24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

打掛を高く買い取ってもらうコツは?打掛のおすすめ買取方法と失敗しない業者の選び方

打掛を高く買い取ってもらうコツは?打掛のおすすめ買取方法と失敗しない業者の選び方
打掛を買取してもらう前に押さえておきたい知識を完全網羅!

本コラムは、打掛(うちかけ)をお持ちで買取に出すことを考えている方へ向けて、打掛についての様々な情報をまとめました。

「そもそも打掛って何?いつ着るの?」「どんな種類があり、少しでも高く売るためにはどうしたら良いの?」など多くの疑問を抱えているかと思いますので、それらの悩みを解決すべく徹底解説していきます。

打掛を査定に出す前に、是非とも以下の情報を参考にしていただき、後悔なく打掛を買い取ってもらうようにしてくださいね。

打掛とは?

打掛とは?

打掛とは、女性が結婚式で着用する着物の1つです。女性用の和装では最高格とされており、小袖(こそで)という着物の上から打ち掛ける(物の上に軽く掛ける)ことが由来となっています。

打掛は羽織ったまま歩くと裾が地面に触れてしまうため、裾を掻い取ることから掻取(かいどり)と呼ばれることもあります。江戸時代には、武士は打掛、公家は掻取と階級ごとに呼び方が使い分けられていたそうです。

打掛は小袖よりもひと回り長い丈に仕立てられ、裾には「袘(ふき)」と呼ばれる綿を入れるため厚みが出されます。厚みと同時に重さが生まれるため、足元に衣装がまとわりつくことを防ぎ、また重厚感や華やかさを出す役割があることが特徴的です。

加えて裾が長い分、遠近法により身長を高く見せる効果もあります。打掛は結婚式で1回来たら再び着る機会はほとんどなく、自宅の箪笥に眠ったままという女性も多いのではないでしょうか。

打掛の種類は2つある

打掛の種類は2つある

打掛の種類は、主に色打掛と白打掛の2つです。

お持ちの打掛がどちらか、査定に出す前に確認しておきましょう。

色打掛

色打掛とは、鮮やかな地色や柄が特徴である和装の婚礼衣装です。室町時代末期、上流階級の武家の婦人が秋から春にかけて小袖の上から打ち掛けて、防寒着として着たのが打掛の始まりだと言われています。

その後、打掛が豪商や裕福な町家にまで浸透し、やがて婚礼時に着用する正装として広まりました。存在感のある色鮮やかな着物なので、披露宴のお色直しや写真撮影の際に着用されることが多いでしょう。

近年の神前結婚式では、挙式は白無垢を、披露宴は色打掛を着るスタイルが定着しています。教会で行う結婚式でも、挙式はウェディングドレスを着て、披露宴は色打掛を着るというパターンも多く見受けられます。

地色の王道は初々しさと明るさが際立つ赤とされており、また血色感が出るので顔写りが良くなるため人気です。他にも大人っぽい印象にしたいなら黒や紫、とにかく豪勢にしたいなら金、可愛らしさを強調したいならピンクベージュなど、花嫁自身の要望やイメージによって地色を選ぶ方が多いようです。

松竹梅・鳳凰・鶴亀などの吉祥文様や、桜・牡丹など日本古来の花が伝統的な柄とされています。近年ではバラや蝶など洋風なモチーフを施して、教会で行う結婚式でも映えるようなデザインも注目されています。

金箔や銀箔をあしらった豪華なものが多く、晴れ晴れしい挙式の雰囲気とマッチします。「結婚式は人生で1回きりだから、せっかくなら豪華絢爛な衣装が着たい」「一生の思い出に残る盛大なデザインが良い」という方に人気です。

白打掛

白打掛は地色が白い和装の婚礼衣装で、色打掛の白いバージョンと言えば分かりやすいかと思います。白は古来より「太陽の色」とされた神聖な色であり、邪気を払う願いが込められています。

純粋・純潔・無垢・誠実などの意味があり、白色を身にまとうことで「まっさらな気持ちで嫁ぎます」という純真さを表しています。白色の衣類にはレフ板(カメラで撮影するとき光を反射させて被写体に当てる板)効果により、顔にツヤや立体感を出し、女性本来の美しさを表現することが期待できます。

くすみやシミの色が飛んで顔色が良く見える、若々しさが引き出されるなどのメリットがあるため、色打掛同様に人気の高い着物になります。また、「シンプルだけど華やかな柄が好き」「色打掛ほど華美でなくて良い」という方にも人気です。

地色が白の分、柄がハッキリ際立つため、着物の色よりも模様を強調できて美しく映えるのが特徴になります。着用すると、上品だけれどお淑やかすぎず、若さが溢れるけど子供っぽくないという印象になります。白無垢の純粋なイメージと、色打掛の煌びやかさを併せ持っている「良いとこ取り」な着物です。

打掛を買取してもらうことができるところは?

打掛を買取してもらうことができるところは?

打掛の歴史や特徴について分かったところで、打掛を買い取ってもらえるところはどこかを説明していきます。お持ちの打掛を買取に出そうか検討中の方にとっては、大変肝心な項目になりますので、忘れないように注意しながらご覧ください。

リサイクルショップ

リサイクルショップに品物を買取に出すことで、査定してもらっている間に店内や近隣で時間を有効に使えることがメリットです。近所にリサイクルショップがある方にとっては、即日に短時間で品物が現金化できるのも嬉しいですよね。

ちょっとした買い物ついでに着物をすぐ手放せるのも簡単・便利です。ですが、併せてデメリットがあることにも注意しましょう。

リサイクルショップは衣類の他に楽器・家電・本・スポーツ用具など総合的に品物を扱っている店舗が多く、大半の査定員は店舗や業者が作ったマニュアルを元に査定しています。

「傷や破損の具合はどれくらいか」「製造年からどれほど経っているか」などの簡単な項目を見て査定価格を提示するため、お持ちの打掛に見合った適正な価格であるかは判断がつきにくいです。

着物は上記の他に「有名作家の作品か」「高度な染め・織り技術が用いられているか」など素人では判断が難しい項目を見ないと、本当の価値は分かりません。

リサイクルショップの査定員が着物に特化した専門的な査定技術を有しているかは不明であり、買取価格が適切かどうかが分かりにくいため、買取手段として強くおすすめできないというのが実情です。

質屋

質屋の中には貸金業以外にも、買取業も併せて取り扱っている店舗もあります。近所に質屋がある方は、リサイクルショップと同様に即日査定してもらえて、その場で査定額を現金で受け取れることがメリットなので有り難いですね。

質屋では商品券や株主優待券などの金券やブランド小物を取り扱っている店舗も多く、買取してもらったついでに同じ店舗で買い物ができるもの便利です。しかし、質屋のメイン事業は貸金業であり、買取を専門として行っている訳ではありません。

リサイクルショップと同じように、質屋は着物以外にもデジタル機器・楽器・ブランド洋服やバッグなどを取り扱っているので、査定員はマニュアルを元に着物を査定しているかもしれません。

また、質屋によっては買取を受け付けていない店舗もあるので、せっかく打掛を持っていったのに査定を断られる恐れもあります。

さらに質屋は持ち込み品の査定を主に行っており、かさばる着物を質屋まで持ち込むのが面倒であるため、これが質屋で着物買取を依頼する人が減少している要因であると思われます。その結果、査定員の着物に関する知識や査定技術が乏しくなり、徐々に着物を扱う店舗が減ってしまったようです。

ネットオークション

ネットオークションはお持ちのスマートフォンやパソコンなどで、いつでもどこでも気軽に着物を販売できることがメリットです。買取業者に持っていったり、家に査定員を呼んだりする時間がないという忙しい方、人と面と向かって話すことが苦手という方におすすめです。

また、自分で売値を設定でき、希望する価格で販売する可能性があるのも良い点でしょう。しかし、リサイクルショップの査定員と同様、ネット上の買い手も着物の価値を理解して購入するかどうかは不明です。

着物の価値に見合わない不当な値下げ交渉をしてくる可能性もあり、販売後に泣き寝入りする自体になるかもしれません。

また、販売できたとしても「打掛が到着した時点で糸がたくさん解れていたから返品したい」「半月も前に発送してもらったのに、未だに着物が届いていない」など、買い手や運送会社が絡むトラブルが発生する可能性もあります。

上記のようなデメリットもありますので、こちらも買取手段としてはあまりおすすめはできないでしょう。

フリーマーケット

自治体や自治会が主催するフリーマーケットに打掛を出品する、という手段もあります。近所の広場や学校などで開催されていれば、気軽に参加できるのがメリットです。

また、顔が見えない相手とやり取りするネットオークションに比べれば、買い手の顔が見える上に近所に住んでいるであろうという見当がつくので安心できます。

ですが、フリーマーケットは出品者と来客が多いことを見込んで屋外で開催されるケースがほとんどで、打掛に砂・ホコリ・ゴミがつくことが懸念されます。

加えて打掛は装飾が派手なので生地が重く、1枚で5キログラムもあるものも存在します。重い打掛を持ち運ぶのは重労働で、女性の方だと運ぶだけで滅入ってしまいますね。さらにフリーマーケットに出品するには出店料がかかるところもあり、打掛を売ったとしても赤字になる恐れもあります。

着物買取の専門業者

着物買取の専門業者は、その名の通り着物に特化して買取を行っている業者のことです。査定員は着物の知識や査定技術を豊富に有しており、プロとして着物の真の価値を見抜いてくれます。

また、査定員が品物を査定している様子が見られて対面でやり取りしますので、「どこを見て査定しているのか」「どうしてこの買取価格になったのか」を直に聞くことができます。納得して買取に出すことができ、適正な買取価格で契約することが可能なので、不安や後悔なくお持ちの打掛が売れるでしょう。

ただし、「いくら業者でもどうしても他人を家に入れたくない」「人と対面でやり取りすることがすごく苦手である」という人にとってはデメリットになります。様々な買取手段がありますが、それぞれのメリットとデメリットをよく比較し、自分に合った方法を選んでくださいね。

掛を高く売るための6つのコツ

打掛を高く売るための4つのコツ

ここからは打掛を少しでも高値で売るためのコツを、6つにまとめて解説いたします。先の項目で打掛を買い取ってもらえる手段をご紹介しましたが、以下の条件はどこで売ったとしても当てはまることです。実際に査定に出す前に、見落とさないように気をつけて読んでみてください。

着物の状態がいいこと

自宅で眠っている打掛が、今どんな状態なのかを確認しましょう。結婚式で1回着ただけなら大きな汚れや糸のほつれなどは少ないでしょうが、長年に渡り手入れせず保管したままですと汗ジミ・カビ・虫食い跡がある場合が考えられます。

当然のことですが、着物は綺麗であればあるほど需要が高く、高値で買い取ってもらえる可能性があります。着物の状態以外にも査定ポイントはありますが、「未使用品のように綺麗だから高価買取してもらえるかもしれない」「着てから月日が経ってしまったから高額での買取は難しいかもしれない」など、査定前に心の準備をしておきましょう。

証紙があること

有名作家や有名産地の着物作品であれば、証紙が付属している場合が多いです。証紙とは作家名・産地名・素材名や配合割合などが記載されており、組合が発行している公式な証明書になります。

着物を新品で購入した際にはついてきますので、念のため証紙の有無を確認しておきましょう。もしあれば査定員に着物が本物であると証明できますので、高価買取が期待できますよ。

着物の査定員に鑑定してもらう

上記の項目でも説明した通り、着物は着物のプロに任せて査定してもらいましょう。着物は査定するポイントが多く、素人や着物の知識が少ない査定員では真の価値を見抜くことは容易なことではありません。着物についてしっかり勉強した査定員に、着物に見合った査定価格を提示してもらうことが大切です。

複数の買取業者に査定してもらう

着物専門を掲げている買取業者は何十社も存在します。それぞれ買取実績やサービスの内容に違いがあるため、同じ着物を査定しても異なる買取価格が提示されることがあるでしょう。

1社だけで査定してもらうと、その価格が本当に着物の価値に合っているものかまでは判断できません。複数の買取業者に査定してもらうことで、適正な買取価格がどれくらいかが把握でき、不当に安く買い取られる事態を防ぐことが可能です。

もちろん、複数の買取業者の中で最高値を提示してもらえたところで契約すれば、お得に着物を現金化できます。着物を手放した後で「本当はもっと高値で買い取ってもらえたはずなのに」と後悔することがないように、面倒かもしれませんが、複数の買取業者に査定してもらうようにしましょう。

出張買取を利用する

自宅まで買取業者の査定員が来て、その場で品物を査定・買取してもらえる便利なサービスが「出張買取」です。出張買取を利用すれば、利用者は自宅にいながら品物をその日に売却できるためおすすめです。

着物を査定してもらうために買取店舗まで持ち運んだり、段ボールに詰めて業者まで送ったりする必要がありません。ですので着物に傷やシワがつきにくく、綺麗な状態で査定してもらえますので買取額が下がることを防げます。

また、重い打掛を持ち運ぶ必要がないので、楽して買い取ってもらえることが最大のポイントになります。買い取られた打掛は査定員が社用車まで運ぶので、利用者は家から一歩も出ずに簡単に利用できます。多くの出張買取サービスでは、買取額を現金で当日に支払ってくれるため、不安なく明瞭に買取ができるのも嬉しいですね。

無理してクリーニングに出さない

多くの打掛は正絹といって天然の絹を100%使用しています。天然素材は一般的なクリーニング方法で洗濯すると生地がヨレやすく、返却されたときにはすでにシワシワなんてことが考えられます。

いくら綺麗な状態で査定してもらおうと思っても、これでは無意味で悲しいですよね。また、着物専門のクリーニングを行っている業者もありますが、クリーニング代が非常に高いです。

高いクリーニング代を払って打掛が綺麗になったところで、買取額でクリーニング代が取り戻せる確証はありません。家族や友人に着物専門のクリーニング業者に勤めていて、格安でクリーニングを請け負ってくれるなら是非とも利用すべきですが、そういった環境にいる方はごくわずかでしょう。

無理してクリーニングに出さずに、現状のまま打掛を査定に出した方が得策です。

おすすめの着物専門の買取業者の選び方

打掛を買取してもらう前に押さえておきたい知識を完全網羅!:まとめ

出張買取サービスを展開している買取業者がおすすめであることは前述しましたが、その他にどんな点に注意して業者を選べば良いのかをご紹介します。以下の項目を確認しながら業者を絞っていけば、安心して大切な打掛を買取に出せることでしょう。是非とも参考にしてみてください。

実績が豊富である

「累計買取品数〇点」「顧客満足度〇%」など、実績を明確にしている業者を選びましょう。実績を数値化して分かりやすく表しているということは、それだけ自社サービスの質に自信があり、多くの利用者に支持されているということです。また、実績を明確にしている業者は大手である場合がほとんどで、保証もしっかりしておりトラブルに巻き込まれる心配も少ないのでおすすめです。

手数料がすべて0円

買取業者の中には、実際に買取に出すかは決めかねているのに「出張するだけ」「査定するだけ」でも手数料がかかるところがあります。また、買取をお願いしても買取料が、買取を断るとキャンセル料が発生する場合もあります。

買取額が非常に高額で手数料を払っても痛手でないならともかく、逐一手数料を払っていたら結果的に損するかもしれません。手数料がすべて0円であれば損することはありませんので、業者選びの参考にしてみてください。

全国対応可能

出張買取を実施している買取業者の中には「関東圏だけ」など地域を限定している業者もあります。せっかく出張買取を頼もうと思っても、ご自身が遠方にお住まいで対象地域外あればガッカリしますよね。

出張買取を利用する際は、47都道府県すべてに対応しているところを選べば安心できます。また全国に出張可能ということは、出張買取にしっかり尽力しており、それだけ業者の規模が大きいということです。この点も安心材料になりますので、業者のホームページをチェックしてみましょう。

素早く対応してくれる

いくつか買取を頼みたい業者を絞れたら、いざ連絡です。ですが「何度電話してもつながらない」「問い合わせメールを送ったのに何日も返信がない」という事態に遭遇したら、利用者としては不安でたまりません。口コミサイトを見てみると、中には「予約が立て込んでいるから、最短の査定日は1ヶ月後と言われた」というコメントもあり、全然納得して査定を任せられそうにありませんよね。

連絡した当日や翌日にすぐに返答があると、「利用者に真摯に向き合ってくれている」と思い、安心して査定を頼めそうです。最短の査定可能日も尋ねてみて、比較的近日であれば良心的な買取業者と言えるでしょう。

懇切丁寧に説明してくれる

「受付のコールセンターや査定員の対応は丁寧で、ちゃんと説明してくれるか」という点は、業者選びの際に特に注意すべきです。「何とか言い訳をして切り抜けようとする」「説明が分かりづらく、再度質問しても返答をにごす」と曖昧な受け答えをする業者は信用できず、悪徳業者である可能性も捨てきれません。「丁寧に説明してくれて、利用者に安心感を与えてくれるか」「返答内容が曖昧であれば、その理由を正確に教えてくれるか」という視点で優良な業者を見極めましょう。

打掛を高く買取してもらうために押さえておきたい知識まとめ

打掛を買取してもらう前に押さえておきたい知識を完全網羅!:まとめ

打掛を買取に出す際、まず始めに確認すべきは打掛の価値や買取相場、打掛をお得に買い取ってもらう方法です。「不当に安く買い取られた」「本当はもっと高額で買い取ってもらえたはず」と大切な打掛を手放した後に悔しい思いをすることを避けるためにも、事前に必ずチェックしておきましょう。

安心・満足して打掛を売り出すには、価値に見合った買取価格を提示してもらえる着物専門の買取業者の利用を強くおすすめします。次に、打掛は複数の買取業者に査定してもらうようにしましょう。

1社だけだと価値に見合った買取価格を提示してくれるかは不明で、業者を信用してもいいのか安心しにくいですよね。

そんな不安要素を取り除くためにも、少し手間がかかるかもしれませんが、複数の業者に査定依頼をしてくださいね。多くの買取業者では査定料や買取料を無料としていますので、気兼ねなく相談してみてください。

打掛を高く買い取ってもらうコツは?打掛のおすすめ買取方法と失敗しない業者の選び方:まとめ

打掛を買取してもらう前に押さえておきたい知識を完全網羅!:まとめ

打掛は一生に1度身につける思入れ深い大切な着物です。でもいくら大切だからといって、箪笥の肥やしにしていては打掛が可哀そうな上、どんどん価値が下がってしまうのでもったいないです。

中古品でも良いから打掛が着たいと思う女性は多いので、有意義に打掛を活用してもらえるように買取に出してみてください。打掛を納得がいく価格で買い取ってもらうためにも、着物専門の買取業者を利用することをおすすめしますので、是非とも検討してみましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください