24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

【着物コラム】素材と買取価格の関係

【着物コラム】素材と買取価格の関係
素材と買取価格の関係

着物買取りのときに、ほとんどの業者がつけている条件の一つに正絹という素材かどうかというものがあります。

正絹であってもシミや傷、汚れなどが酷い場合には着物買取りに出せない場合もあります。

ここでは買取業者が素材という点でチェックするポイントをまとめました。

正絹の着物は価値が高い

もっとも、着物買取り業者の中には、正絹の着物を一定枚数買取りに出すことを条件に、ウールや化繊などでも状態の良い着物であれば引き取り対応をしてくれるところもあります。

その場合でも、正絹以外の着物だけを引き取るところはほとんどありません。それほど、正絹の着物だけが『きもの』としての需要を保有しているといえます。

もちろん、お稽古着などでウールや化繊の着物を敢えて選び、購入するお客様もいるため、 条件を満たすことで、正絹以外の着物にも値段がつけられることがありますが、高額の買取りは期待しないほうが良いでしょう。

たとえ状態が良く色柄が人気のあるものだとしても、素材が違うというだけで価値や評価は大きく下がってしまうのが実情なのです。

このように素材別の価値を考えてみても買取りにおいても、正絹の価格は群を抜いています。

同じ品格の正絹であっても加工等で価値が大きく変わる

しかし、同じ品格の正絹であったとしても、加賀友禅や訪問着、振袖、又その他の和装品等、施される加工によって買取時の価値や値段が変わってくることがあります。

需要の高い色合いや柄が値段を決める大切な要素であることはもちろんですが、色々な人が着られるようなサイズであること、コーディネートがしやすいものや、美品であること、有名な作家が時間をかけて手がけたものであるなど実に様々な条件もあります。

しかしそれらが似たような場合でも、正絹の重みで着物買取り価格が変わるケースもあるのです。

正絹の重みは匁(もんめ)という単位で表されます。質の良いものは反物の端や付属のタグなどに匁の情報が書かれている場合もあるのですが、この数字が大きいほど使われている絹の量が多いということになり、着物買取りの相場としては一般的に高額になります。

価値ある着物を売るなら着物買取の専門店へ

着物に仕立てられたものの場合、軽いものと重い物を比べて触れてみると、明らかに質が違うことに気づくでしょう。

あなたのたんすの中に収納してある着物の中に、上記でご紹介したような品があるかもしれませんので、一度整理をする際はご確認いただくことをおすすめします。

着物買取りにおける買取方法は、大きく分けて3つあり、店舗への持込み、査定員がお客様宅へ訪問して行う出張査定、そして一切対面をせずに取引を行う宅配査定があります。

もしあなたが着物を手放したい、売りたいと考えているならば、どれが一番自分の都合に合っているか、買取方法・査定方法を事前に検討してみてください。

バイセルなら上記3つの買取方法から自由に選ぶことができ、土日祝日も受付・査定が可能なうえに実績も豊富です。

眠っている着物の相談や、売りたい和服、処分したい呉服など幅広く対応していますので、まずは気軽に相談の連絡をしてみる事をお勧めします。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください