば、着物に関して専門知識や買取経験を多くもつ査定スタッフが在籍しており、お持ちの着物をしっかり査定してもらえます。

また、着物専門の買取業者の多くは、独自の販路をもっていることが多いです。

買取可能な着物の種類が豊富であったり、買取金額も他の買取店などを利用するより高くなる傾向があります。

高級呉服の高価買取を目指すのであれば、着物専門の買取業者を利用した方が良いでしょう。

良い着物専門の買取業者を選ぶコツ

良い着物専門の買取業者を選ぶ際に、着物の買取実績がどれだけ豊富か見ることが大切です。

また、高級呉服の売却先として検討している買取業者の口コミ・レビューを調べることも非常に重要な要素と言えます。

口コミ・レビューは実際に買取業者を利用した方の声なので、評判が高ければ高いほど良い買取業者ということが分かります。

インターネット上で「(着物の買取業者名) 口コミ」や「(着物の買取業者名) 評判」と検索すると、簡単に口コミやレビューを調べられるので、高級呉服を売却する前に下調べをしておくと良いでしょう。

高級呉服を売るときは「出張買取」がおすすめ!

高級呉服を売るときは「出張買取」がおすすめ!

着物専門の買取業者へ高級呉服を買取に出す場合「持ち込み買取」「宅配買取」「出張買取」の3つから選べることがあります。

「持ち込み買取」とは、自分で品物を店舗へ持ち込んで買取をしてもらう方法ですが、高級呉服の場合は運んでいる途中に汚してしまったり、傷をつけてしまったりするのが心配です。

また「宅配買取」を利用するにしても、着物の枚数が多い方は1着1着梱包するのが手間になってしまうでしょう。

さらに、買取業者から自宅まで宅配キットを配送してもらい、着物を返送し、査定、査定額を確認して振り込み、と手順が多いので時間がかかってしまうこともあります。

そこで、高級呉服を売るのにおすすめなのが「出張買取」です。

買取業者のプロの査定員が利用者の家まで来てくれ、査定を行ってくれます。

そのため、利用者の作業の手間はほぼ不要ですし、着物を汚す心配もありません。

ほとんどのところは手数料が無料なので、査定額が折り合わなければキャンセルも可能です。

以下は出張買取のポイントをまとめたものです。

ポイントまとめ

・自宅に居ながら、直接査定員の査定を受けられる。

・基本的に予約制のため、自分の都合に合わせて利用できる。

・売りに出したい品物が大量でも、運ぶ手間なく査定・買取まで行ってくれる。

・査定額に満足できればその場で即現金化できる。

複数の業者に出張買取に来てもらい、一番高い査定額を出したところに売るのがより賢明です。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください