24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

石川県指定無形文化財「牛首紬」の買取相場は?損せず買い取ってもらう方法もご紹介!

石川県指定無形文化財「牛首紬」の買取相場は?損せず買い取ってもらう方法もご紹介!
着物

「牛首紬(うしくびつむぎ)」は知名度が高い着物で、さらに生産量が少ないため高い希少性も有しています。

そのため、保存状態が良好なものを買取に出せば高い査定額が得られる可能性があります。 牛首紬を買取に出そうか検討しているが、牛首紬の中古着物市場での相場や価値、そして買取に出す方法や注意点がわからなくてお困りの人はいませんか。

当記事では牛首紬の市場での相場や価値についての解説を中心に、その高度な製造過程、文化的な重要性などについても紹介していきたく思います。

牛首紬の高い人気について

着物

牛首紬は歴史的にも非常に高い価値のある「紬織物(つむぎおりもの)」です。 紬織物の中でも、特に人気の高い三種類を「日本三大紬」あるいは単に「三大紬」と呼ぶのですが、三大紬の一つとして牛首紬は良く名前が挙げられます。

国の重要無形文化財に指定されている「結城紬(ゆうきつむぎ)」と、主に奄美諸島で生産され伝統的工芸品に認定されている「大島紬(おおしまつむぎ)」の2種類は三大紬というと必ず含まれます。

ところが、三大紬の第三の地位については「塩沢紬(しおざわつむぎ)」「上田紬(うえだつむぎ)」その他いろんな候補が存在します。いずれも人気が高く上質で、高名な紬織物です。

こうした人気と質を兼ね備えた多くの紬織物における牛首紬は、三大紬の一つとして名を挙げる着物愛好家が多いほど、広く認知されていて非常に高い人気を誇る紬織物なのです。

牛首紬は石川県指定無形文化財などに指定されている

牛首紬は1979年に演劇・音楽・工芸技術などの「物質としては残らない貴重で価値ある存在」を保護・振興する「石川県指定無形文化財」に指定されました。

「無形」文化財なので着物としての牛首紬にではなく、その製作過程のうちの特定の工芸技術に対して与えられたことになります。

牛首紬は石川県指定無形文化財だけではなく、経済産業大臣によって与えられる「伝統的工芸品」にも指定されています。

また2007年には、事業協同組合などが申請できる、多くの人々に知られ世の中に広まっている商品などの名称を商標登録できる「地域団体商標」に「石川県牛首紬生産振興協同組合」が牛首紬を登録しました。

石川県牛首紬生産振興協同組合は、牛首紬の製造技術の向上やより多くの人・多くの地域への振興、需要の拡大などを行う1983年発足の組合です。

こうした受容のされ方が示すように、牛首紬は「単に人気がある着物の一つ」ではありません。

牛首紬は非常に高度な技術によって製作される、古くから重宝され続けてきた着物であり、そして積極的に保護され後世に残されるべき日本の貴重な伝統品なのです。

牛首紬とはどんなものか

着物女性

ここからは牛首紬という珍しい名称の由来や生産工程、着物としての特徴などについて解説していきます。

名称の由来

牛首紬の産地は石川県の白山(はくさん)市に含まれる白峰地区(旧白峰村)です。明治の初期頃まで、この白峰村の中心地が「牛首」と称されていたので「牛首紬」の名称は生まれました。

この牛首と呼ばれていた地域は、ダムの建設により既に存在していません。現在では石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる日本百名山の一つ「白山」の麓に主な生産地を移して製造が続けられています。

生産工程の特徴

牛首紬がどのように作られているのか、その特徴について知りたい方も多いのではないでしょうか。ここでは牛首紬の織り方の中でも、特に独自の特徴について紹介します。

蚕(かいこ)が成長過程で作る繭(まゆ)から紡いで得られるのが、絹糸です。一般的に「絹織物」と呼ばれる種類の着物は、一匹の蚕の作る繭を一本の長い糸として引き出し、それを紡いで織っていくことで製造されます。

牛首紬は、二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭(たままゆ)」から糸を紡いで、織られていきます。ちなみに玉繭は、繭の生産量の2~3%程度の確率で得られるようです。

二匹の蚕が作り上げる玉繭は、二本の糸が複雑に絡まりあっているので、そこから織物の原料として使えるよう巧みに糸を引き出すのは非常に高度な技術を要します。

石川県指定無形文化財に認められる要件として「全ての糸が玉繭から直接引き出されたものであること」と定められているほどに、この工程が困難かつ重要です。

二本の糸が絡み合ったものを織ってできあがる着物には節が残ってしまいますが、これは見栄えにおける味のある特徴として、愛好されるポイントでもあります。

さらに、不規則に絡み合った糸によって織られる布地は強度に非常に優れており、板に刺さった釘を引き抜けるほどの強度を持つという比喩で「釘抜紬」の通称を持つほどです。

着物としての特徴

牛首紬と他の紬織物との大きな違いは、二匹の蚕が一つの繭を共同で作る玉繭から糸をひきだして紡いで織られることです。

二本の糸が絡まりあうことで節が発生しますが、それは独特の立体的な風合いとして好まれます。

そしてなにより、複雑な絡まり方をした二本の糸を紡いで織られる布地は非常に優れた強度を誇ります。

そのため貴重な着物として扱われ収集の対象となるまでの間は、気軽に着用できる普段着や野良着・作業着として重宝され、親子二代にわたって着られる程に丈夫だったと言われています。

節が不規則に生じている点など、いわゆる絹の持つ「繊細・滑らか・無垢」のイメージとは異なる独特の風合いを持ちながら、それに併せて絹織物としての上質な品位は保たれています。

遠目には木綿の着物にも見えるが、近くでよく見ると絹織物の品位が認識できるほどです。そのため、江戸時代に奢侈禁止令で絹織物が贅沢品として着用を禁止された際には、紬織物を木綿と称して纏い、江戸の町民たちがお忍びでおしゃれを楽しんだという逸話があります。

牛首紬の買取相場はいくらくらい?

女性

牛首紬の相場価格は保存状態が良好であれば数万円程度で、ものにより十万円を超える可能性もあります。

訪問着や冠婚葬祭で着るようなフォーマルな場における正装としての着物ではなく、普段使いやちょっとした食事会などの外出のための着物としては、相場は相対的に高いと言っていいでしょう。

実は、公式に牛首紬と認められる着物を生産しているのは、「加藤機業場」と「白山工房」というたった二カ所の工房です。

白山工房はより広い層に訴えるような、牛首紬の新しいスタイルを追及する志向があります。そのため、ものによっては全行程が手作業ではなく、機械織によって織られていることがあります。

対して加藤機業場はすべて手作業という点にこだわっていて、伝統的な昔ながらの牛首紬の伝承を重視しているようです。

そのため生産量は加藤機業場の方が少なく、希少性が高いということになります。 一概にどちらの工房の品の方が絶対に高く売れるとは言えませんが、査定額を想定する時には参考になる違いと言えます。

牛首紬を買取に出す際のポイント

人

保存状態が良好な品であれば、牛首紬は相場価格が基本的に高くなる可能性のある紬織物ですが、その本来の価値を査定額に反映させるには、いくつかの注意点とポイントがあります。

証紙は必ず一緒に査定してもらいましょう

牛首紬を買取に出す場合に査定額に大きく影響するのが、「証紙(しょうし)」というものの存在です。

証紙は着物の品質保証となるもので、産地や工房の情報や伝統工芸品のマーク、無形文化財であることを明記する印等が記載されたものです。本物の牛首紬を購入した場合には、必ず付属されます。

人気があり相場価格も高く、希少性もある牛首紬ですから、レプリカや似せただけの別物も存在します。

そのため、正真正銘の牛首紬であるという証拠となる証紙が手元に残っているならば、必ず着物と一緒に査定してもらい、査定額アップを目指しましょう。

参考ページ:【着物通信vol.1】着物の価値を知る上で重要な「証紙」とは?

牛首紬を売るなら着物買取の専門業者に依頼しましょう

牛首紬を売ると決めたら、着物買取の専門業者に依頼をするのがもっとも賢明です。

リサイクルショップや古着屋に買取依頼をすると、着物の専門知識を有するスタッフが在籍しているとは限らないので、確かな鑑識眼で査定してもらえる可能性はとても低くなります。

牛首紬は非常に希少性が高い着物ですので、その本来の価値と品質の良さは、査定の経験が豊富で着物の専門知識を持つスタッフであれば正しく把握することができます。

証紙の有無の重要性とそれによってどれほど価値が上下するのか、という点も専門知識のある査定スタッフでなければ判断できないでしょう。

これらの点を考慮に入れて、牛首紬を買取に出す場合は是非、着物買取の専門業者に依頼することを第一に検討してください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください