ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【辻が花買取】着物買取における相場価格と高額買取のコツ

【辻が花買取】着物買取における相場価格と高額買取のコツ
初代一竹辻が花

当記事の案内

① 情報を知りたい方

記事の内容をより詳しく知りたい方は、そのまま【目次】へお進みください。

② 査定を利用したい方

お手持ちの着物・帯等の査定なら、下記の【メール】もしくは【お電話】からお問い合わせください。

着物買取において高額で買取されることの多い辻が花。久保田一竹の一竹辻が花ともなると買取価格は数十万円となることも珍しくありません。

今回は辻が花という着物について、そして買取相場情報や、また高値が付く辻が花の特徴をご紹介します。辻が花の買取をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

辻が花とは?

辻が花ってどんな着物?

「辻が花」は室町時代から江戸時代初期にかけて生産された、基本の絞り染めに描絵・摺り箔・刺繍を施した着物です。

素朴な柄から豪華な装飾を施したものまで様々な辻が花が、庶民から上流階級の広い階層の人々に愛用され深く浸透していました。

文献に、豊臣秀吉が明国(現在の中国)の使者に辻が花を贈ったという記述が残っていたり、織田信長の妹「お市」が肖像画の中で辻が花を着用していたりと、歴史上の偉人にも愛されていたことが分かります。

江戸時代に入ると、染色しない部分への染料の浸透を防ぐ防染(ぼうせん)に、糊を用いた「友禅」の技法が確立され広く普及していきました。

図柄の自由度や製造の容易さで友禅に劣る辻が花は、急速に衰退し次第に姿を消していきました。

歴史が途絶えている技法であり、当時の品の現存数が非常に少ないことを理由として、辻が花は「幻の染物」とも呼ばれます。

辻が花の買取相場について

久保田一竹独自の染「一竹辻が花」

辻が花は江戸時代に一度歴史が途絶えましたが、昭和後期に「久保田一竹(くぼたいっちく)」という作家が復元・復活に成功して以来、多くの工房や作家によって製造されてきました。

高名な作家や工房として「京屋林蔵」「吉野一廉(ひとかど)」「大脇一心」「小倉淳史」「水野保」「翠山(株式会社桐屋のブランド)」などが挙げられます。

作家や工房によって相場は大きく異なりますが、作者不明の場合は最も相場が低く数千円程度です。

翠山や大脇一心などの有名作家・工房の作ですと、保存状態が良好であれば1万円を超える可能性が高いです。

最も相場が高いのは昭和後期に辻が花を復活させた、初代久保田一竹の手による一連の作品「一竹辻が花」で、他の作家の手による作品とは一線を画しています。

「一竹辻が花」の概要や相場については、次の段落で細かく見ていきましょう。

着物買取について詳しく知りたい方はこちら

一竹辻が花は高額買取に期待

一竹工房辻が花の色無地

「辻が花と言えば久保田一竹」という考えを持っている方は多いと思います。

その知名度同様に、買取相場も高いのが初代久保田一竹の手による「一竹辻が花」です。

1937年、20歳の時に辻が花の小裂(切れ端や小物)に魅了された久保田一竹は、辻が花染を復活させたいと決心し、日夜研究に努めました。

やがて「当時の技術の復元は不可能」と判断した久保田は「度重なる重ね染め・重厚な絞り・独創的デザイン及び色調」を基調とした独自の辻が花の技法を確立し「一竹辻が花」と名付けました。

1962年、世に出た「一竹辻が花」は大きな話題となり、国内外で多数の展覧会が開催されました。

発表されて以来、多くのファンを魅了し続けた「一竹辻が花」には今でも多くのファンがおり需要が高いので、買取相場も高額が期待できます。

世代や工房によって買取価格は異なる

「初代一竹」「二代目一竹(久保田悟嗣)」そして初代一竹が前身となる「一竹工房」を立ち上げ1981年に設立された「株式会社 一竹工房」の作品は非常に高い価値を認められており、相場も高くなっています。

保存状態が良好な作品の平均的な相場は以下の通りです。

製造者 相場
初代一竹(久保田一竹) 6~20万円
二代目一竹(久保田悟嗣) 5~15万円
株式会社 一竹工房 2~10万円


初代久保田一竹の作品は下前(正面右側)に落款がありますので、辻が花をお持ちの場合には落款の有無と誰の落款であるかを調べましょう。

しかし落款は解読が難しいもので、自分で真贋や製造者を判断するのはかなりの難題です。

知識・経験に富むバイセルの査定員なら、落款の解読から無銘着物の価値判断まで、丁寧で正確な査定が可能です。

査定の依頼は「お電話一本」頂くのみです!最短で即日に査定員がご自宅を訪問し、その場でお持ちの着物を査定致します。

落款がなく作者不明で、価値の低いものだと思っていた「辻が花」が、現存数300枚程度とされている、室町時代~江戸時代に作られた超希少な逸品だと判明するかもしれません!

お持ちの「辻が花」の価値を正確に知りたいという方は、お気軽にバイセルまでご相談ください!

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

辻が花を売るなら着物専門の買取業者へ

まとめ:【辻が花買取】着物買取における相場価格と高額買取のコツ

辻が花は中古品着物の中でも非常に人気が高く、リサイクルショップや着物買取店の多くで、辻が花を買い取ってくれます。

しかし、リサイクルショップなどには着物の専門知識を持った査定員が在籍しておらず、辻が花の適正な価値を見極められないまま買い取られてしまうことも少なくありません。

辻が花のような価値のある着物は、深い専門知識を駆使して正確な価値判断が可能な査定スタッフが在籍している、着物専門の買取業者を選択するのが得策です。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料