ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【着物コラム】柄行きと買取価格の関係

【着物コラム】柄行きと買取価格の関係
柄行きと買取価格の関係

着物買取りの時に、査定に影響がある大切なポイントの一つとして、柄行きがあります。

着物の柄は流行り廃りがないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、それは古くからの伝統を受け継いでいる古典柄に限られています。

着物は査定してみないとわからない

現在では和装をする機会が少なくなった分、古典柄にこだわらずに様々な色柄の着物が出ており、こういったものの一部の柄行きは、流行が過ぎると他の帯や和装品とのコーディネートがしずらくなり着られなくなる可能性も考えられます。

ただし、現代柄の場合にはあまりに奇抜な柄だと着物買取り業者があまり良い対応をされないケースもあります。

現在流行っているとしても、着物買取りをしてから転売するまでの間にある程度時間がかかりますので、流行ではない、その着物自体に魅力がなければ売れるかどうかがわかりにくいからです。

捨てようとしている着物には実は需要が高い

逆に、祖母が着ていたような古い着物の場合、着物本来の使い道以外に、仕立て直して人形の衣装やリメイク着物などに再利用する方法も可能で、意外と需要はあります。

長期間収納されていても保管状態がよければ着物買取りの価格は高額になる可能性がありますので、たんすの中を整理してみて処分を考えているものがあれば、一度査定に出してみましょう。

なお、着物買取りのときに注意されるのは、流行りすたりとしての柄行きだけではありません。

着物は一般的に、柄によって格が決まり、肩から袖や裾まで柄が通っているものは袖が長ければ振袖、短いものは訪問着といいます。

(きものハンガーに掛けられた振袖と訪問着のそれぞれの写真をご覧になると袖の長さで両者が容易に判別できると思います。)

また、紋が入っていて裾に模様が入っているものは(色)留袖、裾周りに柄が入っているのはつけ下げ、全体的に小さい柄がちりばめられているのが小紋、全く何も模様が入っていないものが色無地です。

着物を正当に評価される方法

ほとんどの場合、格の高い礼装着である袖黒留や本振袖のほうが外出着である付け下げや友禅よりも着物買取りの価格も高額なるのが一般的な相場ですが、紋は家によって異なるため、査定のときの評価が分かれます。

着物買取りをされる際には、あなたの着物がこれらのうちどれに該当するかの情報をインターネットの口コミサイトやランキングサイト等で調べてから、お客様のご自宅に直接訪問する出張査定や宅配便を利用した査定を依頼するか、あるいは店舗へ持ち込んだほうが良いでしょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料